フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  キッチン用品 > ウォーターサーバー >

コーヒーマシン搭載ウォーターサーバーの人気の秘密とは?

トラベルガイド編集部

更新日:2021年11月30日

この記事をシェアしよう!

コーヒーマシン搭載ウォーターサーバーの人気の秘密とは?

在宅勤務やリモートワークが一般化してきたことで「自宅でコーヒーを飲む機会が増えた」という人は多いでしょう。それを受けて、昨今、コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーを導入する人が増えていることをご存じでしょうか。コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーなら、水やお湯をさっと使えるだけでなく、自宅でお得かつ手軽に美味しいコーヒーを楽しむことができます。

そこで今回は、コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーの魅力と、在宅勤務にもぴったりなおすすめ製品2つを紹介します。

コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーを導入するメリット

コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーを導入するメリット

「コーヒーマシン搭載のウォーターサーバー」を取り入れることで、次のメリットがあります。

  • より良い在宅勤務環境を作れる
  • 美味しいお水と本格的なコーヒーが一台で楽しめる
  • コーヒー代の節約になる
  • コーヒー専用の器具やマシンが不要で省スペース化できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

より良い在宅勤務環境を作れる

コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーがあると、在宅ワークにもぴったりな住環境を整えられるというメリットがあります。

実際、コロナ禍で在宅で過ごす日が増えたことで、ウォーターサーバーを導入する人が増えているという調査結果も出ています。

たとえば、2020年9月にアクアクララ株式会社とインターワイヤード株式会社が現在ウォーターサーバーを利用中の人を対象におこなったアンケート調査(※)では、全体の2割強の人が新型コロナが拡大した“2020年2月”以降にサーバーの利用を開始したと回答しています。

その理由としては「外出自粛や感染防止で、買い物に出かけにくかったから」「自宅での生活(巣ごもり)の質を豊かなものにしたかったから」という回答が多く、おうち時間の増加や在宅ワークの推進によって、ウォーターサーバーの利用が増えたことがうかがえます。

アクアクララ担当者の一言
コロナ禍の影響によって在宅で過ごす時間が増えたことで、おうち時間を充実させたいという思いからウォーターサーバーを導入する人が増えております。

※参考:新型コロナウイルスと家庭用ウォーターサーバーに関するアンケート

美味しいお水と本格的なコーヒーが一台で楽しめる

コーヒーマシン機能を搭載したタイプのウォーターサーバーなら、水やお湯を使えることに加え、自宅から出ることなく美味しいコーヒーを淹れられて非常に便利です。

水を飲む、料理に使うための水を出す、カップラーメンに使うお湯を出す、お茶を淹れる、コーヒーを飲む、(冷水とお湯を混ぜて)白湯を作ると、豊富な用途が1台で叶います。

コーヒーやお茶の美味しさは水によっても変わるので、美味しい水を味わえるウォーターサーバーとコーヒーマシン機能は相性も抜群です。

コーヒー代の節約になる

コーヒーマシン機能搭載のウォーターサーバーを取り入れることで、コーヒー代の節約にもつながります。

缶コーヒーやコンビニのコーヒーは1杯約140円〜180円ほどです。コーヒーショップで飲むとなると、約300~400円以上かかるケースもあります。

その点コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーなら、1杯約32円ほどに抑えることが可能です。コーヒーを買いに行く手間もかからず、ワンタッチで手軽に本格コーヒーを飲むことができます。

コーヒー専用の器具やマシンが不要で省スペース化できる

コーヒーメーカーと一体型になったウォーターサーバーがあれば、専用マシンを設置する必要がなく、部屋を有効活用できるのも魅力です。冷水やお湯、コーヒーとさまざまな使い方ができるうえ、省スペース化も実現できて一石二鳥です。

また、マシン以外にもドリップポッド、ドリッパーといったアイテムも不要になるので、キッチン周りをすっきり綺麗に片付けることができます。コーヒー粉も一緒に届けてもらえるタイプの機種なら、コーヒー豆やインスタントコーヒーを常備しておく必要もありません。

メリットの多いコーヒーマシン搭載型のウォーターサーバーですが、一方で気をつけたいポイントもあります。契約の際に気をつけたい注意点は次の通りです。

  • コーヒー代分、料金がかかる
  • 定期メンテナンスが必要
  • 適した置き場が必要

それぞれ順番に見ていきましょう。

コーヒー代分、料金がかかる

コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーは、冷水とお湯だけの一般的なウォーターサーバーと比べ料金が高くなる傾向があります。サーバー代とウォーターボトル代にコーヒー代が追加されるので、月々の維持費が上がってしまうことを覚えておきましょう。

とはいえウォーターサーバーと別にコーヒーマシンを購入するよりはお得に使えるため、結果的にはコーヒーマシン搭載のサーバーを買う方がお得ともいえます。また、コンビニで毎日のようにコーヒーを買ったり、カフェでコーヒーをテイクアウトしたりすることに比べれば、ぐんと出費を抑えられるでしょう。

定期メンテナンスが必要

コーヒーマシン搭載のタイプに限った話ではありませんが、一般的にウォーターサーバーは定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

衛生面でも故障なく長く使うためにも、受け皿に溜まった水を捨てる、注水口を拭くといったある程度のセルフメンテナンスが必要です。こまめなお手入れを手間だと感じる人は、面倒になるかもしれません。

また、会社によっては、専門スタッフによる定期メンテナンスをおこなってくれるところもあります。衛生状態を綺麗に保つためにも、定期メンテナンスのサポートがあると安心です。

適した置き場が必要

コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーを導入するには、ある程度の設置スペースが必要です。

一人暮らしなどで自宅に十分な広さがない場合は、ウォーターサーバーを設置することで部屋に圧迫感が出て、狭く感じることもあるので気をつけましょう。事前に部屋の広さやスペースを確認したうえで機種を選ぶことがポイントです。

また、水平でなく不安定な場所に設置するとサーバーが転倒し、故障やけがの原因にもつながります。畳の部屋など不安定な置き場しかない場合は設置が難しいこともあるので、注意が必要です。

コーヒーマシン搭載ウォーターサーバー2種を比較

コーヒーマシン搭載ウォーターサーバー2種を比較

コーヒーマシン搭載ウォーターサーバーとして定番なのが、アクアクララの「AQUA WITH」とフレシャスの「Slat+cafe」の2種類です。それぞれの特徴を比較してみましょう。

アクアクララ「アクアウィズ」

アクアクララ「アクアウィズ」

アクアウィズ はアクアクララとネスレが共同開発したウォーターサーバーとコーヒーマシンの一体型マシンです。アクアクララのお水は安心でおいしいと評判も高く、そのお水で淹れたコーヒーはおいしさはもちろん、きめ細かなクレマも楽しめる点が魅力です。

コーヒーは2種類から選べる

ネスレとの共同開発で誕生した「アクアウィズ」。搭載のコーヒーマシンは「バリスタ50[Fifty]」と「ドルチェグスト ジュニオアイ」の2機種から選べます。

「バリスタ」は、ソリュブルコーヒーで抽出するタイプ。コーヒーが入った専用のエコ&システムパックを詰め替えて使います。

ブラックコーヒー、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソ、アイスメニューと5種類のメニューを楽しむことができ、1杯15円〜というコスパの良さが魅力です。

一方「ドルチェグスト」は、粉状にしたコーヒー豆を小分けにした「カプセル」で抽出するタイプ。淹れたての香りと味わいを1杯ずつ楽しめます。1杯約55円~とバリスタに比べて割高にはなりますが、コーヒー以外にも紅茶やココアなど20種類以上もの豊富なカフェメニューを楽しめるのが強みです。

水を補充する手間がかからず時短になる

アクアウィズはコーヒーマシンとウォーターサーバーが一体型となっているため、コーヒーマシンのように頻繁に水を補充したり、余った水を捨てたりする必要がありません。

また、飲みたいと思ったタイミングですぐに本格コーヒーを味わえるのが嬉しいポイントです。日々の生活に欠かせないコーヒーを簡単かつ時短で楽しめます。

水ボトルの注文は好きな数だけでOK

ウォーターサーバーのなかには「月1本以上」のようにウォーターボトルの注文数に決まりがあるメーカーもある一方で、アクアクララには注文ノルマがありません。

自分のペースで好きなときに好きな分だけ注文することができるので、「水を飲みきれずにボトルが余ってしまう」といった事態にならないのが嬉しいポイントです。

一人暮らし、家族3人暮らしといった生活形態やそれぞれのライフスタイルに合わせて利用できます。

ミルクを作ることも

アクアウィズで使われている水は、RO膜で不純物を徹底的に取り除いた「RO水」にミネラルを配合したものです。さらに口当たりが良くて飲みやすい軟水なので、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使えます。

アクアウィズのエコモードを使用すれば、ミルクを作るのにちょうどいい70~75℃のお湯を出すことができるので、お湯の温度調節の手間が不要になります。時短も叶えてくれるので、子育て世代の方にもおすすめです。

フレシャス「Slat+cafe」

フレシャス「Slat+cafe」
https://www.frecious.jp/slat/slatcafe/

採水から管理方法までこだわった、富士山の天然水でコーヒーが楽しめるウォーターサーバーです。デザイン性の高さにも人気があります。

2色展開のおしゃれなデザイン

カフェ機能がサーバーに内蔵されたフレシャス「Slat+cafe」。ウォーターボトルが見えない仕様で、すっきりとしたスマートなデザインが特徴です。

カラーはモダンで高級感のあるマットブラックと、上質で優しい雰囲気のマットホワイトの2色展開。
どんなインテリアにも馴染みやすいので、
デザイン重視でウォーターサーバーを選びたい人にもぴったりです。
リビングやキッチンに限らず、寝室などに置いても違和感なく使えます。

挽いたコーヒー豆からもコーヒーが作れる

フレシャス「スラットカフェ」のコーヒーマシンは、コーヒーの粉にお湯をかけて濾過するドリップ式です。専用ドリップポッドだけでなく、市販されている挽いたコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れられるのが魅力です。

好みに合わせてこだわりのコーヒー豆を使うことができるため、その日の気分に合わせて違う豆を楽しむのもいいでしょう。

紅茶や緑茶も楽しめる

独自開発の専用ドリップポッド(UCCドリップポッド)では、「ブルーマウンテンブレンド」「スペシャルコーヒー」「カフェインレスコーヒー」といった数種類のコーヒーを選ぶことが可能です。

コーヒー以外にも、緑茶、紅茶、ジャスミン茶まで豊富なラインナップがそろっているので飽きがきません。

ちなみにフレシャスの水はまろやかな軟水の天然水で、ドリップコーヒーやお茶のおいしさを一層引き立ててくれます。

アクアウィズとSlat+cafeはどちらがおすすめ?

抽出方式で比べると、「アクアウィズ」はエスプレッソ式のコーヒーマシンなのに対し、「スラットカフェ」はドリップ式を採用しています。

そのためクレマ(泡)が立つクリーミーなコーヒーを楽しみたいなら「アクアウィズ」がおすすめ。

自分好みのコーヒー粉でドリップコーヒーを楽しみたいなら「Slat+cafe」が向いています。

手軽さと本格さの両方を重視したいなら、おすすめは「アクアウィズ」の「ドルチェグスト ジュニオ アイ」です。

20種類以上のカフェメニューを楽しめるうえ、カプセルタイプなのでセットやお手入れも簡単です。さらに挽きたてのコーヒー豆を密封したカプセルは淹れる直前まで空気に触れないので、淹れたての香りと味わいを1杯ずつ楽しめます。

アクアウィズの詳細を見る

【Q&A】コーヒーマシン搭載ウォーターサーバーについてよくある質問

【Q&A】コーヒーマシン搭載ウォーターサーバーについてよくある質問

最後に、コーヒーマシン搭載ウォーターサーバーについてよくある質問と回答をまとめて紹介します。

どれくらいの設置スペースが必要?

ウォーターサーバーを設置する際には、本体の幅と奥行きに少し余裕を持たせた置き場所を確保する必要があります。具体的には、本体サイズの背面に+約10cm、両側面に+約3cmほどのスペースを確保するようにしましょう。

なおアクアウィズの場合は、幅35cmほど、奥行45cmほど、高さ170cmほどのスペースがあれば設置可能。Slat+cafeの場合は、横32cmほど、奥行45cmほど、高さ111cmほどのスペースがあれば設置できます。

おしゃれなデザインで部屋のアクセントにもなるので、部屋に馴染む・馴染まないで置き場に苦労することはなさそうです。デッドスペースなどをうまく活用しましょう。

設置に向かない場所を教えて!

ウォーターサーバーは、まず室内で使うのが大前提です。基本的に室内であれば、リビングやキッチン、寝室など利用シーンや生活スタイルに合わせて自由に設置できます。

ただし、次のような場所は避けるようにしましょう。

  • 直射日光が当たる場所や熱源の近く
  • 湿度の高い場所や不衛生な場所
  • 畳の上など、不安定な場所
  • 高級調度品・電化製品の上、またはその周辺

特に、今回紹介したような「床置き」タイプのコーヒーマシン搭載のウォーターサーバーの場合は、不安定な場所には置けないので注意が必要です。

使わないときは電源を切るの?

ウォーターサーバーはサーバー内の衛生状態を保つため、常に電源をオンにしておくのが一般的です。旅行や出張などで不在となる場合も電源を切る必要はありません。

2週間ほど使用しない期間が続いた場合は、利用を再開する際、冷水とお湯をそれぞれコップ2杯ほど排水してから使うようにします。

もし1ヶ月以上の長期に渡る不在が続いた場合は、サーバーのメンテナンスが必要になることもあります。電源を切らずに、販売代理店などに連絡を入れましょう。

お湯の温度はどれくらいなの?

ウォーターサーバーのお湯は、一般的に80〜90℃ほど。インスタントラーメンに使ったり、お茶を入れたりするのにちょうどいい温度です。

アクアウィズには「省エネモード」があり、70~75℃に設定することも可能です。赤ちゃんのミルクを作るときや、白湯を飲みたいときなどに重宝します。コーヒー抽出時には、自動でコーヒーを淹れるのに最適な温度に調整してくれます。

まとめ:自分に合ったコーヒーマシン搭載のウォーターサーバーを選ぼう

まとめ:自分に合ったコーヒーマシン搭載のウォーターサーバーを選ぼう

コーヒーマシンを単体で買うのと比べ、お得で便利な「コーヒーマシン一体型ウォーターサーバー」。

水とお湯だけでなく本格コーヒーや豊富なドリンクを楽しむことができて、在宅ワークもさらにはかどることでしょう。

コーヒーマシン搭載のウォーターサーバーで、便利でおいしいコーヒーのある暮らしを始めてみてはいかがでしょうか。

アクアクララのお得なキャンペーン情報を見る