>  > 

【激ウマ!パンのお供】カルディの「ぬって焼いたらカレーパン」~商品名どおり塗って焼いたら本当にカレーパンに!

store

更新日:2021年5月6日

この記事をシェアしよう!

【激ウマ!パンのお供】カルディの「ぬって焼いたらカレーパン」~商品名どおり塗って焼いたら本当にカレーパンに!

いつものように、こんがりトーストしたパンにバターやジャムをぬって食べるのもいいけれど、ちょっとのせたり、はさんだりするだけで、劇的に美味しくなる「パンのお供」はいかがですか?
手間いらずなのに、美味しいだけでなく、きれいにお皿に盛り付ければ、もう立派な料理の一品です。
家での食事が増えている昨今、「パンのお供」を取り入れるだけで、毎日の食生活に変化がでますよ。

サクサク食感も見事に再現

サクサク食感も見事に再現

SNSやメディアで話題になっているカルディの「ぬって焼いたらカレーパン」。

旅先や話題のパン屋さんに行くたびに買っては食べ比べするほど、カレーパンが好きでして、食パンがカレーパンになるなん、夢のよう!と意気揚々と試してみました。

ホイップ状のクリームをトーストに塗ってからトースターで温めること数分。
スパイシーなカレー味はもちろん、あのカレーパン特有のカリカリサクサク食感まで再現できて感動ものです。
揚げずにこのサクサク食感になった秘密は乾燥マッシュポテトやフライドオニオンが配合されているのがサクサク食感の秘訣だそう。

たった数分、自宅で気軽にカレーパン作れるだなんて開発してくれた人に感謝を伝えたい、そんなレベルです。

 

おすすめアレンジ!
とろけるチーズとも相性バツグン

カレーといえばチーズ。ということで、クリームを塗ってカレーパン化したトーストにとろけるチーズをプラスして再度トースターへ。
まろやかさと旨味が加わってグンと美味しくなりました。さらに目玉焼きをのせてみたり、サンドイッチにすれば、週末のブランチに格上げすること間違いなし。

じゃがいもやブロッコリーなどの野菜や魚、コロッケやグラタンなどにもぬって焼いたら、即サクサク食感のカレー料理に変身! そんなアレンジも楽しいですね。

筆者
store

大阪、神戸、京都、和歌山などの関西の街ものを中心に、プリンや抹茶などのスイーツネタ、ペットのおでかけ情報など、幅広い情報をお届けいたします♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください