>  >  >  >  >  >  乗鞍高原ハイキング!一の瀬園地の美しい水辺の景色を楽しもう

乗鞍高原ハイキング!一の瀬園地の美しい水辺の景色を楽しもう

乗鞍高原ハイキング!一の瀬園地の美しい水辺の景色を楽しもう

一の瀬園地の草原風景や池、滝など水辺の景色が楽しめるコース。ミズバショウやレンゲツツジが咲く時季など、乗鞍高原の四季折々の植物も見どころ。

目次

  • 一の瀬園地コースについて知ろう
  • 一の瀬園地コースを歩いてみよう
  • ショートコース40分 ミニハイキング

一の瀬園地コースについて知ろう

美しい水辺を巡る高原一周コース
一の瀬園地内のレストハウスネイチャープラザ一の瀬からスタート。渓流沿いを歩くと白樺に囲まれたあざみ池に到着。林道を抜け、ゆるやかな坂道を越えると現れるのがねじねじの木だ。すぐ先の展望所から牛留池を眺めよう。再び山道へと戻り、右に分岐してしばらく下ると左手に善五郎の滝が姿を現す。豪快な水音をBGMにアップダウンの続く道を進み滝見橋を渡れば、ゴールへつながる白樺の小径にたどり着く。

コースポイント
◎4月下旬のミズバショウから7〜8月の山野草までの花の多い時期がおすすめ。
◎歩きやすい平坦な道だが、善五郎の滝近くは急な坂道が続くので注意しよう。
◎晴れた日には、牛留池では乗鞍岳が池の水面に映る「逆さ乗鞍」が撮影できる。

コースDATA

【コースMAP】 ※拡大できます

歩行時間:約2時間30分
歩行距離:約5.5km
体力:★☆☆
テクニック:★☆☆
トイレ:2カ所

【START】ネイチャープラザ一の瀬
↓ 徒歩15分
①あざみ池
↓ 徒歩50分
②ねじねじの木
↓ 徒歩すぐ
③牛留池
↓ 徒歩25分
④善五郎の滝
↓ 徒歩1時間
⑤白樺の小径
↓ 徒歩すぐ
【GOAL】ネイチャープラザ一の瀬

問い合わせ
・乗鞍高原観光案内所 0263-93-2147
・松本市アルプス山岳郷 0263-94-2221
・飛騨乗鞍観光協会 0577-78-2345

【おすすめ地図アプリ】
山と高原地図ホーダイ


実踏調査に基づいた見やすい地図が特徴の「山と高原地図」。事前に地図をダウンロードしておけば、電波の届かない山中でも使えるので安心です。
詳細はこちらをチェック>>公式HP

一の瀬園地コースを歩いてみよう

【Start】ネイチャープラザ一の瀬

【Start】ネイチャープラザ一の瀬

一の瀬園地散策の起点となるレストハウス。食事処や売店、レンタサイクル、バーベキューなど自然を楽しむためのサポートが揃う。

⇓ 徒歩15分

ネイチャープラザ一の瀬

住所
長野県松本市安曇4307-1
交通
松本電鉄上高地線新島々駅からアルピコ交通鈴蘭方面行きバスで53分、観光センター前下車、徒歩30分
営業期間
4月下旬~10月下旬
営業時間
9:00~16:00(閉園)
休業日
期間中無休
料金
入園料=無料/鉄板類のレンタル・薪セット(屋外のみ)=2500円/各種セット(ジンギスカンセット、ホルモンセット、ブタセット)=1650円/一の瀬牧場のソフトクリーム=350円/ソフトクリームパフェ=500円/野外場所代=1000円/

①あざみ池

①あざみ池
渡りの季節には、マガモやカルガモが訪れる

白樺林が湖面に映る静かな池
白樺の木々が水面に美しく映り込むことで知られる池。周囲にはベンチが多く置かれているので、ゆっくり自然を楽しめる。

<Point>一の瀬園地を代表する花
ミズバショウ(4月下旬~5月中旬)
乗鞍高原の春の訪れを告げる花。牛留池やどじょう池など、あちこちの湿地に白い花を咲かせる

レンゲツツジ(6月中旬~下旬)
一の瀬園地の草原をはじめ、乗鞍高原一帯を朱色に染める。乗鞍岳と緑の木々と花は絵になる風景。

⇓徒歩50分

②ねじねじの木

②ねじねじの木
触れることはできないが、近くまで寄ることはできる

くるりと輪を描く不思議な松の木
幹の途中から弧を描くように1周し、再び上に伸びている不思議な形をした松。自然が生んだ美しい造形を観察しよう。

⇓徒歩すぐ

③牛留池

③牛留池
5月下旬~6月下旬には、水草のミツガシワの花が咲きます

“逆さ乗鞍”は必見!乗鞍岳の景観スポット
乗鞍岳の噴火でできたくぼ地に水が溜まってできたといわれる池。池越しに眺める乗鞍岳が美しい。晴れた日には、水面に乗鞍岳が映る“逆さ乗鞍”が楽しめる。

⇓徒歩25分

④善五郎の滝

④善五郎の滝
釣り人「善五郎」がイワナを釣ろうとして滝壺へ引き込まれたという伝説が名の由来。駐車場から展望デッキまでは約20分

水しぶきを上げて流れ落ちる伝説の滝
落差21.5m、幅8mの壮麗な滝。乗鞍三名滝のひとつで、晴れた日の滝見台は滝の背後に乗鞍岳を望める絶景スポットとなる。

滝見台からの眺め

<Point>2カ所で滝を堪能
駐車場から徒歩15分で着く滝見台は、上から乗鞍岳と善五郎の滝を一望できる。滝の真下の展望デッキはそこから5分ほど遊歩道を下る。

⇓徒歩1時間

⑤白樺の小径

⑤白樺の小径
この小径を過ぎれば、スタート地点のネイチャープラザ一の瀬に戻ってくる

のんびりと歩きたくなる小径
道の両脇に生い茂る白樺の白と木々の緑のコントラストが素晴らしい。一の瀬園地は各所で白樺が見られるが、ここはとりわけ美しい。

⇓徒歩すぐ

【Goal】ネイチャープラザ一の瀬

ショートコース40分 ミニハイキング

3つの池をおさんぽ
ネイチャープラザ一の瀬の南側からスタート。点在する小さな3つの池を探訪するショートコースは、朝の高原の爽やかな空気を感じながらのハイキングがおすすめ。

偲ぶの池

偲ぶの池
水面をのぞけば、乗鞍岳が映り込む

一の瀬園地、座望庵駐車場からすぐ。草地の奥に湿原のような池が現れる。紅葉スポットとしても知られる場所だ。

まいめの池

まいめの池
水面は浅く、ところどころで底が見える

偲ぶの池の奥にあるひと回り大きい池。周囲の木々と青い空、乗鞍岳を映す水面の美しさは、時間を忘れて見とれてしまう。

どじょう池

どじょう池
開花シーズンには、水面の大半を花が覆うことも

車道へ戻り10分ほど南下すると右手に看板がある。周辺にはミズバショウの群生地があり、5月頃には白く美しい花が咲き乱れる。

<Point>紅葉の時季はこの木に注目!
一の瀬園地の南側、どじょう池近くに1本だけ立つ通称オオカエデ。毎年、紅葉の時季になると深紅に色づき、多くの観光客を魅了する。

乗鞍高原の紅葉の見ごろは10月中旬

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×