トップ > 国内 > 

おすすめのベイトロッド6選!ブラックバス釣り初心者必見!

この記事をシェアしよう!

おすすめのベイトロッド6選!ブラックバス釣り初心者必見!

今回著者がおすすめするブラックバス釣りの道具は、ベイトリール用のロッド「ベイトロッド」。

長年、いろいろな道具を試し、使ってきた経験をもとに「これからブラックバス釣りをはじめる」という方に、最初に買うべき道具を紹介していきます!

ブラックバス釣りのロッドには主に2種類のロッドが存在します。
自分が使用するリールに合わせてロッドを選びましょう。

ベイトリールとスピニングリール用の両方のロッドを揃えると使えるルアーの幅が広がりますが、どちらか一つということならば「ベイトリール用のロッド」がおすすめです。

今回はベイトリール用のロッド「ベイトロッド」について、数あるロッドの中でも初心者の方におすすめのモデルを紹介します。

ベイトリール用ロッドとスピニングリール用のロッドについて知ろう

ベイトリール用ロッドとスピニングリール用のロッドについて知ろう
扱いが簡単なのはスピニングロッド(右)だが、おすすめはベイトロッド(左)

バス釣りのロッドには主に2種類のロッドが存在します。自分が使用するリールに合わせてロッドを選びましょう。

ベイトリールとスピニングリールの両方を揃えると使えるルアーの幅が広がりますが、どちらか一つということならば「ベイトリール用」がおすすめ。

スピニングリールの方が扱いは簡単ですが、ベイトリールに比べ使用できるルアーが限定されてしまいます。幅広いルアーを使用できるという点を重視して選ぶならベイトリール用のロッドを使用すると良いでしょう。。

ブラックバス釣りにおすすめのベイトロッド6選

初心者の方が最初の1本として選ぶロッドは、幅広く万能的に使えるバーサタイルと呼ばれるロッドがおすすめです。ロッド選びのポイントは投げやすさと操作性。偏りのないロッドを選ぶことで幅広いルアーを使うことができます。

以下の「弾性率」、「硬さ」、「長さ」を参考に選ぶと良いでしょう。

弾性率
よく耳にする弾性率ですが、おすすめは高弾性より中弾性の弾性率の低いロッド。弾性率が低いロッドは、ルアーの重さを乗せやすく、よく曲がるのでキャストがうまくできます。また弾性率が低いことでのデメリットは感度の鈍さと言われていますが、そこまで気にする必要はありません。

硬さ
竿の硬さはアルファベットで表記されていることが多く、柔らかいULからL、ML、M、MH、H、XHという順番で硬くなります。とても柔らかいものがUL、逆にとても硬いものがXH。

柔らかい竿は軽いルアーを投げるのに適していて、硬い竿は重いルアーを投げるのに適しています。初心者の方は、使えるルアーの幅が広いMLからMがおすすめ

長さ
竿の長さはft(フィート)とin(インチ)で表記されていることが多いです。バスロッドの中では短めの部類に入りますが、6ftくらいのロッドが扱いやすいのでおすすめ。短い竿の方が投げやすく、ルアーの操作もしやすいといったメリットがありますよ。

それではここからは、ブラックバス釣りにおすすめのベイトロッドを6種ご紹介します!

おすすめのベイトロッド1.シマノの「バスワン XT 162ML2」

おすすめのベイトロッド1.シマノの「バスワン XT 162ML2」
画像:Amazon

最初の一本に最適なロッドです。

入門ロッドとして長年の信頼と実績があるだけでなく、最大手ブランドであるシマノの性能を存分に搭載しているコストパフォーマンスに優れたモデル。

低価格帯のロッドは重いと言われますが、近年の製造技術の進歩により驚くほど軽量に仕上がっています。

おすすめのベイトロッド2.シマノの「20ゾディアス 1610M」

おすすめのベイトロッド2.シマノの「20ゾディアス 1610M」
画像:Amazon

バスワン XT 162ML2と同じくシマノのエントリーモデルにカテゴライズされるのが20ゾディアス 1610M。バスワン XT 162ML2に比べると価格帯はやや中位機種に近いモデルになり、リールシートやグリップにはハイエンドモデルと同様の技術を搭載。

シマノの最新技術を実装しており、コストパフォーマンスに優れたロッドです。

おすすめのベイトロッド3.シマノの「スコーピオン 1581F-2」

おすすめのベイトロッド3.シマノの「スコーピオン 1581F-2」
画像:楽天市場

中位機種でおすすめはスコーピオン 1581F-2。強度や剛性に優れたロッドなので破損するリスクが少なく初心者にもおすすめです。

太い糸を使用することを想定した大きなガイドも特徴。初心者は細い糸よりも太い糸を使用することでラインブレイクなどのトラブルを軽減できます。

また、シマノの最高峰ロッド「ワールドシャウラ」と同系統のロッドというところもポイントです。

おすすめのベイトロッド4.ダイワの「ブレイゾン C66ML-2」

おすすめのベイトロッド4.ダイワの「ブレイゾン C66ML-2」
画像:Amazon

シマノと同じく最大手メーカーとして実績と信頼があるダイワ。

ブレイゾン C66ML-2は軽いルアーから中型のルアーにかけてオールラウンドに使うことができる万能ロッドです。各所にダイワの技術が搭載されており、初心者からベテランまで満足のいく仕上がり。

エントリーモデルにカテゴライズされているので低価格なのもポイントです。

おすすめのベイトロッド5.ダイワの「リベリオン 631MRB」

おすすめのベイトロッド5.ダイワの「リベリオン 631MRB」
画像:楽天市場

ダイワの最新技術を詰め込んだバーサタイルロッドがリベリオン 631MRB。

エントリーモデルに比べるとやや高価格帯に属しますが、ダイワ独自の技術で操作性を向上しており、軽量化もされているので長時間の釣行にもおすすめできるモデルです。

オレンジの刻印が目立つダイワ独特のデザインが特徴的です。

おすすめのベイトロッド6.テイルウォークの「フルレンジ C58M」

おすすめのベイトロッド6.テイルウォークの「フルレンジ C58M」
画像:Amazon

テイルウォークも昔からある老舗の国内メーカーの1つです。

フルレンジ C58Mは、投げやすく操作しやすい5フィート8インチという長さが特徴。軽量に特化したモデルではありませんがロッドウェイトのバランスが良く実際の自重より軽く感じます。

短くバランスが良いロッドなので、ストレスなく竿を操作できるのでおすすめ。

快適なロッドでブラックバス釣りに行きましょう!

快適なロッドでブラックバス釣りに行きましょう!

ブラックバス釣りにおすすめのベイトロッドはいかがだったでしょうか?

今回は初心者の方におすすめのロッドを紹介しました。最初の1本は扱いやすく、幅広い重さのルアーに対応できるロッドを選ぶと良いですよ。

大手メーカーのロッドであれば7,000~30,000円くらいが失敗しない価格帯になります。また、エントリーモデルでも大手メーカーのモデルは独自の技術を搭載しているので、快適に使用することができますよ!

旅行、デジタルガジェット、釣りが趣味のノマドワーカー、ドローン講師。各地の観光情報、空撮や360度カメラなどを活用した美しい映像を発信していきたいです。最近は造園業も始めました。

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください