おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 北海道のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

北海道のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の北海道のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

北海道

2019道新・UHB花火大会

写真提供:北海道新聞社

札幌の夏といえば、やっぱり豊平川の花火大会!

札幌市街を流れる豊平川で打上げられる唯一の花火大会で、夏の幕開けを彩る大会だ。趣向を凝らした創作花火など、3部構成の多彩なプログラムで見物客を魅了する。打上げ場所は豊平川の河川敷。川面に映る花火も風情がある。特にラスト近くの盛り上がりは素晴らしい迫力で、会場は拍手喝采。市民も観光客も一緒に盛り上がる。

開催地
北海道南13条西1付近 豊平川河川敷 南大橋~幌平橋
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年7月26日
北海道

モエレ沼芸術花火2019

国内最高峰の花火師たちの技が集結

国内最高峰の花火師たちの玉を贅沢に組み合わせた、ノンストップの芸術花火プログラムが繰り広げられる「モエレ沼芸術花火」。広大なモエレ沼公園の奥行きや、「大地の彫刻」ともいわれる起伏をいかし、他の花火大会では見られない立体的な3D展開が楽しめる。滞空時間、残存光を計算に入れ、1/30秒単位でコントロールされる花火は音楽のリズム・メロディー・楽器・歌詞・ボーカルに合わせて演出。男女や世代を問わず愛される名曲と相まって、深い感動のひとときを堪能できる。

開催地
北海道モエレ沼公園
打ち上げ数
約1万8000発
開催日
2019年9月7日
北海道

ティーバイティーガレージPRESENTS 第9回真駒内花火大会

道内最大級!光と音と炎の花火ショー

花火・音楽・照明・炎をシンクロさせた北海道最大級の花火大会。全国の花火競技会で内閣総理大臣賞を何度も受賞している「紅屋青木煙火店」や、多くのテーマパークの演出を手掛け、数々の国際コンクールでの受賞歴を誇る「丸玉屋」が今年も参加。また、フィナーレは紅屋青木煙火店による日本最高峰の花火を披露する。夜空に描かれる光のアートで、最高の時間を満喫しよう。

開催地
北海道真駒内公園3-1 真駒内セキスイハイムスタジアム
打ち上げ数
約2万2000発
開催日
2019年7月6日
北海道

第54回湯の川温泉花火大会

湯の川の夏を締めくくるロマンチックな花火大会

湯の川温泉で行われる夏を締めくくる花火大会。夏の終わりを惜しむように盛大に打上げられる花火は、水面に映え、見ごたえ十分だ。海岸沿いはもちろん、近くの高台から眺めるのもいい。函館ではちょうどこのシーズン、イカ漁が最盛期を迎える。はるか沖合に等間隔に並ぶ漁船の灯りが、ロマンチックな風情をかもし出している。

開催地
北海道湯川町ほか 湯の川温泉
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月17日
北海道

函館開港160周年記念 函館港まつり協賛 第64回道新花火大会

写真提供:北海道新聞社

函館最大のまつりを盛り上げる色鮮やかな花火

「函館港まつり」の初日の夜を彩る花火。ワイドスターマイン、仕掛花火、水上花火などが打上げられ、カラフルな絵巻を繰り広げる。会場で見るのもいいが、函館山から見下ろすのもおすすめ。夜景と花火の両方を同時に楽しめる。もともとは、1934(昭和9)年の函館の火災で沈んだ人々の心を明るくしようと始まった「函館港まつり」。趣向を凝らした衣装で市民が踊る「ワッショイはこだて」など楽しいイベントが目白押しだ。

開催地
北海道大手町ほか 函館港一帯
打ち上げ数
未定
開催日
2019年8月1日(函館港まつりは8月1日~5日)
北海道

第53回おたる潮まつり 道新納涼花火大会

小樽の夏が熱く燃える熱気あふれるまつりのメインイベント

海への感謝と、郷土小樽の発展を全市民あげて祈念する「おたる潮まつり」。潮ねりこみ、神輿パレード、潮太鼓など、とにかく熱気あふれるイベントが目白押しの3日間だ。まつりの初日と最終日を飾る花火大会はスターマインなどを中心に豪華絢爛。打上げ場所が市の中心部に近いので広い範囲で見ることができ、天狗山、平磯公園、毛無山展望所などからも遠望できる。

開催地
北海道港町 小樽港第3号ふ頭基部
打ち上げ数
約3000発(2日間合計)
開催日
2019年7月26日・28日(おたる潮まつりは7月26日~28日)(予定)
北海道

“音と光のファンタジー”花火 in KAGURA 31

子どもたちに夏の思い出を残す幻想的な音と光のショー

旭川市の夏の風物詩として行われる“音と光のファンタジー”花火 in KAGURAは、1989(平成元)年より始まり今年31回目を迎える。約3000発(予定)の多種多様な花火が音楽に合わせて打上げられ、夏の夜空を彩る。会場では、フラメンコや地元のダンスグループの競演が行われるステージイベントのほか、大型LEDディスプレイによるステージ中継や企業広告など、多様な情報発信を予定。また、当日はちびっこ消防士体験をはじめ、ヨーヨー釣りや射的、スイカ割りなど懐かしい縁日と露店が30店舗ほど出店し会場はにぎわう。

開催地
北海道神楽 両神橋上流河川敷 せせらぎ公園
打ち上げ数
約3000発(予定)
開催日
2019年8月14日
北海道

旭川夏まつり 第67回道新納涼花火大会

提供:北海道新聞社

毎年大勢の人でにぎわう石狩川河畔の花火大会

北海道の天井とも形容される大雪山の峰々を遠くに眺める旭川市。盆地でもあることから夏場の気温は30度以上になることも珍しくない。夏の風物詩である「旭川夏まつり」の初日の夜に開催される花火大会は、石狩川の河畔から約4500発の花火を打上げる。第1部「グランドショー」、第2部「デラックスショー」、第3部「グランドフィナーレ」の3部構成で、多彩なスターマインや創作花火が見ものだ。旭川の夜空を染める花火が毎年たくさんの見物客を魅了する。

開催地
北海道石狩川河畔 旭橋~新橋間
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年8月1日(旭川夏まつりは8月1日~3日)
北海道

第61回釧新花火大会

写真提供:釧路新聞社

新釧路川にうるわしい姿を映す、北海道屈指の花火

新釧路川鳥取橋上手緑地公園を会場に約8000発の花火が打上げられ、スケール、内容ともに道内でも有数の規模を誇る花火大会。花火は河川を挟んだ正面の河川敷で打上げられる豪快さが魅力だ。「ドーン!」という大きな音が響くと、夜空に花火が大きく広がり、川面が花火の色に染まる。今年の花火大会も道内最大級の約1000mのナイアガラからスタート。昨年、第60回を記念し従来の600mから400m延長したもので、新釧路川に架かる鳥取橋と鶴見橋、2本の橋の間いっぱいに流れ落ちる花火の滝は壮観。また、河川敷で繰り広げられるスターマインや音楽花火などのワイドな打上げは、観客の目を引き付ける。

開催地
北海道昭和町1 新釧路川 鳥取橋上手緑地公園(右岸、鳥取側)
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年8月16日
北海道

第16回釧路大漁どんぱく花火大会 ~道新・光と音のファンタジー~

写真提供:北海道新聞社

まさに釧路の秋の風物詩!大迫力の三尺玉に歓声!

2004(平成16)年にスタートした「釧路大漁どんぱく」。今年も、ステージイベントや「どんぱく屋台」で秋の味覚を楽しむことができる。この祭りをさらに盛り上げてくれるのがこの花火大会。スターマインをはじめ、道内唯一の三尺玉の打上げや、台船からの打上げなどが企画されている。北海道ならではの味覚と、秋の夜空を彩る美しい花火を一度に堪能できるのがうれしい。素敵な初秋の一日を過ごそう。

開催地
北海道幸町ほか 釧路川河口付近
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年9月14日(釧路大漁どんぱくは9月13日~15日)
北海道

十勝毎日新聞創刊100年記念 第69回勝毎花火大会

十勝から発信するエンターテインメント花火ショー

広々とした十勝川河川敷特設会場で開催される、花火・照明・音楽のコラボによる圧巻の花火ショー。内陸に位置する十勝の夏は、夜になると一転し涼やかな風が心地良く、毎年道内外から多くの人々で盛り上がりを見せる。スターマインの連射や、見どころである勝毎花火大会の代名詞「錦冠(にしきかむろ)」は、見上げる夜空から黄金の花火が降りそそぎ、感動のグランドフィナーレを締めくくる。

開催地
北海道東2条北ほか 十勝大橋下流400m付近、十勝川河川敷特設会場
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月13日
北海道

第30回道新十勝川花火大会

北海道新聞社提供「第29回道新十勝川花火大会(2018年)」

十勝の夜空を彩る大玉、大スターマインを満喫

帯広の夏を締めくくる花火大会。市民が楽しみにしているイベントの一つだ。今年もたくさんの花火が十勝の夜空を華麗に染め上げる。ダイナミックな早打ちや大玉、スターマインなど多彩なプログラムが見どころで、十勝川河畔から轟音を響かせ、連続して打上げられる花火はどれも迫力満点。夏の思い出に、この感動を間近で楽しもう。

開催地
北海道大通北2周辺 十勝大橋下流 十勝川河川敷
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月24日
北海道

第65回もんべつ港まつり オホーツク花火の祭典

オホーツク海を望む港町を盛り上げる、華麗な花火の祭典

紋別市の夏の祭典「もんべつ港まつり」では、「オホーツク樽みこし渡御」や「郷土芸能 紋別流氷太鼓」など様々なイベントが3日間にわたって行われる。中日となる土曜の夜には、紋別港から豪快で華麗な花火が打上げられる。仕掛花火やスターマインなど、夜のオホーツク海を美しく彩る花火は、北海道の短い夏を惜しむかのようにきらめき、色鮮やかな光が港を包み込む。

開催地
北海道港町 紋別港第1埠頭
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年7月27日(もんべつ港まつりは7月26日~28日)
北海道

第42回恵庭三四会納涼花火大会

涼やかな夏の夜空に瞬くスターマインやナイアガラは必見

毎年多くの人でにぎわう「恵庭三四会納涼花火大会」。恵庭駅から徒歩15分の多目的広場には、飲食店の屋台が立ち並び、明るいうちから大抽選会などさまざまなイベントが催される。メインは3400発の花火。ナイアガラや色鮮やかなスターマインなどが絶え間なく上がり、祭りを盛り上げる。なお、駐車場がないため、公共交通機関を利用しよう。

開催地
北海道桜町 桜町多目的広場
打ち上げ数
3400発
開催日
2019年7月27日
北海道

第110回大沼湖水まつり

大沼に映える灯ろうと花火が織りなす美しさが魅力

「大沼湖水まつり」は、1906(明治39)年、地元の住職が灯ろうを湖面に流し、湖の水難者を供養したのがはじまり。一時中断したが1913(大正2)年に復活、以来連綿と続いている、今回110回を迎える伝統あるまつりだ。スターマインをはじめ、広々とした夜空に打上げられる花火は、灯ろうの浮かぶ湖面にもパッと大輪の花を咲かせ、あたりを幻想的な雰囲気に変えてしまう。日中はステージイベントなども行われる。

開催地
北海道大沼町 大沼国定公園広場
打ち上げ数
2000発(2日間で)
開催日
2019年7月27日・28日
北海道

第51回北海ソーラン祭り 第61回花火大会

ニシン漁の町に夏の到来を告げる打上げ花火

毎年7月上旬に行われるビッグイベント「北海ソーラン祭り」。余市は、かつてニシン漁で活気に沸いた町。北の海での厳しい労働と、豊漁の喜びを力強く表現している『正調ソーラン節』の発祥の地でもある。祭りは、漁船団をイメージした北海ソーラン太鼓の演奏とソーラン踊りで始まり、露店などで大いに盛り上がる。祭りの締めくくりは、やはり花火だ。仕掛花火や、打上げ花火の乱れ打ちなど、夜空に次々と開く大輪の花火は、かつてのニシン漁のにぎわいを彷彿させる。

開催地
北海道港町 余市港内
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年7月7日(北海ソーラン祭りは7月6日~7日)(予定)
北海道

かみふらの花と炎の四季彩まつり 花火大会

まつりのフィナーレを盛り上げる夏の一大イベント

毎夏たくさんのラベンダーが咲く美しい時期に開催される「かみふらの花と炎の四季彩まつり」。イベント会場の日の出公園では、日中から様々な催しが行われる。まつりのフィナーレは、ラベンダーがそよぐ特設会場から打上げられる花火。夏の夜空に散りゆく色彩豊かな花火が美しい。また、十勝岳の安全を祈る祈願祭も見どころのひとつだ。

開催地
北海道日の出公園
打ち上げ数
1500発
開催日
2019年7月14日
北海道

かなやま湖湖水まつり花火大会

湖面を飾る大ナイアガラが迫力満点

山並みに囲まれた南富良野町の中心にある、かなやま湖が夏まつりの舞台。幻の魚と呼ばれる「イトウ」の棲息地としても有名で、富良野地方で湖畔にラベンダーが咲き誇るのはここならでは。湖水まつりが開催される湖畔のキャンプ場は規模、施設面から道内でも人気が高い。爽やかな夜空を彩り、湖面を照らす花火は3000発で、フィナーレを飾る700mの大ナイアガラは圧巻だ。

開催地
北海道東鹿越 かなやま湖畔キャンプ場
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年7月27日
北海道

はぼろ花火大会

キャンプをしながらでも楽しめる潮風が心地いい海辺の花火

水平線に沈む夕日と利尻富士のシルエットが美しい羽幌町のはぼろサンセットビーチ。夏は海水浴やキャンプなどを楽しむ人たちでにぎわうこの場所をいっそう盛り上げるのが、はぼろ花火大会だ。夜空の星を散らすように次々と放たれる打上げ花火が、漆黒の海面に乱反射する光景は圧巻。仕掛花火や水上花火など約3000発の花火が楽しめる。潮風を浴びながら、キャンプをしながら、思い思いに夏の風物詩を満喫しよう。

開催地
北海道港町 はぼろサンセットビーチ周辺
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月27日
北海道

第37回まるせっぷ観光まつり

蒸気機関車も走る森林公園の夏の一大イベント

道央にそびえたつ大雪山の北東に位置する遠軽町丸瀬布。町の中心からさらに山の奥へと入った森林公園いこいの森では、北海道遺産である森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」が黒煙を上げて走り、近くには昆虫生態館や日帰り温泉などがある。「まるせっぷ観光まつり」は2日間にわたり開催され、初日の夜には、単発、連発を含めた色とりどりの花火が約3000発打上げられる。山にぐるりと囲まれた森林公園いこいの森で行われるので、音がこだまして迫力満点だ。興奮と感動、臨場感あふれるサウンド効果と光の演出に目が離せない。

開催地
北海道丸瀬布上武利 森林公園いこいの森
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月3日(まるせっぷ観光まつりは8月3日・4日)
北海道

第47回めまんべつ観光夏まつり 水上花火大会

短い北の夏を彩る水中仕掛花火

大空町女満別はオホーツク地方の「空の玄関口」となる空港があるところ。自然豊かな網走湖では、夏はヨット、カヌー、しじみ採り、冬は氷上わかさぎ釣りなどが楽しめる。夏まつり初日の大空町最大の夏のイベントが「水上花火大会」。スターマインや水中花火など色鮮やかな花火が湖面や夜空を幻想的に彩る。砂浜から近い場所から上げられる水上花火、水中仕掛花火は、その大きさ、響き渡る音とともに迫力満点。2日目は、しじみのつかみ取りなど各種イベントが行われる。特に「北海道ドラゴンボート競技会」は各チームが豪華賞金を目指し熱戦を繰り広げる。その熱戦はいくつもの感動的なドラマをつくり出し、観客も手に汗をにぎる。

開催地
北海道女満別湖畔
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月3日(めまんべつ観光夏まつりは8月3日・4日)
北海道

第38回洞爺湖ロングラン花火大会

ホテル・旅館に居ながらも花火を堪能できる

「ロングラン」の名にふさわしく、4月28日から10月の終わりにかけて、半年間繰り広げられる花火大会。春から秋まで季節によって違った趣があるので、何度も訪れて比べてみるのもいい。8月の夏祭り開催期間中は露店も出て、多くの人でにぎわいを見せる。1日の打上げは、20分間に約450発。湖に浮かべた船上から、次から次へと大輪の花を夜空に咲かせる。水面に映る花火と、夜空の花火は、どちらも甲乙つけがたい美しさ。水面で扇形に広がる水中花火や、花火観賞船から見る花火もいい。今年は7月21日に水中花火108連発が行われ、大迫力の花火が楽しめる。

開催地
北海道洞爺湖温泉 洞爺湖畔
打ち上げ数
約450発(1日あたり)
開催日
2019年4月28日~2019年10月31日
北海道

第13回新ひだか夏まつり 静内川花火大会

競走馬のふるさとをにぎやかに彩る花火大会

日高山脈を背後にした新ひだか町は、競馬ファンなら誰もが知っている競走馬のふるさと。この自然豊かな新ひだか町で開かれる夏の祭典を、多彩なイベントやフィナーレの花火大会が演出する。夜空を鮮やかに彩る花火は、見る者のまつり気分を最高に盛り上げ、短い北の夏に華を添える。間近でしか味わえない感動と興奮を満喫しよう。

開催地
北海道静内青柳町地先 静内川右岸緑地公園
打ち上げ数
未定(昨年は1050発)
開催日
2019年8月12日(予定)
北海道

鹿追町花火大会

真下から見上げる迫力満点の花火は忘れられない思い出に

鹿追の町の夏の風物詩となっている花火大会。然別川河川敷(河川公園パークゴルフ場)を会場に、小型花火やスターマインなど4000発の花火が夜空を焦がす。会場には味覚コーナーもあり、夕方から多くの人出でにぎわいをみせる。観覧席が近く、至近距離で打上がる花火は格別。豪快で美しい光のショーを間近で楽しむことができる。素敵な夏の思い出づくりに、家族で、友人同士で、誘い合わせて出かけよう。

開催地
北海道鹿追 然別川河川敷(河川公園パークゴルフ場)
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年7月20日(予定)
北海道

第64回十勝港まつり「第31回十勝港海上花火大会」

十勝の夏を満喫できる夏の一大イベント

広尾町の十勝港で行われる海上花火大会は、十勝管内の港では唯一の花火大会として親しまれている夏の一大イベント。花火の前には、地元サークルのパフォーマンスやステージイベント、よさこいソーラン演舞がにぎやかに披露され、屋台やバザーに集まる人で埠頭が活気づく。夜は海上を鮮やかに照らすスターマイン、中国花火、水上花火など、夜空に映える美しい光のシャワーがまつりのクライマックスを盛り上げる。

開催地
北海道会所前6 十勝港第4埠頭
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月3日
北海道

まくべつ夏フェスタ2019

広々とした公園に打上がる花火を満喫

幕別町は帯広市に隣接する町で、雄大な十勝川が流れている。たくさんの人でにぎわう、夏の一大イベント「まくべつ夏フェスタ」は、豪華景品が当たる大抽選会など様々なアトラクションとともに露店も多く人気が高い。アトラクションや露店などは13:00から始まるので、花火の前に存分に楽しんでおこう。祭りのフィナーレを飾る花火大会は、十勝川に流れ込む猿別川に面した広大な幕別運動公園を会場に開催される。単発、スターマインなど3000発と昨年強風で打上げられなかった6発が夜空をカラフルに染め上げ、夏の訪れを告げる。

開催地
北海道寿町 幕別運動公園特設会場
打ち上げ数
3006発
開催日
2019年7月14日
北海道

本別きらめきタウンフェスティバル2019 東十勝花火大会

初秋の風を感じながら眺める花火

初秋の一大イベントである「本別きらめきタウンフェスティバル」は、様々な秋祭りが一本化して1997(平成9)年に始まった。今年は8月31日と9月1日に開催予定。初日の夜には「東十勝花火大会」が祭りを盛り上げ、単発、スターマインなど6000発の花火が初秋の空を染める。2日目も「うまいもの市」や「ばん馬レース」(予定)などイベントが目白押しだ。

開催地
北海道北 利別川河川敷特設会場
打ち上げ数
6000発
開催日
2019年8月31日(本別きらめきタウンフェスティバルは8月31日・9月1日)(予定)
北海道

第40回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会

広い夜空に、大きな花火が打上げられる

町の端から端まで、車で走っても1時間はかかってしまうほど広々とした北の大地、足寄町で開催される、今年で40回目の「足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会」。思わず笑顔がこぼれる「仮装盆踊り大会」(賞金つき、当日参加可能)や「子ども盆踊り大会」、「お楽しみ抽選会」なども予定されている。「両国花火大会」は、イベントのハイライトとして、足寄町の夜空を盛大に彩る花火大会。デジタルリンク(コンピュータ制御)を駆使した、エンターテインメント性の高い構成となっている。

開催地
北海道南1条 利別川河川敷 町民センター前
打ち上げ数
約8000発
開催日
2019年8月15日
北海道

ルスツリゾート 夏休みスペシャル花火大会

巨大サーチライトと花火が繰り広げる大迫力の花火ショー

さまざまなアクティビティが楽しめる「ルスツリゾート」では、夏休み期間中に毎日花火大会を開催。音楽とシンクロする約1200発の花火と10km先まで照らす巨大サーチライトの演出は、まさにイリュージョン。他に類を見ない仕掛けと大迫力のスペシャル花火は圧巻だ。毎日連続でのロングラン開催だが、2つのパターンを日替わりで打上げるため、連泊してもそれぞれ違う花火を楽しめるのがうれしい。

開催地
北海道泉川13 ルスツリゾート ハイランドロッジ前・サンサンフィールド
打ち上げ数
約1200発(各日)
開催日
2019年7月13日・14日・25日~8月25日
北海道

第48回あかびら火まつり 市民花火大会

火をテーマにしたイベントの締めくくり

1972(昭和47)年に始まった「赤平市民祭り」がルーツの「あかびら火まつり」。かつて石炭産業が盛んだったことにちなみ、火をテーマにしたイベントが2日間にわたり行われる。初日はタイマツの火を持ったランナーが市内各地からメイン会場へ集結し、火文字焼きに点火。火ひょっとこ踊りなどが行われる。2日目のメインイベントは市民花火大会。音楽に合わせた花火など約5000発が赤平の夜空を彩る。中でも、5ヶ所から打上げるワイドスターマインの錦冠は花火が空から降り注ぎ、迫力満点だ。

開催地
北海道東大町3 赤平市コミュニティ広場
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年7月14日(あかびら火まつりは7月13日・14日)
×