該当するスポットが存在しません。

多良間島

サトウキビ畑の広がる静かな島で、八月踊りが観光客に人気

宮古列島の西端、石垣島との間に位置する楕円形の島。島のほぼ全体にサトウキビ畑と牧場が広がり、集落の周りを島のシンボルにもなっているフクギ並木が取り巻いている。リーフに囲まれた海では海水浴やシュノーケルが楽しめるほか、島の北側に浮かぶ水納島へ渡れば、より美しい砂浜が満喫できる。毎年旧暦8月に行われる豊年祭「多良間八月踊り」は、島全体で臨む一大行事。17世紀から続く奉納舞台は、国の重要無形民俗文化財に指定されていて、ひと目見ようと毎年大勢の観光客が訪れる。

×