トップ > ライフスタイル >  ペット用品 > 犬用品 >

犬用ベッドおすすめ15選 ~素敵なベッドでおやすみなさいワン…ZZZ~

STORE

更新日:2022年8月5日

この記事をシェアしよう!

犬用ベッドおすすめ15選 ~素敵なベッドでおやすみなさいワン…ZZZ~

ワンちゃんは部屋の中に自分だけのベッドがあると、精神的に落ち着いて過ごすことができます。
人間と同じソファやクッション、お気に入りのブランケットなどで過ごすことが多いワンちゃんもいると思いますが、ゆったりと1人になれる犬用ベッドを設置してあげましょう。
機能面もデザイン面も素敵な犬用ベッドがたくさんありますよ!

犬用ベッドの選び方のポイント

一口に犬用ベッドと言っても形も素材もさまざま。愛犬にぴったりの犬用ベッドの選び方をご紹介します。

 

>>楽天市場で「犬用ベッド」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「犬用ベッド」の売れ筋ランキングをチェック

犬用ベッドの選び方①形を決める

犬用ベッドの種類を大きく分けると、クッションタイプ、カドラータイプ、ドームタイプの3種類。愛犬の好みや使うスペースに合わせて選びましょう。

クッションタイプ


画像:楽天市場

平たく開放的でマットレスのようなこのタイプの犬用ベッドは、仕切りなどがないため、足を投げ出したり仰向けの体制で寝たり、自由にくつろぐことが多いワンちゃんにおすすめ。場所を取らず、カバーの取り外しがかんたんなことが多いので、お手入れもしやすいです。

カドラータイプ

画像:楽天市場

小さいワンちゃんや丸まって寝ることが多いワンちゃんにはカドラータイプがぴったり。ベッドのフチが囲われているので、体がフィットしてワンちゃんの居心地もいいようです。囲いの部分が分厚いクッションなら、頭を乗せて休むこともできて、さらに落ち着きそうです。

ドームタイプ

画像:Amazon

犬はもともと巣穴で生活していたため、狭くて暗い場所を好む傾向があります。そのため、ドームタイプならワンちゃんが落ち着きやすいのはもちろん、冷気や冷房の風を防げるので、快適に過ごすことができて◎。ユニークな形のものが多く、選ぶのも楽しいですよ!

犬用ベッドの選び方②季節・サイズ


画像:楽天市場

犬は体温調整が苦手なので、季節に合わせた犬用ベッドを置いてあげると快適に過ごすことができます。夏は接触冷感生地を使ったもの、冬は保温性の高いもの、と使い分けるのもOKですが、収納しておく場所がないなどで2つ買うのが難しい方は、2wayの犬用ベッドはいかがでしょうか?
また、ベッドと愛犬のサイズが合っていないと居心地が悪く、使ってくれない場合も…。サイズを測って選ぶだけでなく、口コミを見てみると実際の使用感がよく分かりますよ。

犬用ベッドの選び方③お手入れがかんたん


画像:Amazon

犬用ベッドは毎日使うものだから、清潔にしてあげたいもの。マットレスからカバーを外せて洗濯機で洗えたり、丸ごと手洗いできたり、中材も水洗いできたり、ベッドによってお手入れの方法はさまざまです。何回か洗うとすぐ型崩れしてしまうものもあるので、口コミを参考にしてみましょう。

 

>>楽天市場で「犬用ベッド」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「犬用ベッド」の売れ筋ランキングをチェック

犬用ベッドおすすめの10選をご紹介!居心地のよいベッドでぐっすり…。

犬用ベッドおすすめの10選をご紹介!居心地のよいベッドでぐっすり…。

犬用ベッドは、寝るときの姿勢を考慮して選び、愛犬が安心して過ごせる場所をつくってあげることが大事。寒がりや暑がり、暴れん坊や甘えたさん、マイペースなど、体質や特徴によっても落ち着くベッドのタイプが異なります。ここからは、実際に人気の犬用ベッドをご紹介。

犬用ベッドのおすすめ①「Accotia」犬ベッド 極厚 約8cm

犬用ベッドのおすすめ①「Accotia」犬ベッド 極厚 約8cm
画像:Amazon

最初にご紹介するこちらは、あご乗せ枕だけついていてフチがなく、段差が低いタイプで、足腰が弱いシニア犬でも上り下りしやすい犬用ベッドです。奥行は約91cm、幅は約56cmほどなので、小型犬~中型犬にちょうどいいサイズ。
中身の素材には分厚い凹凸ウレタンフォームを使用しているため、ワンちゃんの体圧が分散。バランスよく体を支えてくれるので、負担がかかることなくリラックスすることができます。また、ウレタンの凹凸のすき間のおかげで風通しがよく、熱がこもらずに通気性抜群です。
カバーはかんたんに取り外せて丸ごと洗濯できるのもうれしいポイント。色はクレー、ブルー、ブラックの3色展開なので、おうちのインテリアに合わせて選べます。

犬用ベッドのおすすめ②「IDOG&ICAT」ひんやり防虫スクエアベッド Sサイズ moscape COOL

犬用ベッドのおすすめ②「IDOG&ICAT」ひんやり防虫スクエアベッド Sサイズ moscape COOL
画像:Amazon

こちらの犬用ベッドは、奥行35cm、幅43cmと小さめで小型犬にぴったり。ケージにも設置できるようなコンパクトなサイズです。スクエアタイプでフチは10cmほどの高さがあり、あご乗せ枕としても使えます。真ん中はふかふかのクッション状になっていて、居心地バツグン。さらに、ひんやりした素材な上に吸湿性に優れているのでいつもさらりと快適。天然由来の防虫成分によって虫対策も万全。快適に眠ることができます。
底面には滑り止めの加工が施されているので、元気いっぱいの小型犬が勢いよく飛び込んでもずれることなく安全に使用できます。お手入れの際、洗濯機の使用はNGで手洗いが必要ですが、丸ごと洗うことができるので清潔に保つことができます。

犬用ベッドのおすすめ③「IDOG&ICAT」ひんやり防虫ラウンドベッド moscape COOL

犬用ベッドのおすすめ③「IDOG&ICAT」ひんやり防虫ラウンドベッド moscape COOL
画像:楽天市場

次もIDOG&ICATのベッドをご紹介します。先ほどのスクエアタイプとは異なり、こちらはまん丸のラウンドタイプで、丸まって寝るのが好きなワンちゃんに特におすすめです。内寸は38cm程度なので、こちらも小型犬向け。
真ん中に入っているクッションはやや硬めで、取り外し自由。シニア犬や足腰の弱いワンちゃんにはちょうどいいですが、やわらかい素材が好きなワンちゃんには違うクッションを入れるなどのアレンジもできます。クッションの片面はひんやり素材&防虫加工が施されているので、夏の暑い日でも快適に過ごすことできます。カラーはライトグレー、マンダリンオレンジ、カーキ、ベージュに加え、バナナバナナ柄のカーキとグレーの6種類がラインナップ。

犬用ベッドのおすすめ④「Sippole」2WAYオーバルベッド M

犬用ベッドのおすすめ④「Sippole」2WAYオーバルベッド M
画像:楽天市場

こちらの犬用ベッドは、中綿がたっぷり入っていてまるでマシュマロのよう!ワンちゃんの体全体をやさしく包んでくれるふわふわもっちりの感触がたまりません。まわりの囲いの部分もふわふわで程よい厚みがあるので、あごを乗せたり寝そべったりしてのびのびとリラックス。
このベッドはなんとリバーシブルになっていて、季節や好みに合わせて使い分けることができます。デニム風の生地はサラっとした手ざわりなので、暖かい季節に。しっとりとした温もりが心地よいマイヤー素材の生地は、寒い季節におすすめ。オールシーズン快適に眠ることができます。
カラーは、インディゴ、サックス、レッドがラインナップ。洗濯は手洗いで丸ごと洗えます。

犬用ベッドのおすすめ⑤「ペットパラダイス」犬 ベッド おしゃれ 苺柄(57×45cm)

犬用ベッドのおすすめ⑤「ペットパラダイス」犬 ベッド おしゃれ 苺柄(57×45cm)
画像:楽天市場

ワンちゃんのかわいさを生かすキュートなモチーフや、キャラクターもののグッズが充実しているペットパラダイスの犬用ベッドをご紹介。こちらの犬用ベッドは、天面にいちごが散りばめられたキュートなデザインが特徴的。チワワやトイプードル、ヨークシャーテリアなどの小さな女の子に似合いそうです♡
フチがないクッションタイプなので、狭いところが苦手で自由に眠りたいワンちゃんにぴったり。
カバーにはゴムが入っていて、クッションにかぶせるだけでかんたんに着脱ができます。ネットを使っての洗濯機洗いもOK。
いちご柄のほかに、落ち着いたベージュとスモーキーカラーのボーダーの2種類があり、おうちのインテリアによって選べます。

犬用ベッドのおすすめ⑥「RADICA」U3009 スクエアビーズベッド

犬用ベッドのおすすめ⑥「RADICA」U3009 スクエアビーズベッド
画像:Amazon

次にご紹介する犬用ベッドも、フチのないクッションタイプ。この犬用ベッドは、中身が約0.5mmの微粒子ビーズで、低反発なのでワンちゃんが乗るとやさしく体にフィットしてくれます。ビーズクッションは自由に形が変わるため、ケージの中や車など場所を選ばずに使えるのも嬉しいポイント。もしビーズをワンちゃんが食べてしまっても少量ならうんちと一緒に排泄されますが、ひっかいて破れないように扱いには気をつけましょう。
底面には滑り止めのドットがついているので、安全性も◎。カバーにはファスナーがついており、かんたんに取り外しができて洗濯もOK。模様はドット、花柄、チェックの3種類。それぞれ2色ずつ展開していて、ナチュラルな色合いでおしゃれです。

犬用ベッドのおすすめ⑦「アイリスオーヤマ」ペット用クール はしっこベッド

犬用ベッドのおすすめ⑦「アイリスオーヤマ」ペット用クール はしっこベッド
画像:Amazon

暑い季節、犬は部屋の中の涼しい場所を探しています。せっかくベッドを設置しても、いつも部屋の角のフローリングの上で寝ているワンちゃんにぴったりなのがこちら。日本の家電や生活用品メーカーとして知られるアイリスオーヤマの種類豊富な犬用ベッドの中でも、三角形のユニークな商品をご紹介。これは、部屋の角に置くためにこの形をしています。
触るとひんやりと冷たい接触冷感の加工が施されていて、生地がサラサラで蒸れにくいところが特徴的。また、クッションは接触冷感の生地とニット生地のリバーシブルになっているので、気温に合わせて使い分けることも可能です。クッションのみ手洗いOK。リーフ柄のデザインがさわやかでおしゃれです。

犬用ベッドのおすすめ⑧「アイリスオーヤマ」丸洗いできるペットベッド

犬用ベッドのおすすめ⑧「アイリスオーヤマ」丸洗いできるペットベッド
画像:Amazon

洗濯できる犬用ベッドとはいえ、何度も洗っていると劣化が早まってしまい、買い替えないといけなくなることも。「そもそも洗濯が面倒!」という方におすすめなのがこちらの犬用ベッド。
こちらはなんとプラスチック製なので、もし汚れても雑巾などで拭くだけでかんたんにお手入れができちゃいます。また、銀イオン配合で抗菌効果も。中に置くクッションはセットですが、お好みのクッションを入れて使うことももちろんOK。
冬用のベッドは暑く、夏用は寒い、そんな微妙な気温の季節に使うのにぴったりです。
外壁の部分が約13cmもあり少し高いので、元気に飛び越えられるワンちゃんなら問題ありませんが、短足のワンちゃんやシニア犬には使いづらいかもしれません。

犬用ベッドのおすすめ⑨「Dog Diggin Designs」Furrari Car Bed

犬用ベッドのおすすめ⑨「Dog Diggin Designs」Furrari Car Bed
画像:Amazon

次は、ラスベガス発のアメリカで人気のドッグブランド・Dog Diggin Designsの犬用ベッドをご紹介します。このブランドは、エルメスやグッチ、シャネルなどのハイブランドをパロディしたワンちゃんの服やおもちゃをはじめ、アメリカンな雰囲気の犬グッズがそろっていて、ハリウッドセレブにも人気です。
中でもこのベッドは、真っ赤なフェラーリがモチーフのベッド。オープンカースタイルでとってもクール!かっこいいこのベッドにかわいい愛犬が寝ている姿は、そのギャップに笑っちゃいそうです。
見た目がめずらしいだけでなく、ふわふわのやわらかい素材でできていて居心地バツグン。車のフチの部分にあごを乗せることもできるし、ゆっくりとくつろぐことができます。

犬用ベッドのおすすめ⑩「PAWZ Road」ペットハウス

犬用ベッドのおすすめ⑩「PAWZ Road」ペットハウス
画像:Amazon

ここからはドームタイプの犬用ベッドをご紹介。狭いところが好きなワンちゃんにぴったりのドーム型のベッドですが、なんとこのベッドは上の部分を押すとカドラータイプに変身!2wayで使えるので、「ドーム型を考えているけど愛犬が中に入ってくれるかわからない…」なんて心配も無用です。
取り外し可能なクッションはフワフワで暖かく、冬でも安心。寒い冬はドーム型、暑い夏はカドラータイプ、と使い分けることができます。特に寒がりのワンちゃんには、犬用ホットカーペットを下に敷いて利用すると、さらに快適に過ごせそうです。
洗濯機利用はできませんが本体は水洗いOKなので、いつでも清潔に保てます。型崩れもしにくく、丈夫なのもうれしいポイント!

犬用ベッドのおすすめ⑪「ペットパラダイス」スヌーピー お庭付き赤い屋根のハウス

犬用ベッドのおすすめ⑪「ペットパラダイス」スヌーピー お庭付き赤い屋根のハウス
画像:Amazon

スヌーピーのおうちを見事に再現したこの犬用ベッドは、とってもキュート!わが子がおうちの中から顔を出している姿がたまりません。かわいいだけでなく機能性にも優れていて、おうちの前のお庭に見立てられたクッションはふかふか!あご乗せ枕として使えます。取り外し可能なので、この部分だけ手洗いすることも◎。
おうちの中に敷くクッションの中材は、しっかり体を支えてくれるウレタンフォーム。中でゆったりくつろぐことができます。壁の部分にはコード穴があいているので、犬用ホットカーペットを中に敷くこともOK。ワンちゃんが過ごしやすいようにカスタムしやすそうです。
ウッドストックのぬいぐるみもセットなので、いっぱい楽しんでくれそうですね♪

犬用ベッドのおすすめ⑫「PetStyle」ドーム型 ペットベッド

犬用ベッドのおすすめ⑫「PetStyle」ドーム型 ペットベッド
画像:楽天市場

ドーム型の犬用ベッドは“冬用”と思い込んでいる方も多いのではないでしょうか?このベッドの外側は通気性のいい麻生地、内側は接触冷感生地なので、ひんやりとしていて夏にぴったり。冷房の風を避けるのにも役立ちます。
中のクッションも麻生地と接触冷感生地のリバーシブルなので、その日の気温や好みによって使い分けることもOK。また、カバーを取り外すためにファスナーがついていますが、ワンちゃんが嚙みつかないように引手部分がない仕様に。布の中に隠せるようになっているので、いたずらを防げるというのもうれしいポイント!
ベッド本体は2.5cmあり、中はウレタン素材。さらに底の部分には滑り止めがついているので、安定感抜群です。

犬用ベッドのおすすめ⑬「エムール」洗えるナチュラルハウス&ベッド

犬用ベッドのおすすめ⑬「エムール」洗えるナチュラルハウス&ベッド
画像:楽天市場

次にご紹介するのは、天然木でできたフレームにファブリックを巻き付けた新感覚の犬用ベッドです。ワンちゃんの居場所を作ってあげられるだけでなく、開口部が広く、愛犬の姿を眺めやすいので安心。
冷房の風を防ぐことができる上に、壁から離して置くと通気性が高く、暑い夏にぴったりです。さらに、片面を壁につければ空気が循環するので冬も快適に過ごすことができます
組み立てが必要ですが、セットのドライバーでフレームをつくり、ファブリックを本体に巻き付けてマジックテープで留めるとあっという間に完成。お手入れがかんたんなのもうれしいですね!フワフワのクッションもセットで、その下にホットカーペットを敷くなどのアレンジも自在です。

犬用ベッドのおすすめ⑭「Snow Peak」ドッグコット キャンプ用品 キャンピングアクセサリー PT-042

犬用ベッドのおすすめ⑭「Snow Peak」ドッグコット キャンプ用品 キャンピングアクセサリー PT-042
画像:Amazon

アウトドア好きの方なら、ワンちゃんもキャンプに連れていきたいですよね。そんなときには、キャンプブランド・Snow Peakのドックコットがおすすめ。足のフレーム部分は折り畳みがかんたんで、さらに収納ケースもセットなので持ち運びもラクラクキャンプ場などで犬用ベッドとして使えます
座面高は30cm程度で、ローチェアに座った人間と目線の高さが近くなるので安心して過ごすことができます。座面布はフレームに紐で結びつけるため、取り外しOK。洗濯機で洗えるのでお手入れもしやすいです。
ワンちゃんがキャンプ場で使ってくれるか心配な方は、おうちでも使ってあらかじめ慣れさせてみましょう。ワンちゃんと快適にキャンプライフが過ごせますように♪

犬用ベッドのおすすめ⑮「OFT」犬の介護マット クッションエアー

犬用ベッドのおすすめ⑮「OFT」犬の介護マット クッションエアー
画像:Amazon

ワンちゃんには何歳になっても健康に暮らしてもらいたいもの。これは、足腰が悪くなったシニア犬の床ずれ防止のための介護用犬用ベッドです。反発力の高いクッションによって、体にかかる圧力を均等に分散。その秘密は超弾力性ファイバーで編み上げられたクッションの素材にあり、容積の90%以上が空気になっています。寝返りもラクラクなので介護用はもちろん、普段使いにもおすすめです。
また、お手入れがとってもかんたんなのもうれしいポイント。カバーは取り外して洗濯機に、クッションマットはシャワーで洗い流すだけでOKです。通気性がいいので、素早く乾きます。
取っ手がついているため持ち運びやすく、ペットカートや車などで利用するのも◎。

ワンちゃんを快適な夢の世界へ

ワンちゃんを快適な夢の世界へ

怖がりのワンちゃんなら、初めて見るベッドに驚いて近づけないことも。そんなときはおやつを置いてみたり、飼い主が枕にしてみたり、お気に入りのブランケットを置いてあげたりして慣れさせてみましょう。次第に自分のベッドと理解して使うようになるはずです。素敵なベッドでワンちゃんが落ち着く居場所をつくってあげてください♪

 

編集:まっぷるライフスタイル編集部
旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。
何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。
筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪