おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 宮城県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

宮城県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の宮城県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

宮城県

第50回仙台七夕花火祭

仙台の夜空を彩る夏の風物詩

「仙台七夕まつり」の前夜祭として開催される「仙台七夕花火祭」。1970(昭和45)年から始まり、今年で50回目を迎える。今年のテーマは「つなぐ~夢と希望溢れる仙台の創造に向けて~」。仙台七夕花火祭の特徴は、何といっても都市の中心部でありながら大規模な花火大会が行われるところ。市内を流れる広瀬川近くから打上げられるスターマインを360度全方位から観賞可能だ。また、西公園では打上げ前にイベントなどを予定している。

開催地
宮城県桜ケ岡公園 西公園付近一帯および追廻エリア付近一帯
打ち上げ数
1万6000発
開催日
2019年8月5日(仙台七夕まつりは8月6日~8日)
宮城県

泉区民ふるさとまつり

浴衣を着て繰り出したいイベント満載のまつり

仙台市泉区民に親しまれている夏の恒例行事。おまつり広場での市民展示をはじめ、ステージでは舞踊や太鼓の披露などが催され、おまつりムードを盛り上げる。ステージイベントや縁日コーナーを楽しんだら、締めくくりの花火がスタート。約4500発のカラフルな花火が泉の夜空に次々と舞い上がり、「ドーン!」と轟く打上げ音が観客の胸に響く。家族や仲間と連れ立って、東北の夏をたっぷり楽しもう。

開催地
宮城県七北田柳78 七北田公園他
打ち上げ数
約4500発
開催日
2019年8月31日
宮城県

第96回石巻川開き祭り花火大会

北上川の上空を彩る約6000発の花火

「石巻川開き祭り」の歴史は古く、伊達政宗により港が石巻に開かれたことに由来する。7月31日には北上川を開削した川村孫兵衛重吉翁への報恩感謝と水難者に対する慰霊、東日本大震災で亡くなった方の供養祭を夕方から行い、同時に北上川で流燈を行う。8月1日には、市内でお祭り広場や各種パレードが行われ、夜は石巻市中瀬で花火を打上げる。打上げ総数は約6000発で、スターマイン等が北上川の上空を鮮やかに染め、幻想的な空間をつくり出す。

開催地
宮城県中瀬 内海橋下流
打ち上げ数
約6000発
開催日
2019年8月1日(石巻川開き祭りは7月31日・8月1日)
宮城県

第72回塩竈みなと祭 前夜祭花火大会

伝統ある塩竈みなと祭に華麗な花火が彩りを添える

毎年「海の日」に海上の安全と大漁を祈願し行われる「塩竈みなと祭」の前夜祭では、約8000発(予定)の花火が打上げられる。海面を七色の輝きの染める花火は大迫力だ。ただし、震災被害により立ち入り禁止区域あり。「塩竈みなと祭」は日本三大船祭りの一つに数えられ、打上げを行う塩釜港は、「千賀の浦」とも呼ばれ、歌枕として日本の古歌に詠まれている名所。

開催地
宮城県港町ほか 塩釜港周辺
打ち上げ数
約8000発(予定)
開催日
2019年7月14日(塩竈みなと祭は7月15日)
宮城県

第34回なとり夏まつり

名取の復興を願い、今年も夏まつりを開催

東日本大震災で亡くなった多くの方々への鎮魂と復興への願いを込めて、「なとり夏まつり」を開催。おまつり広場では楽しいステージイベントが行われ、軒を連ねる露店も多くの人でにぎわう。そして、夕闇が訪れて花火が上がり始めるとまつりはクライマックスへ。スターマインなど色とりどりの花火4000発が夜空に咲き、観客を魅了する。

開催地
宮城県美田園7-23-3 下増田小学校グラウンド
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月3日
宮城県

若柳夏祭り流灯花火大会

栗原市を代表する夏の風物詩

1902(明治35)年から始まった伝統ある祭事。施食会(せじきえ)供養祭が執り行われると、迫川に戦没勇士等の慰霊の意を込めた赤や青の流灯が流され、幻想的に水面を照らす。祭りのメインイベントである花火大会ではスターマインを中心に約5000発の花火が打上げられるとともに、河川敷には地元小学生と商工会青年部が協力して作成した絵灯ろうが並び、夏の夜を彩る。また、迫川上流の河川公園では、特設ステージで郷土芸能祭も行われる。

開催地
宮城県若柳川北 迫川河畔
打ち上げ数
約5000発
開催日
2019年8月16日
宮城県

第97回東松島市鳴瀬流灯花火大会

大正時代から続く伝統ある花火大会

東松島市の鳴瀬川周辺で行われる流灯は、天保の飢饉の際に霊を慰めるための供養として始められたといわれ、流灯に合わせた花火大会は大正時代から始まったとされている。多くの灯篭がゆったりと川を流れ、約1000発(予定)の花火が幻想的に川面を彩る。灯篭には、先祖代々の霊とともに東日本大震災で犠牲となった方々への供養の気持ちも込められている。また会場の特設ステージで演芸の披露なども行われる。

開催地
宮城県小野 鳴瀬川左岸鳴瀬大橋上流一帯の河川敷
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月16日
×