MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

該当するスポットが存在しません。

吉備路・足守

田園のなかの史跡に古代の歴史ロマンを感じる桃太郎伝説の里

古代は『吉備国』と呼ばれる地方国家があったといわれ、のどかな田園風景の中に神社や古墳などの史跡が数多く残るエリア。「吉備路風土記の丘」には「こうもり塚古墳」や「作山古墳」などの古墳や、吉備路のシンボル的存在の五重塔がある「備中国分寺」などが集まる。「吉備津神社」は桃太郎のモデルとされる吉備津彦命(きびつひこのみこと)と、成敗された鬼のモデルである温羅(うら)を祀る。その温羅の居城といわれる山城が「鬼ノ城」だ。足守は足守藩の城下町。繁栄を今に伝える武家屋敷や町家などが各所に残り、美しい街並みを形成している。

×