おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 福岡県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

福岡県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の福岡県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

福岡県

おおむた海上花火大会

夏まつりのフィナーレを飾る花火大会

大牟田市最大のイベントである“おおむた「大蛇山」まつり”は、毎年7月の「海の日」の前後から8月上旬にかけて開催されるまつりで、おおむた海上花火大会はまつりの最後を飾る。今年も帝京大学福岡キャンパス駐車場を会場に、有明海から約8000発の花火が打上がり、大牟田の夜空を彩る。会場には屋台が並び、花火の打上げ前にはステージイベントなども行われる。

開催地
福岡県岬町 帝京大学福岡キャンパス駐車場
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年8月11日(おおむた「大蛇山」まつりは7月13日~15日・27日・28日、8月11日)
福岡県

第32回関門海峡花火大会

関門海峡の夜景をバックに本州と九州で同時開催

関門海峡をはさんで、北九州市門司区と山口県下関市の両都市共同で行われる、日本でも有数の規模を誇る花火大会。花火とシンクロさせた本格的な音楽花火など、両都市合わせて約1万5000発の花火が夏の夜空を彩る。西海岸の沖合300mの台船から競うように大玉が打上げられる、夜空を覆いつくすほどの大輪の花火は圧巻だ。じっくり観賞するなら環境整備協力席(当日席)や、特別協賛席(予約席)がおすすめ。

開催地
福岡県西海岸周辺
打ち上げ数
約1万5000発(門司側・下関側の合計)
開催日
2019年8月13日
福岡県

くきのうみ花火の祭典

Photo:M.SAKAMOTO

華麗な花火の音と光が心に響く、くきのうみ

「くきのうみ花火の祭典」は、地域の活性化と北九州港洞海地区の発展に寄与する目的で1986(昭和61)年から始まり、今年で34回目を迎える。洞海湾の台船上からの大玉10号をはじめとした打上げ花火や若松エルナードでの音楽花火、若戸大橋を舞台とした長さ260mの仕掛花火「ナイアガラ」を実施。また、ジャズの生演奏が行われ、演奏に合わせた音楽花火も打上げる。海上花火ならではのロケーションで、真上に打上がる大迫力の大輪の花火は見応え十分だ。

開催地
福岡県・戸畑区 洞海湾、若戸大橋周辺
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年7月20日
福岡県

わっしょい百万大花火

※画像はイメージ

会場と曜日を変更し、花火をパワーアップ!

今年の「わっしょい百万夏まつり」の花火は開催日を金曜に、さらに会場を駅からのアクセスが抜群の「ミクニワールドスタジアム北九州」に変更。打上げ数も約1万発(予定)に大増発し、音楽花火は約50分間にバージョンアップ!目玉は、海上に台船を並べ、スタジアムのピッチと同じ幅約100mから横一直線に打上げるワイドスターマイン。スタンド席の上段では、打上がる瞬間から花火の開花までを真正面で見ることができる。また、土曜・日曜も市内を代表するまつりが一堂に会する「夏まつり大集合」や、多くの市民が参加する「百万踊り」などさまざまなイベントを開催する。

開催地
福岡県浅野 ミクニワールドスタジアム北九州周辺
打ち上げ数
約1万発(予定)
開催日
2019年8月2日(わっしょい百万夏まつりは8月2日~4日)
福岡県

久留米市制施行130周年記念 第360回筑後川花火大会

西日本最大級!久留米の夜空を彩る鮮やかな華

水天宮奉納花火として始まった歴史ある花火大会で、2ヶ所から打上げられる花火約1万8000発と仕掛花火が、夏の夜空にあでやかに咲き乱れる。1650(慶安3)年に当時の久留米藩主・有馬忠頼公が、現在の水天宮の土地に社地、社殿を寄進してその奉祝行事に花火が打上げられたのが筑後川花火大会の起源とされている。今では西日本最大級の花火大会として、市内はもとより全国各地から大勢の人が訪れる、久留米の夏の夜を彩るビッグイベントとなっている。

開催地
福岡県瀬下町 水天宮河川敷(京町会場)、篠山城跡河川敷(篠山会場)、その他4会場
打ち上げ数
約1万8000発
開催日
2019年8月5日
福岡県

のおがた夏まつり2019

遠賀川を色鮮やかに染める花火

福岡県の中央を北に向かって流れる遠賀川。この河川敷で打上げられるのが「のおがた夏まつり」の花火。水面に映し出される約6000発の色とりどりの輝きに、しばし夏の暑さも忘れてしまう。この大会の見ものは、長い長いナイアガラ。長さ1000mにもなるというからその規模には驚きだ。打上げ場所から観覧席が近く、臨場感ある花火が楽しめるのが特徴だ。

開催地
福岡県直方 直方市役所前遠賀川河川敷 直方リバーサイドパーク
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年7月28日
福岡県

第98回遠賀川川開き 飯塚納涼花火大会

スピード感いっぱい、オートレースの花火パフォーマンス

一時中断をはさみつつも、1922(大正11)年から続く歴史ある花火大会。市街地にある遠賀川の河川敷で打上げられるため、間近で見られるのが特徴だ。約400mのナイアガラなど、仕掛花火は西日本トップクラスといわれるほどの大掛かりなもの。なかでも、例年、楽しみにしているファンが多いのが、飯塚オートレースのパフォーマンス。花火をつけたバイクが河川敷を疾走するというもので、そのスピード感と迫力は他では見られないすばらしさだ。

開催地
福岡県芳雄町 遠賀川中之島
打ち上げ数
約5000発(予定)
開催日
2019年8月1日
福岡県

第53回筑後船小屋花火大会

風情ある温泉郷の夜空を花火が彩る

JR九州新幹線筑後船小屋駅を囲む広大な県営筑後広域公園で開催される花火大会。間近で見ることができる7000発の花火はまさに圧巻。打上げ花火や仕掛花火でプロポーズを応援する人気イベント「花火でプロポーズ大作戦」は観客5万人の前で行われ、過去の成功率は100%!プロポーズに成功するとどんなサプライズが待っているかお楽しみに。

開催地
福岡県尾島 筑後広域公園内 船小屋温泉大橋西側一帯
打ち上げ数
7000発
開催日
2019年9月22日
福岡県

第64回大川花火大会(第13回大川市民夏まつり)

間近で見上げる迫力の花火

今年で64回目を迎える福岡県大川市の花火大会。今回は大川市民夏まつり内で開催する。大川市民夏まつりでは商店街が歩行者天国になり、出店が並び、ダンスや音楽などの催しが行われる。そして夜は国際医療福祉大学大川キャンパスでの大川花火大会。規模は小さいながらも、間近で打上がる花火は迫力があり、見ごたえがある。

開催地
福岡県榎津137-1 国際医療福祉大学大川キャンパス
打ち上げ数
未定
開催日
2019年8月3日
福岡県

行橋夏まつり“こすもっぺ”

イベント盛りだくさんの夏まつりを締めくくる花火大会

まつりの名称にある「こすもっぺ」とは、市の花「コスモス」と「いなかっぺ」をあわせた造語。行橋市の中央を流れる今川を舞台にした夏まつりだ。60店舗以上の出店がずらりと並ぶほか、市内各所に設けられたステージでイベントが開催される。まつりのラストを飾る花火大会は、河畔から打上げられた花火が水面に映え、見ごたえ十分。連続花火や仕掛花火、全長約200mのナイアガラなどが夏の夜空を彩る。今川河川敷から花火を間近に見ることができるのが魅力だ。

開催地
福岡県中央 市役所横 今川河畔
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年8月31日
福岡県

第67回豊前市みなと祭り

宇島漁港の夏の一大イベント。夜を華麗に彩る花火が見もの

大分県に程近い福岡県の東部、周防灘に面した豊前市はいろいろな海産物に恵まれている。宇島漁港には水産加工施設「うみてらす豊前」もあり、新鮮な魚介類を堪能することもできる。「豊前市みなと祭り」では、昼間は約50隻の漁船が大漁を祈って行進する「豊漁祭」などが行われる。祭りの見どころは、もちろん花火大会。水中花火など様々な花火が海上から打上げられ、宇島漁港の夜を華麗に彩る。

開催地
福岡県宇島 宇島漁港周辺
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月3日
福岡県

福津市納涼花火大会

「西日本の湘南」でにぎやかな夏の風物詩を楽しむ

福間海岸は西日本有数のボードセイリングのメッカであり「西日本の湘南」と呼ばれる地。白い砂浜が4kmにわたって続き、海岸通りにはしゃれたカフェが並び、デートコースとしてカップルに人気がある。海岸沖で打上げられる花火は、尺玉、海上スターマイン、音楽花火を含む5000発。夜の大海原に映り込む花火を間近に見られるのでその迫力を実感できる。音楽花火を楽しみたいなら有料観覧桟敷席がおすすめだ。また、少し離れた宮地浜・津屋崎から眺めるのも一興。毎年、福津市外からも数多くの見物客が訪れる。

開催地
福岡県ふくつの海岸(福間・宮地浜・津屋崎海岸一帯)
打ち上げ数
5000発
開催日
2019年8月4日
福岡県

宮若納涼花火大会

犬鳴川の上空に華を添える表情豊かな約3000発の花火

1年を通じてさまざまな伝統行事が行われ、まちづくりイベントも積極的に開催している宮若市。夏の「宮若納涼花火大会」は、犬鳴川河川公園を舞台に催され、ずらりと並ぶ出店が会場をにぎやかに盛り上げる。メインイベントの花火は、本城橋下流左岸堤防から約3000発が打上がり、夏空を美しく染める。当日は多くの見物客で混み合うため会場付近は交通規制がかかるので、車での来場は注意しよう。

開催地
福岡県本城 本城橋下流左岸堤防 犬鳴川河川公園付近
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月23日
福岡県

甘木川花火大会

夏の終わりを告げる花火と灯明流し

朝倉市を流れる小石原川の甘木橋周辺では、8月下旬に無縁仏などの霊に飲食を施す施餓鬼供養が催され、先祖供養、家内安全祈願をする伝統行事「流灌頂(ながれかんじょう)法要会」が行われる。花火大会では、約4000発(予定)の打上げ花火と200mの間にびっしりと置かれた仕掛花火が闇夜を華麗に彩り、小石原川に映える。また同日、千灯明流しも行われる。大勢の人々でにぎわう流灌頂が終わると、秋の空気が漂い始める。

開催地
福岡県甘木 小石原川 甘木橋下流
打ち上げ数
約4000発(予定)
開催日
2019年8月24日
福岡県

第43回みやま納涼花火大会

尺玉とフィナーレのミュージック花火が見逃せない

福岡県の南部に位置するみやま市。地元の夏のメインイベントとしてすっかり定着している「みやま納涼花火大会」は今年43回目を迎える。矢部川瀬高橋上流付近で開催され、打上げられる花火は約8000発。打上げ場所の対岸から観られるので迫力満点だ。尺玉やフィナーレのミュージック花火など見どころは盛りだくさんだ。

開催地
福岡県瀬高町 矢部川瀬高橋上流付近
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年7月20日
福岡県

あしや花火大会2019

見事に復活を果たした伝統ある花火大会

大正時代に始まったとされ、一時期中断したものの1950(昭和25)年ごろから本格的に再開し、現在に至る花火大会。その歴史と実績は県下でも3本の指に入るほどだ。響灘にそそぐ遠賀川の河口付近がメイン会場で、芦屋橋上流に浮かべた鉄船の上から休む間もなく連発の連続で見る人を飽きさせない。夜空をキャンバスに次々と大輪の花が開き、特に大玉(一尺玉)や水中花火は迫力満点でおなかの底から体感できる。遠賀川の両岸を渡る250mのナイアガラの滝も見どころのひとつだ。

開催地
福岡県山鹿 遠賀川河口一帯(芦屋橋上流)
打ち上げ数
7000発
開催日
2019年7月27日
福岡県

第35回遠賀町夏まつり

町民が一体となって楽しむ、素朴なふれあいイベント

遠賀町の名は、岡湊神社などに見られる「岡」が、奈良時代から次第に「おんが」と読まれるようになっていったことに端を発するとされている。遠賀川を中心に豊かな自然に恵まれた町の夏の風物詩である「遠賀町夏まつり」は、町の住民と観光客が一体となって、誰もが参加できる千人踊りなどを楽しめる。そして、単発や仕掛けを盛り込んだ花火約3000発が打上げられると、まつりの盛り上がりは最高潮に達する。

開催地
福岡県広渡 遠賀総合運動公園
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月24日
福岡県

そえだ花火大会

そえだの祭りで、花火を満喫!

福岡県の東南部に位置し、南方には九州北部の最高峰英彦山がそびえる添田町。豊かな自然の中で開催される添田町の夏の一大イベントが「そえだ花火大会」。ステージイベントなどが行われ、いよいよ花火の打上げがスタート。英彦山をバックに打上げられる花火は約5000発で、そのダイナミックな音と美しさが観客の心に迫る。間近で打上がる色とりどりの花火に観客からは歓声が上がる。

開催地
福岡県庄933 そえだサン・スポーツランド
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
福岡県

花火ファンタジアFUKUOKA2019

夏の夜を彩る花火と音楽の饗宴

福岡タワーがそびえるシーサイドももち海浜公園で開催される西日本最大規模の花火大会。洋上に打上がる花火は全長約1.5km・高さ最大450mのスケールを誇り、それは芸術花火そのもの。約1万2000発の花火と音楽の融合が楽しめる。特に、グランドフィナーレの6分半は5500発の花火が夜空を埋め尽くし、圧倒的な迫力。好みの場所を確保して感動の花火を体感しよう。

開催地
福岡県百道浜 シーサイドももち海浜公園(百道浜・地行浜)
打ち上げ数
約1万2000発
開催日
2019年8月7日
×