フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

全国の文化、歴史、地理に関する記事

1〜20件を表示 / 全 568件

猪苗代湖の歴史と会津の地形の成り立ち~湖畔からウニ化石が!?~

急峻な山々のあいだにぽっかりと開いた会津盆地。 満々と水をたたえる福島県のシンボル・猪苗代湖。 これらの地形がつくられた過程を追います。...

磐梯山の大噴火と裏磐梯・五色沼湖沼群の形成

会津を代表する火山・磐梯山。 かつて山体崩壊を起こし多数の犠牲者も出た噴火の歴史、美しい裏磐梯・五色沼湖沼群ができたわけを見てみましょう。...

常磐炭田が築いた福島発展の礎!福島県南の沿岸部で大炭田を開発

阿武隈山地の東縁に、南北約95㎞にわたって広がる常磐炭田。 江戸時代に発見され、福島県の発展に寄与した炭鉱の地質、その歴史に迫ります。...

福島盆地はどうやってできた?~県都・福島市がぽっかり入る盆地

奥羽山脈と阿武隈山地のあいだにある凹地、福島盆地はどのようにしてできたのでしょうか。 それには隆起と沈降という相反する地殻運動が関係していました。...

フタバスズキリュウの発見と学名決定までの道のり

1968(昭和43)年、いわき市で日本初の首長竜全身骨格化石が発見されました。 その名もフタバスズキリュウ。 発見と学名決定までの道のりを紹介します。...

福島県の地形を浜通り・中通り・会津の3地域で解説!阿武隈山地や奥羽山脈が境目に

福島には比較的なだらかな太平洋沿岸部や阿武隈川(あぶくまがわ)の低地があるいっぽう、奥羽山脈(おううさんみゃく)や会津など起伏の大きい地形も発達しています。 3エリアを概説しましょう。...

宮城県の観光データ~観光客入込数は仙台がトップ!各温泉地も人気-データでわかる全35市町村-

宮城県への観光客入込数は、見どころやイベントが集中する仙台がトップ。 日帰りできる隣接県から訪れる人が多いようです。 冬には県内各地の温泉やスキー場がにぎわいます。...

宮城県で廃線となった鉄道から見る交通の移り変わり

明治時代から始まった鉄道の普及は、人々の生活を大きく変え、暮らしや産業を支えてきました。 かつて、宮城にどんな鉄道が走っていたのか見てみましょう。...

宮城電気鉄道は日本初の地下路線があった仙石線の前身!東京メトロ銀座線より古かった!?

仙台地下のトンネルを通り石巻へ向かう仙石線。 この路線はかつて地上を走っており、そのまた昔は地下を走っていました。 仙石線の変遷をたどってみましょう。...

東北新幹線の開業と線路が仙台駅の前後で不自然に蛇行する理由

夢の超特急、新幹線が宮城にやってくるといいます。 そこで発生した問題とは一体何でしょうか。 仙台駅の前後でぐねりと曲がった東北新幹線の軌道がヒントです。...

宮城県内初の鉄道敷設で起こった駅の立地をめぐるゴタゴタとは?

宮城初の鉄道は、上野から出発する東北本線でした。 東北本線が開通するまでにはさまざまな問題が発生しましたが、その中には仙台駅に関するものもありました。...

野蒜港計画とともに消えた幻の巨大運河ネットワーク構想

明治時代、野蒜に近代的な港の建設が計画されました。 江戸時代から進められていた運河の建設と組み合わせ、巨大な水上交通網ができるはずでした。...

石巻の歴史~かつて北上川流域の米が集まる湊として仙台藩の経済の中心地だった!~

政宗の命によって河川改修と新田開発が進められた北上川流域。 その生産物は舟で石巻湊に集められました。 この奥州随一の湊は、どんな様子だったのでしょうか。...

河村瑞賢が開発した東廻航路で一気に活発化した阿武隈川の舟運

江戸に大量の米を運ぶため、水上交通路の整備が幕府の喫緊の課題となりました。 旗振り役を任された江戸商人・河村瑞賢がとった手だてとは。...

二口街道、笹谷街道など険しい奥羽山脈を越えて宮城と山形を結んだ道の歴史

宮城と山形の間には、山を越える新旧さまざまな道があります。 道を往来するのは人だけではありません。 多くの物や文化が道を通して運ばれてきました。...

奥州街道とその繁栄を支えた宿場の光と影

江戸時代、数多の人が行き来した奥州街道。 仙台城下町の建設と合わせて、旧来の道を再整備して成立しました。 沿道はどんな様子だったのでしょうか。...

宮城県の産業の特色と各種ランキング-データでわかる全35市町村-

宮城県は、伊達氏によって栄えた仙台市は商業がメインで、県内全体では農業や漁業も盛んです。 各種産業データランキングから宮城県の今を見てみましょう。...

三陸では地震が江戸時代から多発!大津波で犠牲になる人も多かった

江戸時代から現在まで、三陸地域では大きな地震が多発し、それとともに津波が押し寄せて大きな被害を出しています。 東日本大震災は特別なものではなかったのです。...

宮城の戦争被害と軍事施設~陸軍や飛行場などの設置で軍都としても栄えた~

仙台には明治時代から陸軍歩兵師団が置かれ、前線へ将兵が送られました。 軍関連施設が多かったため、太平洋戦争末期には空爆の対象となって被災しています。...

伊達家臣団は領地を失い北海道へ移住した!?

戊辰戦争を主導した家臣は切腹や領地没収の沙汰を受け、残った家臣団は帰農して生き残りを図りました。 館主や執政だった有力家臣の一部は北海道へと移住しました。...