該当するスポットが存在しません。

つるぎ町

珍しい二層うだつが残り、手延べそうめんの庭干しが風物詩

江戸中期以降、この地域の商業の中心および交通の要衝として栄えた貞光。一宇街道沿いに軒を連ねる古い商家には、珍しい二層のうだつがある。貞光川沿いに刻まれる紅葉の名所が一宇峡で、そのなかに緑泥片岩の岩層がえぐられた奇勝・土釜がある。狭い岩間を通った水が3段の滝となって滝つぼに流れ落ちる様は壮観だ。半田は昔ながらの手延べそうめんの里。そうめんを庭に干す風景は冬の訪れを告げる風物詩となっている。

×