フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  キッチン用品 > ウォーターサーバー >

用途別におすすめのウォーターサーバーを厳選!選び方やおしゃれに見せる置き方も紹介

トラベルガイド編集部

更新日:2022年5月26日

この記事をシェアしよう!

用途別におすすめのウォーターサーバーを厳選!選び方やおしゃれに見せる置き方も紹介

ウォーターサーバーを提供しているメーカーはたくさんありますが、毎月の料金だけでなく、水の種類や使いやすさ、実用的な機能がついているか、解約にかかる手数料などさまざまな違いがあります。

この記事ではウォーターサーバーを導入する際に確認しておきたいポイントをもとにおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

また、アクアソムリエの資格を持つ江口 慶太さんにウォーターサーバーに関する気になる疑問に回答してもらいました。

ウォーターサーバーを選ぶ際に確認しておきたいこと

ウォーターサーバーを選ぶ際に確認しておきたいこと

ウォーターサーバーはメーカーごとに料金や水の種類以外にもさまざまな違いがあります。

まずはウォーターサーバーを選ぶ際に確認しておきたい5つの項目を紹介します。

水の種類

ウォーターサーバーの水には大きく「天然水」と「RO水」の2種類があります。

特定の水源を原水とした水を「天然水」と呼び、採取した水源によって「水の味やカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分の含有量」が異なります。

さらに天然水は「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」の2つに分類されるのです。

ナチュラルウォーター 沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の
物理的・化学的処理を行っていない水
ナチュラルミネラルウォーター ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水を原水とした水

ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインでは、鉱化された地下水とは「地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう。」と定義されています。

ナチュラルミネラルウォーターはナチュラルウォーターより多くのミネラル成分が含まれていることが特徴です。

RO水とは、水道水や地下水などの原水を逆浸透膜(RO膜)という特殊なフィルターでろ過し、不純物や雑味を取り除いた限りなく純水に近い水です。

一般的には、ろ過したRO水にミネラル成分を配合し、メーカー独自に味の調節をおこなっています。

RO水を取り扱うメーカーによってはRO水にミネラルを添加しています。しかし、おいしいお水の条件は

・ミネラル含有量
・ミネラルバランス
・酸素含有量

となりますので毎日飲むお水をおいしさで選ぶのでしたら天然水がおすすめです。

ボトルのタイプ

ウォーターサーバーのボトルタイプは「ワンウェイボトル」と「リターナブルボトル」の2種類です。

ワンウェイボトルは飲み終わったボトルを小さくして、「資源ごみ」または「不燃ごみ」として処分することができます。

リターナブルボトルは各メーカーで洗浄、除菌し再利用します。一般的にワンウェイボトルよりも料金が安いのが特徴です。

ただし、飲み終わったボトルを次回のウォーターボトル配達時まで自宅に保管しておかないといけないデメリットもあります。

おもに天然水ではワンウェイボトル、RO水ではリターナブルボトルが採用されています。

「ワンウェイボトル」と「リターナブルボトル」ともに保管場所が必要になりますので、どこに保管するか考えてから契約しましょう。

毎月かかるコスト

毎月かかるコスト

ウォーターサーバーを契約すると、毎月の水代以外にも維持費として、サーバーレンタル料や電気代がかかります。

一人暮らしの人や普段からあまり水を飲まない人は、維持費を含めるとコストが割高になる可能性があるので、毎月の発注ノルマが設定されていないメーカーや少量のボトルサイズが選べるメーカーがおすすめです。

また、毎月のレンタル料が無料のサーバーや、電気代を節約できるエコ機能が搭載されいてるサーバーもあるので、トータルのコストがどれくらいかかるかで比較してみてください。

ただし、「月の発注本数が〇本以下だとサーバー費用が発生する」といった条件を設けている場合があるので、こういった条件があるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

ウォーターボトルの設置位置

ウォーターサーバーにはボトルの設置位置が上部に設置されているタイプと足元(下部)に設定されているタイプがあります。

ボトルの重さが5〜12kgほどなので、交換の楽さや腰への負担を考えるとボトル設置位置が下部のタイプがおすすめです。

ただし、上部に設定されているタイプは停電などで電気が止まった状態でも常温の水を出せる、サーバーの音が小さいなどのメリットがあります。

ボトル位置が足元に設定されているタイプでも静音機能が搭載されているサーバーもあるので、この点も確認しておくとよいでしょう。

私は上部にボトルを設置するショートサーバーを使用しています。

台に置いて使用できるため場所をとらないことがメリットですが、高い台に置くと水の交換が大変なので注意が必要ですよ。

普段使いに便利な機能はあるか

毎月の料金が安いウォーターサーバー

毎月の料金が安いウォーターサーバー

毎月の料金が安いウォーターサーバーや、発注ノルマがなく一人暮らしや水をあまり飲まない人でも利用しやすいウォーターサーバーを紹介します。

アクアクララのアクアファブ

アクアクララのアクアファブ

アクアクララでは毎月の発注ノルマが設定されていないため、毎月好きな本数を注文できるのが魅力です。

水ボトル代は、12Lボトル1本で1,404円(2年割プラン)、7Lボトル1本で1,080円(2年割プラン)で、1Lあたり117円(12Lボトル)、7Lボトルは154円ほどです。

また、妊産婦から6歳以下の未就学の子どもがいる家庭では毎月の料金が550円割引になる「子育てアクアプラン」も実施しています。

初期費用 無料
ウォーターボトル代※ 12Lボトル:1,404円→1Lあたり117円ほど
7Lボトル:1,080円→1Lあたり154円ほど
サーバーレンタル費 0円
(あんしんサポート料:1,430円)
発注ノルマ なし
ボトルのタイプ リターナブルボトル
ボトル交換位置 本体上部
サーバー解約手数料※2 2年未満の解約の場合:11,000円

※1:2年割プランの料金
※2:2年割プランの場合(通常プランでは1年未満の解約の場合、6,600円がかかります)

初期費用やサーバーレンタル料は無料です。毎月の料金としてあんしんサポート料(1,430円)がかかりますが、定期メンテナンスや故障時の対応などの追加費用は一切かかりません。

ワンウェイウォーターSmartプラス

ワンウェイウォーターSmartプラス

ワンウェイウォーターでは4種類のミネラルウォーターを取り扱っています。中でも人気No.1のプラスプレミアムは12Lボトルが1,350円と業界最安クラスの価格設定です。

毎月のサーバー代や配送料、メンテナンス料が無料です。さらに消費電力を最大60%カットしてくれるエコモードが搭載されているため、毎月の費用を抑えることができます。

また、足元でボトルを交換できたり、温水・冷水の両方にチャイルドロックがついていたりと、使いやすさも考慮された作りになっています。

初期費用 無料※
ウォーターボトル代※ 12Lボトル:1,350円→1Lあたり113円ほど(プラスプレミアム)12Lボトル:2,052円→1Lあたり171円ほど
サーバーレンタル費 0円
発注ノルマ プラスプレミアム→月に3本以上
天然水→月に2本以上
水の種類 ミネラルウォーターor天然水
ボトルのタイプ ワンウェイボトル
ボトル交換位置 本体下部
サーバー解約手数料 2年未満の解約:サーバー引取手数料:9,900円 / サーバー交換手数料:5,500円

※smartプラスは初回に出荷手数料1,100円がかかります。

クリクラクリクラFit

クリクラクリクラFit

NASAやオリンピック選手村で採用されている逆浸透膜(RO膜)システムを使用しています。

これにより、一般の浄水器で除去するのが難しい極小の化学物質を除去し、そこに4種類のミネラル成分を配合することで、クセのない軟水に仕上げています。

通常の水の料金は1本あたり1,460円(12L)です。ボトルチケット12枚綴りをボトルチケット16,061円(先払い)で購入すると、ボトル一本分がお得になります。

また、ウォーターサーバーでは珍しく解約金がかかりません。毎月の発注ノルマもないので、「試しにウォーターサーバーを使ってみたい」という人にもおすすめの一台です。

ただし、3ヶ月の利用本数が6本未満の場合はサーバーレンタル料1,100円/月がかかるので、毎月に使用する水の量をあらかじめ計算しておくとよいでしょう。

初期費用 ※2,200円~
ウォーターボトル代※ 12Lボトル:1,460円→1Lあたり122円ほど
(プラスプレミアム)
5.8Lボトル:860円→1Lあたり148円ほど
(天然水)
サーバーレンタル費 0円
(あんしんサポートパック:460円/月)
発注ノルマ 3ヶ月で利用本数が6本未満の場合:サーバーレンタル料1,100円/月が発生
水の種類 RO水
ボトルのタイプ リターナブルボトル
ボトル交換位置 本体上部
サーバー解約手数料 解約金なし

※1:再加熱機能付き4,400円、カバーありの場合、別途 1,320円がかかります

使いやすい機能が搭載されたウォーターサーバー

使いやすい機能が搭載されたウォーターサーバー

便利な機能が多く搭載されており、利用しやすい設計になっているウォーターサーバーを紹介します。

フレシャス スラット

フレシャス スラット

「シンプルであり、生活にそっと寄り添うものであること」をウォーターサーバー作りの基本としているフレシャス・スラットは、より便利に使えるための機能が多数搭載されたウォーターサーバーです。

冷水・温水に加え常温水も使用できるので、お湯を沸かさなくてもボタン1つで白湯が飲めます。

温水の通常温度は80~85度に設定されていますが、約90度にまで再加熱する「リヒート機能」がついていたり、エコボタンを押すとミルク作りに推奨されている70度に調整できたりするため、利用用途に合わせて温度調節が可能です。

さらにSLEEP機能も搭載されており、就寝時や外出時などウォーターサーバーを使用しない時間帯の無駄な電気をカットしてくれます。

使いやすさの特徴として、給水口の位置を従来よりも17cm高く設定されており、腰をかがめたり、膝を曲げたりせずに使用できます。

他にも静音設計がされていたりと、使う人にとことん寄り添った設計になっているのがフレシャス・スラットの魅力です。

初期費用 無料
ウォーターボトル代※ 9.3Lボトル:1,627円→1Lあたり175円ほど
※1回の配送は1箱(2本)単位
サーバーレンタル費 初月無料
前月の注文数が3箱以上→0円
前月の注文数が0~2箱→990円
発注ノルマ なし
水の種類 天然水
ボトルのタイプ ワンウェイボトル
ボトル交換位置 本体下部
サーバー解約手数料 1年未満の解約:16,500円
2年未満の解約:9,900円

※レンタルプランの料金

コスモウォーターSmartプラス

コスモウォーターSmartプラス

コスモウォーターのSmartプラスはシンプルで上質感のある5種類のカラーラインナップを展開しています。幅が30cmというコンパクトnな設計なので、リビングや寝室、キッチンなどのちょっとしたスペースでも設置可能です。

使いやすさにこだわったSmartプラスは3種類のチャイルドロック機能を搭載しており、子どもの年齢や利用シーンに応じて自由に使い分けることができます。

また、使用しないときはボタン1つで簡単にエコモードに切り替えることができます。ボトル交換ランプもついているので、残りの水が少なくなると交換時期を知らせてくれます。

ボトルは専用のバスケットに入れて片手でスライドさせるだけで簡単に交換できるので、重たい水を持ち上げる必要がありません。

初期費用 無料
ウォーターボトル代※ 12Lボトル:2,052円→1Lあたり171円ほど
サーバーレンタル費 0円
発注ノルマ ※2本(12リットルボトル)から
水の種類 天然水
ボトルのタイプ ワンウェイボトル
ボトル交換位置 本体下部
サーバー解約手数料 お届け日から2年以内の解約:9,900円

※宅配周期は28日(4週間)、21日(3週間)、14日(2週間)、7日(1週間)ごとの4種類から選べる

天然水の品質にこだわったウォーターサーバー

天然水の品質にこだわったウォーターサーバー

天然水の採取地や製造処理、品質管理に徹底してこだわったおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

信濃湧水 エコサーバー

信濃湧水 エコサーバー

信濃湧水は北アルプスの中でも一般人の立ち入りが制限された、水源の汚染の心配がない環境で採取された天然水を使用しています。

信濃湧水は硬度16の超軟水となっており、クセのないすっきりした喉ごしで、飲料水としてはもちろん赤ちゃんのミルクにも安心して使えます。

毎月のレンタル料が330円かかりますが、同社のスタンダードサーバーと比較して約35%の消費電力を削減、さらにECOモードを使用することで最大42%の節電が可能です。

また、サーバー内部を1週間に一度自動でクリーニングし、衛生的な状態に保ってくれる機能も搭載されています。

初期費用 無料
ウォーターボトル代※ 11.4Lボトル:1.620円→1Lあたり142円ほど
サーバーレンタル費 スタンダードサーバー:0円
エコサーバー:330円
発注ノルマ トーエル配送エリア:2箱(4本)
宅配便エリア:1箱(2本)より※
水の種類 天然水
ボトルのタイプ ワンウェイボトル
ボトル交換位置 本体上部
サーバー解約手数料 1年以内の解約:11,000円

※直近3ヶ月間の購入本数が2箱(4本)未満の場合、事務手数料880円/月が発生

スリムサーバーlll|premiumwater

スリムサーバーlll|premiumwater

プレミアムウォーターでは「非加熱処理」という方法を採用。非加熱処理は、水質の高さやおいしさの目安となる「溶存酸素」が減少しないという特徴があり、まろやかさや口当たりの良さといった天然水が本来持っているおいしさを引き立たせてくれます。

また独自の厳しい品質管理規定により、定期的な水質検査がおこなわれています。

採水地から製造工程や品質管理に徹底してこだわっているため、妊娠中の方や赤ちゃんでも安心の品質です。

月の水の購入額に応じてプレミアムウォーターポイントが貯まるようになっており、貯まったポイントは契約者様限定のプレミアムモールで使用できます。

初期費用 3,300円
ウォーターボトル代※ 12Lボトル:1,987円→1Lあたり166円ほど
7Lボトル:1,771円→1Lあたり253円ほど
1回の配送は2本からの偶数単位
サーバーレンタル費 0円
発注ノルマ 1セット(2本)~
水の種類 天然水
ボトルのタイプ ワンウェイボトル
ボトル交換位置 本体上部
サーバー解約手数料 ウォーターサーバー初回配送予定日より
3年に解約の場合:15,000円

アクアソムリエの江口さんにウォーターサーバーについて質問しました!

今回、質問に回答いただいた 江口 慶太さん

浄水器メーカーに勤めたことがきっかけで、水にこだわりたい、という強い思いを
持つようになり水の知識と味わいに関する資格「アクアソムリエ」を取得。
その後、約1年かけて地球を⼀周し、世界各地の⽔やミネラルウォーターについて知識を深める。
現在は、ウォーターサーバーメーカーに勤めるかたわら、水などで割って飲む
イギリスの伝統的な飲み物・ハーブコーディアルのブランド「Mill」の展開をしている。HP:http://mill-juice.com/

 

質問1:RO水と天然水それぞれの特徴を教えてください

天然水:含まれるミネラルによって甘味、塩味、渋み、まろやかさなど天然水によって特長は異なります。

天然水には軟水と硬水がありますが、軟水は和食、硬水は洋食に合います。

ちなみに、軟水の天然水でご飯を炊くとふっくらと美味しく炊けますよ。

RO水:RO水自体は無味ですが、おいしく飲めるようにミネラルを配合しているメーカーもたくさんあります。

RO水は赤ちゃんのミルクを作るお水としてオススメです。

質問2:天然水は特定の水源を原水とした水ですが、採取元によっても味は大きく変わりますか?

天然水の味のもとはミネラルです。ミネラルは地下にある岩に含まれるため採水地を構成している岩の種類によって味は変わります。

例えば石灰岩が多い土地で採れる天然水はカルシウムが多く含まれるので甘い味がします。

ミネラルウォーターについているラベルに表記してある成分のうちカルシウムとマグネシウムに注目してみてください。

カルシウム:マグネシウム=2:1はミネラルウォーターの黄金比と言われており甘くて美味しいですよ。

質問3:設置スペースがない人など、卓上タイプを考えている人もいると思うのですが、卓上タイプの良い点やデメリットはありますか?。

私は卓上タイプのウォーターサーバーを自宅で使用しています。

メリットは、スペースの有効活用はもちろんのこと、他にも小さな子供の手に届かないような場所に設置できることです。

いくらチャイルドロックがついているといっても熱湯が出るのでやけどが怖いですからね。

デメリットは、水を設置するときに頭の高さくらいまで12Lの水を持ち上げなければならないことです。

私の妻は持ち上げることができないため私の仕事になっています。

質問4:水道水を入れるタイプのウォーターサーバーは、ボトルを購入するタイプと比較してどのような良い点・デメリットがありますか?

メリット:水を購入する必要がなく安価で済みますので飲み水だけではなく、料理に使っても罪悪感がないところです。

その他にも、ペットボトルや段ボール箱といったゴミが出ないことは手間が省けますし、エコに繋がります。

デメリット:水を使えば使うほどフィルターのろ過能力が弱くなっていきますのでメーカーが指定する交換日より早く交換タイミングが来てしまう場合があります。

その場合、水道水のろ過ができなくなるので水道水を飲んでいるのと同じ状態になります。

ろ過ができていないと水からカルキ臭がします。

質問5:ご回答ありがとうございました。最後に毎月の料金を節約するためにできることなどありましたら教えてください。

水の種類:RO水のほうが安価であるためランニングコストは少なくなります。

ただ、美味しいお水を飲みたい人には天然水がおすすめです。

電気代:ウォーターサーバーの機種によって電気代が異なりますので、1か月でかかる電気代が安いものを選ぶのもおすすめです。

おしゃれに見せる置き方・インテリアとの合わせ方

おしゃれに見せる置き方・インテリアとの合わせ方

ウォーターサーバーを設置する際は、家具と家電の色と合わせて選ぶのもおすすめです。部屋全体に統一感を与え、おしゃれに見せることができます。

迷ったら色のイメージで合わせるのもよいでしょう。たとえば「白」は部屋全体が明るくなり、清潔感を与えてくれます。

「黒」は部屋全体を引き締める効果があるため落ち着いた部屋におすすめです。

また、ウォーターサーバーの素材の質感で選ぶのも1つの方法です。マットな質感は落ち着いた印象を、光沢感のある素材は高級感のある印象を与えます。