「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  予約は早めに!全国の人気温泉地ランキング20 年末年始は温泉旅館でのんびり過ごそう

予約は早めに!全国の人気温泉地ランキング20 年末年始は温泉旅館でのんびり過ごそう

予約は早めに!全国の人気温泉地ランキング20 年末年始は温泉旅館でのんびり過ごそう

by まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2019年9月27日

街はすっかり秋の気配。次の大きな旅行はお正月という方も多いのではないでしょうか?

お正月というとまだ先のことのようですが、なんと今年の年末年始は12月28日(土)から1月5日(日)まで、9連休が可能! 早めの計画が吉です。

せっかく長く休めるのなら、家を離れてのんびり過ごし、1年の疲れを洗い流したいですよね。

そこで今回は、「にっぽんの温泉100選」(2018年度 観光経済新聞社主催)の総合ランキングから、人気の温泉地ベスト20をご紹介!
がんばった1年間のごほうびに、上質な温泉にひたり、身も心も癒されてみませんか?

人気の温泉旅館では年末年始の予約は2~3か月前に埋まってしまうこともあります。ランキングを参考に行きたい温泉地を決めたら、善は急げ。さっそく宿を予約しましょう!

近くの温泉旅館を探したい方はこちら

目次

  • まずはここから! 20位~11位
  • 有名温泉地が続々ランクイン! 10位~4位
  • 栄えあるベスト3は? 3位~1位
  • 最後に 都道府県別のランクイン数は?

まずはここから! 20位~11位

「にっぽんの温泉100選」は旅行会社社員など“旅のプロ”が、温泉の雰囲気、見どころ・体験の充実、泉質、郷土の食文化を吟味して選ぶ、観光業界で権威あるランキングです。2018年は21,649票にもとづいて認定されました(今年のランキングは12月発表予定)。

まずは20位から11位までの温泉地をご紹介しますが、おそらく誰もが耳にしたことのある名だたる温泉ばかり。
名前は知っていてもまだ足を運んだことがないところがあれば、今年こそ訪れてみませんか?

※下記に記載の温泉地の泉質データはその温泉地の代表的な泉質の情報です。場所によって泉質は異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご覧ください。

20位 山中温泉【石川県】

20位 山中温泉【石川県】

湯の中で耳に響く渓流のせせらぎ

豊かな山々の緑に埋もれ、深い渓谷に寄り添うような山深い温泉町。
大聖寺川の鶴仙渓に望んで旅館が並び立つ北陸随一の湯処は、今から約1300年に僧行基が発見したと伝えられ、松尾芭蕉は「山中や菊は手折らじ湯の匂ひ」と詠みたたえ9日間逗留しています。
全国一の濃度の「水素」が含まれる泉質には、美肌、老化防止、肥満解消に効果があります。
共同浴場「総湯 菊の湯」は当時と変わらぬ場所にあり、温泉情緒ある「ゆげ街道」なども見どころです。
山間にありながら日本海が近く、食事には冬のズワイガニや、ブリ、甘エビなどがずらり。料理の鉄人として知られる道場六三郎氏も山中温泉の生まれで、美食へのこだわりを育てた地といえます。

★温泉地の詳細情報
【源泉数】7
【源泉地の泉質データ】
・泉質名 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉ほか
・泉温 48.3度
・PHの度合い アルカリ性
・湯の色 無色透明
・湯のにおい 無臭

★みどころ
・兼六園
・近江町市場
・ひがし茶屋街
・21世紀美術館

【おすすめの温泉宿!】翠明

【おすすめの温泉宿!】翠明

檜、自然石、備長炭の三つの貸切風呂が好評

大浴場や庭園露天風呂、貸切風呂で湯三昧できる純和風の宿で、連続TVドラマ「はるちゃん」の舞台としても広く名が知られています。それぞれに趣の異なるゆったりした露天風呂付きの客室が好評です。

【住所】石川県加賀市山中温泉東町1丁目ホ-10
【料金】1泊2食付13000~21600円
【アクセス】JR北陸本線加賀温泉駅から加賀温泉バス山中温泉行きで30分、終点下車、徒歩3分(加賀温泉駅から送迎あり、予約制)

このスポットの詳細を見る

19位 塩原温泉郷【栃木県】

19位 塩原温泉郷【栃木県】

多くの文豪たちも愛した伝統の温泉

森林地帯にある塩原温泉は、1200年以上の歴史を刻みながら、訪れる人々の心と体を癒してきました。
太平洋側と日本海側の気候の交差点にあり、昆虫や草花などの種類が豊富な地です。
栃木県北部の広大な那須野が原から、北西の方角に連なる山中に分け入った箒川(ほうきがわ)の渓谷に沿って、泉質や成分の異なる11の温泉が点在しており、多くの文豪たちに愛された豊富な温泉は「塩原十一湯」と呼ばれています。
高冷地野菜はみずみずしく、那須地方は米・小麦・牛乳・牛肉や豚肉・卵、梨など食材の宝庫。趣向を凝らした食が楽しめます。

★温泉地の詳細情報
【源泉数】150
【源泉地の泉質データ】
・泉質名 塩化物泉ほか
・泉温 30~90度
・湯の色 乳白色
・湯のにおい 無臭

★見どころ
・もみじ谷大吊橋
・七絃の滝
・塩原温泉そば街道
・千本松牧場

【おすすめの温泉宿!】明賀屋本館

【おすすめの温泉宿!】明賀屋本館

塩原の自然に包まれた静かな宿

山あいの鹿股川のほとりに建ち、清流を目の前に入る川岸露天風呂が名物です。
湧き続けている湯が歴史の重みを感じさせ、料理は和食膳でのおもてなし。山川の幸をゆっくりと部屋で味わえます。

【住所】栃木県那須塩原市塩原353
【料金】1泊2食付10950~21750円/外来入浴(10:00~18:00、個室利用)2200円、3200円(1名利用)
【アクセス】JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで38分、塩原塩釜下車、徒歩20分(塩原塩釜バス停から送迎あり)

このスポットの詳細を見る

18位 鳴子温泉【宮城県】

18位 鳴子温泉【宮城県】

みちのくを代表する名湯で内湯巡りを存分に楽しむ

鳴子温泉は出羽街道の要路として古くからにぎわい、東北有数の規模を誇ります。源泉の数は400本近くに及び、白濁した硫黄泉が湯滝となって流れ落ちる湯量豊富な温泉地です。
日本で登録されている11種類の泉質のうち、なんと9つまでがここ鳴子温泉郷に集まっています。
JR鳴子温泉駅では内湯めぐりができる「湯めぐりチケット」が発行されていて便利。
料理は仙台黒毛和牛ステーキやしゃぶしゃぶ、牛タンや合鴨鍋など。
首を回すと「キュッキュッ」と音が鳴る鳴子こけしも有名です。

★温泉地の詳細情報
【源泉数】400
【源泉地の泉質データ】
・泉質名 硫黄泉、硫酸塩泉、塩化物泉ほか
・泉温 59.8度
・PHの度合い 中性
・湯の色 白濁色
・湯のにおい 硫黄臭ほか

★みどころ
・リゾートパークオニコウベ
・鬼首温泉のかんけつ泉

【おすすめの温泉宿!】ゆさや旅館

【おすすめの温泉宿!】ゆさや旅館

肌がツルツルになる、うなぎ湯が名物

湯の香漂い旅情もたっぷりの鳴子温泉街で、約400年の歴史を誇る伝統の宿。昔ながらの旅籠の面影が今なお残されています。肌がツルツルになるという名湯うなぎ湯が自慢です。

【住所】宮城県大崎市鳴子温泉湯元84
【料金】1泊2食付13800~22300円/外来入浴食事付(11:00~15:00、客室利用、要予約)5400円~
【アクセス】JR陸羽東線鳴子温泉駅から徒歩4分

このスポットの詳細を見る

17位 箱根湯本温泉【神奈川県】

17位 箱根湯本温泉【神奈川県】

名門旅館が建ち並ぶ箱根湯めぐりの玄関口

新宿から85分、小田急ロマンスカーの終着駅。箱根の玄関口にあり、源泉の数は箱根最多を誇ります。
宿泊施設は40軒も点在。歴史をたどるモデルコースを散歩したり、60軒もあるおみやげ店をのぞいたりと楽しめます。
温泉は開湯から1200年が経つ今も毎日約8000トンもの湧出量を誇り、その豊富な湯量が人気。箱根湯本はPH8.8前後、塔ノ沢は8.9のアルカリ性単純温泉のため肌に優しく、無色透明・無味無臭で老若男女誰でも入浴しやすい泉質です。
駿河湾・相模湾で水揚げされる魚介類も美味。

★温泉地の詳細情報
【源泉数】74
【源泉地の泉質データ】
・泉質名 アルカリ性単純温泉、ナトリウム-塩化物泉ほか
・泉温 23~77度
・湯の色 源泉により異なる
・湯のにおい 源泉により異なる

★みどころ
・芦ノ湖
・畑宿寄木会館
・大涌谷

【おすすめの温泉宿!】元湯 環翠楼

【おすすめの温泉宿!】元湯 環翠楼

箱根の歴史が息づく銘木の宿

早川の渓流沿いに建つ老舗の宿。建物は大正時代に建てられたもので大黒柱を使わない造りです。良質の温泉を楽しむ大浴場や自然の中の露天風呂のほか、岩盤浴もおすすめです。

【住所】神奈川県箱根町塔之沢88
【料金】1泊2食付19440~43200円/外来入浴食事付(15:00~20:00、客室利用、要予約)14040円~(入湯税別途)
【アクセス】箱根登山鉄道塔ノ沢駅から徒歩5分

このスポットの詳細を見る

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×