コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  【東日本編】クリスマスや冬のおでかけに! おすすめイルミネーションスポット 2018年

【東日本編】クリスマスや冬のおでかけに! おすすめイルミネーションスポット 2018年

by mapple_travel_guide

更新日:2018年12月8日

12月に入り、本格的に冬の季節が到来。

この時期に楽しみたいのが冬の風物詩・イルミネーションです。

最近では装飾だけでなく、最新技術を用いて立体的な演出をしたりと個性的なスポットも増えてきており、さまざまなイルミネーションを楽しむことができます。

今回は一度は見ておきたい全国の有名スポットと、東日本でおすすめのイルミネーションスポットをピックアップしてご紹介。

恋人とのクリスマスデートに、家族や友人と冬のおでかけに美しい光の祭典を見に行きましょう!

目次

1.一度は行きたい!全国有数のイルミスポット

2.幻想的な世界!プロジェクションマッピング実施のイルミスポット

3.北海道・東北のおすすめイルミネーションスポット

4.関東・甲信越のおすすめイルミネーションスポット

5.東海・北陸のおすすめイルミネーションスポット

1.一度は行きたい!全国有数のイルミスポット

今年の「イルミネーションアワード」(※注)を受賞した全国有数のイルミネーションスポットの一部をご紹介します。装飾の完成度はもちろんですが、アトラクションや関連イベントがあったりと、イルミネーション以外の楽しみ方があるのも魅力です。

第38回さっぽろホワイトイルミネーション(北海道)

写真提供:さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会

冬の札幌を彩る風物詩

日本で最初のイルミネーションで、1981(昭和56)年、大通公園2丁目広場で1048球の電球から始まった。
年々その規模・内容も充実し、国内を代表する光のイベントに成長。北海道の自然やクリスマスをイメージしたオブジェなど、たくさんの電球が駅前通と大通公園で光のラインとなってクロスする。
また、11月22日から12月25日まではミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoも開催される。

【開催期間】2018年11月22日~2019年3月14日
※大通会場は~12月25日、駅前通会場は~2月11日、南一条通会場は~3月14日
【イベント】
2018年11月22日~12月25日 第17回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

 

 

 

2018SENDAI光のページェント(宮城県)

写真提供:SENDAI光のページェント実行委員会

きらめきがまたたく瞬間は見逃せない!

今年で33回目を数える仙台の冬の風物詩。

「みんなで灯す、心の明かり」をテーマに、定禅寺通のケヤキ160本が星降るような約60万球の美しいイルミネーションで光り輝く。スターライト・ウインクと呼ばれる再点灯は1日3回。期間中は、勾当台公園や市民広場に出店ブースやアイスリンクなども設置する。

また、11月1日から翌2月20日には「2018SENDAI光のページェントin泉パークタウン」と題し、泉パークタウンのセンターエリアのメインストリートが、光のページェントに彩られる。

【開催期間】2018年12月14日~2018年12月31日
※「2018SENDAI光のページェントin泉パークタウン」は11月1日~2019年2月20日(予定)
【イベント】2018年12月23日 サンタの森の物語(サンタクロース姿の人々が大通りを行進)

 

あしかがフラワーパーク「光の花の庭」(栃木県)

ようこそ、花のファンタジックワールドへ

450万球にボリュームアップした「光の花の庭」は、2017年10月に「日本三大イルミネーション」に選ばれた。

今年も日本一の大藤に藤色の花房をイメージした電飾が付き、「奇蹟の大藤」が咲き乱れる。

また、夢のあるお城「フラワーキャッスル」や5000本の「光のバラ」、水辺に輝く2000輪の「光の睡蓮」、クリスマスシーンを演出する高さ25mの「イルミネーションタワー」、サンタクロースが空を飛ぶ「スノーワールド」、「レインボーマジック」なども人気で、子どもたちの笑顔あふれるにぎやかな園内となっている。

 

【開催期間】2018年10月27日~2019年2月5日
【料金】イルミネーション期間入園料大人900円・小人500円

Caretta Illumination 2018 ~ディズニーMovieNEX プリンセスイルミネーション~(東京都)

※写真はイメージ

青の世界で繰り広げられる“プリンセスストーリー”

カレッタ汐留では、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』の世界をイメージしたイルミネーションを開催。

『アナと雪の女王』では、カレッタイルミネーションを象徴する青を基調としながら、物語を代表する名曲『Let It Go』を楽曲に使用し、氷の世界をイルミネーションショーでロマンチックに表現。

『塔の上のラプンツェル』では、メインツリーに劇中で登場する「ランタン」を設置し、幻想的な光をイメージしたイルミネーションショーで感動的なムードを盛り上げる。

【開催期間】2018年11月15日~2019年2月14日※予定
【イベント】期間中 17:00~ ディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』のMovieNEX発売を記念したスペシャルイルミネーションショーをオープニングアクトとして特別に上演(1日1回のみ)

湘南の宝石2018-2019 ~江の島を彩る光と色の祭典~(神奈川県)

関東三大イルミネーションに認定された人気スポット

湘南のシンボルとして親しまれている江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)を中心に江の島島内各所がイルミネーションに彩られる。

メイン会場の江の島サムエル・コッキング苑は、色鮮やかなクリスタルビーズがきらめく。今回は11月23日からイルミネーションが始まり、12月中旬からは2万株のウィンターチューリップとイルミネーションの競演も楽しめる。

また、ライトアップのフィナーレはミラーボールによる光のアートを中心としたプログラムを展開する予定。

【開催期間】2018年11月23日~2019年2月17日
【料金】江の島サムエル・コッキング苑入場料大人200円・小人100円

 

なばなの里イルミネーション(三重県)

冬の庭園でファンタジックな夜を過ごそう

なばなの里は「長良川水辺の夢のような小さな村」をコンセプトに造られた、食と花と緑と温泉のテーマパーク。

池を中心にした園内にはライトアップが施され、日本最大級のイルミネーションになる。クリスマスが終わっても5月上旬まで楽しめるイチオシのイルミネーションスポットだ。

園内の長島ビール園では3種の地ビールが味わえるので、光に彩られた庭園を眺めつつ、美味しいビールを堪能してみてはいかが。

【開催期間】2018年10月20日~2019年5月6日
【料金】小学生以上2300円※里内で使用できる1000円分の金券付

 

ハウステンボス「光の王国」(長崎県)

(C)ハウステンボス/J-18622

日本最大の噴水ショーが新登場!

2010年の誕生から毎年スケールアップを続け、今や冬の風物詩となっている「光の王国」。

「夜景日本一」認定のイルミネーションとともに、新スポットである高さ20m、全長85mの噴水ショー「ウォーターマジック」がスタート!

また、No.1フォトスポット「アンブレラストリート」やクラシック音楽との饗宴「光のオーケストラ」などの見どころのほかに、日本最大の「クリスマスマーケット」も同時オープン。マーケットブースがずらりと並び、クリスマスムードを盛り上げる。

【開催期間】2018年10月20日~2019年4月21日※ウォーターマジックは10月27日~
【料金】1DAYパスポート(入場料+パスポート対象施設利用)大人7000円・中高生6000円・4歳~小学生4600円・シニア(65歳以上)6500円、散策チケット大人4500円・中高生3500円・4歳~小学生2200円
※時期により変動あり、要問合せ
【イベント】2018年12月31日 ハウステンボス カウントダウン2018-2019

≫≫目次に戻る

2.幻想的な世界!プロジェクションマッピング実施のイルミスポット

イルミネーションスポットの中には、プロジェクションマッピングを実施するところも。

会場のツリーや建築物に映像を投影し、一味違った空間演出を楽しむことができます。

さがみ湖イルミリオン、レオマ光ワールドなど、プロジェクションマッピングを実施する注目のスポットをご紹介します。

白い恋人パークイルミネーション 2018-2019(北海道)

中庭を彩る幻想的なイルミネーション

「白い恋人パーク」のローズガーデン(中庭)が、11月から3月にかけてイルミネーションで華やかに彩られる。

建物やフェンスなどを飾る10万球の電飾と、からくり時計塔のライトアップは見応え十分。メインツリーやトナカイのオブジェは、写真撮影スポットとして人気だ。ドリンクを飲みながら幻想的な風景を眺めれば、まるで外国にいるような気分が味わえるだろう。ロマンチックで心温まるひとときを楽しみたい。

なお、白い恋人パークはリニューアル工事に伴い、2019年5月末日(予定)までの期間、一部利用できない場所あり。

【開催期間】2018年11月2日~2019年3月31日※予定

 

さがみ湖イルミリオン(神奈川県)

※2017年撮影

関東最大級!600万球の光の祭典

関東最大級600万球のイルミネーションリゾート「さがみ湖イルミリオン」。

圧倒的なスケールで埋め尽くされるLEDの輝きはもちろんのこと、多彩なアトラクションなど、光の中で遊べるところがポイント。特に「光のリフト」は、眼下に美しい輝きを放つ光の虹の上を走行する、大人気の体験型イルミネーション。

日帰り温泉も隣接しているので、イルミネーションを楽しんだ後にはゆっくり温泉で温まって帰れるという、身も心も癒される冬ならではのおすすめスポットだ。

【開催期間】2018年11月3日~2019年4月7日
【料金】イルミネーション入場料(16:00以降)大人(中学生以上およびシニア)1000円・小人(3歳~小学生)およびペット(犬)700円、ナイトフリーパス大人2500円・小人2000円

 

八ヶ岳クリスマスタウン(山梨県)

レッドカーペットとイルミネーションで彩る全長150mの回廊

八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」の石畳の街並みがクリスマスには光り輝く街へと姿を変える。

日本有数のワインの産地という立地を活かした「ワインリゾート」というコンセプトのもと、メインストリート「ピーマン通り」にはワインレッドのカーペットが敷かれ、頭上にはスパークリングワインのようなゴールドカラーのイルミネーションが輝く。通りの中央にある「ベリーニタワー」ではプロジェクションマッピングの投影を行う。

【開催期間】2018年12月1日~2018年12月25日
【イベント】
・期間中毎日 18:00~20:30の30分間隔 プロジェクションマッピング投影(無料)
・期間中毎日 17:00~営業終了 クリスマスプール
(無料※宿泊プランがプール入場料付ではない場合または日帰りは別途入場料が必要)

 

レオマウィンターイルミネーション2018(香川県)

中四国最大!250万球のイルミネーション「レオマ光ワールド」

「レオマリゾート」の「レオマ光ワールド」は2018年度「日本夜景遺産」認定され、全国イルミネーションアワードも3年連続受賞!

今冬の注目は「花火」と「レオマランタンワールド」。スカイランタンの幻想的な世界に包まれる新スポットと、巨大ランタンで作るアリスの世界「不思議の国のアリスワールド in レオマ」は撮影スポットとしておすすめ。

さらに、「奇跡のオーロラショー」や光のパレード、オススメフォトスポットを集めた「スゴビュー7大スポット」、「絶ビュー5大アトラクション」と見どころは盛りだくさんだ。

【開催期間】2018年10月27日~2019年3月3日
【料金】入園料(17:00以降入園)大人1300円・小人800円他
【イベント】
・2018年11月3日~12月16日の土日祝および12月22日~1月6日 夜空に輝く音と光と花火のエンターテイメントショー「レジェンド オブ 花火ファンタジア」
・2018年12月23日~25日 キッズクリスマスビンゴ大会・キャンドルナイト・サンタがやってくる!

 

冬のファンタジー・はかた(福岡県)

駅前から始まる光の世界

JR博多シティとキャナルシティ博多、博多駅周辺の街路樹イルミネーションが一体となり、博多の夜が約120万球を超えるLEDで輝く。

JR博多シティでは「Way to HAKATA」をコンセプトに、全長約70mの巨大な光の道 「LED SKY WALK」がJR博多シティ2階のペデストリアンデッキに初登場。また、キャナルシティ博多では冬季イルミネーションが大幅リニューアルし、長さ180mの運河や半球体のサンプラザ壁面を今年初めてライトアップ。

ユニークで壮大な空間を光で包み込む。

【開催期間】2018年11月8日~2019年1月9日※キャナルシティ博多の館内は11月10日~2月24日

≫≫目次に戻る

3.北海道・東北のおすすめイルミネーションスポット

北海道・東北のおすすめイルミネーションスポットをピックアップしてご紹介します。

SAPPORO FACTORY CHRISTMAS 2018(北海道)

※写真は昨年実施時の様子

今年もこの街にクリスマスがやってきた

ひろおサンタランドより寄贈された高さ約14mのトドマツに、約4万個もの電球を装飾したジャンボクリスマスツリーがアトリウムで輝く。

色とりどりのLEDとオーナメントを施し、華やかで洗練された美しさは格別。そのほか、館内全体が約15万個のイルミネーションで彩られ、夜はロマンチックなムードに包まれる。音楽にあわせて光が変化するショーも好評だ。

光と音の絶妙なコラボレーションは必見。

【開催期間】2018年11月3日~2018年12月25日
【イベント】2018年11月3日 17:00~ 点灯式

 

2018 はこだてクリスマスファンタジー(北海道)

カナダからの贈り物、幸せを呼ぶモミの木が輝く

函館市と姉妹都市のカナダ・ハリファックス市より寄贈された幸せを呼ぶ巨大モミの木が、約1万8000kmの距離を越えてやってくる。

約15万球のイルミネーションで飾られたツリーと花火の競演による点灯式を毎日開催。

また、会場周辺では、数種類のオリジナルスープなども販売される。他にもオープニングセレモニー、ステージライブ、ファンタスティック・イヴ、クリスマスナイトセレモニーなどが開催される。

【開催期間】2018年12月1日~2018年12月25日
【イベント】
・2018年12月23日・24日 ファンタスティック・イヴ
・2018年12月25日 クリスマスナイトセレモニー

アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション(青森県)

アート作品とブルーの光の競演

冬の十和田市官庁街通りをイルミネーションで彩る「アーツ・トワダ ウィンターイルミネーション」。

十和田市現代美術館前のアート広場に約30万球の青色LEDを設置し、広場全体を幻想的に演出。まるで青いじゅうたんが敷き詰められたような空間でアート作品が光に包まれ、昼間とはひと味違った表情を見せてくれる。

また、十和田市現代美術館の建物も「いろとりどりのかけら」(高橋匡太作)という作品でライトアップされる。期間中は点灯初日の点灯式を皮切りに、クリスマス限定イベントや「とわだバルフェス」なども開催される。

【開催期間】2018年12月7日~2019年2月24日
【イベント】
・2018年12月7日 点灯式
・2019年1月23日・24日(日程予定) とわだバルフェス(食べ歩きイベント)

 

ビッグツリーページェント・フェスタ in KORIYAMA 2018(福島県)

冬の郡山を温かい光で包み込む

郡山の冬の風物詩としてすっかり定着した「ビッグツリーページェント・フェスタ in KORIYAMA」。

郡山駅前を色鮮やかに灯す光のページェントは今年で13年目を迎える。今年も新たなイルミネーションが加わり、総数約33万球の光でクリスマス・年末年始などに駅前を訪れる人々を温かな光でお出迎え。

また、郡山ゆかりの人気アーティストGReeeeNのモニュメントも「光の扉」となって光り輝く。期間中は音楽イベントなども行われ、冬の郡山をイルミネーションとともに盛り上げる。暖かい服装で出かけよう。

【開催期間】2018年11月16日~2019年1月14日
【イベント】
・2018年12月14日 17:00~ 音楽イベント
・2019年1月14日 エンディングイベント

 

≫≫目次に戻る

ガーデンイルミネーション森の風(岩手県)

34万球の輝きが美しいナイトガーデンを創出

「フラワー&ガーデン森の風」は岩手県雫石町にある日本最大級の本格的ガーデニング公園。

2万3000平方メートル以上の広大な敷地に、四季折々の草花や果樹、コニファー、トピアリーなどが整備されている。

夜には宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をテーマにした約34万球のイルミネーションが点灯。銀河鉄道のレールをイメージした光のラインや銀河に浮かぶ惑星のような球体のイルミネーションが庭園を美しく彩り、幻想的な夜の散歩道となる。

また、期間中の特定日には打上げ花火(イルミネーションファンタジー)を開催する。

【開催期間】2018年11月5日~2019年1月6日
【イベント】2018年11月3日・24日・12月23日 竹あかり&三角灯篭ワークショップ・ライブ
このスポットの詳細を見る(施設HPへ)

 

4.関東・甲信越のおすすめイルミネーションスポット

関東・甲信越のおすすめイルミネーションスポットをピックアップしてご紹介します。

榛名湖イルミネーションフェスタ2018(群馬県)

湖面にゆれるファンタジックな光の数々

冬の榛名湖を彩る光のイルミネーション。
普段は静まり返る榛名湖の夕暮れがきらびやかなイルミネーションとともに多くの人でにぎわう。例年の人出はおよそ11万人。
今年も55万球を点灯し、湖面のイルミネーションが来場者を歓迎する。会場入口には光のゲート、湖にかかる橋にはハート型のイルミネーションが設置され、ピラミッドや水中ツリーなど多彩な光が湖を幻想的に照らし出す。
ちびっ子たちにはサンタさんからのプレゼントもあるかも!

【開催期間】2018年12月7日~2018年12月26日
【イベント】
・2018年12月7日・10日・13日・17日・20日・26日 20:30~ 打上げ花火
・期間中毎日 レーザーショー

 

丸の内イルミネーション2018(東京都)

丸の内仲通りがオリジナルカラーのシャンパンゴールドにきらめく

今年で17年目を迎える丸の内エリアの冬の風物詩。

ブランドショップが並ぶ約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りの200本以上の街路樹が上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約100万球で彩られ、華やかな街並みを演出する。今年は丸の内二重橋ビル商業ゾーン「二重橋スクエア」の開業と同日に点灯開始。

さらに、有楽町エリア(国際ビル、新国際ビル前)には昨年度に引き続き「光のゲート」が設置されるほか、大手町仲通りでもイルミネーションを開催する。

【開催期間】2018年11月8日~2019年2月17日※大手町仲通りは11月15日~(予定)
【イベント】2018年12月2日・23日 クリスマスチャリティコンサート(アトリウムチャペルにて)

 

ミッドタウン・クリスマス 2018(東京都)

※画像はイメージ

テーマは「宇宙」

総計約50万個のLEDが輝く、東京ミッドタウンの冬の風物詩。プラザ1階や外苑東通り沿いは約22万球の「ツリーイルミネーション」が出迎える。

メインは芝生広場の「スターライトガーデン」。今年は期間限定で行われる1日約45万個ものしゃぼん球を使用した特別演出が見どころ。また、ガレリアの入り口の4層吹き抜けには、約1800体のサンタクロースを積み上げた高さ約4mの「サンタツリー」も登場する。

【開催期間】2018年11月13日~2018年12月25日
【イベント】2018年11月2日~2019年2月3日 プロジェクションマッピング(メインデッキにて)

 

表参道イルミネーション2018(東京都)

表参道のけやき並木に、LEDのイルミネーションが輝く

今ではすっかり表参道の冬の風物詩となったイルミネーション。今年も神宮橋交差点から表参道交差点までのけやき並木と植栽帯(低木)に温かみのある電球色のLEDが点灯。

約1kmの沿道に灯る約90万球のイルミネーションが冬の表参道を心温まる演出で彩り、訪れる人を出迎えてくれる。この冬も温かい光に包まれたけやき並木で、友だちや大切な人とともに素敵なクリスマスを過ごそう。

【開催期間】2018年12月1日~2018年12月25日※低木のみ~1月9日

山中湖 花の都公園「2018イルミネーションファンタジウム~冬の煌めき~」(山梨県)

山中湖に光の空間が出現

標高1000mの高原に位置する「山中湖 花の都公園」では、雄大な富士山を背景に「2018イルミネーションファンタジウム~冬の煌めき~」と題して、満天の星と幻想的な光の空間を演出。厳冬の山中湖にきらめく心温まる光のアートが人々を癒しの空間へいざなう。

園内では軽食ブースで飲食もでき、アツアツのメニューが冷えた体を芯から温めてくれる。期間中は花火の打上げや、クリスマスのコンサートも予定。

 

【開催期間】2018年11月23日~2019年1月3日
【イベント】
・期間中毎日 18:00~20:30の30分間隔 プロジェクションマッピング投影(無料)
・期間中毎日 17:00~営業終了 クリスマスプール(無料※宿泊プランがプール入場料付ではない場合または日帰りは別途入場料が必要)

 

2018 NIIGATA 光のページェント(新潟県)

冬のケヤキ並木が無数の光に彩られ、人々を華やかに包む

新潟駅南口を彩る「NIIGATA 光のページェント」は、訪れる人を華やかに、そして温かく迎えてくれるイルミネーション。

新潟の冬の風物詩としてすっかり定着している。けやき通りの両側約1km、約200本のケヤキが約26万個の電球で美しく飾られ、大通りはまさに光のトンネルとなる。

また、降り積もる雪とやわらかい光とのコントラストや、ケヤキの細かい枝ぶりが光で描き出されるファンタジックな世界にも魅了される。ぜひ暖かい服装で出かけてみて。

 

【開催期間】2018年12月7日~2019年1月31日
【イベント】2018年12月25日 大抽選会

 

 

≫≫目次に戻る

西武園ゆうえんち WHITE LANTASIA(埼玉県)

※画像はイメージ

「雪と氷の世界」をテーマに初開催

西武園ゆうえんちでは、「イルミージュ」に変わり、巨大で美しい造形が特徴の「ランタン」を使用した「光の祭典」を初開催。

「雪と氷の世界」をテーマに趣向を凝らした、中国で最も有名な四川省自貢市の最大4mのランタンをメインに約200個の造形が立ち並ぶ関東初の光の演出を行う。波のプールエリアでは、極地の海洋を表現。大波や氷山の中、ホッキョクグマやペンギン、クジラなどの極地に暮らす生き物たちが勢ぞろいする。

そのほか「雪に包まれる深い森」や「雪にまつわる伝説の獣たち」、「雪の女王の住む古城」を各エリアで展開する。

【開催期間】2018年11月10日~2019年3月3日※11月10日~1月7日・2月1日~3月3日は毎日、1月11日~1月27日は金~日・祝日のみ(予定)

東武動物公園 ウインターイルミネーション2018-2019(埼玉県)

音楽と映像、光が融合した光のライヴ空間

約300万球の光が園内を彩るウインターイルミネーションは今年で10年目を迎える。

関東最大級の大型LEDビジョンと音楽と光の演出が人気のライブイルミネーションをはじめ、音楽に合わせて光が動き出す長さ50mの光のトンネル「ミュージックBOX」など、見どころが満載。開催10周年を記念した新演出も登場予定だ。

動物とイルミネーションのコラボや夜のアトラクションもおすすめ。

【開催期間】2018年10月27日~2019年2月11日※10月・11月は土日祝と11月14日(埼玉県民の日)のみ、1月7日~2月11日は土日祝のみ
このスポットの詳細を見る(施設HPへ)

5.東海・北陸のおすすめイルミネーションスポット

東海・北陸のおすすめイルミネーションスポットをピックアップしてご紹介します。

香林坊地区ツリーファンタジー(石川県)

金沢のメインストリートが人と光でにぎわう

金沢の目抜き通り、香林坊交差点から武蔵町方面の歩道約250mの両側のケヤキ36本が11万個の電球で飾られ、通り全体が鮮やかなイルミネーションに包まれる。

ケヤキ36本のうち2本は「雪吊り」に電飾される。雪吊りとは兼六園で行われるのが有名な金沢の冬の風物詩で、重い雪から木を守るため円すい状に縄を張るもの。

ケヤキの枝ぶりを活かしたイルミネーションと金沢ならではの雪吊りのイルミネーション、それぞれの美しさを楽しみたい。

【開催期間】2018年11月1日~2019年2月17日

輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」(石川県)

幾重にも重なる千枚田の幻想的な光

小さな田んぼが約1000枚幾何学模様を描いて海岸まで続く「白米千枚田」を、2万5000個のLEDが彩る壮大なイルミネーションイベント。

「あぜのきらめき」は、太陽光パネルが充電できないほど辺りが暗くなると点灯し、天候や日没の時刻により点灯時刻が異なる。日没の約15分後が点灯時刻の目安で、4時間後には徐々に消えていく。LEDが30分ごとに色を変えながら灯る夜の千枚田は実に幻想的。

すべて太陽光により光るイルミネーションは、自然エネルギーのすばらしさを感じさせる。

【開催期間】2018年10月13日~2019年3月10日

木曽三川公園センター・冬の光物語(岐阜県)

広大な公園に巨大イルミネーションスポットが出現

木曽三川公園は愛知、岐阜、三重の3県にまたがる日本一大きい国営公園。その中にある木曽三川公園センター全体を彩るイルミネーションは冬の風物詩となっている。

公園全体を50万球以上の電球で飾り付け、ダイナミックで幻想的なイルミネーションを展開。その中でも大花壇一面を覆う「グラウンドイルミネーション」は大迫力だ。

幻想的な「シャンパングラスツリー」などファンタジックな演出もいっぱい。高さ65mの展望タワーからは園内の光り輝くイルミネーションを一望することができる。

【開催期間】2018年11月23日~2018年12月31日
【イベント】2018年12月9日 サンタクロース記念撮影会

 

ひかりのすみか 時之栖イルミネーション2018-2019(静岡県)

華やかな美と幻想的な空間の両方を堪能できるイルミネーション

17回目を迎える「ひかりのすみか」。注目は、来場者数120万人を突破した「王宮の丘」の噴水ショー。

今年はレーザーと音楽を融合した「マルチメディアショー」として生まれ変わり、最高到達点は日本一の高さ150mまでバージョンアップした。

敷地中央に位置する長さ約450mの「光のトンネル」は、華やかで美しいプリンセスがパーティに参加する一夜のストーリーを表現。

また、企業や学校が制作したアイデア満載のイルミネーションエリア「富士山ヒカリの国フェスティバル」はブルーの色をモチーフに楽しく個性的に仕上がっている。

【開催期間】2018年10月27日~2019年3月17日
【料金】大人(中学生以上)1500円・小学生800円・幼児無料※小学生以下は要保護者同伴

 

鈴鹿サーキット ガーデンイルミネーション(三重県)

みんなで楽しめる、鈴鹿サーキットならではのイルミネーション

鈴鹿サーキットホテルガーデンエリアを約15万球のLED電球が彩る「鈴鹿サーキット ガーデンイルミネーション」。

ガーデン中央には鈴鹿サーキット国際レーシングコースをかたどったイルミネーションが登場。ボタンを押すと光がコース上を走り抜ける仕掛けになっているので、家族みんなで競争しよう!

また、ゆうえんちモートピア内のウェルカム広場には、フォトスポットとして大きなクリスマスツリーを設置。鈴鹿サーキットのキャラクター・コチラファミリーのクリスマスショー「コチラのクリスマスハート工場」なども開催する。

【開催期間】2018年11月3日~2019年1月6日
【料金】小学生以上2300円※里内で使用できる1000円分の金券付
このスポットの詳細を見る(施設HPへ)

≫≫目次に戻る

 

 

 

※掲載の情報は2018年10月~11月の調査・取材によります。情報は変更となる場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をお確かめください。

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 

×
×