トップ > ライフスタイル >  ベビー・キッズ > キッズ用品 >

キッズカメラおすすめ10選 小さな子どものカメラデビュー! 画像:123RF

やまだもなか

更新日:2022年7月29日

この記事をシェアしよう!

キッズカメラおすすめ10選 小さな子どものカメラデビュー!

今回は子どもたちに大人気のキッズカメラをご紹介。

パパやママがスマホやデジカメで気軽に写真を楽しむ姿を見て、子どもから「いっしょに撮りたい!」とせがまれるシーンも多いはず。
子どもも大人と同じように、自分の好きなものを写真に収めてみんなに見せたいという気持ちを持っているものですよね。

操作が簡単で幼児の手にもフィットするキッズカメラから、元気いっぱいの小学生にぴったりの防水・耐衝撃・防塵機能が充実したキッズカメラまで勢ぞろい!

現役ママのレビューを参考に、おすすめのキッズカメラ10選を見ていきましょう。

キッズカメラってどんなもの?

キッズカメラってどんなもの?
画像:123RF

そもそもキッズカメラとはどのような商品なのでしょうか?

また、キッズカメラで遊ぶことは、子どもにどのような効果をもたらすのかも確認しておきましょう。

キッズカメラには幼児でも使いやすい工夫がいっぱい

キッズカメラとは、小さな子どもでも簡単に操作して写真が撮れる、シンプルな機能のカメラのこと。軽量かつ小さな手でも持ちやすいコンパクトなサイズ感で、幼児期の3歳くらいから使用可能なものも豊富にそろいます。

シャッターボタンや背面の機能ボタンは子どもが押しやすいように工夫され、落下や水濡れ対策がしっかりしているのも特徴。うっかり周りにぶつけたり、手荒く扱うことも多いので、購入の際には「耐衝撃性」や「防水機能」が付いているものを選ぶのがポイントです。

キッズカメラは子どもの知育につながる

パパやママのマネをしたくてはじめることが多いキッズカメラですが、子どもの知育につながるような、よい影響があることも人気の理由です。

子どもの知育につながる理由その①

自分の面白いと思ったことや好きなものを撮るために一定の時間、被写体に集中します。ここぞと思ったときにシャッターを押すという流れの中で、自然と集中力が身についていきます!

子どもの知育につながる理由その②

カメラに夢中になると、「もっといろいろなものを撮ってみたい」という好奇心が出てくるもの。インドアな子も家から飛び出し、被写体を探しに外へ出かけることが多くなるでしょう。

子どもの知育につながる理由その③

大人と子どもでは身長や視野の幅に違いがあるため、見えている風景も異なります。子どもが撮った写真から、「どんな感性でものを見ているか」「どんなことに興味を持っているか」に、パパやママがはじめて気が付くことも少なくありません。親子のコミュニケーションのきっかけになりますね!

子どもの知育につながる理由その④

カメラは子ども時代にだけしか楽しめないおもちゃと異なり、一生の趣味となり得るもの。小学生になれば、親子で写真展などに行ってさまざまなアーティストの感性に触れることもできますね。オリジナルのセンスを磨くのにぴったりなツールです。

 

>>楽天市場で「キッズカメラ」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「キッズカメラ」の売れ筋ランキングをチェック

キッズカメラの選び方をチェックしよう

キッズカメラの選び方をチェックしよう
画像:123RF

種類豊富なキッズカメラ。

子どもの年齢、必要な性能を考えながら、具体的にどんな点に注意して選んだらいいか確認していきましょう。

キッズカメラを選ぶポイント1.ファーストカメラはシンプルなものを

未就学児には、なるべくシンプルなつくりで直感的にシャッターボタンを押せるカメラが適しています。

シャッターボタンの設置場所を確認した後は、子どもの手にあった重量かどうかも要チェック!ひんぱんに物を落としたり、壁にぶつけたりしてしまう年齢なので、耐衝撃性がしっかりしているかも重要なポイントです。

キッズカメラを選ぶポイント2. プリントする派は画素数をチェックする

キッズカメラで撮影した画像をプリントしたいパパやママは、購入前に必ず画素数をチェックしましょう。おおよそ80万画素以上あれば、一般的なサイズであるL版がきれいに印刷できます。

また、撮影後にすぐプリントアウトができるインスタントカメラも人気のアイテム。撮ったものがすぐにリアルな写真として手にできる楽しさは、子どもも夢中になるはず!

キッズカメラを選ぶポイント3.必要な撮影機能、性能を備えているか

カメラに慣れてくると、ズームや連写、自撮り、動画機能などを楽しむ子どもも増えてきます。デコレーションフレームやフィルター効果が選べる機能も喜ぶでしょう。

小学校高学年になれば、大人向けの多機能デジタルカメラも選択肢に入ってきます。行動範囲が広がり、撮影する枚数も増えてくるので、写真をPCに転送できるようUSBケーブルが付属しているもの、BluetoothやWi-Fi通信に対応しているものがおすすめ。

防水・防塵機能などがあると、海、川、キャンプなどのレジャーシーンでも安心して使用できますね。

 

>>楽天市場で「キッズカメラ」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「キッズカメラ」の売れ筋ランキングをチェック

現役ママのレビューあり!最新のおすすめキッズカメラ10選

現役ママのレビューあり!最新のおすすめキッズカメラ10選
画像:123RF

最新のおすすめキッズカメラを「ファーストカメラにおすすめ」、「プリント重視」、「機能重視」の3つのタイプにわけてご紹介。

現役ママのひと言レビューもお見逃しなく!

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ

未就学児の子どもにキッズカメラを買いたいという人は、こちらで紹介するキッズカメラがおすすめです!

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ1.ビジョンキッズ ハピカムプラス 子供用カメラ

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ1.ビジョンキッズ ハピカムプラス 子供用カメラ
画像:楽天市場

本体サイズ約80✕60✕55mm、重さが73gというコンパクトなサイズで子どもの手にフィットするキッズカメラ。ボタンを押すたびキュートな効果音が鳴るのも子どもが喜ぶポイントです。

顔認証でピントを合わせてくれるので、人物がきれいに撮れる一台。

現役ママのレビュー
思わず「かわいい!」と叫びたくなるデザイン。ネックストラップがあるので落下防止になります。

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ2.マゼビス キッズカメラPRO2 子供用デジタルカメラ

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ2.マゼビス キッズカメラPRO2 子供用デジタルカメラ
画像:楽天市場

シンプルな四角いフォルムに重量100gと、小さな子どもが持ち歩きやすいデザインのキッズカメラです。ボタンやモニターも大きく操作も簡単。約3,200万画素数を標準搭載という点も魅力です。

32GBのSDカード付きで、動画も楽しめますよ。

現役ママのレビュー
こんなにかわいいのに画質が本格的!1回充電すると長く使えるのがいいです。

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ3.ハイテックマルチプレックスジャパン ミニキッズカメラパンダ

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ3.ハイテックマルチプレックスジャパン ミニキッズカメラパンダ
画像:楽天市場

親しみやすい動物のデザインが人気のキッズカメラ。重量74g、角がないデザインなので小さな手にフィット。3連写撮影、5秒タイマー、モノクロ・ネガ・レッドのフィルター機能、27種類のデコレーショフレームと、小さな子でも楽しめる機能が充実しています。

現役ママのレビュー
とにかくデザインがキュート。USBケーブルで子どもが撮った写真をPCで見られるのもいい。

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ4.こどもカメラ

ファーストカメラにおすすめのキッズカメラ4.こどもカメラ
画像:Amazon

お手頃価格なキッズカメラではありますが、2,000画素数の前後二重カメラを搭載。自撮りやビデオ撮影、アニメフレーム、5つのゲームまで楽しめるお値打ち品です。

手振れ防止機能付きで、1歳児が使用しても問題がない安全なシリコンケースを使用しています。

現役ママのレビュー
リーズナブルなのが魅力。画質はそこそこだけど、逆にレトロ感が出ていいと思います。

プリント重視派におすすめのキッズカメラ

プリント重視派におすすめのキッズカメラ

子どもが撮った写真をプリントしたい、その場で印刷できるインスタントカメラを探している方におすすめのキッズカメラはこちら!

プリント重視派におすすめのキッズカメラ1.こどもカメラ

プリント重視派におすすめのキッズカメラ1.こどもカメラ
画像:Amazon

ソニーのレンズを採用し、4,800万画素の高画質を実現した本格的なキッズカメラです。ズーム機能は子どもの力で軽く回すことができ、最大20倍までズーム可能。重量145gで小さな手にぴったりのサイズ感ですが、その性能にパパやママも夢中になるかも!

32GBのSDカード付きで便利です。

現役ママのレビュー
パパが一眼レフを持っていて、子どもがマネしたがったので買いました。暗い場所の撮影もできちゃいます。

プリント重視派におすすめのキッズカメラ2.Oaxis myfirst camera InstaⅡ

プリント重視派におすすめのキッズカメラ2.Oaxis myfirst camera InstaⅡ
画像:Amazon

ポラロイドではなく感熱紙ロールを用いたサーマルプリントを採用したキッズカメラ。1,200万画素のクリアな写真がわずか10秒でプリントアウト!

感熱紙ロールは1ロールあたり50枚の撮影が可能で、ステッカータイプもあります。オリジナルシールを作って好きなところに貼り付けましょう。

現役ママのレビュー
娘はカメラ内蔵のフレーム機能でデコレーションを楽しんでいます!

プリント重視派におすすめのキッズカメラ3.Polaroid Go Analog Instant Camera

プリント重視派におすすめのキッズカメラ3.Polaroid Go Analog Instant Camera
画像:Amazon

ポラロイドカメラというと重くて大きいと思われがちですが、こちらは幅8.39cm、高さ6.15cm、奥行き10.5cmとコンパクトなキッズカメラ。重量もわずか242gで子どもも扱いやすいモデルです。

すぐに確認できるデジタルとは違い、現像にちょっと時間がかかるポラロイドは、現代の子どもたちの目には新鮮に映ることでしょう。

現役ママのレビュー
ポラロイドはレトロな雰囲気の写真を撮れるので、その点が子どもは気に入っているようです。

機能重視派におすすめのキッズカメラ

機能重視派におすすめのキッズカメラ

いろいろな撮影シーンを楽しみたい小学生以上の子どもには、多機能なキッズカメラがおすすめです。

機能重視派におすすめのキッズカメラ1.キヤノン inspic REC

機能重視派におすすめのキッズカメラ1.キヤノン inspic REC
画像:Amazon

カラビナデザイン採用で、リュックなどに付けて気軽に持ち運べるコンパクトなキッズカメラ。水深2mで約30分の撮影が可能なので、夏場のレジャーにも活躍します。

約90gの手のひらサイズながら、高さ2mの耐衝撃性能を持っているので、子どもに持たせるのにぴったり!スマホアプリで簡単に写真転送、保存、編集ができます。

先輩ママのレビュー
デザインが斬新ですよね。でも性能はすごく高い。幼児から大人まで使えて、いい買い物でした。

機能重視派におすすめのキッズカメラ2.コダック コンパクトデジタルカメラWPZ2

機能重視派におすすめのキッズカメラ2.コダック コンパクトデジタルカメラWPZ2
画像:楽天市場

防水機能・深水15m、耐落下機能・高さ2mと、アクティブな子どもにぴったりの一台。防塵機能も高いので、砂浜などでの使用も安心ですね。

動画撮影ができ、Wi-Fi接続でソーシャルメディア共有も可能。大きくなっても愛用できるキッズカメラです。

先輩ママのレビュー
子どもが自由研究で海の中の写真を撮るときに活躍しました。

機能重視派におすすめのキッズカメラ3.富士フイルム FinePix XP140

機能重視派におすすめのキッズカメラ3.富士フイルム FinePix XP140
画像:Amazon

防水:水深25m、耐衝撃:高さ1.8m、耐寒:マイナス10℃に加えて防塵もOKと4つの安心機能を兼ね備えたタフなキッズカメラ。子どもが多少手荒く扱ってもびくともしません。

顔にしっかりとピントを合わせ、キレイに人物撮影ができる「瞳AF機能」は、手ブレしやすい子どもにはうれしいですね。

先輩ママのレビュー
男の子はハードな使い方をしがちですが、こちらは本当にタフなカメラなので助かります。

キッズカメラで残した思い出は一生もの!

キッズカメラで残した思い出は一生もの!
画像:123RF

パパやママが子どもの姿を残すために撮る写真は、子どもにとってかけがいのないものです。

いっぽうで、幼いころに自分でキッズカメラを使って撮った写真も、子どものこれからの人生を支えてくれる思い出の品になりますよね。

みなさんもぜひ親子いっしょに撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

>>楽天市場で「キッズカメラ」の人気ランキングをチェック

 

>>Amazonで「キッズカメラ」の売れ筋ランキングをチェック

 

編集:まっぷるライフスタイル編集部
旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。
何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。

ライター、図書館員。自身が小学生男児の母ということもあり、子供関連記事の執筆多数。
趣味は読書、鉄道旅行、純喫茶めぐり、料理など。電気ストーブのスチーム音(ぽこぽこっ)が好きです。
皆さんの子育ての手助けができるよう、ていねいでわかりやすい記事を心がけていきます。