おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  新年最初のおでかけはここ! おすすめ初詣・初日の出スポット

新年最初のおでかけはここ! おすすめ初詣・初日の出スポット

新年最初のおでかけはここ! おすすめ初詣・初日の出スポット

by mapple_travel_guide

更新日:2018年12月25日

2018年もいよいよ残りわずか、まもなく平成最後の年、2019年になります。
今回は新年最初のおでかけにおすすめの初詣・初日の出スポットをご紹介します。

■ 全国のおすすめ初詣スポット
■ 全国のおすすめ初日の出スポット

 →近くの初詣・初日の出スポットはこちらから

全国のおすすめ初詣スポット

北海道神宮(北海道)

参詣者数も道内ナンバーワンを誇る、北海道を代表する神社

北海道神宮(北海道)

明治2(1869)年、蝦夷地開拓の決定に際して東京で行われた「北海道鎮座神祭」の御霊代をお遷しし、明治4(1871)年に現在地に鎮座された。北海道開拓を決めた明治天皇と、大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)の四柱を祀る。
境内にある道内屈指の桜並木も有名。ボーイスカウト、ガールスカウト、剣道、短歌結社など様々な人々が集まり、青少年の育成や文化活動の拠点にもなっている。道内一の人気スポットとあって正月三が日には、多くの初詣参拝客でにぎわう。

所在地:北海道札幌市中央区宮ケ丘474

>> このスポットの詳細をみる

盛岡八幡宮(岩手県)

岩手県随一の大社。真新しい大社殿の極彩色の彫刻は必見

盛岡八幡宮(岩手県)

延宝8(1680)年の造営以来、藩主から庶民に至るまで広く崇敬を集めてきたが、とくに勝負の前に祈るとご利益があるとして源氏に崇められた。華やかに飾り立てた100頭ほどの馬が、シャンシャンと鈴を鳴らし行進する「チャグチャグ馬コ」の終着点がここ。
また、手を触れずに魚をさばく神事・包丁式は6月15日に境内の高倍神社で行われる。元旦0:00の太鼓の音を合図に、大勢の参拝客が初詣に訪れる。その人数は例年約20万人以上。色鮮やかな社に手を合わせ新年を迎える。

所在地:岩手県盛岡市八幡町13-1

>> このスポットの詳細をみる

伊佐須美神社(福島県)

会津の地の誕生とともに歴史を刻んできた東北有数の格式高い社

伊佐須美神社(福島県)

その歴史の長さと格式の高さで、古来より岩代國一之宮・会津の総鎮守として一年を通じて神事、祭典が行われる。
格式の高さゆえ、強運・方除祈願・健康長寿・財運招福・商売繁盛など様々なご利益があるが、会津開拓の主として祀られた日本の創造主、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)が社名の由来であることから、建設大成・土木安泰・方除・厄除・歳寿に関する祈願で知られている。
元日は八方除始祭や歳旦祭が催行される。三が日中は祈願祭もあり、約18万人もの参拝者が訪れる。

所在地:福島県大沼郡会津美里町宮林甲4377

>> このスポットの詳細をみる

鹿島神宮(茨城県)

創祀は紀元前660年といわれる二千年以上の歴史を誇る古社

鹿島神宮(茨城県)

香取、息栖(いきす)とともに東国三社のひとつとして知られている。鮮やかな朱色の楼門は、日本三大楼門のひとつでもある。
背後に広がる鬱蒼とした森には鹿が静かに暮らす別世界が広がる。Jリーグの鹿島アントラーズの「アントラー(角)」は、境内にいる鹿の角にちなんだものだ。江戸時代の剣客、塚原卜伝は鹿島神宮の神職の家系だった人物。そのため武芸上達も大きなご利益の一つだ。
そのほか旅行安全・五穀豊饒・殖産・安産・開運などの祈願にも一年を通じて多くの参拝者が訪れる。初詣の人出は約70万人。

所在地:茨城県鹿嶋市宮中2306-1

>> このスポットの詳細をみる

増上寺(東京都)

東京タワーの正面に建つ、浄土宗の七大本山の一つ

増上寺(東京都)

東京でも指折りの巨刹で、都心に残る貴重な緑地の中に数多くの伽藍や塔頭が点在している。御本尊は阿弥陀如来像。明徳4(1393)年、酉誉聖聡上人(ゆうよしょうそうしょうにん)によって現在の千代田区紀尾井町に創建された。
慶長3(1598)年、江戸城の拡張のために現在地に移って徳川家の菩提寺として栄えた。かつては常時3000名の僧侶が修学する大寺院だったという。
元日0:00に一番鐘が鳴り、正月初祈願が始まる。

所在地:東京都港区芝公園4-7-35

>> このスポットの詳細をみる

気多大社(石川県)

利家とまつが信仰した縁結びで知られる歴史ある神社

気多大社(石川県)

「気多大社」の名のとおり、多くの「氣」が集まる神社。海を見下ろす高台には国指定重要文化財の本殿や神門などが建ち並ぶ。社殿背後にある天然記念物の気多大社社叢は「入らずの森」と呼ばれる聖域。
本殿には、試練を乗り越えて恋を成就させたという大国主神が祀られ、縁結びの神社として知られる。「入らずの森氣の葉祭」は、年に一度宮司が入らずの森に入り、森から神聖な氣を頂いて氣を一新し、厄除けと運気上昇を行うものである。
三が日の人出は約20万人。北陸地方屈指の大社に遠方からも多くの人々が参拝に訪れる。

所在地:石川県羽咋市寺家町ク1-1

>> このスポットの詳細をみる

善光寺(長野県)

「牛にひかれて善光寺参り」で全国的に有名な大寺院

善光寺(長野県)

写真提供:善光寺

「一生に一度はお参りしないと極楽に行けない」といわれ、全国から多くの参拝者が訪れる。創建以来約1400年、源頼朝や武田信玄、徳川家康など時の権力者からも篤い信仰を集めてきた。
御本尊は、一光三尊阿弥陀如来。現在の本堂は、元禄16(1703)年に徳川幕府が松代藩に命じ工事を開始、宝永4(1707)年に完成したもの。江戸時代中期を代表する寺院建築として国宝に指定されている。
大晦日には除夜の鐘、元旦の1:00から全山僧侶による新年最初の法要・朝拝式(ちょうはいしき)を執行する。

所在地:長野県長野市大字長野元善町491-イ

>> このスポットの詳細をみる

熱田神宮(愛知県)

創祀1900年を迎えた由緒あるお宮

熱田神宮(愛知県)

ご神体の草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)がお祀りされてから、平成25(2013)年に1900年をむかえた。約19万平方メートルもの境内には、本宮や別宮に、8つの摂社と19の末社が鎮座する。
主な祭典・神事だけでも1年間に70度以上あり、5月4日の「酔笑人(えようど)神事」など特殊な神事も行われ、1年を通じて多くの参拝者が訪れる。
年末年始は、12月31日15:00に大祓、明けて1月1日5:00には歳旦祭、5日は0:00から商売繁盛・家内安全の「初えびす」が行われ、にぎわいをみせる。

所在地:愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

>> このスポットの詳細をみる

伏見稲荷大社(京都府)

全国で3万社を超える稲荷神社の総本宮

伏見稲荷大社(京都府)

朱塗りの楼門は、天正17(1589)年に豊臣秀吉が寄進したと伝えられている。重要文化財の本殿は明応8(1499)年に再興された檜皮葺きの建造物。
年末年始の行事としては、まず12月31日15:00から罪穢れを祓って清々しく新年を迎えようとする行事である大祓式が斎行される。続いて稲荷大神のご守護により無事1年間を過ごし得たことに感謝する除夜祭が行われ、新年を迎える。1月1日6:00からは、本殿で新年を寿ぎ国家の安泰と1年の無事平穏を祈る歳旦祭が行われる。

所在地:京都府京都市伏見区深草藪之内町68

>> このスポットの詳細をみる

四天王寺(大阪府)

1400年以上も前に建立された日本仏法最初の官寺

四天王寺(大阪府)

推古天皇元(593)年に聖徳太子によって建立された大刹で、和宗の総本山。たびたび兵火や災害に見舞われたが、再建された伽藍の配置は「四天王寺式伽藍配置」と呼ばれ、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並び、それらを回廊が囲む形式で、日本で最も古い建築様式が残っている。
大晦日は、先着108名までの「除夜の鐘」、終了後に引きつづいて「開運の鐘」(北鐘堂)と「招福の鐘」(太鼓楼)を3:00頃まで自由に撞くことができる。

所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18

>> このスポットの詳細をみる

出雲大社(島根県)

古事記、日本書紀にも記された本殿は日本を代表する神社建築

出雲大社(島根県)

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祀る本殿(国宝)は日本最古の神社建築。13.5mの長さを持つ、神楽殿に掲げられた日本有数の大注連縄も必見。旧暦10月には全国の神々が大社に集うため、出雲では神無月ではなく神在月(かみありつき)と呼び、神迎祭の神事が行われる。
また正月3日には、大社町内を笛や太鼓でにぎやかに練り歩く出雲大社の正月行事「吉兆さんと番内さん」が行われる。なお、平成20(2008)年より8年間かけ本殿をはじめとする社殿の修造を行い、以降第2期事業として宝物殿などの境内整備を行っている。

>> このスポットの詳細をみる

吉備津神社(岡山県)

桃太郎のモデルといわれる鬼退治神話が伝わる吉備国の総氏神

吉備津神社(岡山県)

檜の皮で葺いた入母屋屋根を前後に2つ並べてつないだ比翼入母屋造りの本殿(国宝)は、この神社だけに見られる独特の形で、吉備津造りとも呼ばれる。本殿と拝殿は接合していて、いずれも室町時代に再建されたもの。長さ約400mの廻廊も圧巻。途中にはえびす宮、三社宮などがある。
『雨月物語』に紹介された鳴釜神事は、願いが叶うかを釜の鳴る音で占う、鬼退治神話と関わりの深い神事であるといわれている。
三が日には「三味線もちつき」、3日は「矢立の神事」が行われる。

所在地:岡山県岡山市北区吉備津931

>> このスポットの詳細をみる

石鎚神社(愛媛県)

日本七霊山の一つ「霊峰 石鎚山」に鎮座する

石鎚神社(愛媛県)

西日本最高峰(1982m)の石鎚山を神体山(神しずまります山)とする。山頂に「頂上社」、中腹に「成就社」(ロープウェイ経由)と「土小屋遙拝殿」、そしてJR予讃線や国道11号近くの「本社」の四社を総称して、石鎚神社という。
石鎚毘古神(いしづちひこのかみ)を祀り、国土形成の神・五穀豊穣・海上安全・大漁の神、また病気平癒・厄除開運・交通安全など諸願成就の神として信仰されている。
元旦には、「招福あずきかゆ」がふるまわれる(数に限りあり)。また、「招福獅子舞」の奉納や「招福縁起物」の頒布も行われる。

所在地:愛媛県西条市西田甲797(本社)

>> このスポットの詳細をみる

十日恵比須神社(福岡県)

「えびす様」と「だいこく様」に商売繁昌を祈願する

十日恵比須神社(福岡県)

御祭神は事代主神(えびす様)と大国主神(だいこく様)。商売繁昌・家内安全・開運招福にご利益があることで知られている。毎年1月8日から11日までは「正月大祭」が行われ、期間中の参拝者は約100万人といわれる。
なかでも、新春の華を飾るのが、9日の宵えびすの午後に行われる「徒歩(かち)詣り」。三味、笛、太鼓での十日えびすの唄を先頭に、博多芸妓の行列が神社に参拝し、一年の開運・商売繁昌の祈願をする。

所在地:福岡県福岡市博多区東公園7-1

>> このスポットの詳細をみる

霧島神宮(鹿児島県)

朱塗りのあでやかな姿で日本誕生の地、高千穂の峰を仰ぐ

霧島神宮(鹿児島県)

霧島神宮は霧島山の噴火で焼失した天孫降臨伝説の地、高千穂峰のお宮が文明16(1484)年に麓に遷宮されたもの。現在の社殿は正徳5(1715)年に藩主島津吉貴が寄進したもので、ご利益は全搬にわたる。高さ23mの大鳥居は西日本最大級。
昭和初期に途絶えた伝統の神楽は市民の手によって復活。社殿では深夜かすかに神楽のような笛の音が聞こえるといわれ、霧島七不思議のひとつとして知られている。
なお、高千穂峰には古宮の跡があり、霊峰を向いて立つ鳥居が厳かな雰囲気を漂わせている。元旦には霧島九面太鼓が奉納される。

所在地:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5

>> このスポットの詳細をみる

普天満宮(沖縄県)

諸願成就、むすびの神

普天満宮(沖縄県)

別称「普天満権現」で、琉球八社のひとつ。創建は洞窟に琉球古神道神を祀ったことに始まり、1450年代に熊野権現を合祀したと伝えられる。本殿、拝殿は琉球赤瓦葺を用いた入母屋造で、平成17(2005)年にはゆかりのある桃・市花「三丹花」などの意匠が鬼瓦や虹梁に施された。
御祭神に、伊弉冉尊・速玉男命・事解男命・天照大御神・家都御子神・琉球古神道神である日の神・竜宮神(ニライカナイ神)・普天間女神(グジー神)ほか天神・地神・海神を祀る。初詣は約11万人の参拝者でにぎわう。

所在地:沖縄県宜野湾市普天間1-27-10

>> このスポットの詳細をみる

全国のおすすめ初日の出スポット

納沙布岬(北海道)

道内で一番早い日の出が見られる岬

納沙布岬(北海道)

北方領土の存在を目のあたりにできる本土最東端の岬。日の出の美しさは定評があり、道内で一番初めの眩しい初日の出を拝むことができる。毎年「納沙布岬初日詣」が行われ、温かい飲み物の無料配布や郷土芸能の披露もあり、多くの観光客が訪れる。

所在地:北海道根室市納沙布

>> このスポットの詳細をみる

双観山(宮城県)

荘厳で華麗な初日の出

双観山(宮城県)

松島湾に突き出した岬にあり、公園として整備されている。頂上の展望台は、松島湾が一望できるだけでなく塩釜湾まで見渡せるビューポイント。初日の出は金華山の向こう側から日が昇り、湾内の島々のシルエットを少しずつ浮かび上がらせる感動的な眺めだ。

所在地:宮城県宮城郡松島町松島 大沢平

>> このスポットの詳細をみる

太平山見晴らし台(栃木県)

広大な平野を一望できる見晴らし台

太平山見晴らし台(栃木県)

栃木市街や筑波山などを一望できるビューポイントで、初日の出にも多くの人が訪れる。見晴らし台から徒歩5分の太平山神社は天長4(827)年、慈覚大師円仁により創建。由緒ある神社は初詣客でにぎわう。ほか、山内には随神門や六角堂、太山寺など見どころが点在する。

所在地:栃木県栃木市平井町

>> このスポットの詳細をみる

犬吠埼灯台(千葉県)

関東最東端から太平洋に昇る初日の出を拝む

犬吠埼灯台(千葉県)

明治7(1874)年に英国人設計士によって建てられた西洋式灯台。関東最東端の犬吠埼は、山頂・離島を除き日本で一番早く初日の出を見ることができる。
雄大な太平洋の海原、岩礁に打ち砕ける荒々しい波と白亜の灯台がおりなす景観の中に初日の出が昇る様子は荘厳だ。人気のスポットで各地から大勢の人が訪れる。

所在地:千葉県銚子市犬吠埼9576

>> このスポットの詳細をみる

東京スカイツリー(R)(東京都)

世界一高い自立式電波塔から望む新年の眺望

東京スカイツリー(R)(東京都)

(C)TOKYO-SKYTREE

自立式電波塔として世界一の高さ(634m)を誇る東京スカイツリー(R)。元旦には890名限定で初日の出特別営業を行う(インターネット抽選など)。360度の眺望を誇る天望デッキでは、地平線の彼方から昇る初日の出が望める。
また、2019年は初日の出特別営業の当日にも限定50名の特別入場券を販売する。

所在地:東京都墨田区押上1-1-2

>> このスポットの詳細をみる

横浜マリンタワー(神奈川県)

横浜のシンボルから見る初日の出

横浜マリンタワー(神奈川県)

恋人の聖地としても人気の横浜のシンボル。高さ94mの展望フロアからは360度のパノラマビューを楽しめ、東の方角から昇る初日の出が見られる。初日の出の後は、1階「THE BUND」にて数量限定の豚汁がふるまわれる。温かい豚汁を味わった後は、元旦の横浜を散策しながら初詣に出かけてみては。

所在地:神奈川県横浜市中区山下町15

>> このスポットの詳細をみる

弥彦山(新潟県)

日本海と越後平野が一望できる、山岳信仰の霊峰で初日の出を観賞

弥彦山(新潟県)

写真提供:(一社)弥彦観光協会

古来より彌彦神社のご神体として崇められてきた標高634mの霊峰で、山頂には彌彦神社の御神廟が祀られている。
大晦日から元旦にかけては、年をまたいで初詣する「2年参り」の参拝客でにぎわう。弥彦山ロープウェイには運休時間があるため、初日の出を見に登山道を歩いて登る場合はしっかりとした防寒対策が必要だ。

所在地:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦

>> このスポットの詳細をみる

三保松原(静岡県)

天女が舞い降りた伝説のある地の美しい日の出

三保松原(静岡県)

「新日本三景」「日本三大松原」の一つで、駿河湾から富士山に向かって突き出たような半島の海岸線一帯。この地からの美しい眺めが、世界文化遺産に登録された富士山の文化的・芸術的価値の構成資産に認められた。「羽衣の松」越しに昇る朝日が富士山を染めていく光景が美しい。

所在地:静岡県静岡市清水区三保

>> このスポットの詳細をみる

ハルカス300(展望台)(大阪府)

日本一高いビルから初日の出を望む

ハルカス300(展望台)(大阪府)

高さ300mのビル「あべのハルカス」の58~60階部分にある展望台。京都や六甲山系、関西国際空港などの眺めが楽しめる。
元旦は6:00から初日の出特別営業を実施予定。天候に恵まれれば、美しいご来光を望むことができる。ただし、完全事前予約制で人数限定なので注意。また、営業時間や内容の変更の場合あり。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス58階~60階

>> このスポットの詳細をみる

神戸ポートタワー(兵庫県)

神戸のシンボルタワーから初日の出を眺めよう

神戸ポートタワー(兵庫県)

高さ108m、32本の真っ赤なパイプが複雑に交差した鼓型タワー。360度の大パノラマを見渡せる神戸港のシンボル的存在だ。最上階の展望室や回転展望喫茶からは、東に大阪、西に淡路島、南に関西国際空港、北に六甲山の山並みが見渡せる。
元旦は6:30から営業しており、神戸を照らすご来光を楽しむことができる。

所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町5-5

>> このスポットの詳細をみる

夢みなとタワー(鳥取県)

地上43mから望む初日の出

夢みなとタワー(鳥取県)

日本海を臨み、地上43mからは遥か彼方に見られる大山隠岐国立公園をはじめ、美保湾や島根半島、境水道大橋、弓ヶ浜、中海、米子市街などを360度ぐるりと一望することができる。
元旦は7:00から9:00までは入館無料なので皆で初日の出を見に行こう。

所在地:鳥取県境港市竹内団地255-3

>> このスポットの詳細をみる

千光寺公園(広島県)

瀬戸内海をオレンジ色に染めるご来光

千光寺公園(広島県)

標高144.2mの千光寺山の山頂から中腹にかけて広がる公園で、桜の名所としても有名。山頂の展望台からは尾道市内や瀬戸内海の島々を一望し、天気がよい日は四国連山も遠望できる。瀬戸内海をオレンジ色に染めながら昇るご来光は感動的だ。

所在地:広島県尾道市西土堂町19-1

>> このスポットの詳細をみる

桂浜(高知県)

坂本龍馬像と一緒に眺めよう

桂浜(高知県)

「よさこい節」にも歌われている桂浜は高知を代表する景勝地。太平洋に面した海岸は定番の初日の出スポットで例年多くの人が訪れる。桂浜の小高い丘の上に立つ坂本龍馬像と一緒に、美しい日の出を眺めよう。

所在地:高知県高知市浦戸

>> このスポットの詳細をみる

福岡タワー(福岡県)

日本一の海浜タワー展望室からご来光を拝もう

福岡タワー(福岡県)

8000枚のハーフミラーを使ったシャープな外観。地上234m、海浜タワーとしては日本一の高さを誇る。地上123mの展望室からは、360度の大パノラマが広がり博多湾や脊振山、福岡市街が一望できる。元旦には初日の出を見ようと、多くの人でにぎわう。

所在地:福岡県福岡市早良区百道浜2-3-26

>> このスポットの詳細をみる

日南海岸(宮崎県)

南国の香り漂う海岸で見る初日の出

日南海岸(宮崎県)

日南海岸は日向灘に面した宮崎市から串間市までの海岸で、その海岸線を走る国道220号・448号は南国ムード満点のドライブコースとなっている。おすすめビューポイントは、緩やかなカーブの水平線から昇る初日の出が見られるサンメッセ日南。また、鵜戸神宮は初詣を兼ねて初日の出を見られることで有名。

所在地:宮崎県日南市宮浦

>> このスポットの詳細をみる

まだまだあります、全国の初詣・初日の出スポット

以下のボタンから、お近くの夜景スポットが探せます。

※掲載の内容は調査・取材時点の情報です。情報は変更される場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 

×