おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 秋田県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

秋田県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の秋田県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

秋田県

第32回秋田市夏まつり雄物川花火大会

秋田市三大夏まつりとして市民に親しまれている花火大会

秋田県の南部を流れる雄物川の河川敷が舞台の花火大会。夏まつりは1988(昭和63)年、雄物川放水路通水50周年を記念して始まり、今年で32回目。近年では土崎港曳山まつり、竿燈まつりとともに、秋田市の三大夏まつりとして人気だ。日本煙火芸術協会有志の応援花火、4号から8号玉の打上げ花火、スターマイン、北日本花火興業による特大・超特大スターマインのほか、ミュージックスターマインや地元の中学生による「デザイン花火」も見ものだ。

開催地
秋田県茨島 雄物川河川敷 秋田大橋~羽越本線鉄橋
打ち上げ数
7500発
開催日
2019年8月11日
秋田県

第17回港まつり 能代の花火

能代の花火過去最大規模のエンタメコンサート花火SHOW!

令和元年記念花火として盛大に開催する今年のテーマは、「楽しくなければ能代じゃない!男子ingヒーロー!」。昨年の女性のテーマに引き続き、今年は男性にエールを送る。最大三尺玉を用い、力強く、パワーみなぎる演出は、能代の恵まれた打上げ会場をフル活用した、過去に例のないパワフルな光と音の競演。スターマインを中心としたワイド花火と音楽とのシンクロは、まるで野外コンサート会場のようだ。打上煙火業者は秋田県から北日本花火興業、小松煙火工業、和火屋、大久保煙火製造所、新潟県から阿部煙火工業。そして、長野県から伊那火工堀内煙火店が初エントリーして、能代の夜空を演出する。中でも、令和元年記念フィナーレは絶対に見逃せないプログラムだ。

開催地
秋田県川反町53-9 能代港下浜埠頭特設会場
打ち上げ数
1万5000発
開催日
2019年7月20日
秋田県

第96回増田の花火

秋風を感じながら豪華な花火を見上げる

回を重ねること今年で96回という、県内で最も歴史がある花火大会。今年、秋田県で開催される最後の花火大会だ。二尺玉をはじめ、正尺玉の早打ち、豪華なスターマインの5台同時打上げなど、大物の花火が仲秋の夜空を彩る。澄み切った空気をビリビリ震わせて響きわたる轟音や、花火がいくつも重なり合い、つくり出す複雑な模様の美しさには、しばし言葉を失ってしまう。

開催地
秋田県増田町増田 八木下川原
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年9月14日
秋田県

横手の送り盆まつり花火ショー

威勢のいいまつりと花火が横手の夜を盛り上げる

江戸中期の大飢饉のときに亡くなった人の供養のために、わらで作った舟を蛇の崎川原に繰り出したのが由来といわれるまつり。「サイサイ囃子」に合わせ、男衆がかつぐ舟が蛇の崎川原へ向かう。供養をすませた舟が蛇の崎橋の上でぶつかり合うとまつりはクライマックスへ。夜から始まる花火ショーは趣向を凝らした演出が見もの。打上げ場所と観覧位置が近く、光の粒ひとつひとつまで手に取るように観られる。夜空に広がる大玉の向こうには横手城の姿も見え、歴史ロマンを感じさせる。

開催地
秋田県蛇の崎川原
打ち上げ数
約1500発
開催日
2019年8月16日
秋田県

大館大文字まつり花火大会

大館市の夏の風物詩

大館市内を流れる長木川を舞台に行われる「大館大文字まつり花火大会」。大館市東方の鳳凰山で、1画目が120m、2画目が180m、3画目が150mの日本一の大きさと美しさを誇る「大」の字に火がともり、長木川では花火大会がスタート。「大」の火文字と大輪の花火が幻想的な夏の夜を演出し、「大館曲げわっぱ太鼓」の送り太鼓がまつりのフィナーレを飾る。会場では15:00から屋台村がオープンし、演舞やよさこい、盆踊りも開催する。

開催地
秋田県観音堂 長木川河川敷下町橋付近
打ち上げ数
約1800発
開催日
2019年8月11日
秋田県

男鹿日本海花火

約1万発の花火が男鹿の夜空を彩る

男鹿に縁のある有志が「男鹿に活力と夢を」と願って始めた「男鹿日本海花火」。花火を作る人と観る人、双方の気持ちを大切にし、万人に優しいイベントづくりを目指して今年で17回目を迎える。「幸せのエンターテインメント」を心待ちにして集まる市民や観光客の数は回を重ねるごとに増え続け、昨年の観客は19万人に。OGAマリンパークを会場に、テーマに合わせた約1万発の花火が夜空を彩る。最新情報は男鹿日本海花火公式ホームページをチェックしてみよう。

開催地
秋田県船川港船川 OGAマリンパーク
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月14日
秋田県

第42回雄勝大花火大会

小野小町に思いを馳せながら花火に酔いしれる

秋田県南部、山形県に接する湯沢市雄勝地区は小野小町の生誕地として知られている。小町が生まれたのは809(大同4)年のこと。幼くして才覚を発揮し、13歳の頃都へ向かったと伝えられている。その後の名声はあまりにも有名だが、故郷への思いが断ちがたく、36歳の時に帰郷。庵を結んで過ごした。小町ゆかりの場所は数多く残っている。そんな歴史ある街での花火大会は、役内川の河川改修記念として始まったもので、例年、連発・仕掛けなど多彩な花火が自然豊かな山あいの夜空を美しく染め、12万人もの観客を魅了している。

開催地
秋田県下院内ほか 役内川河川敷
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月8日
秋田県

第69回本荘川まつり花火大会

「癒しの川」から打上げられる、超特大スターマイン

子吉川の河川敷にある総合レクリエーション施設「ボートプラザアクアパル」の目の前、友水公園で開催される花火大会。スターマイン、ナイアガラ、仕掛花火、創造花火、4号玉早打ちなど約6000発の花火が夏の夜空を彩る。なかでも、フィナーレの音楽つきスターマインは見もの。花火と川音との相乗効果が楽しめる。灯篭流しも行われ、清流子吉川の川面に花を咲かせる。

開催地
秋田県北裏地 友水公園 ボートプラザアクアパル前河川敷
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年7月27日(予定)
秋田県

第35回日本海洋上花火大会

日本海を舞台に夜空と海面が鮮やかに染め上がる

道の駅「岩城」島式漁港公園を会場に開催される「日本海洋上花火大会」は、由利本荘市の夏の風物詩として親しまれている。花火は本州では初めての島式漁港の「道川漁港」から打上げられ、美しい砂浜と夏の夜空を彩る絢爛豪華な光と音の競演を楽しめる。なかでも、プログラムのフィナーレを飾る「超特大デラックススターマイン」は見ごたえ十分だ。

開催地
秋田県岩城内道川新鶴潟 道の駅「岩城」島式漁港公園
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年7月20日
秋田県

第93回全国花火競技大会「大曲の花火」

写真提供:大曲商工会議所

「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火

1910(明治43)年に始まり、途中一時中断はあったものの、今回で93回目の開催となる「大曲の花火」。ここで行われる「全国花火競技大会」は、いわば花火師日本一決定戦。内閣総理大臣賞や経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など数々の賞が授与されることから、全国の花火師たちの目標となっている。一流の花火師が熱く燃える花火芸術の最高峰をこの目で確かめてみたい。なかでも、注目の大会提供花火「ワイドスターマイン」は、1年をかけて製作するという力作だ。

開催地
秋田県大曲 雄物川河畔「大曲の花火」公園
打ち上げ数
約1万8000発
開催日
2019年8月31日
秋田県

第57回阿仁の花火大会と灯籠流し

阿仁川を彩る花火の迫力を体感

森吉山のふもと、阿仁河川公園で毎年8月16日に開催される花火大会。花火は阿仁川をはさんで対岸から打上げられ、山間に花火音が響きわたり迫力満点。夜空に開いた花火は華麗さと同時に力強さも感じさせてくれる。また、お盆の供養灯籠流しにちなんで千余個の絵灯籠も流され、灯籠の絵巻と山峡にこだまする花火との競演も美しい。

開催地
秋田県阿仁水無 阿仁河川公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月16日
秋田県

にかほ市花火大会~新時代への音と光のメッセージ~

節目の年に花火大会がリニューアル

1948(昭和23)年から始まった伝統のある花火大会。元々は、旧盆の送り火にあわせて始まった大会だ。昨年、70回記念の花火大会を行い、71回目となる今年は、花火大会の名称、開催日、花火の打上げ内容を一新。サブタイトルにもあるように、音楽に合わせて花火を打上げる「花火ショー」として生まれ変わる。日本海に打上げられるキラッと輝く花々をお楽しみに!

開催地
秋田県象潟町 象潟海水浴場
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月24日
秋田県

戸沢氏祭花火大会

昼は戦国時代にタイムスリップ、夜は花火の光に包まれる

かつて北浦地方を治めた武将・戸沢氏の勇姿を今に伝える「戸沢氏祭」。地元の人や歴史ファンに親しまれており、そのフィナーレとして花火大会が催される。日中の「お家行列」は、戦国時代さながらの甲冑の武将や着物姿の姫が練り歩く目にも楽しい行列。ほかにも川魚のつかみ獲りや郷土芸能大会などもあり、見どころたっぷり。夜には、にぎやかな盆踊りと約3000発もの花火が祭りの最後を締めくくる。大人も子どもも楽しめるお祭りに、家族みんなで出かけてみよう。

開催地
秋田県西木町門屋 桧木内川河川公園
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月16日
秋田県

第33回雄島花火大会

日本海に浮かぶ小島が舞台の光と音の競演

秋田県北西部に位置する緑豊かな八峰町八森の中浜海岸で開催される花火大会。海岸から約100m沖に浮かぶ小さな島「雄島」から約1000発(予定)が打上げられる。スターマインが海面に映え、花火と水面との光のコントラストが美しい。当日の17:15からはオープンセレモニーが始まり、会場は約2万人の観客でにぎわう。

開催地
秋田県八森 中浜海岸
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月15日
×