おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 青森県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

青森県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の青森県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

青森県

青森ねぶた祭協賛 第65回青森花火大会

青森花火大会実行委員会(合成写真)

ダイナミックな海上のねぶたと花火の競演

「ラッセラー、ラッセラー」の勇ましいかけ声、ねぶた囃子の音色とともに、はしけに揺られて姿を現すのは、極彩色の巨大な「ねぶた」の姿。青森港内の海上を、大きなねぶた6台が、ゆっくりと進んでいく。海上を行くねぶたのなかには、審査で最高賞の「ねぶた大賞」を受賞したものもあるという。目の前に繰り広げられる錦絵のような光景は、東北四大祭りの一つにふさわしく、まさに豪華絢爛という言葉がぴったりだ。この幻想的なひとときを、鮮やかな花火の数々がいっそう華やかに盛り上げてくれる。青森港に二尺玉が花開く瞬間を見逃さないで。

開催地
青森県安方 青森港 青い海公園、新中央埠頭
打ち上げ数
約1万1000発
開催日
2019年8月7日(青森ねぶた祭は8月2日~7日)
青森県

第71回浅虫温泉花火大会

東北の熱い祭りは夜空に響く爆音と光で始まる

温泉とレジャーの街・浅虫温泉を舞台に、青森県最大の夏祭り「青森ねぶた祭」の前夜祭を飾る花火大会。次々と闇に浮かび上がる光の輪が、海面にきれいに反射する。打上げ場所が海というロケーションならではの光景だ。浴衣姿で花火を楽しむ観客が、湯の街の風景にとけ込み、日本情緒豊かな花火大会を満喫できる。夜空に咲くスターマインを間近に見ることができ、迫力満点で楽しめる。

開催地
青森県浅虫 浅虫海浜公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月1日
青森県

第39回八戸花火大会

八戸の館鼻漁港に花火がはじける

尺玉をはじめ、多くの種類の花火が目と耳で楽しめる八戸花火大会。ダイナミックかつ艶やかな花火が夜空を盛大に染め上げる。海風を感じながらの「光と音の競演」は夏の醍醐味。今年も復興の象徴として、すばらしい大会を目指している。開催場所である館鼻漁港は東日本大震災で大きな津波被害を受けた岸壁。華やかな花火が東北の港の元気を全国に向けて発信する。

開催地
青森県新湊 館鼻漁港
打ち上げ数
5000発(予定)
開催日
2019年8月18日(予定)
青森県

第70回五所川原花火大会「水と光と音の祭典」

撮影者:馬渕雅之氏

夜空を昼間のように輝かせる300mワイドスターマイン

この花火大会の特徴はすべてがスターマインで構成されていること。なかでも見ものは、ワイドスターマインの一斉打上げだ。幅約300mにわたって、数多くの花火が同時に打上げられ、その美しさと迫力は一見の価値がある。また、様々なジャンルのテンポの良いBGMに合わせた、高さ10m近い噴水とライトアップの華麗な演出、花火とのコラボレーションにも注目したい。

開催地
青森県錦町 岩木川河川敷 北斗グラウンド
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月3日
青森県

令和元年十和田市夏まつり第62回花火大会

写真提供:十和田市観光協会

夏まつりの夜を彩る華麗な花火ショー

毎年8月14日に行われる花火大会。1958(昭和33)年から開催されており、市街地での花火大会としては、青森県南部最大規模を誇る。次々と打上げられる花火は圧巻だ。市役所前の歩行者天国にはたくさんの露店が並び、陸上競技場では迫力ある花火が見られる。また、14日(大会当日)には全日本大学選抜相撲大会が、15日には選抜高校相撲大会が開催され、市内は活気づく。

開催地
青森県西十三番町 十和田市陸上競技場
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月14日
青森県

第50回津軽花火大会

往く夏を惜しむ灯ろう流しと夜空の大輪

「ねぷた」でピークを迎えた津軽の夏は、この花火大会で終わりを告げる。今年は50回目の記念すべき節目の大会だ。幻想的な灯ろう流しに夏の思い出を込め、残された夏の情熱を振り絞るかのように、5000発の色とりどりの大輪の華が津軽平野の夜空を焦がす。北国の夏のフィナーレを飾るこの花火大会は、華やかさの中に潜む感傷的な趣で今年もまた津軽の人々を魅了する。

開催地
青森県藤崎 平川河畔 白鳥ふれあい広場
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月20日
青森県

つるたまつり花火大会

悲恋の姫君の想いを込めて、夏の夜空を焦がす

「つるたまつり」のラストを飾る花火大会。会場である津軽富士見湖には、恋に破れた白上姫の遺恨が白龍に化身したという悲恋の伝説が伝わっている。全国でも珍しい長さ30mのねぶた「龍神船」の湖上運航は、この伝説をもとにしたもの。夕暮れの湖上をゆっくりと進む姿はあでやかで美しく、とてもロマンチックだ。龍神船は中の島に御神火を運び、それを火種として花火大会が開催される。半円を描く水上花火が湖面を赤々と染めて、まつりは最高潮に達する。

開催地
青森県廻堰大沢 津軽富士見湖
打ち上げ数
2400発
開催日
2019年8月16日(つるたまつりは10日・11日・16日)
青森県

第52回東北町湖水まつり花火大会

アイデアにあふれた創作花火大会がユニーク

青森県の東に広がる小川原湖のキャンプ場を舞台に「東北町湖水まつり」は開催される。さまざまなイベントが目白押しの2日間は、およそ6万人の観光客でにぎわう。特に初日に行われる花火大会は、湖畔を彩る花火に歓声があがる。単発やスターマインのほか、湖上ならではの水中スターマイン、創意工夫あふれた斬新な創作花火などが毎年登場。次々と繰り広げられる光のページェントは感動的だ。

開催地
青森県大浦 小川原湖公園
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年7月20日(東北町湖水まつりは7月20日・21日)
×