トップ > ライフスタイル >  食品 > 菓子・スイーツ >

人気の琥珀糖をお取り寄せ!キラキラ輝く食べられる宝石!

まっぷるライフスタイル編集部

更新日:2022年7月20日

この記事をシェアしよう!

人気の琥珀糖をお取り寄せ!キラキラ輝く食べられる宝石!

まるで宝石のようにキラキラして美しい和菓子「琥珀糖」。
カラフルで透明感があり、写真映えすることから、最近はSNSで目にすることも多いですよね。

もともとはその見ための涼しさから、夏の和菓子として店頭に並んでいた琥珀糖ですが、最近は年間通して販売しているお店も多くあります。

母の日や敬老の日など、お取り寄せサイトではギフトとしても大人気。
今回は、各地の人気琥珀糖を実際にお取り寄せ、実食してご紹介します。

宝石みたいな夏の和菓子「琥珀糖」とは?

キラキラしてとてもきれいな琥珀糖ですが、材料はとってもシンプルで、砂糖と寒天のみ。溶かした寒天に砂糖や水あめを加え、固めて乾燥させます。

つくるのは簡単ですが、砂糖を結晶化させ表面をカリッと仕上げるため、乾燥させるのにとても時間がかかるそうなんです。

かたそうに見えますが、表面だけが乾燥しているので、中身はゼリーのようにぶるぷる。異なる食感が同時に味わえるのが魅力ですね。

琥珀糖の歴史は古く、何と誕生したのは江戸時代なんだとか。

寒天の創案者である美濃屋太郎左衛門が最初につくったといわれていますが、当時砂糖は貴重品。砂糖をたくさん使う琥珀糖は、とても高価な和菓子だったそうです。

地味になりがちな寒天のお菓子ですが、近年の琥珀糖人気で、リキュールや果実シロップなどで色や味をつけたり、かわいいい形にアレンジされた琥珀糖が続々と登場しています。

 

>>楽天市場で「琥珀糖」人気ランキングをチェック

人気の琥珀糖をお取り寄せ1. カラフルでテンションが上がる!四季彩和菓子かきはち「琥珀糖 花筆箱」

人気の琥珀糖をお取り寄せ1. カラフルでテンションが上がる!四季彩和菓子かきはち「琥珀糖 花筆箱」
四季彩和菓子かきはちの「琥珀糖 花筆箱」

最初にご紹介する琥珀糖は、福岡県の和菓子店「四季彩和菓子かきはち」の「花筆箱」です。

まずはパッケージがとっても素敵!筆箱のような長方形の引き出しには、エンボス加工された花柄がプリントされていて、まるで和服のような美しさです。

この箱は、大分県中津市の職人さんがつくっているそうですよ。とてもしっかりしているので、食べ終わった後には、そのまま筆箱にしたり、小物入れなどに使えそうです。

引き出しを開けると、まるで宝石箱のようにカラフルな琥珀糖がギッシリ!その美しさに、一気にテンションが上がります。

引き出しのなかには、11種類のフレーバーの琥珀糖が

四季彩和菓子かきはち「琥珀糖 花筆箱」を実食

美しい引き出しを開けると、キラキラ輝く琥珀糖が11種類。それぞれフレーバーが異なるなんてうれしすぎます!さっそく実食してみましょう。

<食感>
琥珀糖の外側は比較的しっかりとしたパリパリの食感で、噛むとなかの寒天がぷるんと現れます。口に入れると表面のパリッとした砂糖と寒天がほどよく混じり合って美味しい!

<味わい>
カラフルな琥珀糖は、ぶどう(深紫色)、ブルーベリー(紫色)、ラムネ(水色)、青梅(緑色)、梨(黄緑色)、さくらんぼ(赤)、白桃(桃色)、みかん(橙色)、柚子(山吹色)、レモン(黄色)、プレーン(白)の11種類。色々な味が楽しめて、とてもお得感がありますね。

筆者のお気に入りは、深紫色のぶどうと紫色のブルーベリー。果物の味と香りをしっかりと感じますよ。水色のラムネも、シュワッとした味わいがこれからの季節にピッタリです。

<見ため>
淡い色合いが多い琥珀糖にしてはめずらしく、濃い色が入っているので、とても鮮やか!深紫や緑など、インパクトのあるカラーもあり、SNS映えすること間違えなしです。

色ごとにフレーバーが異なり、果物の味や香りも楽しめる

四季彩和菓子かきはちには、花筆箱のほかに季節限定の琥珀糖も登場するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■四季彩和菓子かきはち「琥珀糖 花筆箱」
公式HPはこちら

1 2 3 4

旅行だけでなく日常も楽しく!をコンセプトに、生活を豊かにしてくれるアイテムを厳選して紹介。
日用品からコスメ、ベビー用品、音楽、DIY用品など、ジャンルという壁を作らず、目利き力のある編集者がおすすめアイテムをセレクトします。

何を買えばよいかわからないを無くすことをモットーに、皆さんの生活が豊かになるアイテム選びのお手伝いができるコンテンツを日々制作しています。