おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  冬の絶景!きらめく光の街を見に行こう 全国のおすすめ夜景スポット

冬の絶景!きらめく光の街を見に行こう 全国のおすすめ夜景スポット

冬の絶景!きらめく光の街を見に行こう 全国のおすすめ夜景スポット

by mapple_travel_guide

更新日:2018年12月17日

年末が近づき、全国的にも厳しい寒さを迎えていますが、前回ご紹介したイルミネーションとあわせて、この時期におすすめしたいのが夜景スポットです。

冬は日没が早く、湿度も低いために空気が澄んでおり、より美しい夜景を見ることができます。
今回は、日本新三大夜景とあわせて、全国のおすすめ夜景スポットをいろいろな切り口からご紹介。

防寒対策をしっかりとして、デートやクリスマスのイベントとして、ロマンチックな絶景を見に行きましょう!

近くの夜景スポットを探したい方はこちら

目次

まずはここから!日本新三大夜景を見に行こう

日本新三大夜景とは?

日本新三大夜景はこちら!

1位:長崎市
NO.1夜景スポットはここ! 稲佐山展望台
ここも見たい!長崎のおすすめ夜景&観光スポット

2位:札幌市
NO.1夜景スポットはここ! もいわ山展望台
ここも見たい!札幌のおすすめ夜景スポット

3位:北九州市
NO.1夜景スポットはここ! 皿倉山展望台
ここも見たい!北九州のおすすめ夜景スポット

全国のおすすめ夜景スポット

まずはここから!日本新三大夜景を見に行こう

せっかく夜景を見に行くのなら、まずは王道のスポットへ。全国の夜景鑑賞士からお墨付きをもらった、「日本新三大夜景」に認定された三都市の美しい夜景を見に行きましょう。

まずはここから!日本新三大夜景を見に行こう

長崎NO.1の夜景スポット、稲佐山山頂展望台からは1000万ドルと評される絶景を眺められる。

日本新三大夜景とは?

「日本新三大夜景」(正式名:日本新三大夜景都市)とは、国内外の夜景観光活性化を目的として、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」により認定された都市のことです。

初回の認定は2015年。全国約4500人の夜景鑑賞士が投票を行い、投票された各夜景スポットを都市別に分類、上位三都市の長崎市、札幌市、神戸市が認定されました。

同認定ブランドは3年に一度更新を行うため、再認定の年である2018年、全国約5500名の夜景鑑賞士により再度投票が行われました。その結果、ランキング1位の長崎市、2位札幌市、3位北九州市の3都市が新たな「日本新三大夜景」に認定されたのです。

日本新三大夜景とは?

同ブランドへの認定は大きな集客効果、経済効果をもたらしている

日本新三大夜景はこちら!

1位:長崎市

2015年、2018年と2回の投票で堂々の一位となったのが長崎市。長崎市は「モナコ」「香港」と並んで同団体の「世界新三大夜景」にも認定されており、正真正銘の夜景都市であると言えます。

長崎港を取り囲むすりばち状の地形のため、目の前に迫るインパクトがあり、ビュースポットの稲佐山からは1000万ドルと評される夜景を見ることができます。

NO.1夜景スポットはここ! 稲佐山展望台

NO.1夜景スポットはここ! 稲佐山展望台

きらめく夜空のパノラマに感動

標高333m、稲佐山山頂に立つ展望台で、長崎でいちばん有名な夜景スポット。円柱状の建物の4階屋上が展望スペースになっていて、足元には無数のLEDイルミネーションを敷き詰めている。1000万ドルと評される夜景とともに、その空間そのものが光のアート。

稲佐山山頂展望台から市街地を望む。床面に埋め込んだ電球も、夜景とともに暗闇のアートとなって目を楽しませてくれる

【住所】長崎県長崎市稲佐町稲佐山山頂
このスポットの詳細を見る

 

ここも見たい!長崎のおすすめ夜景&観光スポット

すりばち状の地形のため、鍋冠山公園風頭公園など、長崎港を見下ろすその他の地点からも美しい夜景を見ることができます。また、グラバー園大浦天主堂などライトアップされている観光名所も多く、夜景とあわせて楽しめるのも魅力です。

ここも見たい!長崎のおすすめ夜景&観光スポット

①鍋冠山公園
知る人ぞ知る夜景の名所で、長崎港を見渡す展望台からの眺めは格別。行き交う船や女神大橋などを間近に望むことができる。グラバー園の第2ゲートから歩いて10分ほど。

ここも見たい!長崎のおすすめ夜景&観光スポット

②グラバー園
居留地時代から現存する旧グラバー住宅、旧リンガー住宅、旧オルト住宅のほか、市内に点在していた6棟の洋館を集め公開している。長崎観光に欠かせない名所の一つ。ライトアップ時間は通常17:00~20:30。

ここも見たい!長崎のおすすめ夜景&観光スポット

大浦天主堂
現存する木造ゴシック様式の教会としては日本最古で、なまこ壁をあしらった和洋折衷のめずらしい洋風建築としても見ごたえがある。昭和8(1933)年に国宝に指定され、今年新たに世界文化遺産に登録された。

 

≫≫目次に戻る

2位:札幌市

1位の長崎と並び、2回連続で認定された札幌市。

大通公園の起点・札幌テレビ塔や札幌駅直結のJRタワーからは、オレンジ色に輝く札幌の街並みを見ることができます。中心部から少し離れると、もいわ山大倉山旭山記念公園幌見峠など、市街地のパノラマを眺められる展望台も点在しています。

今の時期は冬の風物詩「さっぽろホワイトイルミネーション」が開催されており、雪景色の札幌中心部が83万個の電球でさらに華やかになります。

NO.1夜景スポットはここ! もいわ山展望台

NO.1夜景スポットはここ! もいわ山展望台

標高531mから堪能する札幌市街の大パノラマ

北海道三大夜景のひとつ。標高531メートルの展望台からは、札幌の街並みと石狩平野の広がりが一望できる。山頂へはロープウェイともーりすカーを乗り継いで登り、空中散歩気分を味わおう。展望台のほかに、レストランやプラネタリウムが楽しめるホールもある。

【住所】北海道札幌市南区北の沢1956
このスポットの詳細を見る

 

展望台の中央に明るく輝く「幸せの鐘」は恋人の聖地として知られる人気の記念撮影ポイント

ここも見たい!札幌のおすすめ夜景スポット

札幌中心部の観光と合わせて夜景を楽しむならさっぽろテレビ塔JRタワーがおすすめです。

リーズナブルに済ませたいなら、中心部から車で約20分と近く、地元の人にも親しまれている旭山記念公園へ。市街地との距離が近く、標高約137mの展望台からはパノラマ夜景が広がっています。

ここも見たい!札幌のおすすめ夜景スポット

JRタワー展望室T38
JRタワー最上階にあり、地上160mから札幌の街を360度見渡せる。大通やすすきの繁華街がある南側、海の見える北側など、東西南北でそれぞれ異なる札幌の街並みを見ることができる。

ここも見たい!札幌のおすすめ夜景スポット

さっぽろテレビ塔
西に大通公園、南に繁華街すすきの、北に札幌駅や北大、東にサッポロビール園やサッポロファクトリー。高さ90mで札幌中心部のシンボル・テレビ塔から望む景色は、東西南北それぞれの市街地の特徴を発見できる。

ここも見たい!札幌のおすすめ夜景スポット

旭山記念公園
眼下に広がる札幌の美しい街並みが間近に眺められることで、地元のカップルにも人気の場所。森の散策路で山野草や動植物も楽しめる。

 

≫≫目次に戻る

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 
×