>  > 

冬の健康に飲む点滴! お取り寄せしたい甘酒7選 人気酒蔵がつくる「こうじ甘酒」 写真:123RF

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年12月2日

この記事をシェアしよう!

冬の健康に飲む点滴! お取り寄せしたい甘酒7選 人気酒蔵がつくる「こうじ甘酒」

「飲む点滴」ともいわれる甘酒は、冬におすすめの健康飲料。
近年人気の甘酒は、昔ながらの酒粕を使ったものではなく、米と米こうじ(糀)のみからつくられるノンアルコールの飲み物です。

日本酒と同じく米こうじ(糀)を使うことから、甘酒をつくる酒蔵も多く、なかには吟醸酒や大吟醸酒用の米こうじを使った贅沢なものも!
今回は、各地の人気酒蔵でつくられるプレミアムな甘酒を集めました。
お気に入りの甘酒が見つかったら、ぜひお取り寄せしてみてくださいね。

米と米こうじ(糀)のみでつくる、カラダにうれしい飲む点滴「こうじ甘酒」

米と米こうじ(糀)のみでつくる、カラダにうれしい飲む点滴「こうじ甘酒」
写真:123RF近年注目の「こうじ甘酒」はカラダに優しい発酵食品

皆さんは甘酒というと、どんなイメージがありますか?
大晦日に神社やお寺で振る舞われた甘酒を、思い出す人も多いのではないでしょうか。子どもの頃に飲んだ少しお酒の匂いがする甘酒を、苦手に思った人もいるかもしれません。

今回ご紹介する「こうじ甘酒」は子どもの頃に飲んだ、あの甘酒とはまったくの別物。きっとそのおいしさに驚きますよ!
まずは甘酒について、簡単にご説明しましょう。

甘酒の製法には2種類ある

実は甘酒には大きく2つの種類があり、アルコールの香りがする甘酒は、酒粕に砂糖を加えてつくられたもの。
それに対して近年注目されている甘酒は、米こうじ(糀)からつくられる発酵食品「こうじ甘酒」と呼ばれています。ノンアルコールで、砂糖も加えられていません。

「こうじ甘酒」は栄養豊富な発酵食品

「こうじ甘酒」は栄養豊富な発酵食品
写真:123RF酒蔵の「こうじ甘酒」には、蔵人が丹精込めてつくる米こうじが使われる

「こうじ甘酒」の原料は日本酒と同じ、米こうじ(糀)と米のみ。酒蔵によって、米を加える場合と加えない場合がありますが、重要なのは「米こうじ」です。
米こうじに含まれる麹菌が米のデンプンを糖化することにより、甘酒ができあがるので、砂糖を加えなくても甘く、アルコール分も含みません。

甘酒にはブドウ糖や必須アミノ酸、ビタミンB群のほか、腸内環境を整えるオリゴ糖などが豊富に含まれ、続けて飲むことで、健康と美容にも効果があるといわれています

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ① 宮城県「一ノ蔵」の甘酒

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ① 宮城県「一ノ蔵」の甘酒
画像提供:一ノ蔵冬には雪に覆われる一ノ蔵本社蔵

宮城県大崎市の山間部に蔵を構える「一ノ蔵(いちのくら)」は、地元宮城県産の酒米を使用し、伝統の技と蔵人の五感を駆使して醸す日本酒が人気の酒蔵。
主要銘柄「一ノ蔵」の大吟醸や特別純米酒をはじめとする清酒で知られていますが、最近では低アルコールで飲みやすい「ひめぜん」や、爽やかなスパークリング清酒「すず音」など、新しいタイプの日本酒も発売され、女性にも人気です。

米こうじのみで作る「一ノ蔵あま酒」<画像提供:一ノ蔵>

そんな「一ノ蔵」の甘酒は、清酒づくりにも使用される米こうじ(糀)のみでつくられています。減農薬・減化学肥料栽培の宮城県産環境保全米を60%まで磨き、丁寧につくられた糀を使用しているので、雪のように白くきれいな甘さの甘酒に仕上がるのだとか。

もちろん無添加、ノンアルコール。真っ白な甘酒には糀のかけらがわずかに残りますが、さらりとして美味。1袋130gと飲み切りサイズなので、冷蔵庫に常備して、気軽に楽しめるのも魅力です。一度に飲みすぎてしまわないのも助かりますね。
少し甘みが強いと感じる人は、豆乳や牛乳に混ぜて飲むのがおすすめです。

一ノ蔵あま酒
・価格:6袋入1,199円(税込)
・原材料:米こうじ(宮城県産米)
・エネルギーの目安:134kcal(1袋130gあたり)

■株式会社一ノ蔵
宮城県大崎市松山千石大欅14
公式HP(甘酒紹介)はコチラ

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ② 長野県「西之門よしのや」の甘酒

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ② 長野県「西之門よしのや」の甘酒
画像提供:よしのや江戸寛永年間創業の酒蔵「西之門よしのや」

長野県長野市、善光寺のすぐそばにある「西之門よしのや」は、寛永14(1637)年の創業という老舗の酒蔵。
善光寺との縁も深く、戦国の戦乱に巻き込まれ各地を転々とした善光寺の御本尊が信州へ帰られる際、善光寺大本願の高僧にお供をして京都からこの地に移り、酒づくりを始めたと伝えられています。以来、善光寺大本願に隣接する蔵で酒・味噌の醸造を続け、「善光寺の酒」として親しまれています

敷地内では酒蔵見学も可能、直営の売店では、清酒「西之門」の純米大吟醸から甘酒や梅酒、お味噌まで、試飲・試食をしながら買い物ができます

「西之門よしのや」の甘酒3種

「西之門よしのや」には、「酒蔵大吟醸甘酒」「酒蔵吟醸甘酒」「酒蔵吟醸甘酒ゆず」の3種の甘酒がありますが、その濃厚な味わいとなめらかな口当たりに驚かされます。
原材料は3種とも米こうじ100%。糀の粒がまったくなく、まるでクリームのようななめらかさ!

なかでも「酒蔵大吟醸甘酒」(写真左)は、酒米の最高峰といわれる兵庫県産山田錦を35%まで磨いた大吟醸用の米こうじを使用した、なんとも贅沢な甘酒。
その分、お値段も張るのですが、まるで高級和菓子のような味わいで、お年賀や大切な人へのギフトなどにもおすすめです。

「酒蔵吟醸甘酒」(写真中央)は「西之門よしのや」のスタンダードな甘酒。とはいっても、酒米を60%まで磨いた吟醸酒用の米こうじを使用しているので、濃厚で上品な味わいが楽しめます。

「酒蔵吟醸甘酒ゆず」(写真右)は「酒蔵吟醸甘酒」にゆず果汁を加えた爽やかな味わいが魅力。夏は冷やしてさっぱりと、冬は温めればほんのりゆずの香りが楽しめますよ。

西之門 酒蔵大吟醸甘酒
・価格:800g 3,240円(税込)
・原材料:米こうじ(兵庫県産山田錦)
・エネルギーの目安:122kcal(100gあたり)

西之門 酒蔵吟醸甘酒
・価格:800g 1,234円(税込)
・原材料:米こうじ(国産米)
・エネルギーの目安:115kcal(100gあたり)

西之門 酒蔵吟醸甘酒ゆず
・価格:800g 1,645円(税込)
・原材料:米こうじ(国産米)、ゆず果汁(国産)
・エネルギーの目安:116kcal(100gあたり)

西之門よしのやの甘酒は濃厚な分、ちょっと甘いと感じる場合も。甘さが苦手な人は、牛乳や豆乳で割ったり、ヨーグルトにかけたりして味わえば、さらにヘルシーに楽しめます。

■株式会社よしのや
長野県長野市西之門町941
公式HP(甘酒紹介)はコチラ

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ③ 長野県「真澄」の甘酒

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ③ 長野県「真澄」の甘酒
画像提供:宮坂醸造創業350年を超える老舗蔵「真澄」

長野県諏訪市は甲州街道の宿場町、また高島城の城下町として栄えた街。
「真澄(ますみ)」は寛文2(1662)年に創業、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠し、諏訪で350年以上続く老舗の酒蔵です。
清酒品評会でも数々の受賞歴を持ち、優良な酵母として全国の酒蔵で使用されている「協会7号」酵母の発祥蔵としても知られています

「真澄 糀あま酒」プレーン(中央)とざっこく(左)

「真澄」の甘酒は、酒づくりのプロである蔵人たちが、丸2日かけてつくり上げる米こうじ(糀)と南アルプス入笠山の伏流水のみでつくられる「糀あま酒」
米の粒々のないタイプで、とろりとしてスムーズな口当たり。上品な甘さは、糀が生み出す自然の甘みです。もちろんノンアルコールなので、小さな子どもでも飲むことができます。

定番の「プレーン」のほか、丸麦、もち黒米、発芽玄米、焙煎玄米、赤米の国産の雑穀5種をブレンドした「ざっこく」があり、どちらもカラダに優しい味わいです。

真澄 糀あま酒 プレーン
・価格:500g 540円(税込)
・原材料:米こうじ(国産米)
・エネルギーの目安:106kcal(100gあたり)

真澄 糀あま酒 ざっこく
・価格:500g 702円(税込)
・原材料:米こうじ(国産米)、雑穀(丸麦、もち黒米、発芽玄米、焙煎玄米、赤米/国産)
・エネルギーの目安:106kcal(100gあたり)

■真澄蔵元 宮坂醸造 株式会社
長野県諏訪市元町1-16
公式HP(甘酒紹介)はコチラ

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ④ 岐阜県「蓬莱」の甘酒

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ④ 岐阜県「蓬莱」の甘酒
画像提供:渡辺酒造店飛騨古川にある蓬莱の酒蔵

飛騨の地酒「蓬莱(ほうらい)」の酒蔵、渡辺酒造店は、出格子や白壁の町屋が並ぶ風情ある街、岐阜県飛騨古川にあります。
酒づくりの創業は明治3(1870)年。飛騨山脈を水源とする上質な仕込み水と、地元飛騨の酒米、伝統と手づくりを大切にした熟練の蔵人による酒づくりで、世界の酒類コンテストにおいて数々の受賞歴を誇っています

定番の「蔵元のあまざけ」(左)と「蔵元のすっきり糀あまざけ」(右)

渡辺酒造店の甘酒は、米と米こうじのみでつくる「蔵元のあまざけ」と「蔵元のすっきり糀あまざけ」の2種類。砂糖や添加物はもちろん無添加、ノンアルコールです。

定番の「蔵元のあまざけ」は、米の粒があるタイプで、素朴で懐かしい味わい。「蔵元のすっきり糀あまざけ」は少し黄色みがかった甘酒で、粒なしのなめらかタイプ。どちらも自然でやさしい甘みが魅力です。

蔵元のあまざけ
・価格:900g 972円(税込)
・原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)
・エネルギーの目安:105kcal(100gあたり)

蔵元のすっきり糀あまざけ
・価格:900ml 1,080円(税込)
・原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)
・エネルギーの目安:107kcal(100gあたり)

■蓬莱蔵元 有限会社 渡辺酒造店
岐阜県飛騨市古川町壱之町7-7
公式HPはコチラ

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ⑤ 石川県「福光屋」の甘酒

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ⑤ 石川県「福光屋」の甘酒
画像提供:福光屋SAKE SHOP福光屋 丸の内店。金沢と東京に6店の直営店がある

寛永2(1625)年創業の「福光屋(ふくみつや)」は、石川県金沢市で最も長い歴史を誇る酒蔵。
「加賀鳶」「黒帯」「福正宗」など、人気の銘柄を多数醸造しています。
長年にわたり取り組んできた契約栽培米と、霊峰白山を源とし100年の時を経て福光屋の蔵に湧く仕込み水、受け継いだ伝統をつねに進化させてきた蔵人の技により、現在は全ての日本酒が純米づくりです。

福光屋の甘酒は3種類。カロリーや甘さを控えた商品もある

福光屋の甘酒は、日本酒と同様、国産の契約栽培米と米こうじ蔵に湧く良質の水だけで仕込む「糀甘酒」
写真右から「酒蔵仕込み 純米 糀甘酒」「酒蔵仕込み 純米 シルキー糀甘酒」「酒蔵仕込み 純米 さわやか糀甘酒」の3種類があり、どれも甘さ控えめで、自然のやさしい甘みとさらりとしたあと味が特徴です。

定番の「酒蔵仕込み 純米 糀甘酒」(写真右)は、黄色みがかった甘酒でお米の粒が残っているタイプ。一見すると甘そうなのですが、懐かしい自然の甘さにホッとします。

「酒蔵仕込み 純米 シルキー糀甘酒」(写真中央)は、甘さやカロリーが気になる人向けに、「純米 糀甘酒」より20%カロリーオフした商品。甘すぎず、すっきりと飲みやすい甘酒になっています。

「酒蔵仕込み 純米 さわやか糀甘酒」(写真左)は、「シルキー糀甘酒」よりもさらに低カロリーの商品。甘酒とは思えないほど、軽くてさっぱり飲みやすいのが驚きです!

酒蔵仕込み 純米 糀甘酒
・価格:150g 248円(税込)、150g10袋 化粧箱入2,700円(税込)、950g 864円(税込)
・原材料:米(国産契約栽培米)、米こうじ
・エネルギーの目安:78kcal(100gあたり)

酒蔵仕込み 純米 シルキー糀甘酒
・価格:200mL 216円(税込)、1000ml 702円(税込)
・原材料:米(国産契約栽培米)、米こうじ
・エネルギーの目安:56kcal(100mlあたり)

酒蔵仕込み 純米 さわやか糀甘酒
・価格:350g 216円(税込)
・原材料:米(国産契約栽培米)、米こうじ
・エネルギーの目安:42kcal(100gあたり)

福光屋の糀甘酒は、3種類とも甘さとカロリーが控えめなので、毎日飲み続けるのにはうれしいですね。

■株式会社 福光屋
石川県金沢市石引2-8-3
公式HP(甘酒紹介)はコチラ

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ⑥ 兵庫県「灘菊」の甘酒

【飲む点滴】酒蔵の甘酒をお取り寄せ⑥ 兵庫県「灘菊」の甘酒
画像提供:灘菊酒造木造の蔵がいくつも並ぶ灘菊酒造

兵庫県姫路市に蔵を構える「灘菊(なだぎく)」は、明治43(1910)年創業、110周年を迎える酒蔵です。
「山田錦」「兵庫夢錦」「五百万石」など地元兵庫県産の酒米を使用し、少量仕込みと伝統的な手づくりの製法で高品質の日本酒を醸造しています。
敷地内には、明治から続く酒蔵の様子を見学できる見学コース直売所もあり、蔵出しの日本酒を試飲することもできます

灘菊の「造り酒屋の甘酒」は懐かしい味わい

「灘菊」の甘酒は、厳選した国産米を使った米と米こうじ(糀)蔵の地下水のみでつくられる発酵食品。日本酒同様、糀のことを知り尽くした蔵人が手づくりで丁寧に仕込むことにより、糀の力が引き出され、甘さと旨みが絶妙な甘酒に仕上がっています。

お米の粒がかなり多いタイプですが、優しい甘さで、そのまま飲んでも豆乳と混ぜても美味。
20年以上のロングセラーだというのもうなずけます。
夏は冷やして、冬はホットで少し生姜を入れるのもおすすめですよ。

灘菊 造り酒屋の甘酒
・価格:900ml 1,100円(税込)
・原材料:米(国産)、米こうじ(国産米)
・エネルギーの目安:96kcal(100gあたり)

■灘菊酒造 株式会社
兵庫県姫路市手柄1-121
公式HP(甘酒紹介)はコチラ

1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリアとジャンルを指定してください