フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  生活雑貨 > 季節用品 >

冷感タオルおすすめ20選!猛暑日にかかせない、人気商品をチェック 画像:123RF

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年5月27日

この記事をシェアしよう!

冷感タオルおすすめ20選!猛暑日にかかせない、人気商品をチェック

こ夏におすすめの「冷感タオル」を20商品ご紹介します。

プールや海水浴、音楽フェス、テーマパークなど、暑い時期だからこそ楽しめる遊びやイベントがたくさんあります。夏の遊びを思いきり楽しむためには、熱中対策には十分に力を入れたいもの!

熱中症対策グッズとして人気の「冷感タオル」ですが、値段も100均で買えるものからスポーツ用で機能性・値段共に高いものなどさまざまなものがあって、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

この記事では夏にかかせない冷感タオルと、それぞれの特徴を解説します!ぜひ参考にしてください。

冷感タオルとは?使い方やメリットを紹介

冷感タオルとは?使い方やメリットを紹介
画像:123RF

冷感タオルとは、ひんやりとした感触のあるタオル、また濡らすことで冷たくなるタオルです。暑い時期の屋外活動では、熱中症対策アイテムとして役立ちます。

ニトリやワークマン、ユニクロといった大手メーカーも冷却タオルを取り扱っていて、濡らして使うタイプや、素材そのものがサラサラしていてひんやり感じるもの、100均で買える手軽な価格のものから高い冷却効果が期待できるスポーツ用のものなど特徴はさまざま。

保冷剤を使わなくても冷却効果を感じることができるため、持ち運びの際にかさばらない、凍傷の心配がないといったメリットがあります。

冷感タオルの種類について知ろう

冷感タオルの種類について知ろう
画像:123RF

売り場に並んだ数々の冷感タオル。値段やブランド以外にチェックしておきたいのは、そのタオルがどのような仕組みで冷たくなるのかということ。

大きく分けて「瞬間冷却タイプ」「接触冷感タイプ」の2種類がある冷感タオル。それぞれの“冷える仕組み”を見ていきましょう。

冷感タオルの種類1.水に濡らすと冷却効果が生まれる「瞬間冷却タイプ」

「瞬間冷却タイプ」の冷感タオルは、一度水に濡らしてから水気を切り、強く振ることで冷却効果が生まれます。

これは水分が蒸発する際に接している周囲の熱を奪うという「気化熱」の原理を利用した冷感タオル。夏の暑い日に玄関先や庭に水をまいて暑さをやわらげる「打ち水」も同じ気化熱の効果を利用しています。

「瞬間冷却タイプ」は濡らしたタオルを振ることで、水分が蒸発する際に熱が奪われるために冷たく感じられるのです。「タオルを濡らして振る」ということを繰り返せば、何度でもひんやり感がよみがえります!

冷感タオルの種類2.濡らさないで使える!室内向けの「接触冷感タイプ」

「接触冷感タイプ」は、さらさらとした感触の素材、熱を放出しやすい素材でできている冷感タオルです。

瞬間冷却タイプに比べると冷却効果は低いですが、濡らさず使えるのが最大のメリット!そのため室内でも使いやすいでしょう。

瞬間冷却タイプの特徴も併せ持ち、濡らして使うことで冷却効果がアップする商品も登場しています。

冷感タオルの選び方

冷感タオルの選び方
画像:123RF

冷感タオルの特徴やメリットを挙げたところで、次はシチュエーション別で冷感タオルの選び方をご紹介します。

冷感タオルの選び方1.屋外活動で使うなら冷却効果+紫外線対策効果もチェック

夏のテーマパークで1日中過ごす、音楽フェスに行くなど暑い日に屋外で長時間過ごす場合は「瞬間冷却タイプ」がおすすめです。紫外線対策もできるタイプだとなお良いでしょう。

首部分に巻いて冷やすことで体温を下げやすく、またTシャツから出る首の後ろ部分の日焼け対策にもなります。

冷感タオルの選び方2.スポーツ用の場合は「吸水性」にも注目!

スポーツを行う時にも冷感タオルはおすすめです。吸収した汗が蒸発するので、冷却力も持続しますよ!

スポーツで使う時におすすめなのが綿混素材の冷感タオル。コットンが混ざることで吸水力がアップし、汗の不快感を軽減します。

冷感タオルの選び方3.接触冷感タイプは寝苦しい夜やオフィスでも使いやすい

「接触冷感タイプ」はひんやり感を得られる特殊な素材を使っているため、寝苦しい夜に濡らさず枕の上に敷いておくのもおすすめです。

濡らして使うことで冷却効果が高まるタイプは、1枚持っておくと部屋や服を濡らさずひんやり感を得られ、外出の際には濡らして使うこともできるので便利!

冷感タオルを選ぶときのポイント

冷感タオルを選ぶときのポイント
画像:123RF

ここでは、実際に冷感タオルを購入するときに押さえておきたい4つのポイントをチェックしていきましょう。

冷感タオルを選ぶポイント1.肌に触れるので、さわり心地の良いものを選ぼう!ポリエステルがおすすめ

首に巻いたり顔に当てたりと肌に触れる時間が長い冷感タオルは、肌触りの良い素材のものを選ぶのもポイント!

冷感タオルの多くはポリエステル素材でできていてサラサラとした感触です。肌が敏感な方でも使いやすいコットンの素材の商品もありますよ。

冷感タオルを選ぶポイント2.持ち運びのしやすいケース付きのものはスポーツやアウトドアに便利

音楽フェスやキャンプ、スポーツ観戦などの屋外活動では冷感タオル自体の機能性+持ち運びのしやすさも考慮すると良いでしょう。

ジッパーバッグのようなケースや、筒状のケースなど形もいろいろあるので気に入ったデザインのものを見つけてくださいね。ケースが付いていない場合は100均などでも買えるチャックタイプのフリーザーバッグや防水ポーチでも代用可能です。

冷感タオルを選ぶポイント3.意外と見落としがちな洗濯表示もチェック!

冷感タオルはハンカチと同じく肌に触れるものなので、一度使ったらその都度洗って清潔さを保ちましょう。濡れたままケースに入れて臭いやカビが発生しないように注意が必要です。

洗濯機に入れられる商品が大半ですが、柔軟剤の使用を推奨しないものもあるので洗濯表示は必ず確認しましょう。

冷感タオルを選ぶポイント4.見た目も大切!涼しげなデザインのものに注目

冷感タオルを選ぶ際はデザインにも注目しましょう。子ども用はサンリオやディズニーなど、持ち歩くのが楽しみになるようなキャラクター商品も多く出ていますよ。

また寒色系のデザインのものを選ぶと、肌だけでなく、見た目も涼しげ!

【2022年夏】おすすめ冷感タオル20選

【2022年夏】おすすめ冷感タオル20選
画像:123RF

ここからは夏におすすめの冷感タオル20商品をご紹介します!

おすすめの冷感タオル1. VACNITE「クールタオル」

おすすめの冷感タオル1. VACNITE「クールタオル」
画像:Amazon

100%冷感繊維でできている冷感タオルで、吸水率と速乾性を兼ね備え、ひんやり感を長く保つことに優れています。また紫外線カット効果も期待できるため、プール遊びや海水浴、暑い日のテーマパークでも活躍すること間違いなし!

カラーバリエーションも豊富なのでシーンによって使い分けたり、家族や仲間と色違いで使ったりといったことができますよ。

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル2. ヴィット「スーパークーリングタオル Air」

おすすめの冷感タオル2. ヴィット「スーパークーリングタオル Air」
画像:Amazon

濡らして水が滴らない程度に絞り、軽く振ることで何度でも冷却効果が生まれる瞬間冷却タイプの冷感タオルです。体から発する熱を吸収し、放熱する特殊プリントが施されているほか、太陽光・熱を反射し体温の上昇を防いでくれます。

UVカット効果があるのもうれしいポイント。暑さだけでなく紫外線からも守ってくれる、心強い味方です!

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル3. 丸辰「ケース付クールタオル」

おすすめの冷感タオル3. 丸辰「ケース付クールタオル」
画像:Amazon

収納ケースが付いた冷感タオルです。コンパクトに収納できるためフェスやテーマパークなど、できるだけ身軽で動きたいシーンなどに便利!ケースには通気口があるので、自宅からでタオルを濡らして持って行っても臭いや雑菌なども起きにくいでしょう。

持ち運びやすさを重視する方にとってはコストパフォーマンスの高い商品です。

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル4. COOL CORE(クールコア)「SUPER COOLING TOWEL」

おすすめの冷感タオル4. COOL CORE(クールコア)「SUPER COOLING TOWEL」
画像:Amazon

こちらの冷感タオルは30cm×110cmと大きめの作りになっています。紫外線カット効果もあるので、ランニングや屋外でのスポーツ観戦など、暑さと同時に日焼けも気になるシーンで活躍できる1枚。

合成樹脂・防腐剤を使ってないので洗濯機で丸洗いでき、手入れも楽ちん!水・温水・汗など、生地に水分が含まれている間は冷却効果が持続しますよ。

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル5. 100%「MINUS DEGREE(マイナスディグリー)」

おすすめの冷感タオル5. 100%「MINUS DEGREE(マイナスディグリー)」
画像:Amazon

ハンドタオルタイプの冷感タオルです。表地には今治のコットンパイルを、裏地には接触冷感素材「ゼロクール」を採用。オフィスや通勤電車など、なかなかタオルを濡らすことができないシーンでも「ひんやり感」を感じられます。

ぬるくなってもパタパタと振ればひんやり感がよみがえります!また水に濡らすと冷却効果がアップするので、暑い中の外回りなどでも使えるでしょう。

素材:ポリエステル、コットン
タイプ:接触冷却+瞬間冷却

おすすめの冷感タオル6. リビングデイ「GOKUHIYA 極冷」

おすすめの冷感タオル6. リビングデイ「GOKUHIYA 極冷」
画像:楽天市場

楽天市場の冷感タオル(冷却タオル)部門で人気上位の冷感タオル。瞬間冷却タイプで、洗って濡らして何度も使うことができます。通気性の良いメッシュ素材を使用していて、濡らしてもべたつかず、サラサラとしたさわり心地なので不快感もありません。

4枚入りというのも経済的でうれしいポイント!カラーバリエーションも豊富なので、家族でそれぞれ色違いを使うのもおすすめです。

素材:ポリエステル、ナイロン
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル7. サンリオ「ぬらすと冷たいマフラーシリーズ」

おすすめの冷感タオル7. サンリオ「ぬらすと冷たいマフラーシリーズ」
画像:Amazon

「#推しのいる生活」をコンセプトにした推し活グッズで注目されているサンリオは、さまざまな人気キャラクターをモチーフとした「ぬらすと冷たいマフラーシリーズ」を展開しています。

公式でも「首に巻くのにちょうどいい」としている100×30cmのサイズの冷感タオルは、キャラクター総柄でケース付き。水に濡らして軽く絞り、振ると冷却効果が生まれる瞬間冷却型で、かわいらしさと機能性を兼ね備えています!

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル8. ボディテック「超冷却アイスタオル BTS02CM019」

おすすめの冷感タオル8. ボディテック「超冷却アイスタオル BTS02CM019」
画像:Amazon

BODY TECHというAmazon限定(2022年5月現在)のスポーツブランドが販売している冷感タオルで、トレーニー向けということもあり120×30cmと大判。くるくると折りたたんで収納できるケースとカラビナが付属しています。

ひんやり感を得られる範囲も広く、ジムでのトレーニングやランニングといった、吸水性・速乾性・身軽さを重視したいシーンに特におすすめです。

素材ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル9. ルコックスポルティフ「スーパークールタオル」

おすすめの冷感タオル9. ルコックスポルティフ「スーパークールタオル」
画像:Amazon

瞬間冷却タイプ+紫外線カット効果のある冷感タオルです。洗濯可能なのもうれしいポイント。機能性が十分なのに~600円程度(2022年5月現在)で購入できるコストパフォーマンスの高さが人気の理由の一つです。

比較的安価で色展開、デザイン展開が豊富なため、1枚のみならず予備用として色・柄の違うものを揃え、気分やシーンによって使い分けてみるというのはいかがでしょうか?

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル10. 「CCT 冷感タオル スタンダードタイプ」

おすすめの冷感タオル10. 「CCT 冷感タオル スタンダードタイプ」
画像:Amazon

瞬間冷却タイプで、水に濡らして開くだけで使える手軽な冷感タオルです。厚さ約1mmという超薄型なのに保水効果が高く、ひんやり感を長く保ちやすいのが特徴。吸水ポリマーや化学物質を使用していないので、子どもから高齢者まで安心して使えますよ。

色のラインナップはネイビーやシルバーグレーといった涼しげな色はもちろん、ピンク、赤といった明るい色も展開されています。

素材:ポリエステル90%、ナイロン10%
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル11. 東京西川「SEVENDAYS クールタオル」

おすすめの冷感タオル11. 東京西川「SEVENDAYS クールタオル」
画像:Amazon

寝具で有名な西川が展開している冷感タオル。瞬間冷却可能・紫外線カット効果あり・洗濯OKと、機能性と手入れのしやすさを兼ね備えています。

材質がナイロンとポリエステル半々で、濡らさなくてもひんやり感のある接触冷感タイプでありながら、濡らすと冷却効果がアップする、まさにハイブリッドタイプの1枚です!

素材:ナイロン50%、ポリエステル50%
タイプ:接触冷感+瞬間冷却

おすすめの冷感タオル12. シーブリーズ クールタオル

おすすめの冷感タオル12. シーブリーズ クールタオル
画像:Amazon

ボディシートやデオウォーターなど、汗をかく時期にかかせないアイテムを多数展開しているシーブリーズは、冷感タオルも取り扱っています。水・温水・汗など、どんな水分であっても濡らして振るだけで冷却効果を持続させることが可能です。UVカットは90%以上、洗濯機で丸洗いしても冷却効果が持続する優れもの!

収納ケースとカラビナが付いているので、部活動やランニングのお供として活躍します。

素材:ナイロン、ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル13. SPICE OF LIFE「ウォータークールタオル」

おすすめの冷感タオル13. SPICE OF LIFE「ウォータークールタオル」
画像:Amazon

スカーフやターバンのような、かわいらしいデザインが豊富で、フェスファッションにもタウンユースにも使いやすい1枚。吸水性が高く、紫外線カット効果もあるので、濡らさずに普通のタオルとしても使えます。

チャック付きのケースが付属しているので、持ち運びの際に水分を含んだタオルでカバンや車の中が濡れてしまうこともありません。

素材:ポリエステル
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル14. コパ 「夢ゲンクールタオル」

おすすめの冷感タオル14. コパ 「夢ゲンクールタオル」
画像:Amazon

こちらの冷感タオルは瞬間冷却タイプですが、熱伝導率の高い「夢ゲン冷却糸」を使用していて、濡らす前からひんやり感じられます。

熱湯をかけたり、濡らした夢ゲンクールタオルを電子レンジで温めたりしてもすぐに20度以下まで冷えたという実験結果があり、ぬるくなってきてもタオルを振ればすぐに「ひんやり感」が戻ってきますよ。

素材:ポリエステル100%
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル15. 白元アース「アイスノン 極冷えタオル」

おすすめの冷感タオル15. 白元アース「アイスノン 極冷えタオル」
画像:Amazon

氷枕や冷却スプレーでおなじみのアイスノンからも冷感タオルが販売されています。接触冷感素材COOLSENSOR(R)EXを使用しているため、水に濡らさなくてもほんのりと「ひんやり感」があります。

こちらも、水を含ませることで冷却効果がアップするタイプ。80×23cmと、ほかのスポーツタオルタイプのものと比べると一回りコンパクトですが、しっかりと冷却してくれますよ。

素材:ポリエチレン51%、ポリエステル49%
タイプ:接触冷感+瞬間冷却

おすすめの冷感タオル16. サイキョウ・ファーマ「ひんやり快適 クールタオル しろくま ブルー」

おすすめの冷感タオル16. サイキョウ・ファーマ「ひんやり快適 クールタオル しろくま ブルー」
画像:Amazon

商品名にもなっている、かわいい白クマが目印の冷感タオル。抗菌仕様かつ洗濯機で丸洗いOKと、手入れのしやすさも大きな特徴です。パウチ式の収納ケースとカラビナが付いているので外出時にも便利。

価格も~400円(※取材時)とリーズナブルで、使い勝手や持ち運びの便利さを重視する人にとってはコストパフォーマンスの高い1枚です!

素材:―(記載なし)
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル17. Xingmeng「冷却タオル」

おすすめの冷感タオル17. Xingmeng「冷却タオル」
画像:Amazon

吸水性に優れている、トレーニングやランニングのお供にもぴったりの冷感タオル。生地に水分が含まれている間は、振ればひんやりとした感覚がよみがえります。

抗菌・防臭加工が施されていますが、化学物質などは不使用。洗濯機に入れて洗えるので、手入れのしやすさや衛生面を重視する方、子ども用の冷感タオルを探している方におすすめしたい1枚です!

素材:冷感繊維材質
タイプ:接触冷感+瞬間冷却

おすすめの冷感タオル18. ビッグウイング「しろくまのきもち サマースカーフ」

おすすめの冷感タオル18. ビッグウイング「しろくまのきもち サマースカーフ」
画像:Amazon

しろくまのきもちシリーズで人気なのがスカーフタイプの冷感タオルです。生地内に高分子吸水ポリマーが入っているため吸水性が高く、一度吸収した水分を少しずつ気化させることで長時間ひんやりとした感触を保つことができます。

スポーツタオルタイプに比べカジュアルで普段着にも合わせやすいので、タウンユース、通勤通学時も活躍してくれます!

ここにテキスト素材:コットン100% (生地部分)、ポリカーボネート(安心リング部分)
タイプ:瞬間冷却

おすすめの冷感タオル19. ビッグウイング「しろくまのきもち クールタオル ミニ」

おすすめの冷感タオル19. ビッグウイング「しろくまのきもち クールタオル ミニ」
画像:Amazon

しろくまのきもちシリーズからは、ハンカチ型冷感タオルもご紹介。冷感素材の糸を織り込んであるため、触るだけで冷たく感じられます。

普段使いしやすい大きさ&濡らすと冷却効果が高まるので、小さな子の外遊びに携帯しておき、いつもはハンカチ、暑い日は濡らして冷感タオルとして使うなどの工夫もOK。1枚カバンに入れておけばさまざまなシーンで役立つアイテムです!

素材:ポリエチレン55%、綿45%
タイプ:接触冷感+瞬間冷却

おすすめの冷感タオル20. 日繊商工「adidas クールタオル」

おすすめの冷感タオル20. 日繊商工「adidas クールタオル」
画像:Amazon

アディダスマークの冷感タオルはコットンを含む柔らかな素材を採用。タオルの端にループが付いていて、もう一方の端を通すことで首からタオルが外れにくくなるデザインは、老舗のスポーツブランドならではのひと工夫が感じられます。

接触冷感素材を織り交ぜているため、表面に触れるだけで冷たさを感じられます。主な素材がコットンなので洗濯機洗いが可能。水に濡らしたり保冷剤と一緒に使ったりすることで冷却効果がより高まりますよ。

素材:フルフィーコットン
タイプ:接触冷感(+水に濡らすことも可能)

冷感タオルを使い夏のレジャーを楽しもう!

冷感タオルは大人から子どもまで年齢を問わず使える熱中症対策アイテム。水分が蒸発する気化熱の仕組みを利用しているので、小さなお子さんでも正しい使用方法を守れば安全に使うことができます。

冷感タオルを選ぶ際には、使うシーン・価格だけでなく、素材や見た目、プラスオンの機能性にも注目することが大切!

お気に入りの冷感タオルを見つけて、夏のレジャーを楽しんでください!

 

>>楽天市場で「冷感タオル」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「冷感タオル」の売れ筋ランキングをチェック

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。