おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 岐阜県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

岐阜県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の岐阜県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

岐阜県

第63回 全国選抜長良川中日花火大会

写真提供:中日新聞社

選りすぐりの花火師たちが最高の花火を披露

清流長良川を舞台に全国から選りすぐりの花火師が集い、伝統技に裏打ちされた質・量ともに最高の花火を披露する花火大会。昼の部は音と煙の花火がメインとなり、花火気分を盛り上げる。夜の部は、オープニングスターマインで幕を開ける。日本煙火芸術協会の特別作品銘品集、感謝の花火「感佩(かんぱい)の華」、オリジナルスターマイン、ナイアガラなど盛りだくさんのプログラムだ。創作スターマインコンクールでは、会場で作品を審査できるネット投票を実施する。ちゅうはな(中日花火情報)のサイトから投票ができる。

開催地
岐阜県長良川河畔、長良橋下流~金華橋上流
打ち上げ数
非公開
開催日
2019年7月27日
岐阜県

祝“令和“元年記念「第74回全国花火大会」

写真提供:岐阜新聞社

真夏の長良川河畔を舞台に感動の花火絵巻!

大会のテーマは「ライジング」。今年の大会は新元号の「令和」となって初の夏を迎え、日の出のまぶしい明かりのように、新たな光が注ぐ輝かしい時代の幕開けを光と音の競演で表現する。午前9時から大会を告げる5号玉の号砲ではじまり、正午からの昼の部は雷音や号砲、午後6時からの薄暮の部は、4号玉、3号夜玉を打上げる。メインとなる午後7時30分からの夜の部は、スターマインと約200mのワイドスターマイン、特大スターマインなどを右岸・左岸から豪快に打上げ華やかに開幕。そして午後8時ごろからは清流長良川を横断する約300mのナイアガラの滝花火が川面を照らし、その後、午後8時40分ごろまでスーパーワイドスターマインなどの多彩な花火絵巻が、岐阜城を背景にした長良川河畔で繰り広げられる。

開催地
岐阜県長良 長良川河畔(長良橋~金華橋間)
打ち上げ数
非公開
開催日
2019年8月3日
岐阜県

手力の火祭・夏

写真提供:岐阜市

夜空にも地面にも轟音が響きわたる、豪壮な火の祭典

この祭典は、毎年4月の第2土曜に、市内の手力雄神社で行われている「手力の火祭(本祭)」を、8月第2日曜に長良川河畔で再演するもの。流れ落ちる「滝花火」の中を、威勢のいい裸男が担ぐみこしが乱舞する。そのみこしに仕掛けられた花火に火の粉が引火し、夏の夜空に向かって火柱が一気に噴き上がる。炎が躍動し、大地の鼓動が聞こえてくるような勇壮な祭典だ。また、打上げ花火を地上で爆発させる「地割れ花火」は本祭にはなく、夏限定。半球状に花火が広がる様子は見応え十分。

開催地
岐阜県長良福光田ヶ脇地先 長良川公園 長良橋北詰下流河川敷
打ち上げ数
打上げ花火ではないので公表なし
開催日
2019年8月11日
岐阜県

第63回大垣花火大会

圧巻のワイドスターマインに注目

岐阜新聞・岐阜放送主催としては、岐阜市の長良川で開催される全国花火大会に次ぐ伝統、規模を誇る花火大会。新元号「令和」の新型文字(ローマ字)花火と幅300mのワイドスターマインでスタート。大垣市は俳人・松尾芭蕉の奥の細道のむすびの地であり、今年が紀行330年にあたり、これにちなんだ幅330mの「スカイ・ナイアガラ」、県内最大級の幅400m、高さ200mの光の壁で覆い尽くす「ワイドミュージックスターマイン」など次々と展開。フィナーレは黄金のシャワーで夜空を染める金冠の連続でゴージャスに締めくくる。

開催地
岐阜県東町地内 揖斐川河川敷
打ち上げ数
非公開
開催日
2019年7月27日
岐阜県

第11回関市民花火大会

刀都・関市の夏の夜空を彩る

700年あまりの伝統を持ち、刀鍛冶のまちとして栄え、「刀都」と呼ばれた岐阜県関市の夏の風物詩で、津保川河畔を彩る中濃地域最大級の花火大会。趣向を凝らしたスターマインや超特大スターマイン、音楽とコラボしたミュージック花火など、豪華絢爛なプログラムで観客を魅了している。60分間で約7000発の花火が堪能できる。

開催地
岐阜県稲口 津保川河畔(稲口橋下流)
打ち上げ数
約7000発
開催日
2019年8月13日
岐阜県

第60回美濃源氏七夕まつり みずなみ祈願大花火大会

盛大な七夕まつりをさらに盛り上げる大迫力の花火

瑞浪市は戦国武将・美濃源氏土岐氏発祥の地。土岐一族の「何者も恐れず自由大らかに振る舞うバサラの心意気」に由来するバサラ踊りをはじめ、陶器フェスタや大道芸、ライブなどが3日間繰り広げられる大規模なまつりが「美濃源氏七夕まつり」だ。岐阜県下一を誇る盛大な七夕まつりの夜を飾るのが、中日に行われる「みずなみ祈願大花火大会」。打上げ会場のすぐそばで見られる大迫力の花火には、ひとつひとつに人々の「いのり」がこめられている。しっかりと目に焼きつけたい。

開催地
岐阜県総合文化センター前 土岐川河川敷
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月10日(美濃源氏七夕まつりは8月9日~11日)
岐阜県

濃尾大花火 羽島市・一宮市市民花火大会

迫力の20号玉が夏の夜空に炸裂する

岐阜県と愛知県の県境である木曽川をはさみ、両岸の羽島市と一宮市が共同で開催する花火大会。さまざまな種類の大玉花火が次々と夜空を華麗に彩る。大好評の逆ナイアガラやスターマインなどの花火による光と音の大競演が繰り広げられる。なかでも大会の目玉である20号(二尺)玉は、東海地区最大級の大迫力で見るものを圧倒する。羽島市を代表する夏の風物詩をぜひご堪能あれ!

開催地
岐阜県正木町 濃尾大橋北 木曽川河畔
打ち上げ数
未定
開催日
2019年8月14日
岐阜県

下呂温泉花火ミュージカル夏公演

いで湯の里・下呂温泉で壮大なライブショーが開演

日本三名泉の一つ下呂温泉で、8月1日から4日間にわたって開催される「下呂温泉まつり」。その3日目の夜を飾るのが「下呂温泉花火ミュージカル夏公演」だ。世界一の花火師たちが丹精を込めて作り上げた数々の花火をさらに盛り上げるため、演出にコンピュータを駆使。クラシックや話題の曲など様々な音楽に合わせ、花火を華麗に打上げる仕組みだ。花火と音楽が織り成す壮大かつ華やかなライブショーを楽しもう。観覧場所は、しらさぎ緑地公園(幸田側)、下呂大橋上、下呂駅北西付近が人気だが、宿によっては温泉に浸かりながら花火を見ることができる。

開催地
岐阜県幸田 飛騨川河畔 下呂大橋上流飛騨川河川敷(しらさぎ緑地公園)
打ち上げ数
1万3000発
開催日
2019年8月3日(下呂温泉まつりは8月1日~4日)
岐阜県

飛騨金山花火大会

天生の美女「黄金姫」にまつわる夏まつり

下呂市金山町で地元に伝わる「黄金姫(こがねひめ)伝説」をテーマに行われる「飛騨金山夏まつり」での花火大会。毎年8月13日に開催され、スターマインや小型煙火、乱玉など、迫力ある花火が間近で見られるのが特徴。この日は一般から選ばれた「黄金姫」が町内をパレードし、「横谷峡 滝まつり」も行われ、イベント盛りだくさんの1日となる。

開催地
岐阜県金山町 金山橋付近
打ち上げ数
8000発(小型煙火を含む)
開催日
2019年8月13日
岐阜県

いびがわの祭り ありがとう花火

住民の生活を潤す揖斐川に感謝の気持ちを伝える花火

揖斐川の水利・水運を祈願して行われる花火大会。あらかじめ募集した願い事や揖斐川への感謝の気持ちをメッセージシールにして花火に貼って打上げることから「ありがとう花火」と呼ばれている。10号玉やスターマインなどの人気花火が数多く登場し、夏の夜空と揖斐川の川面を華麗に染め上げ、歓声が湧きあがる。花火大会のほか、バザーなども開催される。

開催地
岐阜県地内 揖斐川河川敷(前島橋上流)
打ち上げ数
約6500発
開催日
2019年8月3日
岐阜県

第26回根尾川花火大会

根尾川を舞台に繰り広げられる光と音の競演

根尾谷の淡墨ザクラで知られる本巣市と、日本一のバラ苗生産地・大野町とで共催する花火大会。本巣市と大野町の境を流れる美しい根尾川の河畔を舞台に、光と音の競演が繰り広げられる。特大スターマインや、3号から8号玉を中心とした迫力満点の花火約6000発が打上げられ、川面をキラキラと彩る様子が人々を魅了する。

開催地
岐阜県根尾川 薮川橋上流
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月10日
岐阜県

さかほぎ祭り2019 爆裂大花火

名勝・木曽川を舞台にした絢爛豪華な花火大会

木曽川沿いにある坂祝町の夏の風物詩「さかほぎ祭り」では、会場に屋台が軒を並べ、ステージイベント、盆踊り等が開催される。祭りの一環として行われる花火では、絶え間なく打上げられる大輪の花が、夜空と木曽川を鮮やかに染め上げる。打上げ場所から至近距離で見られる迫力と、周りを囲む山々に響く爆裂音を楽しめるのがこの花火大会の特徴だ。

開催地
岐阜県取組 木曽川河川敷
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年7月27日
岐阜県

第43回川辺おどり・花火大会

ダム湖に花開く水中スターマインと特大スターマインが美しい

米田富士の名でも親しまれる愛宕山と飛騨川の自然が美しい川辺町の花火大会は、毎年多くの見物客が訪れる人気イベント。川辺おどりと同時開催で行われる打上げ花火は、ダム湖に浮かべた3基のイカダから次々に空に舞い上がり、きらびやかな華を夜空に咲かせる。周りの野山に反響する音がより一層迫力ある光景を演出し、湖面に映る花火が幻想的な風景をかもし出す。ボートから火のついた花火を落とす水中スターマインや特大スターマインは見応え十分だ。

開催地
岐阜県中川辺 川辺町役場周辺
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月10日
岐阜県

多治見市制記念花火大会

夏の夜空を彩る多治見の一大イベント

「多治見市制記念花火大会」では、毎年テーマに沿った色とりどりの花火が土岐川河川敷から打上げられる。コミュニティFM局とのコラボレーションによるミュージック仕掛花火や、思いを込めて打上げるハートのメッセージ花火、クライマックスの特大スターマインなどが主な見どころ。また、協賛席では大迫力の花火が楽しめる(ただし席数に限りがあり)。

開催地
岐阜県土岐川河畔(陶都大橋~国長橋)
打ち上げ数
未定(例年は約4500発)
開催日
2019年8月4日
岐阜県

第48回恵那納涼水上花火大会

恵那峡の夜空を彩る大スターマイン

木曽川の流れをせきとめて造られた大井ダム周辺の景勝地、恵那峡で開催する花火大会。ダム湖上に浮かべた3基の台船から打上げられる大スターマインなど約2000発の花火が湖面に映え、迫力満点の大音響が渓谷に響き渡る。湖上で花開く水中花火も見どころのひとつ。打上げ前には放生会・灯篭流しも行われ、幻想的な夜が楽しめる。

開催地
岐阜県大井町 恵那峡さざなみ公園周辺
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年7月27日
岐阜県

おん祭MINOKAMO2019 夏の陣

歴史ある宿場町・太田宿の夏の風物詩

1994(平成6)年にスタートした「おん祭MINOKAMO」は、夏の陣(花火大会)と秋の陣(太田宿中山道まつり)があり、市民主導型で企画・運営している美濃加茂市最大のイベント。夏の陣は、木曽川緑地ライン公園が会場となり、勇壮な和太鼓演奏で祭りがスタート。迫力満点の約3500発の花火が夜空に打上がる。特にフィナーレのスターマインの連続打上げは迫力満点。花火終了後には、盆踊り大会が盛大に行われ、会場は大いに盛り上がる。

開催地
岐阜県太田本町 木曽川緑地ライン公園
打ち上げ数
約3500発
開催日
2019年8月3日
×