おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 岩手県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

岩手県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の岩手県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

岩手県

盛岡花火の祭典

楽しい花火がいっぱい!盛岡の夏を思いっきり楽しもう

盛岡広域圏最大級を誇り、夏の夜空を華麗に彩る音と光の幻想的な演出による花火大会。プログラムは4部構成でバラエティに富み、1万発以上の花火の打上げは、全国の花火師による競演やノンストップの連続花火、仕掛花火など、さまざまな趣向を凝らした内容となっている。中でも、感動のフィナーレは必見。臨場感あふれる花火の祭典をぜひ会場で体感してみたい。

開催地
岩手県都南大橋下流北上川河畔
打ち上げ数
1万発以上
開催日
2019年8月11日
岩手県

つなぎ温泉御所湖まつり

湖を幻想的に浮かび上がらせる花火大会

御所湖(ごしょこ)は盛岡市の西、雫石町との境にある人造湖で、そのほとりに広がるのが「つなぎ温泉」。「つなぎ温泉御所湖まつり」はダムの完成と東北新幹線が盛岡まで開通したことを記念して1982(昭和57)年に始まった。伝統ある盆踊りなどが行われるまつりをさらに盛り上げる湖上花火は、目前の湖面から打上げられ迫力満点。湖面に鮮やかな水中花火が映える。宿で早めの食事を済ませ、下駄ばきで観賞するのがおすすめだ。

開催地
岩手県繋 つなぎ温泉 御所湖畔
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月28日
岩手県

第31回石鳥谷夢まつり

子どもから大人まで楽しめる地域密着の花火大会

北上川のほとりにある大正橋公園(石鳥谷水辺プラザ)で開催される「石鳥谷夢まつり」は、子どもからお年寄りまで地元の人達が結集して盛り上げるイベント。毎年、会場を囲むように並べられた夢行灯70基の明かりが、夏の夜を幻想的に演出している。メインとなる花火はスターマインなど3部構成で打上げられ、アトラクションなども登場する。

開催地
岩手県石鳥谷町好地 北上川大正橋上流大正橋公園(石鳥谷水辺プラザ)
打ち上げ数
7000発
開催日
2019年8月13日
岩手県

イーハトーブフォーラム2019 光と音のページェント 花火ファンタジー

宮沢賢治の理想郷、イーハトーブを彩る打上げ花火

宮沢賢治は故郷の岩手を理想郷になぞらえ「イーハトーブ」と呼んでいた。賢治の精神を次代の子どもたちに伝えようと始まった夏のイベントが「イーハトーブフォーラム」。夜空を彩る花火大会「光と音のページェント」では、華麗な花を北上川の上空に咲かせる。ナイアガラやスターマインなどの多彩な花火が打上げられると、あたりの山々は豪快な音に震え、北上川は七色の光を映し出す。まるで銀河と北上川が交わるかのような幻想的な光と音の世界が繰り広げられる。

開催地
岩手県高木 北上川河川敷(朝日橋~朝日大橋)
打ち上げ数
7000発
開催日
2019年8月24日
岩手県

田瀬湖湖水まつり 水・空中花火大会

山々にこだまする花火の炸裂音が迫力満点、水中花火も必見

国土交通省・林野庁が主催する「森と湖に親しむ旬間」にあわせて開催される「田瀬湖湖水まつり」。名物「水・空中花火大会」は、毎年多くの観客が訪れる人気のイベントだ。田瀬湖を囲む山々にこだまする花火の炸裂音は迫力満点で、湖面に映える水中花火の美しさも一見の価値がある。色とりどりの3500発の光の花が湖の夜空を鮮やかに彩る美しさは、夏の夜の素敵な思い出となるだろう。個人メッセージ付きの「あなただけの記念花火」も毎年好評だ。

開催地
岩手県東和町田瀬 田瀬白土地区特設会場
打ち上げ数
3500発
開催日
2019年7月27日
岩手県

第58回北上・みちのく芸能まつり トロッコ流しと花火の夕べ

トロッコ灯篭と花火の見事なコントラスト

東北地方有数の規模を誇る花火大会が「北上・みちのく芸能まつり」の最終日を飾る。打上げられた尺玉は夜空に大輪の花を咲かせ、あたり一面を七色に染める。花火は、毎年異なるテーマを設定し、そのテーマに沿った花火、音楽、ナレーションの総合演出がこの花火大会の特徴。音楽と花火との融合「フルシンクロ創造花火」は芸術的だ。また、北上川では約360年の伝統がある「トロッコ灯篭」が1万灯流され、その幻想的な光景には、時が経つのも忘れてしまう。「北上・みちのく芸能まつり」期間中は市内各所で民俗芸能の公演が繰り広げられる。

開催地
岩手県立花 北上川河川敷 珊瑚橋下流
打ち上げ数
非公表
開催日
2019年8月4日(北上・みちのく芸能まつりは8月2日~4日)
岩手県

第29回遠野納涼花火まつり

山々に囲まれた盆地ならではの音の響きが迫力満点

東北地方の旧盆の最後の夜に開催される「遠野納涼花火まつり」は、早瀬川の河川敷にあるグラウンドを会場に、約5000発の花火が花開く。花火は華々しく夜空を彩り、その音は遠野盆地に響きわたる。空と水面で七色に輝く光と、山々にこだまする音がつくりだす臨場感は迫力満点だ。普段は静かなこの町も、お盆には帰省した人たちでにぎわう。鮮やかに大輪の花を咲かせる花火を心ゆくまで楽しもう。

開催地
岩手県上組町ほか 早瀬川河川敷
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月15日
岩手県

かわさき夏まつり花火大会2019

一関市川崎町の「おらが自慢のでっかい花火大会」に注目

一関市川崎町で行われる夏まつりの花火大会は、地域の人たちが力を合わせて開催する、別名「おらが自慢のでっかい花火大会」。打上げ予定数は約1万発。二尺玉をはじめ、名物の「水中花火」などの大輪を打上げ、観客が楽しめるような大会を目指す。また、マスコットキャラクター「かわたまドン太くん」が花火大会をPRする。

開催地
岩手県川崎町 北上大橋周辺
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月16日
岩手県

第68回一関夏まつり 磐井川川開き花火大会

七夕飾りの揺れるなか花火の光が天まで焦がす

「一関夏まつり」の初日を飾る花火大会。「川開き」には、1947(昭和22)年とその翌年の台風による犠牲者の鎮魂の意味も込められている。東北屈指のスケールを誇る花火は、スターマインをメインに多彩なラインナップで打上げられ、ダイナミックに光を躍らせ夜空を彩る。3日間にわたり行われる「一関夏まつり」では、「くるくる踊り」やパレードが繰り広げられ、七夕の竹飾りや吹き流しが飾られる。

開催地
岩手県磐井川河川公園周辺
打ち上げ数
約1万発(スターマイン約50組)
開催日
2019年8月2日(一関夏まつりは8月2日~4日)
岩手県

前沢夏まつり

間近で見られる尺玉やスターマインの大迫力

北上川の豊富な水と肥沃な大地が「前沢牛」を育む、奥州市前沢。「前沢夏まつり」は42歳の厄年連による踊りなどがあり、納涼花火大会で締めくくられる。打上げ場所から観覧場所までが300mほどの距離なので、尺玉のはじける音を体全体で感じることができる。スターマインも観客の目線より高い堤防から打上げられるので、ほぼ真下から眺められる。

開催地
岩手県前沢阿部舘 前沢いきいきスポーツランド
打ち上げ数
3000発(昨年実績)
開催日
2019年8月16日
岩手県

奥州水沢の花火大会

ファンタジックな真夏の夜を演出する花火

水沢競馬場で開催される「奥州水沢の花火大会」は「奥州水沢夏まつり」の最後を飾る一大イベント。県下有数の打上げ発数を誇るこの大会には、県内外から多くの見物客が訪れてにぎわいを見せる。会場にはポップな音楽が流れムードも満点。超特大のスターマインや様々な趣向を凝らした創造花火など、大輪の花が夜空を彩り、ファンタジックな真夏の夜を演出する。

開催地
岩手県水沢姉体町阿久戸1-2 水沢競馬場
打ち上げ数
9000発
開催日
2019年8月7日(奥州水沢夏まつりは8月3日・7日)
×