おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 愛知県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

愛知県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の愛知県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

愛知県

岡崎城下家康公夏まつり 第71回花火大会

写真提供:岡崎市

江戸時代から続く三河花火の歴史と伝統を堪能したい

三河花火の起源は江戸初期までさかのぼる。江戸幕府初代将軍・徳川家康が、その生誕の地である三河の若者を中心に鉄砲隊を編成。そして火薬の製造と管理を三河に限らせた。この「お国もの」の特権が三河花火のルーツとされている。そんな歴史と伝統を背景に、この花火大会は開催される。川面に浮かぶ情緒豊かな鉾船と岡崎城をバックに仕掛花火やスターマインなどが次々と夜空を彩る。三河花火の伝統的な水上花火である金魚花火も必見。水面の四方八方に赤・緑・銀の光がパチパチと音を立てて漂う。

開催地
愛知県乙川・矢作川河畔
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月3日
愛知県

濃尾大花火 一宮市・羽島市市民花火大会

20号玉が夏の夜空に炸裂!その迫力に暑さも吹き飛ぶ

愛知県と岐阜県の県境である木曽川をはさみ、両岸の一宮市と羽島市が共同で開催する花火大会。毎回好評を得ている大玉花火が次々と夜空を華麗に彩る。逆ナイアガラやスターマインなどが打上がる中で、尾張随一の大きさを誇る20号(二尺)玉は見ごたえ十分。護岸整備された河川敷からは、迫力ある大輪の花が堪能できる。色とりどりの花火が打上がる木曽川の川面には、まきわら舟が行き交って幻想的な世界をつくりだす。

開催地
愛知県起 濃尾大橋北 木曽川河畔
打ち上げ数
非公開
開催日
2019年8月14日
愛知県

ラグナシア 花火スペクタキュラ FLAME

ナイトプールに入りながら楽しめる大迫力の花火ショー

ラグーナテンボス ラグナシアのルナポルトエリアで行われる花火ショー。テクノとロックが融合したサウンドと照明、噴水、レーザーとコラボした壮大な花火が打上がる。花火ショーはナイトプール(ルナポルト)に入りながら観賞可能。こどもも入場でき、噴水ショーも間近で行われるのでおすすめだ。また、花火ショーはナイトプールに入らなくても園内から見ることもできる。

開催地
愛知県海陽町2-3 ラグーナテンボス ラグナシア ルナポルトエリア
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年7月6日・13日・14日・20日・27日~8月25日、9月14日・21日
愛知県

第43回春日井市民納涼まつり

景観の美しい公園から眺める風情ある花火

「春日井市民納涼まつり」のフィナーレを飾る花火大会。「日本の都市公園100選」にも選ばれている落合公園から、ミュージック花火やスターマインなどの花火が次々と夜空に打上げられる。また、誰もが参加できる盆踊り大会や、涼やかな空間を演出する氷の彫刻・風鈴コーナーなどのイベントのほか、豊富なメニューを取りそろえた夜店も出店する。荒天時は翌日に順延となるが、小雨の場合は予定通り開催する。

開催地
愛知県東野町 落合公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年7月27日
愛知県

御油夏まつり

勇壮な神輿行脚とバラエティに富んだ花火

旧東海道の宿場町に位置する豊川市御油町の御油神社。祭礼の一環として行われる夏まつりでは、厄男たちが神輿をかついで2日かけて町内を巡行する慣わしとなっている。1日目に御油神社を出発した神輿が御旅所に到着した後、手筒花火が奉納され、夜空に花火が打上がる。翌日、山車行列とともに神輿が神社に還った後、まつりを締めくくる花火が盛大に打上がる。松明の明かりに照らされながら道中を行く夜の神輿還御は特に勇壮。夏空に映えるさまざまな花火は圧巻だ。

開催地
愛知県音羽川河畔(御油橋付近)
打ち上げ数
手筒煙火約50本(3日)、打上げ花火3000発(2日間で)
開催日
2019年8月3日・4日
愛知県

武豊町制65周年記念事業 衣浦みなとまつり花火大会

色とりどりの花火が衣浦港を染める

衣浦海底トンネル開通と合わせて、1973(昭和48)年に始められた「衣浦みなとまつり花火大会」は、今年は町制65周年を迎える武豊町が主催。ロマンチックな夜の衣浦港でメロディ花火をはじめ、創作花火などバラエティに富んだ花火の乱舞が楽しめる。海面が七色にきらめく光景を楽しむなら岸壁近くで見物するのがおすすめ!

開催地
愛知県衣浦港武豊北埠頭
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年7月27日
愛知県

刈谷わんさか祭り2019・花火大会

見どころわんさか、笑顔もわんさか

夏の盛りに開催される「刈谷わんさか祭り」を盛り上げる、豪快で華やかな花火大会。早打ちや音楽に合わせて打上げられるスターマインなど、見どころ満載のプログラムで次から次へと夏の夜空に大輪の花を咲かせる。この「刈谷わんさか祭り」は、市民参加型のフェスティバル。市内の企業や団体が自慢の品を並べる「わんさかストリート」や、各種テーマブースでの展示、ステージでの催し物など内容も盛りだくさん。笑顔あふれる一日を家族や友人と過ごそう。

開催地
愛知県築地町荒田1 刈谷市総合運動公園
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月17日
愛知県

第51回豊田おいでんまつり花火大会

全国屈指の花火師により打上げられるこだわりの詰まった花火

豊田おいでんまつりのフィナーレを飾る花火大会。開幕を飾るオープニング花火をはじめ、全国屈指の花火師による創作花火、日本煙火芸術協会作品(打上げ&スターマイン)コーナーなどで大会を盛り上げる。また、勇壮な手筒花火や最大の目玉となる花火と音楽をシンクロさせたメロディ花火、フィナーレを飾るワイドスターマインと地上30mからの幅550mのナイアガラ大瀑布などが、感動の一夜を演出する。

開催地
愛知県白浜町 矢作川河畔 白浜公園一帯
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年7月28日
愛知県

第71回西尾・米津の川まつり

川面の万燈と夜空の花火がお盆の夜を美しく彩る

「西尾・米津の川まつり」は、戦没者や水難者の霊を慰めるために始められたお盆の行事。読経が流れるなか、矢作川に流された2000個の「万灯」が水面に揺れ、幻想的な雰囲気をかもし出す。夜空には単発やスターマインなどの花火が次々と打上げられ、まつりを大いに盛り上げる。圧倒的な迫力が見物客を魅了する花火大会だ。

開催地
愛知県米津町 矢作川米津橋下流
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月15日
愛知県

第37回蒲郡まつり 納涼花火大会

写真提供:蒲郡市

竹島を背景に壮大に打上がる正三尺玉は必見

2日間にわたって行われる蒲郡最大のまつり「蒲郡まつり」のフィナーレを飾る花火大会。蒲郡港の対岸ふ頭で打上げるため、海岸線一帯で観覧でき、蒲郡駅からも近くアクセスが便利なのもうれしい。一尺玉10発の一斉打ちで華やかに始まり、クライマックスは20時台後半からで正三尺玉と特大スターマインが打上げられ、圧巻の迫力だ。蒲郡のシンボル「竹島」も照らし出される。

開催地
愛知県港町 竹島埠頭(蒲郡市民会館南側緑地)
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年7月28日(蒲郡まつりは7月27日・28日)
愛知県

第40回日本ライン夏まつり納涼花火大会

国宝の犬山城をバックに繰り広げられる風情豊かな光の競演

木曽川(日本ライン)のほとりの小高い山の上にそびえる国宝・犬山城をバックに繰り広げられる花火のイリュージョン。木曽川河畔、犬山橋下流一帯を舞台に約3000発の花火が空高く打上がる。川に浮かべた小舟からはスターマインなど華やかな花火が闇夜を駆け上がり、美しい光の輪を広げていく。毎年多くの見物客が訪れ、会場は大いに盛り上がる。

開催地
愛知県犬山 犬山城付近木曽川河畔一帯
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月10日
愛知県

新城納涼花火大会

渓谷に響きわたる炸裂音の大迫力を肌で感じよう

日本のほぼ真ん中、新城市の中央を流れる豊川。その両岸に広がる桜淵公園で開催される花火大会。山間部というロケーションのため、花火の爆発音が谷間に大反響するのが圧巻だ。10号玉(予定)やスターマインなどの大玉が打上げられると、体が揺さぶられるほどの迫力を感じる。クライマックス前に行われる豊川に架かる幅200mの銀滝と大スターマインは、流れ落ちる光の滝が川面に反射して実に幻想的。自然が生み出す迫力、漆黒の夜空に咲く大輪の花、涼を感じさせる川音の見事なまでのハーモニーを堪能したい。

開催地
愛知県庭野 桜淵公園内
打ち上げ数
2000発
開催日
2019年8月13日
愛知県

第50回東海まつり花火大会

スターマインが次々と打上げられ迫力満点

前半は約10分おき、後半は約5分おきに打上げられるスターマインや大乱玉が迫力いっぱいの花火大会。3号玉から6号玉にも早打ちなどの趣向が凝らされており、体の芯まで震わす轟音、まぶしいまでの輝きが夏の暑さをしばし忘れさせる。今回は「光と音」を使った演出に加え、さらにグレードアップしたプログラムを企画。フィナーレには圧巻の大スターマインも登場する。会場である大池公園の北側道路には夜店がずらりと並び、浴衣姿の観覧客でにぎわう。

開催地
愛知県中央町 大池公園
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月10日
愛知県

田原祭り・五町合同花火大会

「からくり山車」で知られる伝統の祭りの花火大会

からくり人形をのせた山車(だし)で広く知られる田原祭りは、江戸時代に始まったとされる伝統の祭り。3台のからくり山車や趣向を凝らした神輿が練り歩き、夜は山車の上で子どもたちが手踊りを披露する。五町合同花火大会は田原祭りのフィナーレを飾り、勇壮な手筒花火や夜空を彩る打上げ花火、仕掛花火など多彩な花火が楽しめる。汐川沿いとはなのき広場がおすすめビューポイント。

開催地
愛知県田原町 はなのき広場および田原文化会館周辺
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年9月15日(田原祭りは9月14日・15日)
愛知県

第54回内海メ~テレ花火大会

美しい砂浜と豪華水中スターマイン

昼間は海水浴客でにぎわう内海海水浴場で開催される花火大会。誕生日・結婚祝などの「お祝い花火」をはじめ、大迫力の水中スターマインなど見どころ盛りだくさん。毎年盛大に行われ、多くの見物客を魅了し続けている。潮風に吹かれながらの夕涼みと、海上から打上がる色とりどりの花火を存分に堪能しよう。内海海水浴場のある千鳥ヶ浜海岸は弓状に広がる遠浅の海岸で、「日本の渚百選」にも選ばれている美しい浜辺。

開催地
愛知県内海 内海海水浴場
打ち上げ数
非公開
開催日
2019年8月17日
愛知県

元気の出る花火大会 in MIHAMA「トップPresents ビッグバン2019」

花火と音楽とレーザー光線がコラボ

愛知県美浜町で行われる知多半島最大の夏の祭典「美浜海遊祭(まるナツ!)」のメインイベントの1つとして、小野浦海水浴場で花火大会が実施される。海上にある台船から打上げられる花火は東海地区最大級の約1万8000発で、花火とレーザー光線、音楽、特殊効果による感動のひとときが堪能できる。会場では花火の前にアーティストによるライブも開催。また、駐車場から会場までシャトルバス(有料)を運行する「パーク&ライド」の利用が便利だ。

開催地
愛知県小野浦西川 小野浦海水浴場
打ち上げ数
約1万8000発
開催日
2019年8月24日
愛知県

デンパーク サマーフェスティバル

間近で見られる大迫力の花火ショー

四季折々の花に囲まれた安城産業文化公園「デンパーク」は、夏休み期間中「サマーフェスティバル」を開催。夏にぴったりの水遊びをはじめ、体験やイベントなどが盛りだくさん。8月10日~9月1日のお盆・土日祝の期間限定で21:00までナイター営業を行い、1日の締めくくりに花火ショーが行われる。音楽に合わせた大迫力の花火は夏の思い出づくりにぴったり。

開催地
愛知県赤松町梶1 デンパーク 水のステージ
打ち上げ数
約500発(各日)
開催日
2019年8月10日~18日・24日・25日・31日、9月1日
愛知県

第73回海の日名古屋みなと祭花火大会

名古屋港の夏の風物詩

「海の日名古屋みなと祭」を締めくくる花火大会。10号玉をはじめとした迫力満点の大玉花火連続打上げや、芸術性豊かな創作スターマインが夜空を彩る。フィナーレを飾るメロディー花火は、会場に多数設置されたスピーカーから流れる音楽とシンクロして打上がる。日中には筏師一本乗り大会やパレードなどのイベントが行われる。おすすめのビューポイントは、間近で観覧できるガーデンふ頭2号、3号岸壁のほか、ゆっくりと楽しめる名古屋港水族館南側緑地など。

開催地
愛知県港町 名古屋港ガーデンふ頭一帯
打ち上げ数
約3000発(昨年)
開催日
2019年7月15日
愛知県

豊橋祇園祭

戦国時代から続く伝統花火が、夜空に一気に噴き上がる

豊橋の手筒花火のルーツは戦国時代。今川義元の吉田城代・大原肥前守が手筒花火を吉田神社に奉納したことに始まる。五穀豊穣、無病息災を祈るためといわれているが、若者たちの度胸試しにもなっていたようだ。轟音とともにオレンジ色の火の粉が10mもの高さまで噴き上がるさまは迫力満点で、雨のようにふりしきる火の粉の中、仁王立ちの祭男たちが筒を抱える姿は勇壮かつ豪快だ。本年は7月19日に手筒花火が行われ、翌20日には吉田神社裏手の豊川河畔で打上げ花火が上がる。スターマイン・金魚花火など、色と光と音と煙の競演を楽しみたい。祭りは21日まで続き、頼朝行列や笹踊りなどが行われる。

開催地
愛知県関屋町 吉田神社境内(19日)、豊川河畔 吉田大橋~豊橋間(20日)
打ち上げ数
1万2000発(20日)
開催日
2019年7月19日・20日(豊橋祇園祭は7月18日~21日)
愛知県

第24回炎の祭典 ~炎の舞~

東三河地域伝統の手筒花火が一斉に上がる

手筒花火発祥の地である豊橋市の「炎の祭典」では、和太鼓の勇壮な調べに乗せて手筒花火を中心にスターマイン、仕掛花火など多彩な花火が楽しめる。愛知県東三河地域の手筒花火は、火薬を詰めた竹筒を抱え、火の粉を体に浴びながら打上げるもの。10本以上の手筒花火が一斉に10mの高さに噴き上がるのはほかにはない壮大なスケール。なお、手筒花火の会場である豊橋球場はチケットの購入が必要。

開催地
愛知県今橋町 豊橋公園内豊橋球場及び周辺一帯
打ち上げ数
手筒花火100本(1日あたり)
開催日
2019年9月14日・15日
×