おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 鹿児島県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

鹿児島県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の鹿児島県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

鹿児島県

2019桜島火の島祭り

命の源、活火山「桜島」の麓で打上げられる大輪の花

鹿児島市の東方約3.8km、錦江湾に浮かぶ活火山で、霧島錦江湾国立公園に指定された桜島が舞台。1988(昭和63)年の国際火山会議をきっかけに行われるようになったのが「桜島火の島祭り」。パワフルな桜島の夏を飾る一大イベントであり、さまざまな催しが行われ、会場にはたくさんの出店が並ぶ。なかでも、頭上といってもいいほど真上に打上がる花火は、モクモクと噴煙を上げる桜島にも負けない力強さと、華麗な美しさをあわせ持つ。今年も夜空に美しくきらめくレーザーショーと音楽花火のコラボレーションが見どころだ。

開催地
鹿児島県桜島横山町 桜島多目的広場
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年7月27日
鹿児島県

鹿児島市制130周年記念 第19回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会

鹿児島の夏の風物詩は見逃せない

2000年を機にスタートした鹿児島の夏の風物詩。世界有数の活火山・桜島と波静かな錦江湾という世界に誇れる自然景観を背景に開催する九州最大級の花火大会だ。今回は新元号・鹿児島市制130周年を記念した2尺玉を含む特別スターマインや、1尺玉130連発などのこだわりの演出で、約1万5000発の花火が夏の夜空を彩る。有料観覧席は、大会当日のかごしま水族館入館料割引などの特典付きなのもうれしい。

開催地
鹿児島県本港新町 鹿児島港本港区
打ち上げ数
約1万5000発
開催日
2019年8月24日
鹿児島県

かのや夏祭り納涼花火大会

大隅半島最大級の二尺玉に注目

「かのや夏祭り」は、鹿屋市で毎年開催される大隅半島最大のサマーフェスティバル。8月3日に開催される本祭の「総踊り」は、毎年熱気に包まれる。8月11日の納涼花火大会では、レーザー光線とコラボする花火や、二尺玉などが鹿屋の夜空に美しく花開く。中でも大隅半島最大級の二尺玉は、その大きさに圧倒される。音と光の織りなす夏の風物詩をぜひ肌で感じてみて。

開催地
鹿児島県古江町 鹿屋港(古江港)
打ち上げ数
8000発
開催日
2019年8月11日(かのや夏祭り本祭は8月3日)
鹿児島県

さつま黒潮きばらん海 枕崎港まつり花火大会

南国の海を染める南薩摩最大級1万発の花火

薩摩半島南の港町・枕崎で、大漁と航海の安全を祈願する港まつりが始まったのは1951(昭和26)年のこと。現在では、大漁みこしや大灯籠などのイベントでにぎわう、南薩摩最大級のまつりとなった。まつりの最後を締めくくる花火大会は、総打上げ数1万発。今年も超特大の三尺玉の打上げが見逃せない。南国の空は尺玉の豪華な花火の数々で彩られ、港はスターマイン、仕掛花火などで明るくにぎやかに照らし出される。

開催地
鹿児島県松之尾町 枕崎漁港一帯
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月4日(さつま黒潮きばらん海 枕崎港まつりは8月3日・4日)
鹿児島県

第37回夏祭りいずみ鶴翔祭

大空を舞うツルのように夜空を舞う鮮やかな花火

出水市は、越冬のためツルが飛来することで知られる。「ツルと共存するまちづくり」を目指し、夏祭りの名称も「鶴翔祭」。祭りは2日間にわたって行われ、初日は「出水音頭」の総踊りでお祭りムード一色になる。2日目も、演芸大会など趣向を凝らしたイベントが盛りだくさん。そしてフィナーレを飾る花火が南国鹿児島の夜空を彩る。音楽花火やナイアガラなど、その幻想的な眺めは必見だ。

開催地
鹿児島県中央町 出水運動公園周辺
打ち上げ数
7000発(予定)
開催日
2019年7月28日(夏祭りいずみ鶴翔祭は7月27日・28日)
鹿児島県

第72回指宿温泉祭 花火大会

圧倒的な海上パノラマ花火は必見

豊富な温泉と大地の恵みに感謝する「指宿温泉祭」はセントラルパーク指宿をメイン会場に開催。ハンヤ踊りや神輿渡御が行われ、2日目の夜に花火大会でクライマックスを迎える。鹿児島湾を望む防波堤から打上げられる約5000発(予定)の花火は、闇に染まった夜空と海に美しいコントラストを描き、多くの観客を魅了する。

開催地
鹿児島県湊2 セントラルパーク指宿周辺
打ち上げ数
約5000発(予定)
開催日
2019年9月29日(指宿温泉祭は9月28日・29日)
鹿児島県

第51回かいもん夏祭り

開聞岳のすそ野で繰り広げられる、迫力ある花火大会

美しい円錐形の姿から「薩摩富士」と呼ばれ親しまれている開聞岳をバックに約3000発の花火がダイナミックに打上げられる「かいもん夏祭り」での花火大会。間近から打上がる尺玉の轟音が辺りに鳴り響き、その迫力には圧倒される。「かいもん夏祭り」は、花火のほかに、神輿や竜宮太鼓の演奏、芸能ショー、うちわデザインコンテスト表彰式など、様々なイベントが催され、1日中盛り上がる。

開催地
鹿児島県開聞十町 かいもん山麓ふれあい公園レクリエーション広場
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月11日
鹿児島県

種子島鉄砲まつり花火大会

澄み切った夜空に輝く星と花火のコラボレーション

1543(天文12)年の鉄砲伝来を記念するまつり。火縄銃の轟音で始まり、南蛮扮装行列や種子島火縄銃の試射、演芸大会など種子島ならではのイベントが次々に行われる。そしてクライマックスを飾るのが、約8000発(予定)の花火大会だ。種子島の澄んだ空や輝く星に負けない美しい花火が続々と放たれる。「ドーン!」という音がおなかの底まで響く大迫力だ。異国情緒と歴史ロマン、そして鮮やかな花火を存分に堪能しよう。

開催地
鹿児島県西町 西之表港中央埠頭
打ち上げ数
約8000発(予定)
開催日
2019年8月25日
鹿児島県

たるみずふれあいフェスタ2019夏祭り

錦江湾の美しい海岸線と豊かな自然の景色が花火とともに楽しめる

垂水の夏の風物詩「たるみずふれあいフェスタ」。そのクライマックスを飾る花火大会では、約6000発の花火が息つく間もなく打上げられ、まさに圧巻。錦江湾の美しい海岸線を鮮やかに彩る。「たるみずふれあいフェスタ」では垂水飛龍太鼓の演奏会など様々なイベントも予定され、露店も多数出店する。夏の思い出づくりにもぴったりだ。

開催地
鹿児島県錦江町 旧垂水港特設会場
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月10日
鹿児島県

令和元年記念 第61回川内川花火大会

度肝を抜かれる壮大な川内川の花火

九州三大河川の一つ、川内川の河川敷で繰り広げられる花火大会。速射、仕掛け同時打上げなど、迫力ある花火が休みなく打上げられ、瞬きする暇もないほど。圧巻は何といっても川内川を横断する長さ約1kmのナイアガラだ。流れる火の粉がキラキラと川面に映え、一面はまばゆい光に包まれる。さらに、今年は令和元年記念として行われるため、特別花火の演出をお楽しみに。

開催地
鹿児島県西開聞町 川内川太平橋河川敷
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月16日
鹿児島県

いむた池納涼花火大会

湖面をわたる約1000mの大ナイアガラに注目

薩摩川内市祁答院町にある「藺牟田(いむた)池」は、様々な動植物種が生息し、貴重な自然環境が残る直径約1kmの火山湖で、泥炭形成植物群落は国の天然記念物。毎年8月7日には、「いむた池納涼花火大会」が開催され、湖上で一尺玉や水中花火が花開く。藺牟田池を横断する長さ約1000mの大ナイアガラも見どころのひとつだ。外輪山には大きな音が響き渡り、湖面に映える花火は実に幻想的。

開催地
鹿児島県祁答院町藺牟田 藺牟田池県立自然公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月7日(予定)
鹿児島県

末吉サマーフェスタ2019

花火が頭上で花開く、臨場感たっぷりの夏祭り

曽於市の夏の恒例イベント「末吉サマーフェスタ」。八坂神社では、例祭が執り行われ、メイン会場となる末吉栄楽公園の特設ステージでは郷土芸能の発表や歌のステージ、鬼神太鼓の披露が行われる。ラストはお待ちかねの花火の打上げがスタート。約3500発の花火が会場近くから頭上に打上がり、その迫力を肌で感じることができる。

開催地
鹿児島県末吉町二之方 末吉栄楽公園
打ち上げ数
約3500発
開催日
2019年8月3日
鹿児島県

志布志みなとまつり

大玉連続打上げなど、迫力満点の花火の競演

県内外からの多くの観光客や市民でにぎわいを見せる夏の一大イベント。志布志港を鮮やかに彩る花火大会をはじめ、バンド演奏など多彩なイベントが楽しめる。鮮やかに夜空を彩る花火はおよそ1万発。尺玉を含む大玉連続打上げやミュージック花火など、迫力満点の花火が次々に打上げられる。志布志港の夏の夜に咲く光の花を存分に楽しもう。

開催地
鹿児島県志布志町志布志 志布志港旅客船埠頭(観光船バース)
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月14日
鹿児島県

第56回奄美まつり花火大会

奄美市提供

亜熱帯の夜空に花開く尺玉の連発が見どころ

「奄美まつり」は奄美大島の玄関口である奄美市の夏の一大イベント。島唄大会で幕が開き、2日目に花火大会が催される。3000発ほど打上げられる花火は、単発の大輪など港をあでやかに染めるものが中心。迫力あふれる音とともに巨大な華が楽しめる。名瀬湾の海岸や市街地の至る場所から花火を見られるので、どのシチュエーションを選ぶかは事前にチェックしておきたい。

開催地
鹿児島県名瀬港町 名瀬商港区一帯
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月2日(奄美まつりは8月1日~4日)
鹿児島県

伊佐市夏まつり花火大会

伊佐の夏を彩る約7000発の花火

鹿児島県の北部に位置する伊佐市で開催される、羽月川を舞台にした花火大会。伊佐市の中心部に近い大口総合グラウンドから連続花火など約7000発の花火が打上がり、夏の夜空を彩る。間近で打上がる花火は迫力があり、特にラストのナイアガラが見もの。会場では夜店も軒を並べ、県内外から訪れた多くの見物客でにぎわう。

開催地
鹿児島県大口鳥巣 大口総合グラウンド付近
打ち上げ数
約7000発
開催日
2019年7月26日
鹿児島県

令和元年あいら市花火大会

姶良市の夜空に迫力満点の花火が打上がる

錦江湾の北部にある姶良市加治木港。姶良地区と加治木地区の夏まつりを合わせて2回目の開催となる「あいら市花火大会」はここが舞台だ。花火が始まるのは20:00頃だが、天気がよければ桜島が眺望できるので、早めに会場付近を訪れてみるのもいい。夕陽を受けた桜島のシルエットは印象的だ。花火は水中花火を含めた1万発(予定)。打上げ場所が会場から近いため、迫力満点の花火を見ることができる。

開催地
鹿児島県加治木町港町 加治木港
打ち上げ数
1万発(予定)
開催日
2019年9月22日
鹿児島県

南種子町ロケット祭

一面の星空と大輪の花火の融合がロマンチック

鉄砲伝来の地、そしていまは世界に誇る宇宙の町として有名な種子島。国内で唯一の商業ロケット打上げ施設「JAXA種子島宇宙センター」がある南種子町で行われるのが、「ロケット祭」だ。日中のみこしパレードから始まり、夜はステージイベントなどさまざまな催しが夏の宵を盛り上げる。クライマックスの打上げ花火は約1万発。星が降りそうなほど澄み切った夏の夜空に、打上がる花火の音と炎が広がる情景は実にロマンチック。

開催地
鹿児島県中之上 前之峯陸上競技場
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月11日(予定)
鹿児島県

第41回宇検村やけうちどんと祭り

湯湾港を鮮やかに彩る水中花火

奄美群島随一の規模を誇る花火大会。島内外から大勢の人が集まる「やけうちどんと祭り」の会場には出店が軒を連ね、地元奄美の味を楽しむこともできる。祭りの夜を飾るのは湯湾港の花火。打上げ数は約3000発で、中でも目玉である水中花火の連発は必見だ。海を目の前にレジャーシートを敷いてゆっくりと花火を観賞できるのも魅力のひとつ。

開催地
鹿児島県湯湾 湯湾港周辺
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月4日
鹿児島県

和泊町港まつり花火大会

スポーツイベントも楽しめる沖永良部島のアットホームな花火大会

毎年夏に行われる恒例の「和泊町港まつり」は、グラウンドゴルフ大会を皮切りに、相撲大会や前夜祭パレード、海上競技を開催。スポーツやカルチャーなどさまざまなジャンルのイベントが盛り込まれる2日間だ。そして、最終日の夜に打上がる花火では、多くの見物客が港に集まる。花の島・沖永良部島の空に次々に打上がり大輪の花を咲かせる様は実に見事。二尺玉を含む約3000発(予定)の花火が、百花繚乱に舞い散り、夜空を焦がす。

開催地
鹿児島県手々知名 長浜特設会場
打ち上げ数
約3000発(予定)
開催日
2019年7月28日(港まつりは7月27日・28日)
×