MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

該当するスポットが存在しません。

柳生

剣術家の宗矩、剣豪の十兵衛で知られる柳生氏の里

江戸時代初期の剣術家である柳生宗矩(むねのり)が徳川家に剣術指南役として仕えた後、柳生藩藩主となり治めた地。その長男・三厳(みつよし)が、数々の逸話で有名な剣豪・柳生十兵衛だ。現在の柳生は緑豊かな山里で、江戸末期の創建の姿を残す「旧柳生藩家老屋敷」や藩庁だった「旧柳生藩陣屋跡」、十兵衛が諸国漫遊の前に植えたと伝わる「十兵衛杉」などが残る。

×