>  >  いよいよ開花! 全国のおすすめの桜の名所・お花見スポット

いよいよ開花! 全国のおすすめの桜の名所・お花見スポット

いよいよ開花! 全国のおすすめの桜の名所・お花見スポット

いよいよお花見シーズンの到来です。
今年のソメイヨシノの開花は暖冬の影響で例年より早く、記録的な早さになるところもありそうです。

一方で新型コロナウイルスの感染拡大により、花見をしながらの宴会を自粛する傾向にあり、桜祭りなどのイベントが中止になるところも出ています。

そうは言っても、こんな時だからこそ、明るい春の景色を楽しみたいもの。

今回は、「歩きながら楽しめる」お花見スポットをご紹介します。

近くの桜の名所を探したい方はこちら

目次

  • 各地方の2020年桜の開花日目安
  • 新型コロナウィルスの影響は? 外出しても大丈夫?
  • さくらまつりの中止、宴会自粛の要請も
  • 今年は歩いて楽しむお花見を
  • 歩いて楽しむお花見スポット!
  • 北海道
     北海道神宮
     五稜郭公園
     美唄市東明公園
     優駿さくらロード(西舎桜並木)
     静内二十間道路桜並木
  • 東北
     世界一の桜並木【青森県】
     北上展勝地【岩手県】
     白石川堤一目千本桜【宮城県】
     桧木内川堤のソメイヨシノ【秋田県】
     日中線しだれ桜並木【福島県】
  • 関東・甲信越
     桜山公園【群馬県】
     こだま千本桜【埼玉県】
     明治神宮外苑【東京都】
     根岸森林公園【神奈川県】
     弘法山古墳【長野県】
  • 東海・北陸
     城山公園【富山県】
     日本平【静岡県】
     五条川の桜並木【愛知県】
     養老公園【岐阜県】
  • 関西
     万博記念公園【大阪府】
     離湖公園【京都府】
     夙川河川敷緑地【兵庫県】
     吉野山【奈良県】
     亀池公園【和歌山県】
  • 中国・四国
     井原堤【岡山県】
     五条の千本桜【山口県】
     玉湯川桜並木【島根県】
     滝の宮公園【愛媛県】
     八百萬神之御殿【徳島県】
  • 九州
     秋月杉の馬場【福岡県】
     橘公園【長崎県】
     立岡自然公園【熊本県】
     一心寺【大分県】
     花立公園【宮崎県】

各地方の2020年桜の開花日目安

暖冬の影響で、今年の桜の開花は平年より2週間近く早まるところも予想されています。

通常は南から北上してくる桜前線ですが、今年は東京が3月17日に開花したあと月末までに、九州南部から東北南部辺りまでの広い範囲が開花を迎えるという予想が発表されています。
(桜は寒い時期を経て開花するので、九州や静岡など温暖な地域は関東より開花が遅れることがあります。)

北東北や北海道でも平年に比べかなり早い開花となるでしょう。

2020年の開花予想

  • 関東:開花3/17~22 満開3/22~29
  • 甲信:開花3/18~4/3 満開3/26~31
  • 近畿:開花3/21~23 満開3/25~30
  • 東海:開花3/22~25 満開3/25~31
  • 中国:開花3/20~23 満開3/25~31
  • 四国:開花3/19~22 満開3/28~31
  • 北陸:開花3/20~27 満開3/25~4/1
  • 九州:開花3/18~28 満開3/29~4/5
  • 東北:開花3/30~4/16 満開4/3~4/21
  • 北海道:開花4/23~5/8 満開4/28~5/13

(気象情報会社「ウェザーニュース」より、2020年3月13日発表)

新型コロナウィルスの影響は? 外出しても大丈夫?

3月1日に厚生労働省が発表した「新型コロナウィルスの集団感染を防ぐために」によれば、感染リスクの高い場所は「換気が悪く」「人が集まって過ごすような空間」、そして「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」とされています。

このことから、屋外で人の密集していない場所ならば過度に神経質になることはないといえるでしょう。

マスクの着用や帰宅時の手洗いやうがいを徹底して、春の訪れを味わいに出かけましょう。

さくらまつりの中止、宴会自粛の要請も

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、桜で有名な公園も、今年は宴会スペースを設置しなかったり、出店を中止したりしています。

東京都は3月4日に都立公園や、都管理の河川敷を対象に、飲食を伴う宴会の自粛を呼び掛けました。

ただ、せきエチケットを徹底し、散策しながらの花見は可能との方針を小池都知事が示しています。

今年は歩いて楽しむお花見を

宴会や露店を巡りながらのお花見は楽しいものですが、今年は趣を変えて、お花見本来の姿に立ち返ってみてはどうでしょう?

春の陽射しの中で桜並木の下を散策し、ふと立ち止まって写真を撮ったり絵を描いたり。

夜の散策のためにちょうちんなどをつけてくれている公園もあります。

 

にぎやかな宴会はありませんが、ゆったりとロマンチックに夜桜を鑑賞できるチャンスともいえます。

歩いて楽しむお花見スポット!

全国7つのエリアごとに、桜並木や公園、河川敷など、歩きながら楽しめるお花見スポットをピックアップしてご紹介します。

桜祭りやライトアップの開催状況もお知らせしています。

今年はぜひ、目線を変えて、「お花見散歩」を楽しんでみてください。

北海道

北海道神宮

北海道神宮

桜と梅が同時に咲く札幌の名所

札幌で最初の花見の名所として明治時代から人々に親しまれている北海道神宮。全国では珍しく札幌の春は桜と梅が同時に咲き、表参道を中心に約1100本のエゾヤマザクラやソメイヨシノ、ヤエザクラなどの桜と約200本の梅が花開く。桜の開花にあわせて花見期間を設け、多くの露店が立ち並び、多くの参拝客でにぎわう。

 

【2020年の見頃】4月下旬~5月上旬

 

【所在地】北海道札幌市中央区宮ケ丘474
【桜の品種・本数】約1100本(エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラ、チシマザクラ)
【営業時間】6:00~17:00(2020年3月は16:00まで)
【休業日】無休
【料金】参拝無料
【トイレ数】2ヶ所
【アクセス】(公共交通機関) 地下鉄円山公園駅から徒歩15分
【アクセス】(自動車) 札樽自動車道新川ICから国道5号・道道452号・89号を経由し、道道128号を円山公園方面へ車で8km
【駐車場】200台(1時間500円)

 

公式サイト (北海道神宮)

このスポットの詳細を見る

五稜郭公園

五稜郭公園

例年、GWが見頃に

星形の城郭跡で知られる公園。4月下旬になると、約1600本のソメイヨシノやヤエザクラなどが咲き乱れる。堀のほとりや郭内に咲く桜が星形の稜郭を埋め尽くし、さながら花の砦といった風情だ。貸しボートに乗って堀から見る桜もまた見事。

 

【2020年の見頃】4月下旬~5月上旬 開花4月22日、満開4月26日予想

 

【所在地】北海道函館市五稜郭町44
【桜の品種・本数】約1600本(ソメイヨシノ、ヤエザクラほか)
【トイレ数】4ヶ所
【アクセス(公共交通機関)】函館市電五稜郭公園前停留場から徒歩15分
【駐車場】近隣の有料駐車場を利用
【ワンポイント情報】堀の内側への夜間立入禁止

公式サイト (函館市公式観光情報サイト はこぶら)

このスポットの詳細を見る

美唄市東明公園

美唄市東明公園

展望台から空知平野を望む絶好のビューポイント

東明町の丘陵地にある都市公園。春にはソメイヨシノやエゾヤマザクラなど、約2000本の桜が咲く。桜の開花にあわせて園内にぼんぼりが灯り、夜桜も楽しめる。「ふるさとの見える丘展望台」からは、空知平野を一望できる。また、ツツジの名所としても有名だ。

 

【2020年の見頃】5月上旬~中旬

 

【所在地】北海道美唄市東明町2
【桜の品種・本数】約2000本(ソメイヨシノ、エゾヤマザクラほか)
【例年の人出】約1万人
【トイレ数】1ヶ所
【アクセス(公共交通機関)】JR函館本線美唄駅から市民バス東線で15分、東明1条3丁目下車、徒歩3分
【アクセス(自動車)】道央自動車道美唄ICから車ですぐ
【駐車場】100台

 

公式サイト (bibai color)

優駿さくらロード(西舎桜並木)

優駿さくらロード(西舎桜並木)

北国に春を告げる桜のトンネル

優駿の里公園の入口から、約3km、1000本を超えるエゾヤマザクラが道路の両側に立ち並び、毎年桜の季節になると、訪れる人々の目を楽しませてくれる。「優駿さくらロード」という名称は、この桜並木をもっと知ってもらおうと、2004(平成16)年4月に町民から新しい名称を募集して名付けられた。例年5月上旬から見頃を迎える。

 

【2020年の見頃】5月上旬~中旬

 

【所在地】北海道浦河郡浦河町西舎
【桜の品種・本数】1000本以上(エゾヤマザクラ)
【アクセス(自動車)】日高自動車道日高厚賀ICから国道235号を経由し、国道236号を西舎方面へ車で68km
【駐車場】370台

公式サイト (うらかわ旅)

静内二十間道路桜並木

静内二十間道路桜並木
新ひだか観光協会提供

競走馬のふるさとで直線約7kmの桜並木を歩く

幅が二十間(約36m)というところからその名が付いた桜並木。その長さは直線で約7kmにも及び、「日本の道百選」「さくら名所100選」「北海道遺産」にも選定されている。どこまでも続く満開の桜並木は一見の価値あり。

 

【2020年の見頃】5月上旬~中旬

 

【イベント】2020年5月上旬~中旬「しずない桜まつり」
(3月11日時点で開催可否についてHPに記載なし)

 

【所在地】北海道日高郡新ひだか町静内田原~静内御園
【桜の品種・本数】約2200本(エゾヤマザクラ、カスミザクラ、ミヤマザクラほか)
【例年の人出】約10万人
【トイレ数】1ヶ所
【アクセス(自動車)】日高自動車道日高厚賀ICから国道235号を経由し、道道71号を新ひだか町方面へ車で26km
【駐車場】しずない桜まつり期間中は臨時駐車場300台設置予定
【ワンポイント情報】宴会禁止区間あり、草地内立入禁止、ペット禁止、ゴミは持ち帰り

公式サイト (新ひだか観光協会)

このスポットの詳細を見る

東北

世界一の桜並木【青森県】

世界一の桜並木【青森県】

どこまでも続くヤマザクラの街道

弘前市内から嶽温泉に通じる県道3号と支線には、岩木山南麓に入ると全長約20kmにわたってオオヤマザクラ約6500本が植えられている。世界一の桜並木をつくろうと市民の手により植えられたもので、春には緑萌える山麓に鮮やかな紅の色が添えられる。

 

【2020年の見頃】4月下旬~5月上旬(標高・気温により異なる)

 

【所在地】青森県弘前市百沢~常盤野
【桜の品種・本数】約6500本(オオヤマザクラ)
【トイレ数】4ヶ所
【アクセス(公共交通機関)】JR奥羽本線弘前駅から弘南バス枯木平行きで40分、岩木山総合公園下車すぐ(岩木山総合公園)
【アクセス(自動車)】東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号・県道109号・260号を経由し、県道3号を岩木山方面へ車で25km(岩木山総合公園)
【駐車場】多数あり

 

公式サイト (岩木山観光協会)

このスポットの詳細を見る

北上展勝地【岩手県】

北上展勝地【岩手県】

悠然と流れる北上川河畔に樹齢90年を超える桜の並木が続く

「さくら名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられている公園。樹齢90年を超すソメイヨシノの桜並木は珍しく、圧倒的な存在感だ。2kmほど続くこの桜の回廊のほかにも、293haの園内に約150種約1万本の桜があるといわれ、5月上旬のベニヤマザクラの開花までそれぞれが美しさを競い合う。また、北上川沿いの桜並木を上から望める陣ヶ丘も見どころのひとつ。公園内には、レストハウス・みちのく民俗村・サトウハチロー記念館などの施設もある。

 

【2020年の見頃】4月中旬~5月上旬

 

【イベント】北上展勝地さくらまつり4月15日~5月6日開催予定(情報確認日:3月11日)

 

【所在地】岩手県北上市立花
【桜の品種・本数】約1万本(ソメイヨシノ、エドヒガン、ベニヤマザクラなど約150種)
【営業時間】園内の施設は要問合せ
【休業日】園内の施設は要問合せ
【例年の人出】約50万人
【料金】入園料無料(園内の施設は要問合せ)
【トイレ数】3ヶ所(第2駐車場はバリアフリー)
【アクセス(公共交通機関)】JR東北新幹線北上駅から徒歩20分(桜並木入口)
【アクセス(自動車)】東北自動車道北上江釣子ICから国道107号を展勝地公園方面へ車で4km
【駐車場】400台(普通車500円、バス15台・3000円※料金変更の場合あり)

 

公式サイト (きたぶら)

このスポットの詳細を見る

白石川堤一目千本桜【宮城県】

白石川堤一目千本桜【宮城県】

その名の通り、千本以上の桜を一望する圧巻の眺め

大河原町から柴田町にかけての白石川堤を彩る桜のトンネルで、ソメイヨシノをはじめ約1200本の桜並木が8kmにわたって続く眺めは圧巻。残雪の蔵王連峰が背後に広がる景観も見事。

 

【例年の見頃】2020年4月上旬~2020年4月中旬

 

【イベント】2020年4月1日~17日おおがわら桜まつりは中止。
※お花見弁当は各店舗で販売(要予約)

 

【所在地】宮城県柴田郡大河原町金ケ瀬~柴田町船岡土手内
【桜の品種・本数】約1200本(ソメイヨシノ、ヤエザクラ、シロヤマザクラほか)
【例年の人出】約23万人
【トイレ数】4ヶ所
【アクセス(公共交通機関)】JR東北本線大河原駅から徒歩3分
【アクセス(自動車)】東北自動車道白石ICから国道4号を大河原町方面へ車で8km
【駐車場】300台

 

公式サイト (大河原町)

このスポットの詳細を見る

桧木内川堤のソメイヨシノ【秋田県】

桧木内川堤のソメイヨシノ【秋田県】

一段低い河川敷から、約2kmにわたる桜並木を一望

ゆったりと流れる桧木内川沿い約2kmにわたって川の左岸に見事なソメイヨシノの並木が連なる。1934(昭和9)年に第125代天皇の御誕生のお祝いに町民により植えられたもので、国の名勝にも指定されている。のびのびと枝を広げる大木が多く、満開時には花のトンネルにふさわしい光景となる。

 

【2020年の見頃】4月中旬~5月上旬

 

【所在地】秋田県仙北市角館町 桧木内川堤
【桜の品種・本数】約400本(ソメイヨシノ)
【例年の人出】約140万人
【トイレ数】14ヶ所(うち仮設9ヶ所)(予定)
【アクセス(公共交通機関)】JR秋田新幹線角館駅から徒歩20分
【アクセス(自動車)】秋田自動車道大曲ICから国道105号を角館方面へ車で25km
【駐車場】1300台(1日500円)

公式サイト (仙北市)

日中線しだれ桜並木【福島県】

日中線しだれ桜並木【福島県】

約3kmの遊歩道を覆う、華麗なシダレザクラのトンネル

1984(昭和59)年に廃止された旧国鉄日中線の跡地を利用した遊歩道(サイクリングロード)沿いの桜並木。喜多方駅前から松山町村松までの約3kmにわたりシダレザクラが連なり、見事な桜並木となっている。遊歩道の途中に当時運行していたSLの展示があり、シダレザクラが華やさを添える。

 

【2020年の見頃】4月中旬~下旬

 

【所在地】福島県喜多方市押切東・松山町村松
【桜の品種・本数】約1000本(シダレザクラ)
【トイレ数】1ヶ所(ほかに仮設4ヶ所)
【アクセス(公共交通機関)】JR磐越西線喜多方駅からすぐ
【駐車場】専用駐車場なし、臨時駐車場を利用

公式サイト (喜多方観光物産協会)

このスポットの詳細を見る

筆者:まっぷるトラベルガイド

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  > 
×