フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  飲み物 > 日本酒 >

日本酒ワンカップおすすめ15銘柄をお取り寄せ! 自宅で各地の酒を楽しむ!

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年3月19日

この記事をシェアしよう!

日本酒ワンカップおすすめ15銘柄をお取り寄せ! 自宅で各地の酒を楽しむ!

今年もまた、あつあつのおでんやお鍋の恋しい季節がやってきました。
そんなとき、晩酌のお供にしたいのは…そう、日本酒ですね!熱燗をクイッと含めば心も身体もポッカポカです。
そうそう、もうすぐやってくるお正月に備えて、美味しいお酒をたっぷり用意しておきたいですね。

いろんな酒蔵の銘品を少しずつ試してみたいなら、ワンカップがおすすめです。
ワンカップといえばコンビニやスーパーで売っているものをイメージしがちですが、日本各地の老舗酒蔵が自社の顔といえる自慢の商品を1合カップでも販売しています。

ここでは、日本各地のワンカップを取り寄せて、実際に飲み比べてレポートしてみました。
好みや感じ方は多少異なるかもしれませんが、気になる品があれば、ぜひお取り寄せして味わってみてください。

自身の「東西ワンカップ番付」を作っても楽しいですね!

この記事の目次

日本酒ワンカップおすすめ1.男山(おとこやま)【北海道旭川市】

日本酒ワンカップおすすめ1.男山(おとこやま)【北海道旭川市】

北海道旭川の名水が育てた男山。ネーミングは無骨で荒々しいですが、飲むと意外と甘く爽やかな味わいです。色や雑味はほとんどなく、水のように透き通っており、大自然で育った品質の良さを感じます。

こちらの特別純米酒以外にも、定番酒や生酒のカップ酒があり、それぞれに北海道の花や動物、鳥などをあしらった可愛らしいデザインのカップがあります。すべてのラインナップを揃えたいですね。

男山の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:60%
  • 酒造:男山 「酒造り資料館」が旭川の人気スポット。毎年2月に行われる「酒蔵開放」は1万人が訪れる一大イベント。

日本酒ワンカップおすすめ2.大山(おおやま)【山形県鶴岡市】

日本酒ワンカップおすすめ2.大山(おおやま)【山形県鶴岡市】

山形の米どころ・庄内平野のお米を、精米歩合60%まで磨き上げた特別純米酒。カップを開けた瞬間にいい香りが広がります。淡麗で軽めの飲み口が特徴で、冷や、常温、燗、どんな飲み方をしても、それぞれの表情で美味しく飲めます。

大山は他にも大吟醸やひやおろしなど、たくさんの種類があるので、1合カップで気に入ったら大山シリーズで飲み比べしても楽しいですね。

大山の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:60%
  • 酒造:加藤嘉八郎酒造 山形県鶴岡市大山地区の酒蔵。大山地区はかつて「東北の小灘」と呼ばれるほどの酒の銘醸地だったとか。

日本酒ワンカップおすすめ3.飛良泉(ひらいずみ)【秋田県にかほ市】

日本酒ワンカップおすすめ3.飛良泉(ひらいずみ)【秋田県にかほ市】

雪深い秋田で室町時代から500年続く蔵元・飛良泉本舗。昔ながらの山廃仕込みで作られたのがこちら。麹が醸す、甘く濃厚な香りが強く立ち上ってきます。口に含むと、焼き菓子のようなコクと香ばしさを感じます。

辛口ではあるけれど、ほのかにプリンのような甘さも感じるから不思議。骨太で個性が強めなので、どちらかというと玄人ウケする味わいになっています。

飛良泉の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:60%
  • 酒造:飛良泉本舗 秋田県にかほ市の酒蔵。東北でもっとも古く、日本でも3番目の歴史をもつ。

日本酒ワンカップおすすめ4.澤乃井(さわのい)【東京都青梅市】

日本酒ワンカップおすすめ4.澤乃井(さわのい)【東京都青梅市】

東京・奥多摩にある元禄15年創業の歴史ある酒蔵「小澤酒造」からは、屋号のついた定番のこちらをご紹介。コクがある控えめな辛口で、飲みやすく飽きずに飲み続けられます。どんな食事にも合わせやすい万能タイプといえます。

カップを開けたときの香りはさほど強くありませんが、スッキリとしたキレのある味わい。なるほど奥多摩のおいしい湧き水で作られているからですね。東京にもこんな美味しい酒を作れる水があったなんて!

澤乃井の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:68%
  • 酒造:小澤酒造 東京・奥多摩にある300年の歴史を持つ蔵元。グッズ販売などにも力を入れています。

日本酒ワンカップおすすめ5.鶴亀(つるかめ)【新潟県新潟市】

日本酒ワンカップおすすめ5.鶴亀(つるかめ)【新潟県新潟市】

もう、名前からしてめでたい!お祝いの日やイイことあった日に味わいたい「鶴亀」。米どころ越後にて伝統古式製法で作られています。白いアルミカップに黒のラベルが渋いですね。

そんなプロフィールを良い意味で裏切ってくれるフルーティな味わいにびっくりです。まるでワインのような仕上がり。ガラスのように光を通さない、アルミカップならではの保存性の良さ故かもしれないですね。

鶴亀の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:60%
  • 酒造:越後鶴亀 明治23年創業。日本のみならず海外でも評価が高く、数々の受賞歴がある。

日本酒ワンカップおすすめ6.越乃景虎 龍(こしのかげとら りゅう)【新潟県長岡市】

日本酒ワンカップおすすめ6.越乃景虎 龍(こしのかげとら りゅう)【新潟県長岡市】

上杉謙信がまだ「長尾景虎」を名乗っていた頃、青年期を過ごした新潟県旧栃尾市。地元の英雄の名を冠したこちらの酒は、日本有数の豪雪地帯だからこそ生み出せる、スッキリと澄み渡り透明感のある味わい。ドライなキレ味が地中深く磨かれた雪解け水を連想させます。

しかもコストパフォーマンスに優れているので、毎日の晩酌のお供にも妥協を許さない酒侍のお眼鏡に叶う逸品です。

越乃景虎 龍の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:65%
  • 酒造:諸橋酒造 限られた店でのみ販売できる、限定流通商品「酒座 景虎」も味わってみたい。

日本酒ワンカップおすすめ7.天狗舞(てんぐまい)【石川県白山市】

日本酒ワンカップおすすめ7.天狗舞(てんぐまい)【石川県白山市】

加賀・車多酒造の「天狗舞」。蓋を開けた途端、強く醸し出す香りがむんむんと立ち上ってきます。今回のラインナップで最も香りが印象に残った一品です。日本酒好きはその色香だけでやられそう…。

飲んでみると、濃厚な旨味とキリッとした酸味のバランスが絶妙で、甘くはないけど、どことなくフルーティさを感じます。かつ、独特の苦味もあるような…。天狗の妖術にかかったような愉快な味わい。

天狗舞の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:60%
  • 酒造:車多酒造 文政6年創業の老舗で「しゃたしゅぞう」と呼ぶ。化粧品や手ぬぐい、Tシャツなどのグッズ販売にも力を入れている。

日本酒ワンカップおすすめ8.菊姫(きくひめ)【石川県白山市】

日本酒ワンカップおすすめ8.菊姫(きくひめ)【石川県白山市】

加賀・石川を代表する酒、菊姫。名前は優雅ですが、製法は頑固一徹そのもの。現代の利益優先の合理化された製法は断固拒否。米は山田錦、山廃造りにこだわり抜いて育てられた正統派の酒です。時代に迎合しないラベルデザインが、玄人には好印象ですね。

一口飲めば、旨味のあとから酸味が追いかけて来て、不思議とどんどん飲めてしまう面白さがあります。日本酒の奥深さ、ここに極まれり!と思わず膝を叩いてしまう美味しさ。

菊姫の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:-
  • 酒造:菊姫 日本三大名峰に数えられる白山の山麓にある。公式サイトのニュースで紹介されている酒造りの様子がおもしろい。

日本酒ワンカップおすすめ9.蓬莱(ほうらい)【岐阜県飛騨市】

日本酒ワンカップおすすめ9.蓬莱(ほうらい)【岐阜県飛騨市】

インターナショナル・ワイン・チャレンジという、イギリス・ロンドンで開かれる酒の世界大会で最高金賞を受賞した、酒の日本代表といえる逸品。雪深い飛騨山脈に磨かれた伏流水で作られており、水がいいからこそ出せる、まったく雑味のないピュアな味わいです。

淡麗辛口で、軽く、柔らかい口当たり。雪深い飛騨では熱燗を飲んで暖を取る文化があるそうで、ここは地元の人に倣って湯気を楽しみたい。

蓬莱の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:63%
  • 酒造:渡辺酒造店 岐阜県の最北端に位置する酒蔵。ネットショップにも力を入れており、HPを見ているだけでもおもしろい。

日本酒ワンカップおすすめ10.秋鹿(あきしか)【大阪府豊能郡能勢町】

日本酒ワンカップおすすめ10.秋鹿(あきしか)【大阪府豊能郡能勢町】

大阪からは、バンビのカップがとにかくレトロかわいい「秋鹿」をご紹介。カップ酒をジャケ買い(?)してしまいそう。お米は自社畑で無農薬栽培しているこだわりようで、香りはスッキリとしていて刺激が少なく、口当たりも優しくて飲みやすい。

初心者にはおすすめですが、日本酒に慣れている人には少々物足りないか…。少し温めて、ぬる燗で味わったほうが香りがふんわりと広がって、より楽しめました。

秋鹿の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:-
  • 酒造:秋鹿酒造 酒米「山田錦」を自前にこだわって作る大阪の蔵元。創業は明治19年。

日本酒ワンカップおすすめ11.香住鶴(かすみつる)【兵庫県美方郡香美町】

日本酒ワンカップおすすめ11.香住鶴(かすみつる)【兵庫県美方郡香美町】

兵庫県からは、江戸・徳川吉宗の時代から続く老舗の逸品。この蔵元のお酒はすべて手間のかかる「生酛」と「山廃」という伝統製法にこだわって作られています。時代に流されない渋いラベルも味があってイイ!

一口含むと、先に甘さが際立ちますが、あとからスッキリとしたキレを感じます。甘酒のような麹の旨味を強く感じました。燗にするとよりドライさが増して、美味しく味わえました。

香住鶴の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:-
  • 酒造:香住鶴 直売所「福智屋」では酒粕販売などの催しも開催。酒蔵見学や試飲試食も(現在は休止中)。

日本酒ワンカップおすすめ12.黒牛(くろうし)【和歌山県海南市】

日本酒ワンカップおすすめ12.黒牛(くろうし)【和歌山県海南市】

紀州で売上No.1の純米酒がこちらです。紀州名水百選に選ばれ、蔵内の井戸から組み上げた「万葉黒牛の水」を使用しています。透明なカップからはっきりとわかるくらい、しっかりとした黄金色が特徴です。

蓋を開けてもさほど香りが強い印象は受けませんが、一口含むとコクが強くて濃厚な旨味が感じられます。ガツンとした個性的な味わいが好みの人にはぴったりの酒です。ぬる燗から冷やして飲むのが美味しい。

黒牛の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:麹米50%、掛米60%
  • 酒造:名手酒造店 和歌山県海南市。原材料の高い品質に徹底的にこだわり、人材育成に力を注いでいる。

日本酒ワンカップおすすめ13.賀茂鶴(かもつる)【広島県東広島市】

日本酒ワンカップおすすめ13.賀茂鶴(かもつる)【広島県東広島市】

全国的に知名度がある広島代表の銘酒「賀茂鶴」。純米酒にありがちな重たるい感じはなく、軽快で優しい辛口です。するする入っていってしまう飲み口です。瀬戸内の豊かな海の幸・山の幸と相性の良い酒を作ろう、という杜氏の工夫や思い入れを強く感じます。

酒だけでちびちび味わうのではなく、美味しい料理と一緒に楽しむことで活きるタイプの酒といえます。

賀茂鶴の情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:65%
  • 酒造:賀茂鶴酒造 大規模な見学室直売所があり、観光客に人気。GOTOトラベルのクーポンの取り扱いも。

日本酒ワンカップおすすめ14.土佐鶴(とさつる)【高知県安芸郡安田町】

日本酒ワンカップおすすめ14.土佐鶴(とさつる)【高知県安芸郡安田町】

日本酒といえば、この名を聞いたことがないという人はほとんどいないでしょう。土佐鶴は開けた瞬間、焼き立てのパンのような香ばしい麹の香りが立ち上ってきます。甘くて濃厚、美味しくてグビグビいっちゃうので、ともすると危ないタイプかも!?

熱燗にするとコクは薄くなりますが、熱燗特有のツンとくるキツさはありません。氷を一つ入れたお猪口に移して飲むと、より飲みやすくなって違う表情が楽しめました。

土佐鶴の情報

  • 種類:本醸造酒
  • 精米歩合:70%
  • 酒造:土佐鶴酒造 高知県の室戸岬を遠望できる場所にある。オンラインショップが充実しています。

日本酒ワンカップおすすめ15.NOMANNE(のまんね)【佐賀県伊万里市】

日本酒ワンカップおすすめ15.NOMANNE(のまんね)【佐賀県伊万里市】

通常はガラスが使用されるカップですが、こちらは贅沢に有田焼で作られています。古伊万里の古典的な文様が施されており、飲んだあとも花瓶やペン立てとして使えます。渋くて品のある化粧箱に収められているので、お土産やプレゼントにも良さそう。

味はというと、けして香りは高くありませんが、麹が醸す味を強く感じる辛口純米酒です。地元産の酒米を使用した、佐賀人こだわりの大ヒット商品。

NOMANNEの情報

  • 種類:純米酒
  • 精米歩合:65%
  • 酒造:古伊万里酒造 佐賀の名産品に負けじと命名された社名。プレゼント用のセット販売が人気。

日本酒ワンカップを楽しむだけでなく、酒蔵巡りもおすすめです!

今回紹介したワンカップは、どれもその地方では老舗で由緒正しい酒蔵の商品ばかりです。大きいところでは酒蔵見学を行っていたり、自家の湧き水を配布・販売しているところなどもあります。お酒以外にも粕漬けや甘酒などの幅広い商品を取り揃えているところも。

自宅で日本酒を楽しむだけでなく実際に酒蔵を巡り、夜はその場所ならではの料理をアテにして、地酒を楽しむのもいいですね。

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。