MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

該当するスポットが存在しません。

法隆寺・法起寺

世界遺産の木造建築の寺院と三重塔が建つ

「法隆寺」を中心とした聖徳太子ゆかりの里。法隆寺は、世界最古の木製建造物である五重塔をはじめ、南大門、金堂、大講堂、夢殿など名だたる国宝建造物が並び、隣接する「法輪寺」や「中宮寺」とともに飛鳥時代の仏教文化を今に伝えている。聖徳太子の子、山背大兄王(やましろのおおえのおう)が創建した「法起寺」の三重塔は、慶雲3(706)年の造立で日本最古の三重塔である。本堂、鐘楼、金堂などは江戸時代の再建。なお法隆寺と法起寺は日本で最初に世界遺産に登録されたところである。

×