該当するスポットが存在しません。

堺市街

貿易商人の自治都市として栄え、世界最大級の墳墓がある

堺は『東洋のベニス』、『黄金の国』と呼ばれたほど室町時代から貿易港として栄え、貿易商人たちが独自の自治都市を築くなど、栄華の歴史を刻んだ街。現在、阪堺電軌が走る大道筋がかつて中心だったところで、江戸時代の町家「堺市立町家歴史館山口家住宅」が残り、周囲には刃物の工場が建つ。井戸が残る「千利休屋敷跡」や「与謝野晶子生家跡」もこの通り沿いにある。「仁徳天皇陵(百舌鳥耳原中陵)」はJR百舌鳥駅に近い。

×