トップ > 国内 > 

マザーズバッグのおすすめブランド10選!おしゃれで人気アイテムを紹介 画像:123RF

ブラックフィッシュ

更新日:2021年8月24日

この記事をシェアしよう!

マザーズバッグのおすすめブランド10選!おしゃれで人気アイテムを紹介

ママの必需品・マザーズバッグ。みなさんはどのようなバッグを持っていますか?
出産前の生活と違い、子どもが生まれると荷物が増えて今までのバッグが使えなくなることも。

今回は初めて買う人や、既に持っていて買い替えたい人におすすめする10つのマザーズバッグのブランドをご紹介。
使いやすさはもちろん、持って気分があがる見た目にもこだわった商品をセレクトしました!

「使いやすくておしゃれなバッグ!」
ひと言でいうととても簡単なのに、そもそもどのようなバッグが使いやすいのかわからないし、こだわりがありすぎても理想のバッグ選びは難しいです。

子どもの年齢や生活スタイルによって、使いやすいバッグのタイプは異なるので、まずは選ぶポイントをチェックしてみてくださいね!

マザーズバッグってどんなバッグ?

その名のとおり、ママが持つバッグを「マザーズバッグ」と呼びます。

赤ちゃんが産まれるとちょっとしたお出かけにも、おむつやミルクなどを持って行きますし、念のため着替えやおもちゃ…と準備をすると荷物がたくさん!

例えば、0歳の赤ちゃんを連れて2~3時間近くで外出するとしたら…

・おむつ3枚、おしりふき
・哺乳瓶やお湯の入ったボトルなど調乳グッズ一式
・ガーゼ
・スタイ
・ハンドタオル
・ごみ袋
・オモチャ

出産前はとりあえずお財布とスマホを持っておけばオッケー!と思っていた頃からは、想像できない荷物の量になります。リストを見てわかるように、荷物が入る大きめバッグがマザーズバッグの定番となっています。

「マザーズバッグ」として機能性の高いデザインで作られたものもありますし、既に持っている使い勝手の良いバッグをそのまま使ってもマザーズバッグになります。

それでは、そんなバッグが使いやすいのでしょうか。選ぶポイントを見ていきましょう!

マザーズバッグ選びのポイント8つ

①大きさ・収納力
とくに0歳児は、おむつはもちろん、ミルク育ちなら調乳グッズ一式など荷物が多くなるため、収納力は肝心。

しかし、大きすぎると電車やスーパーなど混雑する場所で移動しにくくなるため、生活スタイルにあったちょうどいいサイズを選ぶようにしましょう。また口が大きく開くバッグは、荷物が取り出しやすく見つけやすいですよ。

②機能性
バックの中に仕切りがあったり外にポケットが付いていたりすると、荷物が整理ができてごちゃごちゃしません。とくに抗菌・除菌グッズやスマホなど、すぐに取り出したいものを、探さずにぱっと出せるのが便利。

またトートバッグやリュックとしても使える2WAYタイプなども、両タイプのメリットを兼ね備えているため魅力的なデザインです。

③汚れにくい素材・色
子どもと公園に行ったり水遊びしたりと、お出かけが増える2歳以降では撥水加工があるものが活躍。雨が降ってしまっても中身が濡れないのも安心です。

色は汚れが目立ちにくい黒が圧倒的に人気。丸洗いできるバッグもおすすめです。

④頑丈
重い荷物に耐えられて、長持ちするかも大切です。持ち手がバッグ本体に縫い付けられているものは体重性があり、撥水加工のあるナイロン製の素材や、生地に厚みのあるキャンバス生地は強度が高く破れにくいです。

⑤軽い
子どもを抱っこしながら重い荷物を持つことを考えると、バッグ自体が軽いのも大切なポイント。

ナイロン素材は軽量かつ頑丈で、シンプルなデザインのものから、キルティング加工したふわふわと柔らかい素材のものまであります。持ち手が太いと肩に食い込まず、負担が軽減されます。

⑥おしゃれ
使いやすさも大切ですが、日ごろ身につけるものだからこそデザインにもこだわりたいところ。最近はママモデルがプロデュースしたおしゃれなものや、海外&ハイブランドが手掛けるマザーズバッグなどもあります。

好きなブランドからマザーズバッグの商品展開があるか調べてみましょう。また、マザーズバッグと称してなくても、気に入ったデザインかつ大容量で頑丈なら使ってもあり!

⑦パパ兼用のユニセックスデザイン
パパも使えるように、シンプルなデザインのものを選ぶママも。カジュアルな印象を与えるキャンバス地のトートバッグは普段使いにぴったり。

リュックはアウトドアブランドや、シンプルなものにしたいなら吉田カバンのようなビジネスバッグを展開しているブランドのカジュアルリュックが使いやすいです。

⑧生活スタイルに合ったタイプ・デザイン
ポイント①~⑦をすべて満たしていなくても、重視したい選ぶ基準は人それぞれです。移動手段は車・自転車・電車か、抱っこ紐を使うかベビーカーを押すかなど、生活によって使いやすいバッグの種類は変わってきます。

続いては、具体的にマザーズバッグのタイプを見ていきます!

マザーズバッグは3タイプある!

マザーズバッグは、トートバッグ、リュック、ショルダーバッグの3タイプがメイン。

子どもの年齢や、生活スタイル、外出先によって使いやすさが変わります。

■トートバッグ
もっとも収納力のある、マザーズバッグの定番。荷物の多い0歳児のママからとくに人気です。

荷物の出し入れがしやすく、中身が見えやすい、ベビーカーにもかけられるため使い勝手がいいです。種類も豊富なので、カジュアルな普段使い用やデザイン性のあるお出かけ用などシーンによって使い分けも。まずはひとつ持っていていると便利です。

デメリットとしては、肩への負担が大きいことや、抱っこ紐をするとバッグがずり落ちやすい、などが挙げられます。

■リュック
荷物をたくさん詰めても肩への負担が少ないリュックタイプ。両手が空くのが、最大のメリットです。0歳から使うママも多く、リュック×抱っこ紐を重ねて着けることもできます。

とくに身動きがしやすいため、子どもが活発に動き回るようになる2歳以降から活躍します。歩いての長距離の移動にも楽です。

デメリットとしては、荷物を取り出すときに毎回リュックをおろす必要があることと、抱っこ紐との重ね着けで肩への負担がかかることです。

■ショルダーバッグ(複合型)
持ち手や肩紐がついていて、2WAY・3WAYになるタイプが多いのが、ショルダーバッグ。

ときにはトート、リュックとしてシーンによって持ち方を変えられるので、荷物が取りやすかったり、両手が空いたりと、それぞれのいいとこどりの機能を備えています。そのため、子どもの成長に合わせてタイプを変えれば、長く使い続けられます。

デメリットとしては、抱っこ紐と合わせて使いにくい、商品バリエーションが少ない、片方の肩に負担がかかる点です。

使いやすい&おしゃれ!迷ったらコレ「人気のマザーズバッグ」4選

agnes b.(アニエスベー)

agnes b.(アニエスベー)
画像:楽天市場

1975年にフランスで生まれたファッションブランド。
スタイリッシュでベーシック、普段使いできるカジュアルさがありながら「きちんと感」もキープできるアイテムがそろいます。

キッズ&ベビー向けの「agnes b. ENFANT」のライン展開があり、アニエスベー自身の子育て経験をもとに作られた、使いやすいマザーズグッズやベビー商品が豊富。子どもとリンクコーデもできますよ。

①GL11 E BAG マザーズバッグ

画像:楽天市場

画像:楽天市場

使いやすさを追及された、リュック&トートになる2WAY。16ℓと大容量で、お財布などの貴重品が入る背面のジップや、バッグの中の5つのポケットほか、外にはドリンクポケットなど収納が豊富。ベビーカーに付けられるストラップ&おむつ替えシート付きです。

②GK99 マザーズバッグ

画像:楽天市場

画像:楽天市場

ストラップを付ければショルダーバッグにもなる2WAY仕様のトートバッグ。容量20ℓとたっぷり入る収納力がありながら、パーツを軽量化することでバッグ自体も軽くしたとママにうれしい設計です。

ものを出し入れしやすい広い開口部と、片手でもバッグを開け閉めできる磁石が入ったフラップタイプ。付属のバッグインバッグは、収納を手助けしてくれます。おむつ替えマット付き。

③QAS20-02トートバッグ

画像:Yahoo!ショッピング

画像:Yahoo!ショッピング

手持ちの部分にレザーを使うことで、カジュアルなキャンバス生地のトートバッグをワンランクアップさせてくれるアイテムです。

広めの開口部は自然な落ち感が出るように、あえてファスナーをつけていない作り。サイズはSMの2タイプで、Mサイズは肩にかけられる持ち手の長さがあります。

LONGCHAMP(ロンシャン)

LONGCHAMP(ロンシャン)
画像:楽天市場

1948年にパリで創業した、フランスの革製品を扱うラグジュアリーブランド。

シンプルで洗練された「ル プリアージュ®」は、ロンシャンの代表作です。レザーとナイロンを組み合わせたデザインは、「手の届くラグジュアリー」として日本でも人気です。

①ル プリアージュ®

画像:楽天市場

画像:楽天市場

量で折り紙のようにコンパクトに発色の良いナイロン素材を使ったトートバッグ。ファッションのアクセントにもなる赤や青など、豊富なカラーバリエーションをそろえています。

超軽量で折り紙のようにコンパクトに折りたたんで持ち運びができるのが最大の特徴。頑丈で雨にも強く、容量も十分あります。

anello(アネロ)

anello(アネロ)
画像:Yaoo!ショッピング

2005年創業の日本のバッグブランド人気の金口リュックをはじめ、トートバッグやショルダーバッグなど商品や色のバリエーションを豊富にそろえています。

やさしい風合いのバッグは男女ともに使えるユニセックス。コストパフォーマンスの良さも支持される理由です。

①金口リュック

画像:Yahoo!ショッピング

画像:Yahoo!ショッピング

数ある商品のなかでも、ママから圧倒的に人気なのが金口リュックです。開け口には金具が入っており、開けるとガバっと大きく開いてそのままキープしてくれるので、中身が見えやすく荷物の出し入れがスムーズ。

マザーズバッグに便利な7ポケット仕様で、容量はたっぷり入る18ℓあります。色・素材のバリエーション豊富。

②AT-B2022トートバッグ

画像:楽天市場

画像:楽天市場

A4サイズが縦にも横にもすっぽり入るトートバッグ。シンプルなデザインでありながら、バッグの内外に10つもポケットを備えていて使い勝手の良さが魅力。

なデザインです。マチつきの大きストラップに繋がったミニポーチ付きで、すぐに取り出したい小物をいれるのにぴったり。大容量なのに約400g軽量なのもうれしいポイントです。

Balenciaga(バレンシアガ)

Balenciaga(バレンシアガ)
画像:楽天市場

スペイン発のラグジュアリーファッションブランド・バレンシアガ。かつてはクリスチャン・ディオールと肩を並べるモード系のブランドとして一世を風靡し、時代とともにトレンドを取り入れながら近年ではラグジュアリーストリートファッションとして人気を集めています。

①トートバッグ

画像:楽天市場

柔らかくほどよい厚みのコットンキャンバスを使ったトートバッグ。カジュアルだけどきれいな印象を与えるシンプルなデザイン。マチつきの大きいサイズで、開口部の広さとストラップ付きポーチが、使い勝手の良さを叶えます。

②リュック

画像:楽天市場

画像:楽天市場

大胆なブランドロゴが目を引くリュック。メインの収納口にはスリーブポケットを備え、大まかな荷物の整理ができます。ベーシックなフォルムと落ち着きのあるトーンで、パパとも兼用して日常使いしやすいアイテム。

育児もファッションも両立「おしゃれなマザーズバッグ」3選

YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE(ヤング&オルセン ザ ドライグッズストア)

YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE(ヤング&オルセン ザ ドライグッズストア)
画像:楽天市場

2015年にSUN/kakkeのデザイナーである尾崎雄飛氏オープンした日本のファッションブランド。「ヤング氏とオルセンさんという若い男女が切り盛りする、世界のどこかにあるらしい小さなお店」というコンセプトのブランドです。

高いデザイン性やこだわりの詰まったアイテムに、ファッションマニアも虜にする魅力があります。有名セレクトショップでの取り扱いや別注コラボ商品も人気。

②キャンバストート

画像:楽天市場

どんなコーデにも合うシンプルなデザインでありながら、いつものファッションにこなれ感を演出してくれるアイテムです。マチ付きのゆったりとしたデザインで、収納力もばっちり。イエロー・シルバー・ベージュのSHIPSanyの別注カラーもかわいい!

②EMBOSSED LEATHER HAVERSAC

画像:楽天市場

画像:楽天市場

肌馴染みの良い上質なレザーバッグは、使うほどに味わいが出て長く愛用できるアイテム。飽きのこないシンプルなデザインで、取り外しのできるストラップ付きです。

容量はほかのマザーズバッグに比べて多くないものの、500mlのペットボトルがすっぽり入る大きさ。肩にかけるストラップは肩に負担がかかりにくい太めなのもうれしいポイント。2歳以降の子どもをもつママにおすすめです。

RODE SKO(ロデスコ)

RODE SKO(ロデスコ)
画像:楽天市場

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)が2014年にスタートした、バッグや靴をメインに扱うブランド。大人カジュアルを叶えるブランドとして、20~40代の女性に人気です。ファッション誌などでも度々紹介され、コーディネートしやすいデザインがそろいます。

①エコレザートートバッグ

画像:楽天市場

画像:楽天市場

柔らかなエコレザーを使ったトートバッグ。持ち手は肩掛けできるタイプで、使っていて心地よい肌馴染みの良さは日常使いするのにぴったり。

角を中に織り込むと丸みのあるやさしい印象に。主張しすぎない色合いは、カジュアルやフェミニンなどコーデにもマッチします。

②洗えるエコレザートートバッグ

画像:楽天市場

画像:楽天市場

4Aサイズがすっぽり入る、エコレザートートバック。自宅で手洗いすることができ、汚れてしまっても洗えばいつも清潔に使い続けられます。

取り外し可能なかわいいカラーポーチ付きで、小物入れになることはもちろん、なんとバッグを折りたたんでポーチに収納することも。軽量かつ、バッグ内にもポケットがあり機能性抜群です。

SOLPRESA(ソルプレーサ)

SOLPRESA(ソルプレーサ)
画像:楽天市場

ブランド名はスペイン語で「太陽」と「驚き」をイメージした言葉。新しい発想を加え今まであったものを新鮮で斬新なデザインにし、喜びや驚きを感じさせることをテーマにしています。

日本のファッションブランドで、オン&オフでも使えるおしゃれなマザーズバッグや多機能バッグを多く展開。

①キャンバストートバッグ(L)

画像:楽天市場

画像:楽天市場

オン&オフでも使えるよう、ベーシック&シンプルにこだわったトートバッグ。デザインのアクセントでもある、エコレザーのサイドポケットはファスナー付きで、スマートフォンなどよく使うアイテムを入れられるサイズ。

持ち手の長さは調整可能で、肩に掛けるときは長く、ベビーカーに掛けるときは短くできます。

②洗えるキルティングトートバッグ

画像:Yahoo!ショッピング

画像:Yahoo!ショッピング

キルティングのステッチがポイントの軽量なトートバッグ。サイドポケットは4Aサイズが入る大きさのものと、すぐに取り出したい貴重品が入るファスナー付きの二段仕様と大容量。

両サイドの紐を絞れは絞ってサイズを小さくすることもできます。手洗いもできるものうれしいです。

ママを助けるハイスペックさに感動!「機能性重視派のマザーズバッグ」3選

ROOTOTO(ルート―ト)

ROOTOTO(ルート―ト)

2001年創業の日本生まれのトートバッグ専門店。バッグ専門店ならではの、安心感のある頑丈なつくりと使いやすさ、サイズやデザインなど豊富なバリエーションが魅力。

なかでも、マザーズバッグラインの「マミールー」は、機能性の高さから多くのママに支持されています。百貨店などでも目にするメジャーなブランドです。

①マミールー ミレア

楽天市場

画像:楽天市場

ママから意見を集めて、使いやすさを追求したトートバッグ。トート・リュック・ショルダーの3WAY仕様で、さらにベビーカーにも掛けられる優れもの。

大小11つある豊富なポケットには、使用済みのおむつを入れられる「抗菌防臭機能付きポケット」も備えています。開口部が大きく自立するので、片手で荷物を探しやすい!

② マミールー ベーシック プレミアム

画像:楽天市場

画像:楽天市場

パパも使えるシンプルなデザインの高機能トートバッグ。軽くて丈夫なキルティング生地で、使いやすい10個のポケットが付いた収納力。取り外しできるショルダーベルト付きという、うれしい2WAY仕様。

Lサイズのおむつが3~4枚入るおむつポーチにもショルダーベルトを付ければ、ミニポーチとしても使えます。

Lassig(レッシグ)

Lassig(レッシグ)
画像:Yaoo!ショッピング

2007年にドイツでマザーズバッグブランドとして誕生して以来、ヨーロッパでおしゃれに敏感なママから高い人気を誇るブランド。

ファッション性がありながら多機能、そして生地から金具まで有害な物質を使っていない、赤ちゃんにも地球にもやさしいエシカルなアイテムをそろえています。

①グリーン・ロールトップバックパック

画像:Yahoo!ショッピング

画像:Yahoo!ショッピング

38本のペットボトルをリサイクルしてできた、ポリエステル生地の軽量リュック。くるくると巻いて閉じる開口部は、トップの位置を変えることで、17.5~21.8ℓまで容量調整が可能。

奥にある荷物を取り出せるように、ジップが下まで開くことができ、さらに裏地には明るい色を使い探しやすい工夫も施されています。

②グラムマリートート

画像:Yahoo!ショッピング

画像:Yahoo!ショッピング

マザーズバッグとは思えない、エレガントでモダンなトートバッグ。A4サイズが入る大きなバッグの内側には、小物が入るポケットのほか哺乳瓶ポケットなど付属品を付けることも。

付属品を取り外せば、仕事用や育児後の普段使いにも長く使えるアイテムです。ショルダーバッグにもなる2WAY仕様。

AJUGA.(アジュガ)

AJUGA.(アジュガ)
画像:楽天市場

モデル・近藤千尋さんが2018年に立ち上げた子ども服ブランド。ママとパパ向けのアイテム展開もあり、「こんな機能があったらうれしい」とアイディアを詰め込んだマザーズバッグが人気。

カジュアルかつベーシックなデザインで、コーディネートのしやすさも魅力です。

①マザーズキャンバス トート[AJUGA. original]

画像:楽天市場

画像:楽天市場

丈夫なキャンバス生地を使ったトートバッグ。発売すると即完売が続いた、大人気商品です。「トートバッグが3つくっついたような」と表現されるように、側面に大きな2つのポケットが付く超大容量サイズ。

サイドにあるホックを使えば、ベビーカーに掛けられるバッグに早変わりします。色は黒、茶、黒生地の3タイプ。

②New マザーズ リュック

画像:楽天市場

画像:楽天市場

一見、一般的なリュックに見えますが、実は中身が2層になる2WAY仕様。ファスナーで上下に仕切りが作れるので、上段と下段で荷物を分けることができます。

下段の荷物は、本体中央にある小ポケットと繋がっていて取り出しも楽々。ほかにも荷物が両サイドのファスナーから出し入れできるなど、あったらうれしい機能が備わっています。

マザーズバッグを持って楽しい育児ライフを!

今回はおすすめのマザーズバッグのブランドを紹介しました。
ところで、マザーズバッグはいつからいつまで使うのでしょうか?

マザーズバッグデビューを果たすのは、初めての外出となる1ヶ月健診のママが多いです。おむつや保険証、おくるみなどを入れるバッグが必要になってくるためです。
その後、年齢に従って荷物は減っていくので、大体5歳くらいまでが目安です。

お気に入りのひと品を大切に使っても、シーンによっていくつか使い分けるのもあり。
生活スタイルに合ったバッグを見つけてくださいね!

マザーズバッグ記事の著者プロフィール

30年以上にわたって国内外を問わず取材をし続け、さまざまなメディアを通じて新鮮な旅の情報を発信している「ブラックフィッシュ」。今回の記事を担当したのは、2016年入社のアラサーママ。

妊娠・出産をきっかけに、幅広い育児本を愛読。文章を書く職業ながら理系出身で、科学的根拠に基づいた育児を実生活に取り入れています。

趣味はジャズダンス、週末は予定を詰め込みひたすら外出!と意外とアクティブ。

国内、海外を問わず、旅行系のメディアを制作するチーム。30年近くにわたって、旅行ガイドブックや旅雑誌などを制作し続けています。とくに箱根や千葉、新潟は、現地での広いネットワークを生かして多彩な情報を発信。各地をじっくりとめぐったからこそ見つけられた、知られざる穴場スポットも続々と発掘していきます。
さらに、それぞれ異なる趣味趣向を持ったメンバーが集まっていますので、多彩なジャンルの記事も手がけていく予定です!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください