おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 神奈川県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

神奈川県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の神奈川県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

神奈川県

横浜スパークリングトワイライト2019

横浜の魅力を存分に楽しむ2日間

横浜に「海」と「港」に親しむ場を作りたいという思いから開催される「横浜スパークリングトワイライト」。パレードやステージライブを楽しんだその夜を彩るのが「スパークリング花火」だ。みなとみらい地区の夜景とベイブリッジのライトアップとともに、3000発の花火が楽しめる。会場には横浜の老舗の味がリーズナブルな価格で楽しめるシーサイドレストランやバー、アジア各国の多彩な飲食コーナーがオープンするほか、イルミネーションをまとった船も登場する。

開催地
神奈川県山下公園およびその周辺
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年7月13日・14日
神奈川県

花火シンフォニア

横浜・八景島シーパラダイスで繰り広げられる感動の花火ショー

異なる4つの水族館とさまざまなアトラクションが楽しめる、横浜・八景島シーパラダイス。ロマンチックなロケーションの中、夜空と海を舞台に「花火シンフォニア」が開催される。プログラム制御により花火と音楽をシンクロさせた幻想的で華麗な花火ショーは、時間が経つのも忘れてしまいそう。ほかにも、水族館やアトラクションが延長営業になり、夜までイベントが盛りだくさん!

開催地
神奈川県八景島 横浜・八景島シーパラダイス
打ち上げ数
約2500発(1日あたり)
開催日
2019年7月13日・14日・20日・27日、8月3日・10日~17日、9月14日・15日・21日・22日、10月12日・13日・27日
神奈川県

第45回金沢まつり花火大会

ライトアップされた八景島と華麗な花火コレクション

毎年8月下旬に行われる横浜市金沢区の夏の一大イベント。スターマインで幕を開け、キャラクター花火や新作花火などが、次から次へと打上げられる。なかでもフィナーレの「特大スターマイン」は驚くほどの迫力で観客を魅了する。間近で見たいなら、海の公園がベストスポット。ライトアップされた八景島と花火が幻想的だ。広々とした砂浜に寝そべって大輪の花火が真上に開くのを見るのもいいだろう。美しい花火を見た後は、ゴミを持ち帰るのを忘れずに。

開催地
神奈川県海の公園
打ち上げ数
3500発
開催日
2019年8月24日
神奈川県

第78回川崎市制記念多摩川花火大会

第62回川崎市観光写真コンクール優秀賞「クライマックス」能登正俊

多摩川の両岸で花火の美しさを競い合う

六郷橋で川開きとして始まったのがきっかけの、二子橋付近の多摩川河川敷で行われる花火大会。二子橋下流河川敷一帯には例年多くの観客が集まり、テーマに即した花火や音楽花火のほか、スターマインなどが秋の夜空を彩る。この花火大会は、多摩川をはさみ、「世田谷区たまがわ花火大会」との同時開催で、川崎会場では2大会の花火を観ることができる。なお、毎年大変混雑するため、事前に有料の協賛席をおさえてゆったりと観賞するのがおすすめだ。

開催地
神奈川県多摩川河川敷(国道246号二子橋~第三京浜道路)
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年10月5日
神奈川県

第70回さがみ湖湖上祭花火大会

全長500mの大ナイアガラが相模湖をまばゆく照らす

「かながわのまつり50選」にも数えられる「さがみ湖湖上祭」。この祭りのフィナーレを豪華に飾るのが花火大会だ。見どころは、相模湖の上空で直径400mにも開く尺五寸玉と、全長500mにもおよぶ大ナイアガラ。夜空と水面をまばゆい閃光が照らすさまは、実に幻想的で美しい。そのほか、尺玉、スターマイン、芸術花火など、バラエティに富んだ花火が次々と打上げられ、相模湖を花火の音と光が華麗に包み込む。周りを山に囲まれているため、轟音が山々に激しくこだまして圧倒される。

開催地
神奈川県与瀬 県立相模湖公園
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月1日
神奈川県

第48回相模原納涼花火大会

相模川の夜空を約1万発の花火が鮮やかに染め上げる

自然豊かな相模川の河畔で開催される、早打ちとスターマインが中心の花火大会。打上げ会場から最も近い観客席では臨場感たっぷりの花火が堪能できる。約1万発の花火が夜空を彩り、特にフィナーレは息もつかせぬ展開だ。この花火大会は1951(昭和26)年の旧盆に、水郷田名の復興を願い、地元消防団の手で打上げられたのが始まり。現在は、自然を活かした観光地づくりのため、また市民の憩いの場づくり、地域活性化をめざすために行われている。

開催地
神奈川県水郷田名 相模川高田橋上流
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年7月15日
神奈川県

2019久里浜ペリー祭花火大会

連発するスターマインがダイナミックな夜を演出する

幕末のペリー来航を記念して行われる祭りで、花火大会や開国バザール、ペリー上陸記念式典が行われる。そのほか、パレードでは巨大黒船フロートも登場。夜には、総数3500発の花火が久里浜港の複数箇所から打上げられる。スターマイン、ワイドスターマインなどが連発されるゴージャスな内容の大会だ。花火大会当日はゴミの持ち帰りにご協力を。また、駐車場がないため、公共交通機関を利用しよう。

開催地
神奈川県久里浜 久里浜港
打ち上げ数
3500発
開催日
2019年7月13日
神奈川県

開国花火大会2019

開国のまち、横須賀の真夏の夜を彩る

ペリーが久里浜に上陸を果たした“開国の地”として知られる横須賀で開催される花火大会。約5000発の多彩な花火が真夏の夜空を華やかに彩る。海を背景に打上げられるダイナミックな花火大会は横須賀ならではのもの。スターマインや水中花火、尺玉、キャラクター花火など、夜空を染める花火で横須賀から元気を打上げる。会場は混雑するため、花火大会終了後は、警察官や警備員の指示に従って慌てずに移動しよう。

開催地
神奈川県平成町 うみかぜ公園、三笠公園など
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月3日
神奈川県

第67回浦賀みなと祭花火大会

浦賀港を囲む山に花火の音が響きわたる

江戸時代から港と商業のまちとして繁栄してきた浦賀では、毎年8月に浦賀港周辺で「浦賀みなと祭」を開催する。関東大震災受難者、水難者及び引揚船関連戦病死者等の慰霊法要をはじめ、祭り囃子、大灯籠やミニ灯籠等の点灯が行われ、締めくくりとしてかつてペリーの黒船が停泊した浦賀沖から約500発の花火が打上げられる。情緒たっぷりの歴史ある花火大会だ。

開催地
神奈川県浦賀1-11地先および浦賀港周辺
打ち上げ数
約500発
開催日
2019年8月17日
神奈川県

第69回湘南ひらつか花火大会

みんなの願いがこもった「願かけ花火」が打上がる

七夕で有名な平塚市だが、海岸で行われる花火大会も見逃せない。この大会は、1951(昭和26)年に「須賀納涼花火大会」として地元須賀地区の住民によって始められたものだ。豪華スターマインや尺玉のほかに、来場者の願いをだるま型の花火に込めた「願かけ花火」も打上げられる。また、後半にはミュージックスターマイン「ハナビリュージョン」も予定。平塚海岸から観るのもおすすめだ。

開催地
神奈川県千石河岸ほか 相模川河口 湘南潮来
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月23日
神奈川県

第71回鎌倉花火大会

写真提供:鎌倉市観光協会

大輪の花が海で咲く、水中花火は圧巻

1949(昭和24)年から続く、由比ヶ浜と材木座海岸での花火大会。鎌倉花火大会の名物は、何といっても沖合を走る花火船から海に投げ入れられる水中花火。色とりどりの光が漆黒の鎌倉の海で鮮やかに花開く。その他にも著名な花火業者の作品やスターマイン、花火玉の購入者からのメッセージの読み上げとともに打上げる「サポーターズ花火」など約2500発を打上げる予定。観覧は材木座海岸と由比ヶ浜・坂ノ下寄りがおすすめ。

開催地
神奈川県由比ヶ浜・材木座海岸
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年7月10日
神奈川県

第30回小田原酒匂川花火大会

城下町の夜が熱く燃える

小田原市の中心を流れる酒匂川で開催される花火大会。川の両岸が観覧席になっている。打上げは、単発、スターマイン、小型煙火、仕掛花火などで、4部構成のプログラムが花火大会を一層盛り上げる。中でも音楽とシンクロしたミュージック花火や、グランドフィナーレに小田原大橋の上流に登場するナイアガラは必見。ナイアガラは、全長300m、高さ30mの光のシャワーが、酒匂川を横断する。

開催地
神奈川県寿町5-22 酒匂川スポーツ広場、小田原大橋周辺
打ち上げ数
1万発
開催日
2019年8月3日
神奈川県

第45回サザンビーチちがさき花火大会

「水中孔雀」が目玉の市民参加型の花火大会

茅ヶ崎の夏を、もっと熱く盛り上げる花火大会。恒例のスターマインと「水中孔雀」が並んで打上げられる、海ならではの花火も健在だ。「水中孔雀」とは、水面にクジャクが大きく羽を広げたように、海面から打上げられる華麗な花火。また、市民の参加で大会を一層盛り上げるため、花火募金や記念うちわの販売が今年も行われる。募金箱は、茅ヶ崎市内の協力店舗や公共施設等に設置され、記念うちわは茅ヶ崎市観光協会、茅ヶ崎市観光案内所にて200円で販売される。ファミリーやカップルでサザンビーチの海上を美しく彩る花火を楽しんではいかが。

開催地
神奈川県中海岸 サザンビーチちがさき
打ち上げ数
約3000発(予定)
開催日
2019年8月10日
神奈川県

三浦海岸納涼まつり花火大会

水中孔雀とスターマインの競演に目が離せない

京急久里浜線三浦海岸駅から徒歩5分とアクセスしやすい花火大会。海水浴場が会場なので、広い砂浜に座りながらゆったりと花火観賞ができるのがうれしい。メインは、水中花火の愛称「水中孔雀」とスターマインの競演。海上に映り込んだ色とりどりの乱反射が幻想的な雰囲気をつくり出すのも、見どころのひとつだ。約3000発の花火が夏の夜空をダイナミックに駆け上がる。

開催地
神奈川県南下浦町上宮田 三浦海岸
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年8月6日
神奈川県

第2回三崎・城ヶ島花火大会

港に高々と打上がるスターマイン

三崎漁港のど真ん中で打上がる約2500発の花火は短時間ながらも大迫力で、夏の夜空を美しく彩る。三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」の周辺では日中から音楽イベントや無料のボート乗船体験、地元の名産品を多数使ったグルメなど、花火だけでなく楽しめるイベントが盛りだくさん。花火は三崎と城ヶ島のどちらでも見られる。

開催地
神奈川県三崎 三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり」、城ヶ島
打ち上げ数
約2500発
開催日
2019年8月15日
神奈川県

第73回あつぎ鮎まつり大花火大会

ルーツは粋な川遊び。歴史ある華やかな花火大会

大正初期、相模川の川開きで、近隣の料理店の共催でお客のために花火を打上げたのが「あつぎ鮎まつり」の始まり。昭和初期には、旧盆に先祖の霊をなぐさめる灯ろう流しを行い、同時に鮎に感謝する気持ちを込めて花火大会が行われた。戦争のため一時中断されたが、1948(昭和23)年に復活。現在は大花火大会のほかに数多くのイベントが開催され、多くの人でにぎわう。花火は、相模川河川敷の合流点が舞台となり、仕掛花火や大玉、創作花火などが次々に打上がる。

開催地
神奈川県厚木 相模川河川敷(三川合流点)
打ち上げ数
1万発(予定)
開催日
2019年8月3日
神奈川県

第43回綾瀬市商工会青年部花火大会

綾瀬の夜空に名物尺5寸玉が花開く

夏の終わりを飾る綾瀬市商工会青年部主催の花火大会。打上げ場所が会場から約400mと距離が近いため、花火がほぼ真上で炸裂。スターマインが中心のプログラムだが、中でも尺5寸玉が大迫力で、大きな音が周辺に反響し、観るものを圧倒する。花火は畑から打上げられるため、辺りに遮るものがなく見晴らし抜群。また「あやせ大納涼祭」も同日に開催する。

開催地
神奈川県深谷3838 綾瀬市民文化センター周辺
打ち上げ数
約2500発(予定)
開催日
2019年8月24日
神奈川県

第37回丹沢湖花火大会

夜の湖に映える打上げ花火や水中花火は迫力あり

8年間の歳月をかけたダムの建設により1978(昭和53)年に現れた人造湖・丹沢湖。神奈川県民の重要な水源となっているばかりでなく、「かながわの景勝50選」にも選ばれている。自然に恵まれた湖畔には四季を通じて大勢の観光客が訪れる。夏最大のイベントである花火大会は約3万人もの人でにぎわう。約2000発の花火が夜空と湖を染めるが、圧巻なのは打上げ花火と水中花火の競演だ。湖を取り囲む山々にこだまする花火の音は大会を一層盛り上げる。また、太鼓や「ソーラン山北」などのイベントも花火大会に華を添える。

開催地
神奈川県中川 丹沢湖駐車場、湖畔周辺
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年8月10日(予定)
神奈川県

箱根強羅夏まつり大文字焼

炎がゆらめく大文字焼と華やかな花火の競演

1921(大正10)年から続く歴史と伝統ある花火大会で、箱根の三大祭りの一つにも数えられている。当日、強羅温泉の正面に位置する明星ヶ岳の頂上付近では大文字焼が行われる。直径約30cmの乾燥させた篠竹の束を250束も使って「大」の字が作られ、点火される。はじめ炎の点だったものが線になり、次第に「大」の文字となって暗闇に浮かび上がるさまは幻想的だ。大文字焼とともにスターマインが打上げられ、仕掛花火や110mのナイアガラが強羅温泉の夏の夜を華麗に彩る。

開催地
神奈川県強羅温泉
打ち上げ数
約2000発
開催日
2019年8月16日
神奈川県

箱根園サマーナイトフェスタ

箱根の夏休みの思い出に

毎年行われる芦ノ湖夏まつりウィーク中に、芦ノ湖畔のプレジャーランド・箱根園で開催されるサマーナイトフェスタの花火大会。芦ノ湖畔から、スターマイン、水上スターマインを中心とした2000発の花火が華麗に打上がる。箱根の自然に包まれて、湖畔に映える花火は格別。レジャーやグルメ、ショッピングなど楽しみがいっぱい詰まった箱根園で思う存分遊んだあとは、花火大会を楽しもう。

開催地
神奈川県元箱根 箱根園
打ち上げ数
2000発(両日とも)
開催日
2019年8月2日・3日(予定)
神奈川県

芦ノ湖夏まつりウィーク湖水まつり花火大会

画像提供:箱根町観光課

花火観覧船で箱根の夏を満喫

「芦ノ湖夏まつりウィーク」のトップを切って行われる花火大会。神事が執り行われた湖上に数多くの灯籠が流された後、待ちに待った花火大会がはじまる。静かな湖面に花開く水中花火をはじめ、スターマインなども登場(予定)。元箱根は夜店でにぎわうが、夕暮れ時の芦ノ湖畔は、湖水を渡る風が涼しい。花火観覧船からの観賞もオススメだ。

開催地
神奈川県元箱根
打ち上げ数
約4000発(予定)
開催日
2019年7月31日(芦ノ湖夏まつりウィークは7月31日~8月5日)
神奈川県

湯河原温泉海上花火大会

湯煙上がる湯河原温泉を花火がまばゆく照らす

「やっさまつり」の2日目に開催。湯河原海水浴場沖合の2隻の台船から次々と花火が打上げられる。なかでも見逃せないのが尺玉。迫力の轟音とともに、華麗な閃光が夜空をゴージャスに彩る。また、海上ならではの水中スターマインも海面を鮮やかに染め上げ、幻想的で美しい。「やっさまつり」は8月2日・3日に行われる湯河原温泉の夏の大イベント。威勢のいい「やっさ、もっさ」のかけ声の踊り連や花車、神輿による「やっさまつりパレード」が街を練り歩く。

開催地
神奈川県吉浜 湯河原海水浴場
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月3日(やっさまつりは8月2日・3日)
神奈川県

みなとみらいスマートフェスティバル2019

横浜の夜を彩る光と音とアートの祭典

市民や地元企業と培ってきた“連携”をテーマに、環境・IoT等の先端技術と音楽・アートをコラボしたイベント「みなとみらいスマートフェスティバル2019」を昨年に引き続き今年も開催。第1部では、みなとみらい21地区「臨港パーク」を会場に、和楽器グループ「AUN J CLASSIC ORCHESTRA(アウン ジェイ クラシック オーケストラ)」による演奏が行われ、第2部では音と花火の豪華な演出「スカイシンフォニーinヨコハマ presented by コロワイド」による花火の打上げで横浜港の夜を彩る。

開催地
神奈川県みなとみらい21地区 臨港パーク・耐震バース他
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年8月2日
神奈川県

新横浜花火大会2019

画像:金武 武

港北区制80周年記念の特別な花火に注目

昨年立ち上がった「新横浜花火大会」は今年、港北区制80周年を祝して開催する。ワイドスターマインは市内では貴重な陸上での本格的な花火で、打上げ幅百数十メートルのワイド展開が特徴。花火どころ東北・新潟・長野等の職人による花火玉を使用し、魅力的な演出を行う。そのほかに、区制80周年を記念した「80型花火」や型物花火、黄金の光が枝垂れるように落ちていくフィナーレが見どころ。有料の桟敷席やテーブル席を確保してゆったり観賞するのがおすすめ。

開催地
神奈川県新横浜公園一帯
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年7月25日
×