トップ > ライフスタイル >  クレジットカード > ゴールドカード >

ANAアメックス・ゴールドカードは飛行機の旅行をグレードアップするクレジットカード! 画像:123RF

Wing

更新日:2022年6月6日

この記事をシェアしよう!

ANAアメックス・ゴールドカードは飛行機の旅行をグレードアップするクレジットカード!

ANAアメックス・ゴールドカード(ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード)は、飛行機に乗る機会の多い方にメリットの大きい、ワンランク上のクレジットカードです。

「ゴールドカード」と呼ばれるクレジットカードは、一般的なクレジットカードよりも優待サービスや特典が充実しているランクの高いカードとなります。
ステータスカードとして社会的信用度も高く、とくに海外では「支払い能力がある=信用できる」という考え方が強いため、身分証明書の代わりにもなるともいわれます。

ANAアメックス・ゴールドカードにもゴールドカードにふさわしい特典やサービスが満載。
さまざまな特典や各種トラベルサービス、もしものときも安心な旅行傷害保険がつきます。

飛行機での旅行が多い方や、出張の多いビジネスマンにもぴったりなアメックス・ゴールドカード。
さっそくカードの特徴や魅力を深堀りしていきましょう。

ANAアメックス・ゴールドカードを知ろう

ANAアメックス・ゴールドカードを知ろう
画像:ANAアメックス・ゴールドカード公式HP

ANAアメックス・ゴールドカードは、アメリカに本社のある「アメリカン・エキスプレス」が、航空会社の「ANA」と提携して発行しているクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレスのポイントと、ANAのマイルの両方を獲得可能で、たまったポイントは支払い時に使えるほか、マイルにも変えられます。ポイントは、日常の買い物や飲食代をカードで支払うことでためられます。

ポイントをマイルに移行すれば、ANAの航空券を購入する際に使えたり、ANAグループならではの特典を受けられたりします。また、ANAの飛行機に搭乗するだけでフライトマイルもたまっていきます。ポイント、マイルが持つそれぞれの特徴については後述します。

ANAアメックス・ゴールドカードの年会費は3万4,100円です。公式サイトからオンラインで申し込みが行えます。入会審査を経て本人確認の手続きに移り、カードの発行という流です。定職のある方なら基本的には申し込みできますが、パートやアルバイトの方の申し込みは不可となっています。

家族カードの年会費は1万7,050円。ポイントやマイルは基本的にカード会員に加算されるので、効率良くためられます。家族カードごとに使用限度額が設定できるので、使いすぎ防止対策にもなりますよ。

ポイントシステムの「メンバーシップ・リワード」とは

ANAアメックス・ゴールドカードに採用されているポイントプログラムは、「メンバーシップ・リワード」というシステム。カードを使うたび、金額に応じて使えるポイントがたまっていきます。「100円につき1ポイント」が基本ですが、なかには対象外もあり、その際は「200円につき1ポイント」となります。

また、ANAの航空券を購入したり、ANAグループ店舗でカード支払いをしたりすると、通常の2倍のポイントがもらえます。ANAアメックス・ゴールドカードは、ポイントの有効期限がありません。たまったポイントは、支払い時に換算して使えます。

入会特典にも注目です。入会後3か月以内に定められた利用額に達するとボーナスポイントを進呈するという特典があります。3か月以内の利用額が25万円に達すると1万ポイント、50万円で2万ポイント、100万円で3万ポイントが獲得できます。

入会時には別途ボーナスポイントがゲットできるキャンペーンを実施していることもありますので、その機会を狙って入会するのもおすすめですよ。

ANAアメックス・ゴールドカードの基本! ANAマイルの使い方を知ろう

ANAアメックス・ゴールドカードの基本! ANAマイルの使い方を知ろう
画像:123RF

ANAアメックス・ゴールドカードと通常のアメリカン・エキスプレス・カードとの違いは、圧倒的なマイルのたまりやすさにあります。「ポイント」と「マイル」を混同してしまいがちですが、別のものであることを把握しておきましょう。

・ポイント
ANAアメックス・ゴールドカードで支払いをすることでもらえる「アメリカン・エキスプレス・カード」のポイントシステム「メンバーシップ・リワード」のポイント。先述のとおり基本的に「100円につき1ポイント」たまります。ポイントは、マイルへの移行が可能です。

・マイル
マイルは、航空会社のマイレージプログラムでたまります。おもに飛行機を利用することでたまっていく「航空会社のポイント」です。

 

今回は、混同を避けるために、それぞれ「ポイント」と「マイル」として表記します。

ANAアメックスカードでたまるマイルとは?

マイル(マイレージ)は、航空会社を利用することで獲得できます。ANAアメックス・ゴールドカードの場合は、もちろんANAのマイルがたまります。

航空会社それぞれに異なるマイルがあり、例えばANAのマイルをJALでは使えません。ただ、「アライアンス」と呼ばれる航空会社の提携組織に加盟している航空会社同士であれば、マイルを共有することができます。ANAが加盟しているのは世界各国26社の航空会社が加盟している「スターアライアンス」です。

ためたマイルは、ANAの特典航空券と交換したり、国際線の座席をアップグレードしたり、ANA関連サービスに使えたりします。

ANAグループの飛行機に乗ることでたまるのが「フライトマイル」です。基本的に、航続距離が長いほど多くマイルをもらえます。ANAアメックス・ゴールドカードの場合は通常のフライトマイルに加え、ANAグループ便の搭乗ごとに割り増しボーナスマイルが獲得できます。

さらに、飛行機に乗らなくてももらえるマイルもあります。対象の飲食店利用で獲得できる「ANAグルメマイル」のほか、ANAグループや提携した店舗、ANAが運営する通販サイトなどでショッピングすることでもマイルをためられますよ。

ポイントをANAマイルにするには?

ANAアメックスカードの場合、ためたポイントをマイルに移行する際に年間参加費として別途6,600円かかる「ポイント移行コース」に登録する必要がありますが、ANAアメックス・ゴールドカードはその必要がなく、マイルへの移行は好きなときでOK

なお、マイルへのポイント移行は、最少1,000ポイントからとなります。「1,000ポイント=1,000マイル」と、高いレートも魅力です。ポイント移行は1日1回までですが、ポイントの有効期限を気にする必要がないため、ポイントをたくさんためておき、一度に大きく移行することが可能ですよ。

ANAマイルおすすめの使い方

スタンダードなANAアメックスカードよりもマイル がたまりやすいANAアメックス・ゴールドカード。マイルはフライト以外にも使えます。うまく使いこなせば、マイルだけで旅行費用がまかなえるかもしれませんよ。ぜひ知っておきたいANAマイルの使い方をピックアップしました。

・航空券に交換する
ためたマイルはANAの国内線・国際線の特典航空券に交換できます。交換に必要なマイルは5,000マイルからとなっています。ANAだけでなく、スターアライアンス加盟航空会社および提携航空会社の特典航空券への引き替えも可能です。

・座席のアップグレードができる
予約したANAおよび提携航空会社の航空券の座席を、マイルを使ってアップグレード。適用されるのは国際線のみで、交換に必要なマイルは9,000マイルから。運航距離によって必要なマイル数も異なってくるので、詳細はANA公式HPで確認してください。

・「ピーチポイント」に交換する
ANA系列のLCCであるPeachのポイント「ピーチポイント」に交換し、運賃の支払いなどに使えます。交換は500マイルからで、500マイル=450ピーチポイント(450円相当)となります。

・電子マネーや他社ポイントに交換する
コンビニやカフェなどの普段使いに便利な電子マネー「楽天Edy」や、楽天市場でオンラインショッピングができる「楽天ポイント」、TSUTAYAなどで使える「Tポイント」にも交換可能です。ポイントへの交換に必要なマイルはいずれも10,000ポイントからです。

ANAアメックス・ゴールドカードのメリット

ANAアメックス・ゴールドカードのメリット
画像:123RF

ANAアメックス・ゴールドカードは、ステータスカードならではの特典や割引などを多彩に展開しています。より強力な補償やプロテクションも備わっており、「持っていて良かった!」と思うこと間違いなしのメリットがいっぱいです。

①ANAアメックスカードよりポイントやマイルがたまりやすい

②ANAアメックスカードよりも充実の補償やプロテクション

③快適で便利な旅をサポートするサービス

④ANA関連店舗から空港の免税店まで割引がいろいろ

⑤ANAアメックス・ゴールドカードのワンランク上のプログラム

それではANAアメックス・ゴールドカードのメリットを詳しく紹介していきます。

【ANAアメックス・ゴールドカードのメリット①】ANAアメックスカードよりポイントやマイルがたまりやすい

アメリカン・エキスプレスはJCBと提携しているため、使える店舗も幅広く、ステータスカードでありながら日常使いに強いクレジットカードでもあります。ポイントやマイルもたまりやすく、ANAグループの支払いでカードを使うと通常の2倍のポイントがたまります。

また、入会・継続特典ボーナスとしてそれぞれ2,000マイルももらえますよ。

あわせて、ANAと提携しているカードならではの「ANA SKYコイン獲得プログラム」もぜひ使いこなしてみてください。

「ANA SKYコイン獲得プログラム」

ANAアメックス・ゴールドカードには、ポイントとマイルのほかにANAの電子クーポン「ANA SKYコイン」をもらえるプログラムが付帯。ANA SKYコインはANAの航空券や旅行券の支払いに使えます。ANAアメックス・ゴールドカードで利用額に応じて「ANA SKY コインボーナス」が加算されます。毎年1月はじめから12月末までの1年間に合計300万円以上のカード利用で、ANA SKYコインが1万コイン、つまり1万円相当分が獲得できます。

【ANAアメックス・ゴールドカードのメリット②】ANAアメックスカードよりも充実の補償やプロテクション

ANAアメックス・ゴールドカードの旅行傷害保険や各種プロテクションは、スタンダードなANAアメックスカードよりも豊富です。ANAアメックスカードにはない「スマートフォン・プロテクション」、「リターン・プロテクション」、「キャンセル・プロテクション」が備わっているのも利点です。

・旅行傷害保険は病気から物損まで幅広く対応
ANAアメックス・ゴールドカードは、旅行先で想定されるほとんどのアクシデントに対応可能、といっても良いほど旅行傷害保険の内容が充実しています。もし、旅行先で事故に遭ってしまったとき、海外旅行の場合は最高で1億円、国内で5,000万円の補償が適用。

また、海外旅行の際に持ち物が破損したり盗難に遭ったりした場合は、50万円までの補償になります。いずれもスタンダードなANAアメックスカードよりも補償額が大きいうえ、乗継遅延や受託手荷物の補償など、ANAアメックスカードにはない補償が付帯する点も見逃せません。

・買い物のトラブルもカバー
購入した商品の破損や盗難による損害を補償する「ショッピング・プロテクション」は、商品購入から90日以内に破損や盗難に見舞われたとき、1事故につき1万円、年間の補償額はANAアメックスカードより高額の最高500万円までとなっています。

万が一、オンライン上で何者かのなりすましによって商品を購入されてしまった際に安心なのが「オンライン・プロテクション」。オンラインショッピングで不正利用された利用金額を補償してくれるプロテクションです。

アメリカン・エキスプレス社が届け出を受け取った日より過去60日以内の不正利用された利用金額を補償してくれます。コロナ禍によってオンラインショッピングの機会が増えた今にもぴったりですね。

・ANAアメックス・ゴールドカードにつくその他のプロテクション
ANAアメックス・ゴールドカードのプロテクションには、上記2つのプロテクションのほかにも、スタンダードなANAアメックスカードにはないプロテクションがそろいます。

スマートフォンが破損した場合、修理代金を最大3万円まで補償する「スマートフォン・プロテクション」、ANAアメックス・ゴールドカードで購入した商品の返品が困難な場合に購入金額を補償してくれる「リターン・プロテクション」、ケガや病気などの理由で旅行やコンサートなどに急に行けなくなった際のキャンセル料を年間10万円まで補償する「キャンセル・プロテクション」も付帯しています。

【ANAアメックス・ゴールドカードのメリット③】快適で便利な旅をサポートするサービス

ANAアメックス・ゴールドカードには、空の旅を豊かにするサービスがたくさんあります。ゴールドカードらしいプレミアムなサービスもあるので、旅行の前にぜひチェックしてください。

・空港周辺パーキングサービス
出発2日前までに申し込めば、空港周辺の駐車場を割引料金で予約でき、マイカーを安全預かってもらえるサービスです。預かってもらっている間は24時間体制のセキュリティで安心!

また、帰ってくるまでの間にマイカーの給油や点検整備などのメンテナンスまでしてもらえる有料サービスも備わっています。ただし、このサービスが利用できる空港は成田国際空港と関西国際空港の2つのみです。

・エアポート送迎サービス
スタンダードなANAアメックスカードにはないサービスです。利用には条件がありますが、海外への出発・帰国時に、提携タクシー会社から車を手配して、指定場所と空港間をリーズナブルな定額料金でゆったり送迎してもらえます。

対象空港は成田・関西・中部の3つの空港。利用エリアもあらかじめ決まっているので、公式サイトで確認してみましょう。なお、土・日曜、祝日を除いた出発の3日前までの予約が必要です。

・空港ラウンジサービス
国内28か所の空港と海外1か所の空港ラウンジを利用でき、ラウンジ内の一部サービスを無料で受けられます。搭乗時間までの待ち時間の混雑を避けてゆったりくつろげるうれしいサービスですね。無料のドリンクサービスを楽しめるほか、Wi-Fiやデスクも備えられているため、移動の合間の仕事も捗りそうです。

・空港クロークサービス
海外への出発・帰国当日、空港で手荷物2個までを無料で預かってもらえるサービスがあります。スーツケースなどのかさばる荷物を一時的に預けられるので、待ち時間の食事や買い物もゆったり楽しめますよ。

なお、サービスが利用できる空港は限られていて、中部国際空港・関西国際空港での2つだけです。

・手荷物を宅配して快適に移動!
海外からの帰国時のみに受けられる手荷物無料宅配サービスが便利です。このサービスを使えば、空港から自宅までの移動中、大荷物に気を遣うことはありませんし、“寄り道観光”も気軽に楽しめます。帰宅するまで快適な旅を満喫しましょう。ただし、このサービスに対応している空港は、羽田空港(第3ターミナル)、成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港の4つの空港のみ。スタンダードANAアメックスカードよりも利用できる空港は多くなっています。

・ANAのトラベルサービスが受けられる
ANAの航空券やツアーの手配はオンラインで簡単にできます。ANAのWebサイトでカード支払いをすると、もちろんポイントとマイルの両方がたまりますよ。

また、ANA国内線を利用する際、事前にSKiPサービスの手続きを済ませておくと空港での搭乗手続きが不要になり、スムーズです。カウンターに立ち寄ることなく、ANAアメックス・ゴールドカードのタッチのみで出発保安検査場と搭乗口を通過できます。

 

そのほかにもANAアメックスカード同様に、海外旅行で役立つレンタルサービス各種や、24時間日本語で対応してくれる電話サービス「オーバーシーズ・アシスト」などが使えますよ。

【ANAアメックス・ゴールドカードのメリット④】ANA関連店舗から空港の免税店まで割引がいろいろ

ANAの航空券を購入したり、ANAグループ店でカード支払いをしたりすると割引サービスが受けられる特典もあります。ANAのショップや空港内の免税店でカードを使うと割引を受けられるほか、オンラインショッピングでも割引があります。

【ANAアメックス・ゴールドカードのメリット⑤】ANAアメックス・ゴールドカードのワンランク上のプログラム

ANAアメックス・ゴールドカードには、スタンダードなANAアメックスカードにはない「ゴールド・ワインクラブ」や「ゴルフ・デスク」といったサービスがあります。

ゴールド・ワインクラブ
電話でワイン選びの相談ができるサービスです。気に入ればそのまま電話からワインの購入も可能。ギフトボックスの無料サービスや、1万1,000円以上購入すると送料無料になるなどの購入特典もあります。ワインをギフトで送る際に活用してみてはいかがでしょうか。

・ゴルフ・デスク
手間のかかるゴルフ場の手配をしてくれるサービスです。国内をメインに約800の提携ゴルフ場から、希望のコースを無料でエントリーしてくれます。海外ではリゾート地として人気の高いハワイ、グアム、サイパンの提携ゴルフ場の手配が可能です。

ちなみにANAグループの企業には「武蔵の杜カントリークラブ」も含まれていますので、「ゴルフ・デスク」で手配してプレーをすればマイルもためられてお得です。武蔵の杜CCではANAの旅行券や利用券でプレー費の支払いも行えるので、ANAマイルを使ってゴルフをすることもできますよ。

ANAアメックス・ゴールドカードのデメリット

ANAアメックス・ゴールドカードのデメリット
画像:123RF

ANAアメックス・ゴールドカードはサービス内容が充実していますが、ひょっとして年会費の分の損をしているのでは…と思う方もいるかもしれません。そこで、ANAアメックス・ゴールドカードのデメリットと思われる部分を検討してみました。

①ANAアメックスカードよりも年会費が高い

②アメリカン・エキスプレスのゴールドカードに付帯する特典がない

③旅行傷害保険はANAアメックスカードよりも手厚いが利用には条件がある

【ANAアメックス・ゴールドカードのデメリット①】ANAアメックスカードよりも年会費が高い

ANAアメックス・ゴールドカードは年会費が3万4,100円と高額です。アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの年会費3万1,900円と比べても割高なことがわかります。

しかし、これまで紹介してきたとおり、高いレートでマイルへ交換できたり、各種プロテクションや補償がしっかりしていたり、上質なサービスが享受できたりと、年会費以上の価値を備えているといっても良いのではないでしょうか。

【ANAアメックス・ゴールドカードのデメリット②】アメリカン・エキスプレスのゴールドカードに付帯する特典がない

アメリカン・エキスプレスのゴールドカードには、会員限定サービスとして「ザ・ホテル・コレクション」や「ゴールド・ダイニングby招待日和」など、宿泊や食事を少しリッチに楽しめる特典が付帯していますが、ANAアメックス・ゴールドカードは同じゴールドカードなのにそれらの特典はついていません。

ちょっぴり残念ですが、通常のゴールドカードではたまらないマイルがたまったり、ANAのさまざまなサービスが利用できたりするなどの利点もあり、「空の旅に特化したカード」として差別化できているともいえるでしょう。

【ANAアメックス・ゴールドカードのデメリット③】旅行傷害保険はANAアメックスカードよりも手厚いが利用には条件がある

アメリカン・エキスプレスのカードは、種類によって旅行傷害保険の補償内容や補償額、適用条件が異なります。ANAアメックス・ゴールドカードの場合、旅行代金をカード決済することが保険適用条件となります。カードを所持しているだけでは適用外なので注意が必要です。

付帯保険を活用したいなら、旅行代金をANAアメックス・ゴールドカードで支払うようにしましょう。

ANAアメックス・ゴールドカードをもっとお得に使う

ANAアメックス・ゴールドカードをもっとお得に使う
画像:123RF

ANAアメックス・ゴールドカードのメリットやデメリットをおさえたあとは、もっとお得に賢く使う方法を紹介します! マイルやポイントを特典に交換するのはもちろん、ANAのオンラインショッピングサイトにも着目しました。

ポイント移行選択肢が多彩

アメリカン・エキスプレスの各種カード共通で、ためたポイントを支払いに利用できるのはもちろん、ポイントを使う選択肢は豊富です。

マイルに交換するほかにもいろんな使い方があります。家電、グルメなどのアイテムに交換したり、全国百貨店共通商品券に交換したり、普段使いしやすい飲食店やコンビニ、音楽配信サービスのEクーポンに交換したりできるので、ライフスタイルに合った使い方を楽しみましょう。

ANAのショッピングサイトを活用しよう

ここまで紹介したとおり、ANAアメックス・ゴールドカードには、飛行機の搭乗やカード支払いでためたマイルを使って受けられるサービスやカード会員への優待や割引がそろいます。そのなかでおすすめしたいのが、各種ショッピングサイトの利用です。

ショッピングサイト「ANAマイレージモール」には、楽天やAmazonなどの大手通販サイトのほか、ユニクロ、高島屋などの有名アパレルメーカーや百貨店、食品メーカーなどあらゆるカテゴリの企業が多数参加しており、日常の買い物にもとても便利。「ANAマイレージモール」でカード決済すると、ポイントとマイルの2種取りもできてお得です。

全国の特産品や海外のブランドアイテム、ANAオリジナル商品までを取りそろえる「ANAショッピング A-style」は、ファッションや雑貨、コスメ、グルメなどのアイテムが充実。カード決済をすると、5%割引になる優待サービスがあります。

さらに特筆したいのが、マイルを使って買い物ができること。マイルをそのまま買い物に使える機会は少ないですが、「ANAショッピング A-style」では「1マイル=1円」として使えます。

マイルをサクサクためながらANAアメックス・ゴールドカードの贅沢なサービスを受けよう

マイルをサクサクためながらANAアメックス・ゴールドカードの贅沢なサービスを受けよう
画像:123RF

ワンランク上のクレジットカードでありながら、日常の支払いを便利にしてくれてポイントとマイルがたまるANAアメックス・ゴールドカード。海外旅行によく行くユーザーにベストマッチするカードではありますが、ANAの国内線に搭乗する頻度の高い方でも、満足すること間違いありません!

ANAの豊富なサービスも受けられるようになるので、旅行中はもちろん日々のさまざまなシーンで役立ってくれます。

ANAアメックス・ゴールドカードなら大手旅行会社のトラベルサービスが使える!

ANAアメックス・ゴールドカードには「HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」が利用できるサービスもあります。国内外のパッケージツアーやクルーズ船などの各種手配のほか、旅行の相談も電話1本で行えます。海外に支店を数多く持つ大手旅行会社「HIS」のアシストで、安心して旅行を楽しみましょう。

リッチなサービスやハイスペックな特典を使いこなすのも、上位カードの醍醐味。使いごこちの良さをぜひ実感してみてくださいね。

 

編集:まっぷるライフスタイル編集部
旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。
何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

ANAアメックス・ゴールドカードQ&A

  • ANAアメックス・ゴールドカードの年会費は?
    • 3万4,100円です。
  • ANAアメックス・ゴールドカードの申し込み資格は?
    • 定職のある方なら基本的には申し込みできますが、パートやアルバイトの方の申し込みは不可。
  • ANAアメックス・ゴールドカードはどんな人におすすめ?
    • よくANAの飛行機を利用される方や、海外旅行が好きな方におすすめです。
  • ANAアメックス・ゴールドカードのポイントプログラムは?
    • 「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラム。100円利用につき1ポイント付与が基本です。別途ANAのマイルもたまります。
  • ANAアメックス・ゴールドカードのポイント有効期間は?
    • ポイントの有効期限はありません。
  • ANAアメックス・ゴールドカードの入会特典は?
    • 入会後3か月以内に定められた利用額に達するとボーナスポイントを進呈するという特典があります。3か月以内の利用額が25万円に達すると1万ポイント、50万円で2万ポイント、100万円で3万ポイントが獲得できます。また、入会ボーナスとして2000マイルがもらえます。
筆者
Wing

さまざまな分野のプロがそろっており、エリアやジャンルにこだわらず、幅広い記事を書きます。
「楽しくてわかりやすい記事」をお届けすることを目標に、日々新しいことにチャレンジしています。