フリーワード検索

トップ > ライフスタイル >  食品 > レトルト食品・総菜 >

レトルトスープカレー8選!大きな具材とスパイシーなスープが旨い!北海道発の人気カレーをお取り寄せ

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年6月4日

この記事をシェアしよう!

レトルトスープカレー8選!大きな具材とスパイシーなスープが旨い!北海道発の人気カレーをお取り寄せ

今回はレトルトスープカレーをピックアップ!

北海道札幌のご当地グルメとして知られるスープカレー。
スパイスがきいたサラサラのスープに、ゴロゴロと大ぶりの具材が入っているのが特徴ですよね。

味の決め手となるのはスパイスとだし。通常カレーには入れないような揚げ野菜やゆで卵など、自由な具材も特徴的です。スープカレー専門店では、スープの種類や具材を自分好みにカスタマイズできるお店が多いのも魅力です。

いまでは各地にスープカレー専門店がありますが、札幌にスープカレーの原型が誕生したのは1970年代、その後徐々にお店が増えて2000年代に札幌で大ブレイク、全国に広がったのだそうです。

今回は札幌のスープカレー専門店を中心に、編集部が選んだ北海道発のレトルトスープカレー8品を実食レポートします。

レトルトスープカレーをお取り寄せ1. 「スープカレー」の名付け親!マジックスパイスの「スープカレー」(マジックスパイス)

レトルトスープカレーをお取り寄せ1. 「スープカレー」の名付け親!マジックスパイスの「スープカレー」(マジックスパイス)
マジックスパイスのマスター監修のレトルトスープカレー

最初に紹介するレトルトスープカレーは、元祖スープカレーの店といわれる札幌「マジックスパイス」のスープカレーです。

マジックスパイスは、「スープカレー」の名付け親としても知られ、エキゾチックで摩訶不思議な雰囲気のお店も有名。札幌のほか東京や大阪にも店舗があるので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

素材の旨みが凝縮したスープと、秘伝のスパイスがからみあったスープカレーは、一度食べたらやみつきになり、多くのマジスパフリークを生み出しているのだそう。

また、マジックスパイスの辛さの目安は7段階あり、「覚醒―瞑想―悶絶―涅槃―極楽―天空―虚空」の順に、スパイス感と辛さがアップ。はたして、スープカレーで悟りを開くことはできるのか?

さっそく実食してみましょう。

マジックスパイスの「スープカレー」を実食

マジックスパイスの「スープカレー」を実食
ベースのスープに特製ペーストとスパイスミックスを加えて好みの辛さに

器にあけると、見ためはまるで野菜スープのよう。キャベツやにんじんなどたっぷりの野菜に、鶏肉、うずらの卵と、チキンミートボールが入っているのが珍しいですね。ミートボールはふっくらやわらか。

透明感のあるスープには、野菜とチキンの旨みがたっぷり溶け出し、魚醤やレモンの風味もプラスされて、ゴクゴク飲めそうなあっさりした味わい。このスープに、別袋の特製ペーストと特製スパイスミックスを加えることで、自分好みの辛さに調整します。

辛党の筆者は、今回それぞれ7割ずつくらい入れてみましたが、ひと口目から喉も唇もひりつく辛さ(入れすぎました)!マジックスパイスの基準だと「天空(激辛一歩手前)」というところでしょうか。

加える量には若干注意が必要ですが、辛味は自身で調整可能なのでご安心を。もちろん、激辛に武者震いしたい強者は、「虚空(激辛)」の辛さに挑戦してみるのもアリです。

マジックスパイス「スープカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★★★
香り ★★☆☆☆
コク旨み ★★☆☆☆
具の量 ★★★☆☆
コスパ ★★★★☆

 

■マジックスパイス「スープカレー」
内容量:307g
参考価格:409円(Amazon)

レトルトスープカレーをお取り寄せ2. お店の味わいを忠実に再現!「札幌スープカレー チキン」(GARAKU)

レトルトスープカレーをお取り寄せ2. お店の味わいを忠実に再現!「札幌スープカレー チキン」(GARAKU)
札幌の大人気店GARAKUの「札幌スープカレー チキン」

次に紹介するレトルトスープカレーは、GARAKUの「札幌スープカレー チキン」です。GARAKUは、札幌でも指折りの人気スープカレー専門店。北海道内のほか、東京にも2店舗を展開しています。

GARAKUのスープカレーの特徴は、豚骨、鶏の部位、香味野菜などをじっくり煮出したコク旨スープに、21種類を配合した秘伝のスパイスと、和風だしをブレンドしていること。これにより、絶妙な味わいのスープカレーができあがるのだそうです。

そんなGARAKUの味を忠実に再現したレトルトスープカレーが、「札幌スープカレー チキン」。北野エースのカレー大賞でスープカレー部門1位の実績もある名店の味わいは、どんな美味しさなのか、実食してみました。

GARAKUの「札幌スープカレー チキン」を実食

GARAKUの「札幌スープカレー チキン」を実食
スープには旨みが凝縮。チキンの存在感もスゴイ

パッケージを開けると、まずチキンレッグの大きさに驚きます。香味油の小袋がついているので、盛り付けの最後にかけていただきます。

まずはGARAKUこだわりのスープをひと口。少しとろみのあるスープは、コクがあってさすがの味わい。和風だしも感じますね。辛さはそれほど強くありません。

大きなチキンレッグは、スプーンでくずれるほどやわらか。スープカレーが浸みて美味しい!

少し塩味が強い気もしますが、だしとスパイスのバランスが絶妙で、香味油を加えることでさらに奥深い味わいになっています。白米が何杯でも食べたくなるレトルトスープカレーです。

GARAKUのレトルトスープカレーには、豚角煮バージョンもあるので、食べ比べしてみるのもおすすめですよ。

GARAKU「札幌スープカレー チキン」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★☆☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★☆☆☆

 

■GARAKU「札幌スープカレー チキン」
内容量:300g
参考価格:912円(楽天市場)

レトルトスープカレーをお取り寄せ3. 素材の美味しさをいかした上品な味わい「スープカレーじゃがいもチキン」(YOSHIMI)

レトルトスープカレーをお取り寄せ3. 素材の美味しさをいかした上品な味わい「スープカレーじゃがいもチキン」(YOSHIMI)
ずっしりと重たい大容量!YOSHIMIの「スープカレーじゃがいもチキン」

次に紹介するレトルトスープカレーは、YOSHIMIの「スープカレーじゃがいもチキン」です。

YOSHIMIは昭和58年に札幌で創業したレストランで、北海道キッチンYOSHIMIなどのレストランを札幌、東京ほか各地に展開しています。
フレンチの手法で仕上げるスープは、肉や野菜を6時間煮込み、ひと晩寝かせることで、旨みとコクを引き出しているそう。

こだわりのスープと、北海道産メークインや骨付きチキンなど、シェフが厳選した素材を使用したYOSHIMIの「スープカレーじゃがいもチキン」。

それでは実食してみましょう。

YOSHIMIの「スープカレーじゃがいもチキン」を実食

YOSHIMIの「スープカレーじゃがいもチキン」を実食
大ぶりの骨付きチキンに盛りだくさんの野菜で大満足!

パッケージもひときわ大きなYOSHIMIのスープカレーは、「スープ&具材」と「カリーペースト」が2袋に分かれていて、それぞれ別々に温めた後に混ぜ合わせるスタイル。

スープ&具材の袋には、透明感のある上質なチキンスープと、骨付きチキン、じゃがいも、しめじ、鶏卵が入っています。器に開けて、カリーペーストを加えると、芳醇なカレーの香りが広がります。

大きな骨付きチキンは、ほろりとくずれてしまうほどやわらか。一定の温度でじっくり加熱することにより、旨みを閉じ込めたまま、やわらかく仕上げているのだそう。
北海道産のメークインは、皮つきのままブイヨンで加熱され、なめらかな食感とじゃがいも本来の甘さがいきています。

洋風な味わいが上品なスープカレーなので、バターの風味がやさしいロールパンやホテル食パンが合いそう!

1食500g(1~2人前)の大容量ですが、胃もたれ知らずのやさしい味わいで、1人でも完食できてしまいます。野菜やお肉が盛りだくさんなので、栄養不足のときにもおすすめしたいスープカレーです。

YOSHIMI「スープカレーじゃがいもチキン」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★☆☆☆☆
香り ★★☆☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★★
コスパ ★★★☆☆

 

■YOSHIMI「スープカレーじゃがいもチキン」
内容量:500g
参考価格:1100円(楽天市場)

レトルトスープカレーをお取り寄せ4. ハンバーグ好きにはたまらない!「札幌スープカリー ハンバーグ」(木多郎)

レトルトスープカレーをお取り寄せ4. ハンバーグ好きにはたまらない!「札幌スープカリー ハンバーグ」(木多郎)
スープカレーの老舗、木多郎の「札幌スープカリー ハンバーグ」

次に紹介するレトルトスープカレーは、木多郎の「札幌スープカリー ハンバーグ」です。

木多郎は、1985年から札幌澄川で営業を続ける老舗のスープカレー専門店。ややとろみのあるインド風スープカレーが、スープカレー激戦区の札幌で長年愛されています。

今回紹介するのは、店舗ではアラカルトで追加することができるハンバーグを主役とした「札幌スープカリー ハンバーグ」。

札幌のスープカレーをけん引してきた名店の味を、実食してみましょう。

木多郎の「札幌スープカリー ハンバーグ」を実食

木多郎の「札幌スープカリー ハンバーグ」を実食
少しとろみのあるスープカレーは、コクがあって美味しい

器に盛り付けると、スープカレーは結構とろみがありますね。サラサラ系のスープカレーとは、だいぶ印象が異なります。

スープカレーをひと口味わうと、コクがあってとっても美味!

トマトベースのスープに、スパイスとヨーグルト、ココナッツミルク、さらにケチャップやウスターソースの甘味や、かくし味の昆布エキスが加わることで、濃厚でコク深い味わいになっているんですね。

具材のハンバーグはふっくらやわらかく、肉の粒感もあってこちらも美味しい!ハンバーグのほか、大きくカットされたにんじんやマッシュルームも入っていますが、主役は圧倒的にハンバーグです。

美味しいハンバーグとコク深いスープカレー、これは合わないわけがありません!

煮込みハンバーグのような気がするのは、少々否めませんが、カレーとハンバーグでごはんを美味しく食べたい!そんな夢がかなうスープカレーです。

木多郎「札幌スープカリー ハンバーグ」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★☆☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★★☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆

 

■木多郎「札幌スープカリー ハンバーグ」
内容量310g
参考価格:700円(楽天市場)

レトルトスープカレーをお取り寄せ5. えびのだしがとにかく濃い!「元祖えびだしスープカレー」(奥芝商店)

レトルトスープカレーをお取り寄せ5. えびのだしがとにかく濃い!「元祖えびだしスープカレー」(奥芝商店)
えび感がスゴイ!奥芝商店「元祖えびだしスープカレー」

次に紹介するレトルトスープカレーは、奥芝商店の「元祖えびだしスープカレー」です。

2006年に札幌で創業した奥芝商店は、毎朝2千匹以上の甘エビからだしをとるという、濃厚なえびだしスープカレーが自慢のお店。行列が絶えない人気のスープカレー専門店です。

2022年2月には東京駅八重洲地下街にもオープン。

そんな奥芝商店の「元祖えびだしスープカレー」。パッケージには「規格外のえび風味」と書かれていますが、いったいどれほど濃厚なのか、さっそく実食してみましょう。

奥芝商店の「元祖えびだしスープカレー」を実食

奥芝商店の「元祖えびだしスープカレー」を実食
えびだしのカレースープに浸かる巨大チキンレッグ!

パッケージを開けると、えびの香りがスゴイ!えびをを殻ごと茹でたときの、あの香りがします。これはえび好きにはたまりませんね。

そして目を引くのが、どかんと入った巨大な骨付きチキンレッグです。

まずはスープをひと口。えび感は強いですが匂いは気になりません。トマトやニンニクの風味が、えびの旨みとマッチしていますね。
骨付きのチキンレッグは、スプーンで簡単にくずれるほどやわらか。肉の奥までえびだしが浸みていて美味しい!

えびだしに醤油も相まって、少し塩味が強い感じがしますが、その分ごはんが進む!溶き卵と白米を加えて少しマイルドに、カレーリゾット風にして食べるのも美味しそうです。

別袋で辛味の素がついているので、好みの辛さに調節できるのもうれしいですね。

奥芝商店「元祖えびだしスープカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★☆☆
香り ★★★★☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★☆☆☆

 

■奥芝商店「元祖えびだしスープカレー」
内容量:308g
参考価格:960円(楽天市場)

レトルトスープカレーをお取り寄せ6. ふっくらホタテがなまら旨い!「富良野スープカレー ほたて」(JAふらの)

レトルトスープカレーをお取り寄せ6. ふっくらホタテがなまら旨い!「富良野スープカレー ほたて」(JAふらの)
JAふらのの「富良野スープカレー ほたて」。具材は全て北海道産

次に紹介するレトルトスープカレーは、JAふらのの「富良野スープカレー ほたて」です。

北海道のほぼ真ん中に位置する富良野。内陸なのにほたて?と思いましたが、「富良野スープカレー」のこだわりは、富良野産の野菜をふんだんに使用していることなのだとか。

じっくり煮込んだ野菜の甘みに、北海道産ほたての旨みが溶け込んだスープカレーなんて、想像しただけでも美味しそう!

地元農家を支えるJAふらのが、北の大地の美味しさを全国に届けるべくつくったこだわりのスープカレー、それでは実食してみましょう。

JAふらのの「富良野スープカレー ほたて」を実食

JAふらのの「富良野スープカレー ほたて」を実食
大きな北海道産ほたてが2個も入って贅沢

温めるとホタテの香りがふわっと広がり、ほたて好きにはたまらないスープカレーです。

楽しみにしていたほたては、卵と貝ひももついた大きめサイズが、どかんと2個入り。噛めば噛むほどあふれ出るほたてエキスが美味しく、スープにもほたての旨みがしっかり出ています。

ほたて以外の具材も全て北海道産。ホクホクのじゃがいもとにんじん、うずらの卵にも、ほたての旨みが浸みていますよ。

旨みたっぷりで濃厚な味わいのスープは、塩味が少し強いので、フランスパンを浸して食べると美味しそう!

「富良野スープカレー」シリーズには、チキンレッグ入りや厚切り豚バラ肉入りのスープカレーもあるので、北海道の味わいを食べ比べしてみるのもおすすめです。

JAふらの「富良野スープカレー ほたて」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★☆☆
コスパ ★★★★☆

 

■JAふらの「富良野スープカレー ほたて」
内容量:260g
参考価格:600円(楽天市場)

レトルトスープカレーをお取り寄せ7. 洋風カレーに厚岸産のカキがたっぷり「カキスープカレー」(髙島食品)

レトルトスープカレーをお取り寄せ7. 洋風カレーに厚岸産のカキがたっぷり「カキスープカレー」(髙島食品)
北海道厚岸産のカキがたっぷり入った「カキスープカレー」

えびとほたてに続いて紹介したいスープカレーが、髙島食品の「カキスープカレー」です。

北海道厚岸町にある髙島食品は、北海道産の新鮮な海産物を使ったレトルト食品を製造販売する食品メーカー。

北海道東部、釧路の隣に位置する厚岸町は、寒流の影響で年間通してカキが獲れるカキの名産地。豊かな森林の養分を含んだ淡水と、厚岸湾の海水が混じりあう海域で育ったかきは、身が大きく甘味が濃厚なのが特徴的なのだとか。

そんな厚岸産のかきを贅沢に使用した「カキスープカレー」。さっそく実食してみましょう。

髙島食品の「カキスープカレー」を実食

髙島食品の「カキスープカレー」を実食
プリプリのかきが3つも!スープはとろみがあるタイプ

魚介系のカレーに共通しているのが香りの強さですが、カキスープカレーも、温めるとカキの香りが漂い、器に盛る前から食欲をそそります。

濃厚なカキの味わいを想像して、ひと口食べると、意外にもカキの風味は主張しすぎず、バランスがとってもいいですね。ソテーオニオンとフォンドボーソースの甘味に、ガラムマサラやクミンのスパイス感が洋風カレーといった印象です。

スープはとろみがあるタイプなので、トーストした食パンも合いそう。大ぶりでプリプリのカキのほか、じゃがいもやにんじんなど、大きくカットされた野菜で、満腹感も得られますよ。

辛味と甘味とスパイスのバランスがちょうどいいスープに、カキの旨みがいい感じに溶け込んで、普段魚介系をあまり食べない人にも、おすすめしたくなるスープカレーです。

髙島食品「カキスープカレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★☆☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★★☆
具の量 ★★★☆☆
コスパ ★★★★☆

 

■髙島食品「カキスープカレー」
内容量:300g
参考価格:648円(楽天市場)

レトルトスープカレーをお取り寄せ8. カラダがよろこぶ野菜と薬膳スパイスがたっぷり!「札幌スープカレー 野菜カレー」(曼荼羅)

レトルトスープカレーをお取り寄せ8. カラダがよろこぶ野菜と薬膳スパイスがたっぷり!「札幌スープカレー 野菜カレー」(曼荼羅)
カラダにやさしいスープカレーを提供する曼荼羅の「札幌スープカレー 野菜カレー」

最後に紹介するレトルトスープカレーは、曼荼羅の「札幌スープカレー 野菜カレー」です。

札幌市西区に店舗を構える曼荼羅は、医食同源を基本とした、カラダにやさしい薬膳カレーが評判のスープカレー専門店。強い火力で一気に旨みを引き出したあっさりとしたスープと、薬膳スパイスを組み合わせたスープカレーを提供しています。

曼荼羅のレトルトカレーには、とろとろポーク角煮と野菜の2種類ありますが、今回はヘルシーな「札幌スープカレー 野菜カレー」を実食しました。

曼荼羅の「札幌スープカレー 野菜カレー」を実食

曼荼羅の「札幌スープカレー 野菜カレー」を実食
お肉なしでも大満足な具だくさんカレー

パッケージを開けると、スープカレーのレトルトのほかに、「五種の薬膳スパイス」と「魅惑のスパイス」という2つの小袋が入っています。

まずは、レトルトを温めて器に盛り付けます。透明感のあるスープにたっぷりの野菜が入ってとってもヘルシー。じゃがいも、にんじん、玉ねぎのほか、キャベツ、トマト、コーンなど、かなり具だくさんです。

野菜の旨みが溶け込んだスープはとっても美味。チキンエキスの旨味とトマトの風味も加わって、やさしい味わいのスープカレーです。

それでは、気になる「五種の薬膳スパイス」で薬味を、「魅惑のスパイス」で辛さを調節してみましょう。スパイスの中身が不明なので、恐る恐る半量ずつ投入。

それでも十分赤く染まったスープはなかなかの辛さ。薬膳の風味も強烈ですが、スパイスの爽やかさも感じます。

具材は野菜だけなので、1食140kcalと、今回実食したなかでは納得の低カロリー。お肉は入っていませんが、野菜とスパイスでカラダも温まり、満足感も大。

ちょっと食生活をととのえたい、そんなときにもおすすめしたいスープカレーです!

曼荼羅「札幌スープカレー 野菜カレー」実食評価

評価項目 得点
辛さ ★★★★☆
香り ★★★☆☆
コク旨み ★★★☆☆
具の量 ★★★★☆
コスパ ★★☆☆☆

 

■曼荼羅「札幌スープカレー 野菜カレー」
内容量:304g
参考価格:900円(楽天市場)

北海道発のレトルトスープカレーをお取り寄せして、食べ比べしてみては?

北海道まで行かなくても自宅で気軽に楽しめる、レトルトスープカレーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ひと口にスープカレーといっても、スープの味わいも具材もさまざま。スープの決め手となるだしや、スパイスの配合はお店ごとにこだわりがあり、具材と組み合わせると、まさに無限大です。

今回8種類のスープカレーを食べ比べしましたが、野菜スープのようなサラサラしたタイプと、少しとろみのあるタイプの2種類あることを発見。サラサラタイプのスープカレーは、よりスパイス感が強い印象がありました。

好きな具材で選ぶもよし、スープの味わいで選ぶもよし、さまざまな楽しみ方があるスープカレー。今回ご紹介したレトルトスープカレーは、どれもお取り寄せができるので、食べ比してお気に入りの一品を見つけてくださいね。

 

>>楽天市場で「レトルトスープカレー」をチェック

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。