>  > 

寺社や公園が色づく季節全国のおすすめ紅葉スポット by fotolia

まっぷるトラベルガイド

更新日:2020年1月27日

この記事をシェアしよう!

寺社や公園が色づく季節
全国のおすすめ紅葉スポット

秋も深まり、東日本の平野部や、西日本でも紅葉が楽しめる時期になってきました。

今年の紅葉は、例年より一週間程度早いところもあるようです。

標高差や樹種が少ないスポットではピークの期間は意外と短いので、見頃の時期を逃さないよう、おでかけ前に施設のHPやSNSなどをチェックしておきましょう。

今回は全国でも屈指の名所があつまる京都の紅葉スポットを中心に、これからが見頃となる全国の紅葉スポットをピックアップしてご紹介します。
鮮やかに色づく秋景色を探しにでかけましょう!

これからが見頃&近くの紅葉スポットを探したい方はこちら

目次

今だけの絶景!紅葉の京都を楽しむコツ

絶対にはずさない王道スポットは?

おすすめは永観堂です。紅葉は日当たりがいい場所ほど色づきが早く、日陰では遅くなるため、山際にあり境内が広い永観堂は、3週間ほど見頃の時期が続くため、多彩なもみじが楽しめますよ。同じ理由で仁和寺も長く、いつ訪れても美しい紅葉に出会えます。

 絶対にはずさない王道スポットは?

永観堂の境内のなかでも最も高い位置にある多宝塔を、真っ赤な紅葉が包み込みます。多宝塔からの眺めも見事。

混雑回避のポイントは?

朝一番か閉門間際なら比較的混雑を避けることができます。

金閣寺と龍安寺なら龍安寺から、南禅寺と永観堂なら永観堂から、というふうにあえて王道ルートの逆から回ってみる方法も。

バスは混雑や渋滞もあるため、なるべく電車を利用し、最寄り駅から歩くのがおすすめです。「地下鉄+バス一日券」などの乗り放題切符も利用して、賢くまわりましょう。

効率よくめぐる方法は?

エリアを絞り、なるべく徒歩で散策を楽しみながらめぐるのがおすすめです。メインの通りを一本でもそれたら人もぐっと減りますし、人混みのストレスも軽減されます。

ライトアップに行くなら?

ライトアップスポットの中には、昼夜入れ替え制のところも。その場合は夕方から並ぶ必要があるため、その日最初に見たいライトアップのスポットを決めておきましょう。閉門前の時間帯も混雑は避けられますが、11月中旬~下旬の京都の平均気温は最低が7度前後。寒さ対策はしっかりしておきましょう。

一度は見ておきたい!
古都を華やかに彩る京都の紅葉名所

秋には1500万人以上の観光客が訪れる京都。ライトアップ×紅葉、庭園×紅葉、川下り×紅葉など、さまざまな角度から楽しめる紅葉名所をピックアップしてご紹介します。

これからが見頃&近くの紅葉スポットを探したい方はこちら

《ライトアップ×紅葉》永観堂

 《ライトアップ×紅葉》永観堂

紅葉の美しさで有名な洛東の古刹

東山の中腹に建ち、別名「もみじの永観堂」と呼ばれるほど秋の紅葉が有名。11月中旬になると境内一帯が錦のように華やかに彩られ、毎年たくさんの見物客が訪れ、鮮やかな色を楽しむ。

【見頃期間】
11月中旬~12月上旬

【ライトアップ】
日程 11月3日~12月2日
時間 17:30~20:30(閉門は21:00)※昼夜入れ替え制
料金 600円

【鑑賞のポイント】
開門後の時間帯は平日、休日を問わず大にぎわい。時間をずらして、できるだけ遅い時間からの拝観がおすすめ

幽玄な放生池のほとりから見る紅葉の合間に浮かぶ多宝塔は圧巻

【住所】京都府京都市左京区永観堂町48
このスポットの詳細を見る

《ライトアップ×紅葉》貴船神社

 《ライトアップ×紅葉》貴船神社

えんむすびの神様としても崇められている水の神様

京都市の北に位置し「京の奥座敷」として親しまれている貴船は、市内よりも気温が低いため、一足早く紅葉が見られる。貴船神社は鴨川の源流、貴船川沿いに参道が続く古社で、11月上旬には参道の階段や本殿周辺が紅葉に包まれ、多くの参拝客の目を楽しませる。

【見頃期間】
11月上旬~11月下旬

【ライトアップ】
日程 11月3日~11月25日
時間 日没~21:00(貴船エリアは~20:30)
料金 無料

【鑑賞のポイント】
叡山電車貴船口駅から貴船神社まではおよそ2km、徒歩で30分ほど。バス利用も可能です。

by fotolia

参道石段に並ぶ朱塗りの春日灯籠は風情たっぷり。ライトアップイベントでは神秘的な雰囲気が増す

【住所】京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
このスポットの詳細を見る

《額縁庭園×紅葉》圓光寺

 《額縁庭園×紅葉》圓光寺

最古の木製活字を残す家康ゆかりの寺

慶長6(1601)年、家康が足利学校の京分校を伏見に創建。60年後に現在地に移築した。僧俗を問わず入学を許した学校は、明治より尼僧道場であった。現在は臨済宗南禅寺派の研修道場で、苔と紅葉、竹林の名所として名高く、拝観を始めたのは近年。裏山の展望台からは全山の紅葉が見られる。

【見頃期間】
11月上旬~12月上旬

【ライトアップ】
なし

【鑑賞のポイント】
南向きの庭でどの時間帯も太陽が当たってきれいですが、特に人出が少ない午前中や、高台の東照宮からの夕景もおすすめです。

【住所】京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
このスポットの詳細を見る

《名勝×紅葉》 嵐山(渡月橋)

 《名勝×紅葉》 嵐山(渡月橋)

赤や黄の錦に染まる嵐山の秋

四季折々の美しさを見せる京都屈指の名勝。とくに桜と紅葉の美しさはすばらしく、多くの観光客が訪れる。秋の嵐山を渡月橋から眺めると、鮮やかな色彩で覆いつくされ、川面のさざなみが加わり、より一層華やかな景観に思わず見とれてしまう。

【見頃時期】
11月中旬~12月上旬

【ライトアップ】
京都・嵐山花灯路-2018
日程 12月上旬~中旬予定
時間 17:00~20:30(予定)※雨天決行
料金 無料

【鑑賞のポイント】
紅葉する嵐山が水上から楽しめる屋形船もおすすめ。所要約30分で、見事に染まる秋の渓谷が楽しめる貸し切りの遊覧船(2名まで3500円、一人増えるごとに追加1100円)もある。(嵐山通船 075-861-0302)

by fotolia

橋の上から紅葉を愛でるのもいいが、大堰川の下流から眺める橋と嵐山の風景がもっとも写真映えする。

【住所】京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町

1 2 3 4 5 6

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア

 >  > 

条件検索

エリアとジャンルを指定してください