トップ > ライフスタイル >  カメラ >

おすすめの自撮り棒10選!アウトドアや旅行中の思い出をキレイに撮影しよう! 画像:123RF

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年7月20日

この記事をシェアしよう!

おすすめの自撮り棒10選!アウトドアや旅行中の思い出をキレイに撮影しよう!

旅先での体験や出会いを撮影するのも楽しみになる旅行では、風景やその場所でしか見ることができない景色を撮るだけでなく、それらを背景に撮る「自撮り」を楽しむ人も多いはず。

そんな方におすすめしたいのが「自撮り棒」!
セルカ棒とも呼ばれ、キレイな自撮り写真を撮りたい人や複数人で自撮りしたい人におすすめのアイテムです。

もちろん自撮り棒にもたくさん種類があり、使い勝手や携帯性だけでなくキレイな自撮りをサポートしてくれる機能があるものもあります。

今回は、購入する際にチェックしておきたい自撮り棒の特徴と選ぶうえで押さえておきたいポイントをQ&A形式で解説した上で、自撮り初心者にもおすすめしたい人気の自撮り棒10点をご紹介します!

必見!自撮り棒を選ぶ上で大切なポイント解説

必見!自撮り棒を選ぶ上で大切なポイント解説
画像:123RF

まずは自撮り棒を選ぶ上でおさえておきたい大切な2つのポイントを説明します。

これを知っているかどうかで、購入後に「失敗した!」と後悔するリスクを減らすことができますよ。

自撮り棒を選ぶ上で大切なポイント①動作方法について

自撮り棒は棒状の本体の先にスマホやカメラを付けて使用します。なので、通常の自撮りと違ってスマホ本体を直接手に持つことができません。

シャッターを遠隔操作するボタンなどを使って撮影するか、スマホやカメラにも付いているセルフタイマー機能を使う必要があります。

自撮り棒を選ぶ上で大切なポイント②接続方法について

自撮り棒を買う時に注意する必要があるポイントとして「接続方法」というものが存在します。

自撮り棒を使っての撮影には、シャッターを遠隔操作する必要があります。そのため、自撮り棒に付いているボタンとスマホの撮影ボタンを同期するように接続しなければなりません。

最もメジャーなのはイヤホンやスピーカーなどの機器にも使用されるBluetoothをつかった無線接続。有線と異なり10m程度の距離であれば操作も可能なので、自撮り棒を持たずにコントローラーだけでも撮影が可能です。

ほかには、スマホなどにあるイヤホンジャックに接続する有線タイプの自撮り棒もあります。Bluetoothの無線接続とは異なり、自撮り棒の手元で操作するタイプ。接続設定する必要が無いので機械が苦手な人におすすめです!

ただし、iPhoneの一部機種などイヤホンジャックがついていないスマホの場合は使用できないので注意が必要です。

自撮り棒を選ぶ上で気になる疑問をQ&Aで解説!

自撮り棒を選ぶ上で気になる疑問をQ&Aで解説!
画像:123RF

自撮り棒を選ぶ上で各口コミサイトで「教えてほしい!」という声が多かった質問を3点ピックアップ。

皆さんの疑問に編集部が丁寧にお答えします。

Q:自撮り棒ってどのスマホでも使えるの?

A:自撮り棒には使用できるiPhoneやスマホの機種が対応機種として表記されていることがあります。このような場合に確認するべきなのは、「対応OS」「対応サイズ」。対応OSはBluetoothによる無線接続に関係していることが多く、対応されていないスマホでは接続設定できないことがあります。

もうひとつの対応サイズについてですが、これは自撮り棒の先に固定できるスマホの大きさを表しています。手帳型やシリコン製のスマホカバーを使っている場合はスマホ自体の大きさだけでなく、カバーを付けた状態でも使用できるか確認しましょう。

Q:自撮り棒ってスマホじゃないと使えないの?

A:スマートフォンで使う人が多い自撮り棒ですが、デジカメGoProのようなアクションカメラにも対応しているアイテムもあります。

デジカメやミラーレスカメラなどを趣味で使う機会のある人であれば、カメラ用のアタッチメントが付いているアイテムもおすすめですよ。

Q:操作するボタンが付いていない自撮り棒ってどう使うの?

A:数は少ないですが、Bluetoothによる無線接続イヤホンジャックに挿し込む有線タイプのどちらでもないタイプ接続不要の自撮り棒もあります。

スマホやカメラ自体のセルフタイマー機能を使う必要がありますが、コードなどが付いていない分コンパクトに折りたたむことが出来たり、他の製品より軽く持ち運びにも適しています。

1 2 3 4

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

エリア

トップ > ライフスタイル >  カメラ >