フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  食品 > レトルト食品・総菜 >

レトルトバターチキンカレー8選!マイルドでコク深いインドの定番カレーをお取り寄せ

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年6月4日

この記事をシェアしよう!

レトルトバターチキンカレー8選!マイルドでコク深いインドの定番カレーをお取り寄せ

今回はレトルトバターチキンカレーをピックアップ!

インド料理のお店に行くとたくさんのカレーメニューがありますが、日本人に特に人気なのが、バターチキンカレーではないでしょうか。

マイルドでコクのあるバターチキンカレーは、北インドの代表的なカレー。
お店によって配合が異なるガラムマサラなど多数のスパイスに、バターや生クリームなどの乳製品を加えた、クリーミーで濃厚なチキンカレーです。
一般的に甘口なのも特徴のひとつ。

最近は各地の有名店やグルメスーパーなどから、多数のレトルトバターチキンカレーが販売され、お店に行かなくても、自宅で手軽に本格的なバターチキンカレーが楽しめます。

今回は数多あるレトルトバターチキンカレーのなかから、編集部が選んだ8品を実食レポートします!

この記事の目次

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ1. 日本のカリー文化発祥の店 中村屋の「インドカリー タンドリーバターチキン」(新宿中村屋)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ1. 日本のカリー文化発祥の店 中村屋の「インドカリー タンドリーバターチキン」(新宿中村屋)
新宿中村屋の「インドカリー タンドリーバターチキン」

最初に紹介するレトルトバターチキンカレーは、新宿中村屋の「インドカリー タンドリーバターチキン」です。

中華まんなどで有名な「新宿中村屋」は、本格的なインドカレーを日本で初めて提供したお店としても、知られています。大正時代に日本に亡命してきた、インド独立運動の活動家、ボースの提案により、昭和2年中村屋のレストランに「純印度式カリー」が登場しました。

中村屋のレトルトカレー「インドカリーシリーズ」は、この伝統のカレーにさらに磨きをかけ、香り高いオリジナルスパイスと圧倒的な具材感を堪能できるレトルトカレー。

それでは「インドカリー タンドリーバターチキン」を実食してみましょう。

新宿中村屋の「インドカリー タンドリーバターチキン」を実食

新宿中村屋の「インドカリー タンドリーバターチキン」を実食
ほろほろとくずれる骨付きチキンがまるごと入って満足感大

パッケージを開けると、骨付きチキンがまるごと入って、テンションが上がります。

国産の骨付き手羽元をオリジナルスパイスとヨーグルトに漬け込み、グリルしたタンドリーチキンは、スプーンでほろほろとくずれるほど柔らか!チキン自体の美味しさはもちろん、旨味もたっぷりカレーに溶け込んでいます。

バターと北海道産生クリームが入っているので、マイルドでとってもクリーミー。完熟トマトのほのかな酸味も感じます。カシューナッツのコクと油分も加わって、さらにリッチな風味になっています。

「インドカリー タンドリーバターチキン」には、20数種類のスパイスが使用されカレーはかなりオレンジ色ですが、食べてみるとスパイス感はさほど強くありません。

マイルドで甘口、バランスのとれた美味しさで、自宅に常備しておきたい、そんなレトルトバターチキンカレーです。

新宿中村屋「インドカリータンドリーバターチキン」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★☆☆☆☆
香り ★★☆☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★★★☆

 

■新宿中村屋「インドカリータンドリーバターチキン」
内容量:180g
参考価格:1個321円(Amazon)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ2. 全てにおいてバランス◎「バターチキンカレー」(カルディ)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ2. 全てにおいてバランス◎「バターチキンカレー」(カルディ)
カルディの「バターチキンカレー」

次に紹介するレトルトバターチキンカレーは、カルディの「バターチキンカレー」です。

こだわりのコーヒーや輸入食品のお店として人気の「カルディコーヒーファーム」。

世界中から集めた珍しい食品が豊富で、好奇心がかき立てられますよね。筆者も店舗を見かけると、つい立ち寄ってしまいます。

オリジナル商品も多数展開しているカルディですが、なかでも評判なのが、レトルトバターチキンカレー。これは実食してみるしかありません!

カルディの「バターチキンカレー」を実食

カルディの「バターチキンカレー」を実食
とろりと濃厚なカレーなので、ナンと一緒に食べるのもおすすめ

ひと口食べると、なるほど!これぞバターチキンカレー、といった味わいです。

今回実食したなかでは、私たちがイメージする、インド料理店のバターチキンカレーに一番近いと感じました。

トマトの酸味とバターのコクのバランスがとても良く、クリーミーであとを引く美味しさ。辛味やスパイスもちょうど良くて、チキンの旨味も効いています。

特徴的なのはカシューナッツに加えて、ココナッツミルクが入っていること。それがほどよく、エスニックな香りとマイルドさをプラスしています。

具はタイ産の鶏肉で、国産の骨付き肉などに比べると少し見劣りしましたが、それが気にならないほどカレーが旨い!

インド料理店さながらの美味しさのカルディ「バターチキンカレー」、ぜひお試しを!

カルディ「バターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★☆☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★★☆
具の量 ★★★☆☆
コスパ ★★★★★

 

■カルディ「バターチキンカレー」
内容量:180g
参考価格:342円(カルディオンラインストア)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ3. チーズのコクが贅沢な「骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」(成城石井)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ3. チーズのコクが贅沢な「骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」(成城石井)
成城石井「desica」シリーズの「骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」

次に紹介するレトルトバターチキンカレーは、成城石井の「desica骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」です。

高品質な食料品が揃うグルメスーパー「成城石井」。なかでも「desica」シリーズは、美味しいお惣菜で知られる成城石井の職人のレシピでつくる、人気の食品シリーズです。

「骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」は、丸鶏からとったブイヨンとトマトソースに、パルミジャーノチーズを加えたカレーなのだとか。考えただけでも美味しそう!それでは実食してみましょう。

成城石井の「desica骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」を実食

成城石井の「desica骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」を実食
具だくさんで鶏肉の素材感たっぷり

器にあけると、骨付き手羽元のほかにも鶏肉がゴロゴロ。骨から外れた様子もないので、具材としても鶏肉が入っているのでしょうか。とにかく具だくさんです。

「desica骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」のこだわりのひとつは、丸鶏から炊き出したチキンブイヨンと国産の骨付き鶏肉。さすが成城石井の厳選食材、柔らかくジューシーなチキンの旨味たっぷりです。

カレーは水分少なめで、かなりドロリと濃厚。マリナーラソース(トマトソース)の酸味をしっかり感じます。

また、2年間熟成させたイタリア産パルミジャーノ・レッジャーノチーズが入っているのも特徴的。ピーナッツペーストのコクも加わり、濃厚でコク深い絶妙な味わいになっています。

手軽にワンランク上の味わいを、自宅で楽しめるのがうれしいですね!

成城石井「desica骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★★☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

 

■成城石井「desica骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷりバターチキンカレー」
内容量:180g
参考価格:453円(楽天市場)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ4. 濃厚なコクが日本のお米に合う!「濃厚バターチキンカレー」(AKOMEYA TOKYO)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ4. 濃厚なコクが日本のお米に合う!「濃厚バターチキンカレー」(AKOMEYA TOKYO)
アコメヤの日本のお米に合うカレー「濃厚バターチキンカレー」

次に紹介するレトルトバターチキンカレーは、AKOMEYA TOKYO(アコメヤトウキョウ)の「濃厚バターチキンカレー」です。

アコメヤは、日本のお米を中心にしたライフスタイルショップ。日本各地のお米のほかに、お米に合う食材や雑貨の販売も手掛けています。

日本のお米にこだわるアコメヤが、東京・押上のスパイス料理店「SPiCE Cafe」とともにつくり上げたのが、「濃厚バターチキンカレー」

日本のお米に合うカレー、どんな味わいか気になります。

AKOMEYA TOKYO(アコメヤトウキョウ)の「濃厚バターチキンカレー」を実食

AKOMEYA TOKYO(アコメヤトウキョウ)の「濃厚バターチキンカレー」を実食
出汁とスパイスにこだわった濃厚で絶妙なバランス

アコメヤの「濃厚バターチキンカレー」は、旨味の決め手となる出汁と、スパイスのバランスにこだわってつくられたバターチキンカレー。おろししょうがや塩麹など、和の食材も使われています。

ひと口食べると、ご飯にあう濃厚なコクと旨味に驚きます。マイルドでクリーミーな味わいと、トマトの酸味やしょうが、スパイスなどが複雑に絡み合い、絶妙なバランスです!

かくし味の塩麴を直接感じることはありませんが、もっちりとした日本米にあう旨味をプラスするのに、ひと役買っています。

アコメヤでは濃厚バターチキンカレー以外にも、「日本のお米に合うカレー」シリーズを展開しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

AKOMEYA TOKYO「濃厚バターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★☆☆☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★★★
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

 

■AKOMEYA TOKYO(アコメヤトウキョウ)「濃厚バターチキンカレー」
内容量:180g
参考価格:648円(楽天市場)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ5. 本場北インド料理店の「バターチキンカレー」(サムラート)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ5. 本場北インド料理店の「バターチキンカレー」(サムラート)
老舗インド料理店サラムートの「バターチキンカレー」

次に紹介するレトルトバターチキンカレーは、北インドの宮廷料理を提供するサムラートの「バターチキンカレー」です。

サムラートは1980年に創業、東京・南青山や自由が丘に店舗を構える老舗インド料理店。インド人シェフが腕を振るう、ハラール認証を受けた本場北インド料理が楽しめるお店です。

そんなサムラートで一番人気のメニュー「バターチキンカレー」が、レトルトで味わえるんです。本場インド料理店のお味はいかがなものか、早速実食してみましょう。

サムラートの「バターチキンカレー」を実食

サムラートの「バターチキンカレー」を実食
鮮やかなオレンジ色のカレーは、パプリカ色素によるもの

ひと口食べると、かなりの甘口に驚きます。本場のインドカレーということで、勝手に辛口と想像していましたが、今回実食したなかでは一番甘口のバターチキンカレーです。

スパイスも強くないので食べやすいですね。生クリームで濃厚さをプラスするバターチキンカレーが多いなか、牛乳を使用しているからか、比較的サラリとして、軽くひと皿食べられてしまいます。

具の鶏肉はたっぷり入っていますが、少々パサパサなのが残念なところ。

お店で食べるバターチキンカレーを、レトルトが超えるのはなかなか難しいかもしれませんが、自宅で気軽に老舗の味を楽しめるのはうれしいですよね。

ちなみにサムラートでは、お店自慢のナンもネットで販売しているので、バターチキンカレーとセットでお取り寄せすれば、さらにエスニック気分が盛り上がりますよ。

サムラート「バターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★☆☆☆☆
香り ★☆☆☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★☆☆
コスパ ★★☆☆☆

 

■サムラート「バターチキンカレー」
内容量:200g
参考価格:500円(楽天市場)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ6. こだわりバターとチキンの無水カレー「あさぎりバターチキンカレー」(朝霧乳業)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ6. こだわりバターとチキンの無水カレー「あさぎりバターチキンカレー」(朝霧乳業)
朝霧乳業の手づくりバターを使用した「あさぎりバターチキンカレー」

次に紹介するレトルトバターチキンカレーは、朝霧乳業の「あさぎりバターチキンカレー」です。

富士山麓・朝霧高原で、おいしい牛乳やバター、チーズなどを生産する朝霧乳業。牧場と工場が近いため、搾りたての新鮮な生乳を使用した牛乳や、乳製品の美味しさは折り紙付きです。

「あさぎりバターチキンカレー」は、そんな朝霧乳業の手づくりバターと、野菜、国産チキンでつくった無水カレー。水を加えずにつくることで、素材の旨味が凝縮されるのだそうです。

さっそく実食してみました。

朝霧乳業の「あさぎりバターチキンカレー」を実食

朝霧乳業の「あさぎりバターチキンカレー」を実食
柔らかくて大ぶりの鶏肉は満足度大

朝霧乳業というイメージから、バターのコクが濃厚でクリーミーなカレーを想像していたのですが、食べてみると、思いのほかあっさり。
でも、玉ねぎとトマトの甘味やセロリの香味がぎゅっと凝縮されて、野菜や鶏肉の旨味がカレーに溶け込んでいます。

具はたっぷりの国産チキン。ゴロゴロ入った鶏肉はとっても柔らかで、ボリュームも味わいも大満足です。今回、バターチキンカレーを食べ比べするなかで、筆者は国産鶏肉の美味しさに、改めて気づかされました。

朝霧乳業がある、富士山麓「あさぎりフードパーク」内の朝霧乳業直売所では、あさぎりバターチキンカレーを味わうこともできるので、おでかけしてみるのもおすすめです。

朝霧乳業「あさぎりバターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★☆☆☆☆
香り ★★☆☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★☆☆☆

 

■朝霧乳業「あさぎりバターチキンカレー」
内容量:200g
参考価格:684円(Amazon)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ7. 巨大グリルチキンとスパイスで勝負!「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」(36チャンバーズ・オブ・スパイス)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ7. 巨大グリルチキンとスパイスで勝負!「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」(36チャンバーズ・オブ・スパイス)
巨大なチキンが入った「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」

次に紹介するレトルトバターチキンカレーは、スパイス料理研究家、一条もんこ氏監修の「スパイシーバターチキンカレー」です。

スパイス料理研究家で、スパイス料理教室やカレー研究会を主宰する一条もんこ氏は、年間800食以上のカレーを実食し、インド・デリーの料理学校でカレーを学んだというカレー愛の持ち主。

レシピやメニュー開発、商品開発のほか、雑誌の連載やメディアへの出演も多い、カレーの専門家です。

そんな一条もんこ氏が、スパイスにも鶏肉にもこだわってできた一品が、「スパイシーバターチキンカレー」。スパイス好きの筆者は、非常に気になります!

いったいどんなお味なのか、実食してみましょう

36チャンバーズ・オブ・スパイスの「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」を実食

36チャンバーズ・オブ・スパイスの「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」を実食
鶏肉の重量をずっしり感じる、大満足の260g!

まず驚くのが、塊で入ったベイクドチキンのボリューム!

パッケージ写真と実物の差に悲しくなることが多いレトルトカレーですが、スパイシーバターチキンカレーは、パッケージ写真がほぼ実物大!お皿の真ん中に陣取る鶏の骨付きうわもも肉は、王様の風格といった存在感です。

ハーブで香りづけされたベイクドチキンは、しっとり柔らかく、まるでこの場で焼き上げたかのような肉質!レトルトの域を超える美味しさです。

スパイシーとうたっているとおり、スパイスの刺激はしっかり!赤唐辛子と粒黒こしょうのパンチが、結構な辛口です。しょうがとニンニク、クローブやカルダモン、シナモンといったスパイスも、風味に奥行きを出しています。

バターチキンカレー特有の、バターやクリームのまろやかさが少ないので、正直バターチキンカレーとは異なるようにも感じますが、ボリュームも味わいも大満足!

巨大チキンと薬膳並のスパイス感に圧倒されてみたい方、ぜひおすすめです!

36チャンバーズ・オブ・スパイス「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★★☆
香り ★★★★☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★★
コスパ ★★★★☆

 

■36チャンバーズ・オブ・スパイス「一条もんこ監修 スパイシーバターチキンカレー」
内容量:260g
参考価格:755円(楽天市場)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ8. 福岡の行列が絶えない人気店「ダメヤ監修 職人仕込みのバターチキンカレー」(キヨトク)

レトルトバターチキンカレーをお取り寄せ8. 福岡の行列が絶えない人気店「ダメヤ監修 職人仕込みのバターチキンカレー」(キヨトク)
福岡の人気カレー店ダメヤ監修の「職人仕込みのバターチキンカレー」

最後に紹介するレトルトバターチキンカレーは、福岡で行列が絶えない人気カレー店「ダメヤ」監修の「職人仕込みのバターチキンカレー」です。

福岡市の小さなカレー店「ダメヤ」は、オープン以来口コミで味の良さが広まり、全国からカレーファンが集まる人気店に。現在は、移転してテイクアウトと冷凍食品などの販売のみ行っているそう。

「職人仕込みのバターチキンカレー」は、日本のお米に合い、毎日食べても飽きない美味しさを目指してつくられたバターチキンカレー。

独自配合のスパイスと、鶏から丁寧にとったブイヨン、たっぷりのバターと生クリームでつくられたカレーをさっそく実食してみましょう。

キヨトクの「ダメヤ監修 職人仕込みのバターチキンカレー」を実食

キヨトクの「ダメヤ監修 職人仕込みのバターチキンカレー」を実食
サラサラした鶏ブイヨンベースに、スパイスや具材の素材感も

ひと口食べると、鶏ブイヨンとスパイスの存在感をしっかり感じます。また鰹粉が使われているからか、ちょっと和の風味も。

カレーはサラリとして、鶏ブイヨンとスパイスにトマトやヨーグルトの酸味も加わり、複雑だけどなんとも絶妙な味わいです。

国産鶏肉もたっぷり入って食べ応えも十分。あっさりしているので、確かに毎日食べられそうです。

素材の味わいをいかして丁寧につくられた、「職人仕込みのバターチキンカレー」

クリームたっぷりで濃厚な、いわゆるインドのバターチキンカレーとは異なりますが、あっさり食べられて味わいに奥行きのある、スパイスカレーとしておすすめしたい一品です。

キヨトク「ダメヤ監修 職人仕込みのバターチキンカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★☆☆☆
香り ★★☆☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★☆☆
コスパ ★★☆☆☆

 

■キヨトク「ダメヤ監修 職人仕込みのバターチキンカレー」
内容量:180g
参考価格:950円(楽天市場)

マイルドでコク深いレトルトバターチキンカレーをお取り寄せして、お気に入りを見つけよう!

レトルトで気軽に楽しめるバターチキンカレーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

インド料理の定番ともいえるバターチキンカレーは、マイルドでクリーミー、食べやすいのが特徴。インドカレー屋めぐりが大好きな筆者ですが、定番だからこそ、逆にあまり食べてこなかったバターチキンカレー。

今回食べ比べしてみて、バターチキンカレーの魅力は、飽きることなく何度でも食べたくなる、その食べやすさにあるのだと実感しました。また、甘口なイメージのバターチキンカレーに、スパイス重視や辛口のものがあるのも発見!

今回ご紹介したレトルトバターチキンカレーは、どれもお取り寄せができるので、食べ比してお気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

 

>>楽天市場で「レトルトバターチキンカレー」をチェック

 

>>Amazonで「レトルトバターチキンカレー」をチェック

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。