トップ > 国内 > 

嚴島神社(広島県)

嚴島神社(広島県)

平清盛の美意識が生み出した壮麗な神社

推古天皇元(593)年に佐伯鞍職により創建され、仁安3(1168)年に平清盛によって、現在の姿に改められたと伝わる。荘厳華麗な建築美と、目の前に広がる瀬戸内海、そして背後にそびえる弥山の自然美が融合した神秘的な社殿は、世界中の人々を魅了している。その比類ない景観美が認められ、平成8(1996)年、世界文化遺産に登録された。

【参拝時間】6:30~18:00(閉門、時期により異なる)
【料金】
神社 大人300円、高校生200円、小・中学生100円
神社・宝物館共通 大人500円、高校生300円、小・中学生150円
厄祓い3500円、5000円、7000円、1万円
※初穂料3500円での祈祷は1月末~2月末まで

【住所】広島県廿日市市宮島町1-1
【アクセス】宮島桟橋から徒歩15分

このスポットの詳細を見る

薬王寺(徳島県)

薬王寺(徳島県)

厄除けで有名な寺

四国霊場第23番札所。厄除けの祈願寺として弘法大師空海が弘仁6(815)年に本尊を刻んだ。境内には33段の女厄坂と42段の男厄坂、61段の男女厄坂がある。

【参拝時間】境内自由、瑜祇塔は8:00~16:30
【料金】瑜祇塔拝観料:大人100円、小学生50円
1回祈祷3000円、3日間祈祷5000円、1か月祈祷1万円、6か月祈祷2万円、1年祈祷3万円、特別護摩供5万円~大般若・大護摩祈祷20万円

【住所】徳島県美波町奥河内寺前285-1
【アクセス】JR牟岐線日和佐駅から徒歩10分

このスポットの詳細を見る

郷照寺(香川県)

郷照寺(香川県)

真言宗、時宗をともに信仰する

宇多津町を見渡す青野山のふもとに位置する。行基が開創したのちに弘法大師や一遍が訪れ、真言・念仏の流派が伝わる。弘仁6(815)年、弘法大使が42歳の頃、この地を訪れ、自作のご尊像を刻み厄除けの誓願をしたことから「厄除うたづ大師 郷照寺」として信仰を集めている。

【参拝時間】8:00~17:00
【料金】拝観料無料、普通祈祷5000円~、特別大護摩祈祷1万円

【住所】香川県宇多津町1435
【アクセス】JR予讃線宇多津駅から徒歩20分

このスポットの詳細を見る

 

太宰府天満宮(福岡県)

太宰府天満宮(福岡県)

合格、開運、カップル円満を願って

平安時代に学者、政治家、詩人と多方面で活躍した菅原道真を祀る。左大臣の藤原時平の陰謀により、大宰府に左遷された道真は、延喜3(903)年に59歳で死去。その亡骸を運ぶ牛車の牛が、この場所に伏して動かなくなり、祠を建てたのが起源といわれる。学業祈願に加え、厄除けや家内安全祈願にご利益がある。境内では道真ゆかりの飛梅のほかに、6000本の梅、大樟、花菖蒲など四季を通して美しい景観を楽しむことができる。

【参拝時間】6:00~19:30(閉門、時期により異なる)
【料金】見学料(宝物殿)400円、初穂料5000円
幸せおまもり1000円、梅守り(健康・長寿)1500円、航空安全御守700円

【住所】福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
【アクセス】西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分

このスポットの詳細を見る

高良大社(福岡県)

高良大社(福岡県)

社殿は九州最大級で、厄除け、延命長寿で篤い信仰がある

筑後一の宮で、式内名神大社の正一位として古代より地域筆頭の格式を誇り、厄除け、延命長寿で篤い信仰がある。社殿は九州最大級と伝え、重要文化財に指定されている。

【参拝時間】境内自由、透塀内での参拝は5:00~19:00(閉門)
冬期は6:00~18:00(閉門)
祈願受付は9:00~16:00
【料金】拝観料無料、初穂料5000円~

【住所】福岡県久留米市御井町1
【アクセス】西鉄天神大牟田線西鉄久留米駅から西鉄バス御井町経由信愛女学院行きで15分、御井町下車、タクシーで7分

このスポットの詳細を見る

まだまだあります、全国の厄除けスポット

以下のボタンから、お近くの厄除けスポットが探せます。

 

 

※掲載の内容は調査・取材時点の情報です。情報は変更される場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

1 2 3 4

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください