トップ > ライフスタイル >  ベビー・キッズ > キッズ用品 >

おすすめの赤ちゃん歩行器10選!ひとり歩きまでのお役立ちアイテムをご紹介 画像:123RF

やまだもなか

更新日:2022年8月17日

この記事をシェアしよう!

おすすめの赤ちゃん歩行器10選!ひとり歩きまでのお役立ちアイテムをご紹介

歩行器は、まだ自分で歩くことができない赤ちゃんの歩行をサポートしてくれるアイテム。

歩行器を使用することで、普段よりも目線が高くなるぶん、景色が変わり、赤ちゃんの好奇心を満たしてくれる効果があります。
ハイハイやつかまり立ちが始まって目が離せなくなった赤ちゃんを歩行器で遊ばせている間に、ササっと家事を済ませることができれば、パパやママにとってもメリットがありますよね。

ただ、歩行器は間違った使い方をすると思わぬ事故につながることもあるので、十分に注意が必要!

今回は、歩行器のメリット・デメリットを確認し、歩行器を毎日の育児に上手に活用している先輩パパ・ママの体験談もご紹介。

いまイチオシの歩行器10選もお見逃しなく!

赤ちゃんの歩行器とは?いつから使い始めるものなの?

赤ちゃんの歩行器とは?いつから使い始めるものなの?
画像:123RF

最初に、歩行器のキホンを押さえておきましょう。

歩行器のキホン①:ひとり歩きができない赤ちゃんをサポート

歩行器とは、ひとり歩きができない赤ちゃんの歩行を助けてくれるアイテムです。

一般的な歩行器は、土台に車輪が付いていて、上部はテーブルと2つの穴が開いたシート(赤ちゃんが足を入れる用)でつくられています。まだひとりでは歩けない、ハイハイやつかまり立ちの時期に、赤ちゃんが穴に足をとおすことで、歩行器のサポートが働き自由自在に様々な方向へ移動することができます。

歩行器のキホン②:歩行器はしっかりとお座りができるようになってから

歩行器の使用開始の目安は、腰がすわって、お座りができるようになる生後7か月以降とされています。お座りといっても、パパやママの支えでお座りをしている段階では、歩行器は早すぎて上手く遊べないかもしれません。支えをほとんど必要とせず、しっかりとしたお座りができるようになれば、歩行器でも安心して遊べるでしょう。

また、歩行器の卒業は、ひとり歩きができる15か月ごろが目安と記載されていることが多いですが、赤ちゃんの成長には個人差があるもの。そろそろ歩けるようになってきたかなとパパやママが感じたら、そっと歩行器をしまって、自分の力で歩く練習をたくさんさせてあげましょう!

赤ちゃんの歩行器って必要?メリット・デメリットを解説

赤ちゃんの歩行器って必要?メリット・デメリットを解説
画像:123RF

歩行器を使う時期は、ちょうど活発にハイハイや伝い歩きをするなどして、赤ちゃんから目が離せない時期と重なります。パパやママが家事をする間に赤ちゃんの安全を確保するため、また、赤ちゃんに自分で動くことの楽しさを知ってもらうためのアイテムとして、歩行器を取り入れるパパやママが多いですよ。
赤ちゃんが喜ぶ仕掛けがあったり、赤ちゃんの好きな音が鳴ったりと、おもちゃとしての要素も見逃せません。

ただし、かつて歩行器は赤ちゃんの歩行の練習をするための道具という考え方がありましたが、今では歩行器は歩く練習にはならないとされています。理解の上、取り入れましょう。

歩行器のメリット

・赤ちゃんの目線が普段よりも高くなり、いつもと違う景色を楽しむことで好奇心が刺激される。自分で動く楽しみを覚える。

・パパやママがどうしても手が離せない場面で、ストッパーをかけた歩行器に赤ちゃんを乗せて安全を確保することができる。

・赤ちゃんが歩行を始める前の段階で、足を踏ん張る力をつける効果がある。

先輩パパ・ママに聞く歩行器のメリット

ハイハイの時期は、見つけたものを口に入れようとするので危なくて目が離せませんでした。トイレに行くとき、洗濯物を干すとき、揚げ物をするときなど、ストッパーとおもちゃ付きの歩行器に乗せてお守をしてもらってました。とても助かりましたね。
(2歳の男の子のママ)

歩行器のデメリット

・適切な時期に使用しないと、赤ちゃんの発育をさまたげる可能性がある。自分で歩けるようになったら使用をやめること。

・長時間の使用が日常的になると、足腰の筋肉を鍛える機会が減ってしまう。1日の使用時間は、合計1~2時間を目安に、1回の使用時間は20分程度を守る。

・転倒・転落の事故がないよう、安全対策が必要。段差や傾斜がある部分に注意し、階段前にはベビーゲートを設置する。

先輩パパ・ママに聞く歩行器のデメリット

子どもを歩行器に乗せると機嫌がよかったんです。ある日家事をしているときに、歩行器に乗せたままにしていたら、和室とフローリングの段差のところで勢いがついて子どもが転倒してしまって……。ストッパーがついていない歩行器だったのに、目を離してしまって。すごく反省しました。
(1歳半の女の子のママ)

1 2 3 4

ライター、図書館員。自身が小学生男児の母ということもあり、子供関連記事の執筆多数。
趣味は読書、鉄道旅行、純喫茶めぐり、料理など。電気ストーブのスチーム音(ぽこぽこっ)が好きです。
皆さんの子育ての手助けができるよう、ていねいでわかりやすい記事を心がけていきます。