フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  カー用品 > タイヤ >

タイヤチェーンの付け方をわかりやすく解説!実際にチェーンの取り付けにチャレンジ

はるな

更新日:2022年1月9日

この記事をシェアしよう!

タイヤチェーンの付け方をわかりやすく解説!実際にチェーンの取り付けにチャレンジ

冬の時期に準備しておきたい、タイヤチェーンの付け方をわかりやすく解説します。

雪道を走行する際に必要となるタイヤチェーン。
実際に自分でタイヤチェーンを取り付けるとなると、とても難しい印象をうけませんか?
これまでタイヤチェーンを付けたことがない筆者も、実際にタイヤチェーンを取り付けるまでは難しい印象を持っていました。

今回はタイヤチェーンの取り付け初心者の筆者が実際に挑戦!
タイヤチェーンの取り付け手順を詳しく解説します。
手順さえ覚えてしまえば、簡単にタイヤチェーンを取り付けることができますよ。

それでは急な天候の変化などに備えて、タイヤチェーンの付け方をしっかり覚えていきましょう!

タイヤチェーンの取り付けイメージ

タイヤチェーンを取り付けるとなると、車をジャッキで持ち上げたり、チェーンを敷いてクルマを移動させたり、とても手間がかかり難しいイメージをお持ちではないですか?

近年主流となっているタイヤチェーンは、そんな面倒なことはしなくて大丈夫なんです。手順さえ覚えてしまえば、いつでも簡単に取り付けることができますよ。

タイヤチェーンの取り付けに難しい印象を持っている方も、この記事を読み終わった後は印象が変わるはず!それでは、タイヤチェーンの取り付け前に把握しておきたいチェーンの種類についてまず説明します。

タイヤチェーンの付け方を覚える前に、タイヤチェーンのタイプを知ろう

タイヤチェーンの付け方を覚える前に、タイヤチェーンのタイプを知ろう

タイヤチェーンには主に3タイプがあります。

非金属タイプ、金属タイプ、布タイプの3種類が主流です。特に最近は非金属タイプのチェーンタイヤを使う方が増えてきているようです。

それではそれぞれのチェーンタイプにメリット、デメリットがあるので見ていきましょう。

 

>>楽天市場で「タイヤチェーン」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「タイヤチェーン」の売れ筋ランキングをチェック

1.非金属タイプのタイヤチェーンの特徴

非金属タイプのタイヤチェーンは、金属タイプや布タイプに比べるとやや高額になりますが、取り扱いやすい点や運転時の静穏性が特徴です。

非金属タイプのタイヤチェーンのメリット、デメリットは以下の点が挙げられます。

非金属タイプのタイヤチェーンのメリット

  • 金属タイプのタイヤチェーンより比較的静かで振動も少ない
  • 雪道、凍結路の双方に強い
  • 雪道や凍結道路以外の通常の道で走行しても問題なし
  • タイヤチェーンが柔らかいので装着しやすい

非金属タイプのタイヤチェーンのデメリット

  • 折り畳みができないものが多く収納スペースが必要
  • 価格が高め

次は金属タイプのタイヤチェーンの特徴を見ていきましょう。

楽天市場とAmazonで売れている非金属タイプチェーン「バイアスロンクイックイージーQE2L」

2.金属タイプのタイヤチェーンの特徴

非金属タイプのタイヤチェーンが普及する以前は、金属タイプのタイヤチェーンが定番でした。金属タイプのタイヤチェーンの特徴を見ていきましょう。

金属タイプのタイヤチェーンのメリット

  • 路面凍結に強い
  • 折り畳みが簡単で収納に便利
  • 価格が手頃

金属タイプのタイヤチェーンのデメリット

  • 走行時の振動や騒音が大きくなりやすい
  • 雪道や凍結道路以外の通常の道で使用するとチェーンが切れやすくなる
  • 重量がある

次は、布タイプのタイヤチェーンの特徴を見ていきます。

楽天市場で売れている金属タイプチェーン「タイヤチェーン スノーチェーン」

画像:楽天市場

3.布タイプのタイヤチェーンの特徴

最後は布タイプのタイヤチェーン。一番の特徴はやはり布製なので軽くて収納しやすく、騒音も少ないところ。ただ、雪の下に隠れている石や砂利がタイヤに食い込んでしまうことで、チェーンの表面が傷んでしまうなどのデメリットもあります。

布タイプのタイヤチェーンのメリット

  • 走行時、金属製やゴム製のタイヤチェーンよりも静かで振動も少ない
  • 軽くて折りたためるため収納しやすい
  • 取り付けが簡単
  • 汚れても洗濯できる
  • 価格が安い

布イプのタイヤチェーンのデメリット

・雪道や凍結道路以外の通常の道に弱い
・比較的耐久性が低い

楽天市場とAmazonで売れている布タイプチェーン「オートソック【Autosock】ハイパフォーマンス タイヤの靴下」

以上、金属製・非金属製・布製の3種類のタイヤチェーンについて特徴を紹介してきました。どのタイヤチェーンにも一長一短があるのがわかったと思います。

どれを選ぶかは用途と好み次第になりますが、今回は最もポピュラーな非金属タイプのタイヤチェーンの取り付けにチャレンジします!

タイヤサイズに合ったタイヤチェーンを選ぼう

タイヤサイズに合ったタイヤチェーンを選ぼう

取り付けたいタイヤチェーンのタイプを選んだら、次は自分の車のタイヤサイズと合ったタイヤチェーンを探しましょう。特に非金属製のタイヤチェーンは価格が高いので、タイヤに合わないものを買ってしまわないようしっかりと確認したいところです。

タイヤチェーンが大きすぎたり小さすぎたりすればタイヤにうまく装着できませんし、無理やり装着しても走っている途中で外れて事故やトラブルに繋がりかねません。

今回、タイヤチェーンを取り付ける筆者の車のタイヤサイズは195/65R15。この数字は幅が195mm、偏平率が65%、リム径が15インチという意味です。タイヤの側面に必ず記載がありますので、確認しておきましょう。

ちなみに偏平率は記載がないこともあり、その場合は80%だそうですよ。

それでは、今回はサイズの合った非金属製タイヤチェーンを用意して、さっそく作業開始です!

 

>>楽天市場で「タイヤチェーン」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「タイヤチェーン」の売れ筋ランキングをチェック

タイヤチェーンの取り付けにチャレンジ!

タイヤチェーンの取り付けにチャレンジ!

一番大事になるのが、前輪、後輪どちらにタイヤチェーンをつけるのか。タイヤチェーンは、必ず駆動輪に取り付ける必要があります。FF車(前輪駆動)であれば前輪に、FR車(後輪駆動)であれば後輪に取り付けましょう。4WD車の場合は、ベース車によって前輪、後輪が変わってきます。

まずはご自身の車がFF車、FR車なのか、4WDの場合はベース車について調べましょう。

それでは実際にタイヤチェーンをの取り付けに挑戦します!今回は皆さんによりわかりやすく解説するため、車から取り外したタイヤにチェーンを取り付けます。

手順は同じなので、ぜひ参考にしてくださいね!

タイヤチェーンの取り付け手順1.チェーンの状態を確認しよう

タイヤチェーンの取り付け手順1.チェーンの状態を確認しよう

まずはタイヤチェーンの状態を確認します。長期間未使用の場合は、経年劣化していないかなど気を付けましょう。

ちぎれたりしていないかの確認はもちろんですが、ねじれていたり、からまっていたりするだけでもタイヤにうまく取り付けられません。ほどいて床に広げて、しっかり確認しましょう!

また、スパイク金具が脱落や破損していないか、ラーバーネット部分に破損はないか、接続金具は脱落していないかなど、装着前に各部分を点検することが大事なポイントですよ。

タイヤチェーンの取り付け手順2.タイヤの裏側からチェーンをセットしよう

タイヤチェーンの取り付け手順2.タイヤの裏側からチェーンをセットしよう

まずはタイヤチェーンをタイヤの裏側、前後に半分の長さになるよう敷きます。

そこからチェーンをタイヤに沿わせるように前後両側から持ち上げていき、裏側上部のジョイントをタイヤの裏側で接続します。

次に上部手前側のジョイントを接続します。

裏側と手前側を接続したら、チェーンをタイヤの裏側へ落とし込むように押し込みます。

これでタイヤチェーンのセットは完了です。

タイヤチェーンの取り付け手順3.フックを接続しよう

タイヤチェーンの取り付け手順3.フックを接続しよう

タイヤチェーンのセットが完了した後は、続いてタイヤの下側のチェーンを強く引っ張り、下側のフックを接続します。

この時、チェーンをしっかりタイヤに沿わすようにします。この工程は力が必要です!しっかりチェーンを引っ張らないと下側のフックが接続できないので頑張りましょう。

下側のジョイントを接続します。これでチェーンがタイヤ全体を覆うことができました。この時、すべてのジョイントがちゃんと接続されているか必ず確認しましょう。

タイヤチェーンの取り付け手順4.チェーンをロックする

タイヤチェーンの取り付け手順4.チェーンをロックする

タイヤチェーンをタイヤに沿わすように取り付けたら、次はチェーンに付属しているアイテムを使いロックしていきます。ロックはタイヤ下側から締めていくのがポイントです!

すべてのロックを締めたら、これでタイヤチェーンの装着が完了です!

タイヤチェーンの付け方は、事前に練習しておくのが大事

タイヤチェーンの付け方は、事前に練習しておくのが大事

はじめてのタイヤチェーンの装着。手順はいたって簡単だったのですが、思ったより手間取りました。

悪天候の中でタイヤチェーンの装着をはじめてやらないとなるとかなり大変だと想像できます。なかなか説明書のようにはいかないので、事前に練習しておくのが大事だと思いました。

一度やってみるとタイヤチェーンの仕組み、付け方がよく分かりました。タイヤチェーンを買った後は、必ず試しに付けてみてくださいね!

それと注意してほしいのは、タイヤチェーンを付けたからと言って雪道をいつものように走行はできません。タイヤチェーンを付けたとしても十分な安全を確保できるわけではないので、積雪路や凍結路を走行する際には、走行条件にあった安全なスピードで走行することを心掛けてくださいね。

 

>>楽天市場で「タイヤチェーン」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「タイヤチェーン」の売れ筋ランキングをチェック
筆者
はるな

趣味はドライブ!いろいろなところに旅行しています。大切な愛車を自分でもメンテナンスできるようになりたい!ということで、車のタイヤ交換や修理などにチャレンジ。
まだまだ分からないことだらけですが奮闘中。工具や車の仕組みについて楽しく学びレポートしていきます!