トップ > ライフスタイル >  ペット用品 > 犬用品 >

犬用フローリングマットのおすすめ10選 ~おうちの中で安全に走り回りたい!~

STORE

更新日:2022年8月4日

この記事をシェアしよう!

犬用フローリングマットのおすすめ10選 ~おうちの中で安全に走り回りたい!~

おうちの床材がフローリングのお宅は多いと思いますが、ツルツルとしていて固いので、実はワンちゃんにとって危険がいっぱい。
転倒して怪我をしたり、足腰を傷めたりする場合があります。

そんなフローリングからワンちゃんを守るのにおすすめなのが、犬用フローリングマット。
いろいろなバリエーションをご紹介するので、おうちに合わせて選んでください!

犬用フローリングマットの選び方のポイント

犬用フローリングマットの選び方のポイント

敷く場所やおうちの形、一軒家かマンションかなどによって重視するポイントが変わります。

主なフローリングマットのタイプはこちら!

犬用フローリングマットの選び方①:形(マットタイプorタイルタイプ)

1枚モノで使用するマットタイプと、小さいマットを組み合わせて使用するタイルタイプがあります。

マットタイプ
1枚モノなら柱や家具の出っ張りによって妨げられ、部屋の端いっぱいまで敷くのが難しい場合もありますが、はさみでカットできるタイプなら細かい場所にも対応OK。

画像:楽天市場

タイルタイプ
細かいところまで対応できる上に、傷んだ場所だけ差し替えたりすることも可能なので、使い勝手◎。敷く手間やデザイン性なども考慮してどちらか選びましょう。

画像:楽天市場

犬用フローリングマットの選び方②:素材(カーペットorコルクorクッションフロア)

素材は大きく分けてカーペット、コルク、クッションフロアの3種類。

カーペット
絨毯のような素材のカーペット生地。クッション性もあり滑りにくく、冬は暖かいのが特徴的です。

しかし、毛足の長いものやパイルの状態によっては爪が引っ掛かりやすい場合も。毛足が短くループをカットしたカットパイルを選ぶと安心です。

画像:Amazon

コルク
防音性や衝撃吸収性、保温性に優れたコルクタイプは、ワンちゃんが滑りにくくて安全。

しかし、安価なマットはワンちゃんが噛んでしまうと傷みやすいです。質と値段を考慮して選ぶのがおすすめ。

画像:楽天市場

クッションフロア
厚みのあるクッションフロアは、フカフカしていて居心地バツグン。

塩化ビニール素材で作られているので汚れてもかんたんに拭き掃除ができます。

画像:Amazon

犬用フローリングマットの選び方③:お手入れしやすい

画像:楽天市場

ワンちゃんがおうちにいると、食べこぼしや粗相などでフローリングマットがすぐに汚れがち。

撥水加工が施されていてサッと水拭きできるマットや、汚れた部分だけ洗濯機で洗えるタイルマット、また消臭機能があり臭いが残らないものなど、汚れや臭い対策がしやすいマットがおすすめです。

犬用フローリングマットの選び方④:その他の機能

◎撥水加工 
水をはじく加工が施されていると、汚れがついた場合でも拭き取れるので便利。

画像:楽天市場

◎防音
マンションにお住まいの方は、音を吸収してくれる犬用フローリングマットがおすすめ。

◎消臭
ワンちゃんがいると避けられない臭い問題。臭いを消してくれるマットもあります。

◎滑り止め
ワンちゃんが走り回ったり、掃除機をかけたりしてもズレないものを選びましょう。

画像:楽天市場

◎床暖房対応
床暖房によって滑り止め素材が溶ける場合もあるので、床暖房OKのマットかどうかしっかり確認しましょう。

◎貼り付け方
敷くだけでOKのものから、両面テープや接着剤で貼り付けるものまでさまざま。賃貸住宅なら接着剤などはNGなので、事前に確認することが大事です。

犬用フローリングマットのおすすめ10選をご紹介!

犬用フローリングマットの選び方のポイントを説明してきました。
では実際に商品を見ていきましょう。

犬用フローリングマットのおすすめ①「壁紙屋本舗」クッションフロア

犬用フローリングマットのおすすめ①「壁紙屋本舗」クッションフロア
画像:楽天市場

はじめにクッションフロアのマットをご紹介。こちらは表面が塩化ビニールの素材で厚みが約2.3mm。
また、表面に消臭剤が練り込まれ、汚れた際は水拭きができるので、ワンちゃんがいるご家庭でも安心です。

横幅は約90cmで、長さは50cm以上なら10cm単位での切り売りが可能。
さらに、ハサミやカッターでかんたんにカットできるので、使用するお部屋に応じて形を変えることができます。

接着剤でしっかり貼り付けるときれいに仕上がりますが、両面テープや剥がせる糊なども使用OKなので、賃貸のお部屋でも使えます。

カラーバリエーションは、濃淡の異なる木目が5種類、パールインキによる奥行き感が特徴の無地調が2種類、しっとりとした石目調1種類の全8種類。

犬用フローリングマットのおすすめ②「Dogzari」ペットマット

犬用フローリングマットのおすすめ②「Dogzari」ペットマット
画像:楽天市場

Dogzariは、室内で暮らすペットの足腰の負担軽減を目指したマットブランド。
表面がEco-protect filmでコーティングされていて、ワンちゃんの爪による傷を防ぎます
密着力が高く実際の床との差が少ないので、引っ掛かりによる転倒や怪我もガード

また、表面はもちろん裏面も完全防水で、ワンちゃんが粗相をしても水拭きでかんたんに掃除ができます。

110cm×220cmというこのマットは、廊下やベッドサイドなどの狭いスペースにも使いやすいサイズ。
複数枚組み合わせて使用することもできます。

このマットは幼児用マットと同じ厳しい基準をクリアしているため安全性がとても高く、家族みんなが安全に過ごすことができます。

デザインはおしゃれなタイル柄が5種類。インテリアに合わせて選べます♪

犬用フローリングマットのおすすめ③「Petty」ピタッと吸着タイルマット

犬用フローリングマットのおすすめ③「Petty」ピタッと吸着タイルマット
画像:楽天市場

次にご紹介するのは、45cm×60cmのタイルマットで、お部屋に合わせて複数枚組み合わせて使います。
このタイルマットは、その名の通り床にピタッと貼りつくことが特徴

裏面の溝の間の空気が抜けて真空状態になることで、吸盤のようにくっつく仕組みなのでどんなに動いてもはがれません。

表面は撥水加工が施されているので、ワンちゃんがおしっこを失敗した際もマットに染み込む前にサッとふき取ることができます。
汚れてしまった場合でも、その部分だけ取り外して洗濯機で洗うこともOK!何度洗っても吸着力は持続します。

天然カテキンの消臭機能があり、気になる臭い対策もばっちり。床にぴったりくっついているので、噛み癖のあるワンちゃんでも安心です。

犬用フローリングマットのおすすめ④「サンコー」おあそびマット肉球

犬用フローリングマットのおすすめ④「サンコー」おあそびマット肉球
画像:楽天市場

肉球の模様がお部屋のアクセントになってかわいいこちらの犬用フローリングマットもタイルマットのタイプ。サイズは30cm×30cmの正方形で、厚みは4mmほど。
はさみでかんたんにカットできるので、柱が出っ張っている壁などでも敷き詰めることができます

表面は人が素足で歩いても気持ちいいパイル調ワンちゃんや子どもが走り回っても音を吸収してくれます。

撥水加工が施されたマット上に水分の汚れがついた場合は、サッとふき取ることができます。
汚れが染み込んでしまっても、洗濯機でかんたんに丸洗いが可能。

また、国内の工場で生産されているのもうれしいポイント。高品質なのはもちろん、国内で発送されているため開封時の薬品臭などが気になりません

犬用フローリングマットのおすすめ⑤「サンコー」ロングマット

犬用フローリングマットのおすすめ⑤「サンコー」ロングマット
画像:Amazon

次も、国内生産のサンコーの犬用フローリングマットをご紹介。
先ほどのものと異なり、こちらは60×400cmの細長いタイプで、厚みは約3mm程度と薄いので扉や収納の開閉にひっかかることがなく、廊下やキッチンなどにぴったり
はさみでかんたんにカットできるので、細かいところまで敷き詰めることも可能です。

裏面の吸着加工によって床にぴったりフィット。マットの圧力が加わり真空状態になってくっつく仕組みによって、掃除機で吸いあがることもなくかんたんにはズレません

表面はフェルトのような肌ざわりで、サラサラとしていて快適
水分がこぼれても撥水加工によって拭き取れます。汚れた場合でも洗濯機で洗えるので、お手入れも楽ちん!

犬用フローリングマットのおすすめ⑥「シンコール」クッションフロア

犬用フローリングマットのおすすめ⑥「シンコール」クッションフロア
画像:Amazon

シンコールの犬用フローリングマットをご紹介します。
こちらのマットは幅が182cmで、長さは1m以上なら10cm単位での注文がOK。
カッターでかんたんにカットできるので、お部屋の形に合わせて細かい調整もできます

床に敷く際は、簡易的に両面テープで貼ることも可能ですが、接着剤ならよりきれいに仕上がるのでおすすめ

マットに消臭加工が施されているので、生活臭やワンちゃんの臭いを24時間以内に90%以上も吸着&消臭してくれます。
さらに、表面は強化加工が施されていてワンちゃんの爪などの傷がつきにくいのも嬉しいポイント。
また、表面はビニールなのでお手入れは水拭きでかんたん!汚れの跡も残りにくく、美しい状態をキープしやすいです。

犬用フローリングマットのおすすめ⑦「オカ」ペット用ラグマット ピタペトモ 45×45cm

犬用フローリングマットのおすすめ⑦「オカ」ペット用ラグマット ピタペトモ 45×45cm
画像:Amazon

ピタペトモは、ワンちゃんが家族の一員としておうちで快適に過ごせるようにこだわった犬用フローリングマットです。
まず、裏面が吸着タイプになっていて床にぴったりと密着しているので、走り回ったり掃除機をかけたりしてもずれにくいのが特徴。

約9mmの厚さがあるマットの表面は、クッション性のあるふかふかの素材で足腰が弱まったシニア犬にもやさしい上に、踏ん張りやすくすべりにくいのでどんなワンちゃんでも安心して歩けます。

正方形のタイルタイプで、デザインは無地のブラウンとベージュ、肉球柄、ボーン柄の合計4種類。シンプルで落ち着いた色味なので、どんなお部屋にもなじみます。自由に組み合わせてコーディネートを楽しんでください♪

犬用フローリングマットのおすすめ⑧「永柳工業」オールコルクマット3畳用(36枚)

犬用フローリングマットのおすすめ⑧「永柳工業」オールコルクマット3畳用(36枚)
画像:楽天市場

明治29年創業の永柳工業株式会社は、日本で初めてコルク製品の生産を手掛けた老舗メーカー。製造から出荷まで国内の自社工場で行い、高い品質を誇っています。

中でも犬用のコルクマットは、一般的な安価なコルクマットとは異なりスポンジを使わず100%コルクでできており、使っているうちに沈み込んでいくことがなく長期間使えます
コルクは摩擦力が強く滑りづらい素材のため、ワンちゃんが走り回ってもすべることがなく安心。

また、コルクマットはすぐにボロボロになるイメージの方もいるのではないでしょうか?これは一般的なコルクとは異なり、芯までコルク素材なので爪を立ててもはがれにくいのです。

見た目を美しく保てるのも、永柳のコルクならでは!

犬用フローリングマットのおすすめ⑨「インテリアふじ」クッションフロアカーペット 約180cm×240cm(木目柄)

犬用フローリングマットのおすすめ⑨「インテリアふじ」クッションフロアカーペット 約180cm×240cm(木目柄)
画像:Amazon

本物の木目に近い柄でインテリアにマッチするクッションフロアカーペット。

最大サイズの約180cm×240cmから約50cm×180cmまでの6種類があり、使用する場所に合わせて選べます。クッションフロアカーペット自体は2mm程度と薄く、つまずきにくいので安心。

さらに、表面は適度な凹凸(エンボス加工)が施されていて、わずかに引っかかることですべりにくい効果があります。

消臭・抗菌・防カビの機能があり、アンモニア成分・生ごみの臭いの元の成分などを吸着・除去してくれるのでワンちゃんが過ごすリビングやベッド、エサ置き場、トイレの下などに敷くのにおすすめです。

また、小さなお子様がいるご家庭なら、食卓の下などにも◎。冬場など使わないときは丸めて収納もOKです。

犬用フローリングマットのおすすめ⑩「帝塚山ハウンドカム」おくだけ撥水吸着タイルマット 大判 60×45cm 12枚セット

犬用フローリングマットのおすすめ⑩「帝塚山ハウンドカム」おくだけ撥水吸着タイルマット 大判 60×45cm 12枚セット
画像:楽天市場

最後にご紹介する犬用マットは、60cm×45cmのタイルマット。大判サイズですが、はさみでかんたんにカットできるので、お部屋のどんなレイアウトにもマッチします。

裏面についているアクリル素材の吸着効果によって、床にぴったり吸着。ワンちゃんが走り回ったり、掃除機で掃除をしたりしてもめくれにくいので安心。

表面には撥水機能がついていて、ワンちゃんの食べこぼしや粗相などもサッとふき取れます。さらに、汚れた部分だけ洗濯機で洗濯OKなので、お手入れラクラク

厚みは約4mm程度で薄く、ドアの開閉の妨げにもなりません。床暖房の上でも使えるので、どんな場所にも対応しています
寒い冬でも安全な場所でも自由に走り回れるのはうれしいですね!

犬用フローリングマットでワンちゃんの安全を守る

犬用フローリングマットでワンちゃんの安全を守る

ワンちゃんが固くツルツルとしたフローリングで過ごしていると、思うように踏ん張れないため転んでしまい、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアなどを患う危険があります。

そのようなリスクを避けるためにも犬用フローリングマットは必須。
また、小さいお子様がいるご家庭にもぴったりです。

家族みんなで快適に過ごしましょう。

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪