トップ >  東北 > 南東北 > 山形・蔵王 > 

高山植物と東北の名峰を望む大絶景!日本百名山、西吾妻山を歩く初夏の山旅【山と高原地図編集部】

山と高原地図 編集部

更新日: 2024年6月28日

高山植物と東北の名峰を望む大絶景!日本百名山、西吾妻山を歩く初夏の山旅【山と高原地図編集部】

山形県米沢市、福島県北塩原村にまたがる吾妻連峰、通称吾妻山。
東西20km、南北12kmの広大な面積を誇るものの、比較的なだらかな形状の山容が多いこの山域は、新緑・紅葉など四季折々の魅力にあふれるエリアだ。

今回はその最高峰であり日本百名山のひとつである西吾妻山、その頂からさらに南下し、大絶景を望むことができる西大巓(にしだいてん)を目指す、初夏の山旅にご案内。

執筆・写真:山と高原地図編集部 タカニシ

1.【天元台高原~北望台】ロープウェイとリフトで一気に標高を稼いで雲上の世界へ!

スタートは山麓、白布湯本駅。ここから天元台高原ロープウェイとリフトを乗り継ぎ山頂駅の北望台を目指す。
登山ポストはロープウェイ受付の傍にあるので、忘れずに登山届を提出していこう。

なお西吾妻山の登山バッジもここで購入できる。仮に買い逃してしまった場合でも、天元台高原オンラインショップで購入できるので安心だ。

ロープウェイの定員は20名。繁忙期には臨時運行もあるので安心。

ロープウェイは標高差430mをわずか6分で運行。天気が良ければ飯豊連峰の山並みをはじめ、米沢盆地を一望することができる。

ロープウェイを降りたら次は天元台高原スキー場の夏山リフト。しらかば、しゃくなげ、つがもりの名を冠するリフト3基を乗り継いでいく。

標高差510mを約40分かけて運行するこれらのリフトは「日本一長い夏山リフト」と言われているらしい。

足元には高山植物や樹木を楽しむことができ、贅沢な空中散歩。だがしかし・・・暑くてたまらない!

2.【北望台~人形石】身支度を済ませて、いざ登山スタート!

2.【北望台~人形石】身支度を済ませて、いざ登山スタート!

北望台についたら軽く身支度を済ませて、樹林帯へと歩みを進める。
初っ端からゴロゴロとした岩場の登りが続くのでまずはひと踏ん張り。一歩一歩慎重に進む。
時刻は10時過ぎ。じりじりと暑い日差しが木々の隙間から差し込み、額に汗が流れおちる。

石野原へと抜け出るとひときわ目立つ人形石が目に飛び込んでくる。大きな岩が3~4個ほど屹立しており、なんだか異質な存在感。休憩には十二分なスペースもあり、ここで小休止。

奇岩が並ぶ人形石。どこが人形なんだろう、角度の問題?付近では多くの人が腰を下ろして休憩中。

スペースの広い分岐地点では山と高原地図アプリでしっかり行き先方向をチェックしよう。

3.【人形石~西吾妻山】高山植物がまさに見ごろ!そして待ちに待った頂上の景色は‥?

人形石を越えると木道歩きがはじまる。
目の前には吾妻山の山容を捉え、木道脇にはワタスゲの群落、イワカガミ、チングルマとまさに高山植物が見ごろを迎えており、道行く登山者を魅了する。

ワタスゲの群落が風に吹かれ揺れている。青空に映える白い綿毛がかわいらしい。

大凹(おおくぼ)の水場を過ぎれば今日一番の急登がはじまる。道が狭まり、ゴロゴロした大きな岩場が連続する。足場をしっかり見定めて標高を稼いでいく。

不規則に並ぶ岩の急坂を登っていく。焦らず一歩ずつ慎重に。

急坂を登り切ったらご褒美タイム。多くの池塘群を抱く湿原地帯、いろは沼だ。
遠く続く山並みを目前に、ゆっくりと木道に沿って歩きながら息を整える。
少し立ち止まると、風が吹き抜けて火照った頬を冷やしてくれる。

梵天岩から見下ろすいろは沼。湿原帯の中を多くの登山者が往来している。

梵天岩を過ぎたら、山頂まではあと少し。
ここまで来たんだもの、せっかくならば山頂からの大展望を望みたい‥ところが残念。山頂は樹林に囲まれて展望は利かない。

ただせっかくなので山頂道標の下にある赤い看板をもって記念撮影をしていこう。休憩するスペースもないため、先を急ぐことにする。

山頂は樹林帯の中。突然現れる道標に拍子抜け?

4.【西吾妻山~西大巓】西大巓(にしだいてん)からの大絶景!東北の名峰を望む

山頂以降の分岐からは一度標高を落とすため、急な下り道を進んでいく。
鞍部はまさに高山植物の宝庫。たくさんの花々を横目に、西大巓へもう一度標高を上げていく。

目先には西大巓へと続く登山道。あの頂まで、もう少し!

標高1982mの西大巓からは東北の山々を望むことができる。南側には桧原湖や秋元湖といった裏磐梯高原の湖沼を携えた磐梯山、南東側には遠く安達太良山を見ることができ、振り返れば先ほどまでいた西吾妻山の全容がくっきり。

自分が歩んできた道のりを眺める、そんな贅沢なひと時を味わうことができるのも登山の醍醐味である。

振り返ると西吾妻山の山容と歩いてきた道が見える。写真左上付近、赤いカマボコ型の屋根は西吾妻避難小屋。

一通り景色を堪能したら帰りは来た道を引き返すが、同じ道ではつまらない。途中西吾妻避難小屋を経由する分岐を左に分け、吾妻神社に参拝して帰ることにする。
風雪を防ぐため重ねられた岩に囲まれた社殿に、改めて道中の安全登山を祈願していこう。

天狗岩の端に鎮座する吾妻神社。この日のぼりは下ろされていた。

帰りは北望台まで戻り、再びリフト・ロープウェイを乗り継いで天元台高原へと下りていく。
リフト山頂、北望台からの最終乗車時間は15:40なので乗り遅れることのないようにご注意を。

5.今回歩いたコースはこちら

5.今回歩いたコースはこちら

6.西吾妻山を【 山と高原地図 】で楽しもう!

本登山には、登山ルート・計画の作成や現在地の確認ができる「山と高原地図」アプリを使用した。

アプリには2種類あり、山と高原地図63エリア分の全国の登山コース情報をダウンロードし放題の「山と高原地図ホーダイ」と、1エリア分を都度課金してダウンロードできる「山と高原地図(コンテンツ課金版)」がある。

アプリ名称、アプリのアイコンも似ているので、間違わないように注意しよう。

アプリアイコン
アプリ名称山と高原地図山と高原地図ホーダイ
料金DL1回につき650円(税込)月額500円(税込)もしくは

年額4800円(税込)
※初回DLから7日間は無料

DLできる登山地図1回のDLで山と高原地図1エリア分をDL可能山と高原地図全63エリア分をDLし放題
登山計画作成機能×
ダウンロード

 

 

【もしもの時のために‥】紙地図も携行しよう!

リンク先での売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

南東北の新着記事

記事の一覧を見る

記事をシェア

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

『山と高原地図』シリーズは、1965年より毎年発行、登山を楽しむ方に長く親しまれ続けているロングセラー登山地図。
深田久弥による「日本百名山」をすべて収録し、主要な山岳エリアを網羅しています。
まっぷるトラベルガイドでは、登山、トレッキング、ハイキングに関する情報や、おすすめの登山ギアについて紹介していきます!