MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

該当するスポットが存在しません。

飛鳥

数々の伝説が残るロマンあふれる古代史の舞台

飛鳥には6世紀末から7世紀頃に都が置かれていた。推古朝の摂政・聖徳太子や大化の改新を行った天智天皇、壬申の乱に勝利した天武天皇などが活躍した古代史の舞台だ。あでやかな美女の壁画が出土した「高松塚古墳」や日本最大級の石室古墳である「石舞台古墳」、日本最古の仏像・釈迦如来像(飛鳥大仏)がある「飛鳥寺」などの往時の遺跡が残る。南部の高取には眼病に良いといわれる「壷阪寺」や日本三大山城とされる「高取城跡」がある。

×