おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 東京都のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

東京都のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の東京都のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

東京都

STAR ISLAND 2019

花火と最新テクノロジー、パフォーマンスがシンクロする

「STAR ISLAND」は、大都市の摩天楼を一望できる絶好のロケーションで繰り広げられる、「花火」と「3Dサウンド」「ライティング」「ショーパフォーマンス」が完全シンクロする、未来型花火エンターテインメント。4回目の開催となる「STAR ISLAND 2019」は、前回よりもスケールアップを図り、豊洲で開催。花火は初開催時から担当している丸玉屋小勝煙火店に加えて、新たに紅屋青木煙火店とマルゴーが参画。日本の花火を牽引してきた3社がタッグを組み、今まで以上に華やかでダイナミックな花火演出を行う。

開催地
東京都豊洲6-5先 TOKYO STAR ISLAND(豊洲ぐるり公園内)
打ち上げ数
約1万2000発(昨年)
開催日
2019年7月20日
東京都

2019神宮外苑花火大会

(C)日刊スポーツ新聞社

都心の夜空を彩る真夏の祭典

東京の夏の夜空を飾る恒例の神宮外苑花火大会。今年で40回目を迎える。花火の打上げ数は約1万発を予定し、ゲストによるライブやイベントも開催され会場は熱気に包まれる。会場は神宮球場・秩父宮ラグビー場・神宮第二球場で、どの会場も迫力満点の花火を観覧できる。なお、今年は打上げ場所が神宮軟式球場に変更となるため、花火が見える位置が大幅に変わる予定。

開催地
東京都霞ヶ丘 明治神宮外苑(神宮球場、秩父宮ラグビー場、神宮第二球場)
打ち上げ数
約1万発
開催日
2019年8月10日
東京都

第42回隅田川花火大会

写真提供:台東区

これぞまさしく東京の夏の風物詩

日本の花火大会の代名詞のような存在の花火大会。会場は2ヶ所。第1会場では花火コンクールが行われ、様々な芸術作品が堪能できる。第2会場は創作花火やスターマインなどが見どころだ。花火コンクールは、両国花火ゆかりの業者と、国内の代表的な花火大会において優秀な成績をおさめた業者で渾身の力作を競い合う。観賞にはマナーを守り、到着時に帰りの切符を準備するなど、混雑の緩和に協力しよう。

開催地
東京都・墨田区 隅田川桜橋下流~言問橋上流(第1会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
打ち上げ数
約2万発(第1会場約9350発・第2会場約1万650発)
開催日
2019年7月27日
東京都

第37回江東花火大会

提供:江東区広報広聴課

荒川の風を感じながら、迫力のスターマインを観賞

東京湾に近い荒川河口での花火大会。葛西橋付近の台船から打上げられる。打上げ場所と主会場の荒川・砂町水辺公園とは、わずか150mしか離れていないので迫力は満点だ。荒川に浮かべた台船から次々と打上げられるスターマインの、豪華さ・雄大さは見ごたえたっぷり。川面に映える花火は納涼感、臨場感、迫力のどれもが満点だ。芝生の広場や護岸などにシートを敷いて思い思いに見物できるのが特徴。家族連れで楽しめ下町情緒も味わえる。

開催地
東京都東砂8-22番地先 荒川・砂町水辺公園
打ち上げ数
約4000発
開催日
2019年8月1日
東京都

北区花火会2019

秋の風を感じながら音楽花火を楽しむ

荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺を会場として8回目を迎える「北区花火会」を開催。このイベントは、荒川という地域資源を活用することで、地域への愛着を感じてもらい、地域住民の絆を深めることが目的だ。花火は音楽花火が中心で、荒川の秋の夜空を鮮やかに彩る。観覧席は赤水門エリアが大好評。北区ならではの赤水門越しの花火の美しさに感嘆の声が上がるほどだ。また、青水門エリアではコンサートレベルの音響で、大迫力の花火が体感できる。

開催地
東京都志茂 荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺
打ち上げ数
8000発
開催日
2019年9月28日(予定)
東京都

第60回いたばし花火大会

都内最大の尺五寸玉が目前で開く様は圧巻

1950(昭和25)年に東京都板橋区と埼玉県戸田町(当時)との間で境界変更が行われたのを記念して、その翌年に開催されたのが始まりの花火大会。荒川を挟み同日に「戸田橋花火大会」も開催される。七色のアーチ状の火柱(虎の尾)が上空を彩り、花火大会がスタート。日本最高峰の花火師が作製した芸術玉の打上げや、関東最長級の大ナイアガラ仕掛花火、ワイドスターマイン、創作スターマインなど、対岸の戸田市と合わせて約1万2000発を披露。都内最大の尺五寸玉が打上げられるのも特徴で、打上げ場所に観客席が近いことから、おなかにズッシリと響くほどの開花音が体験できるのもこの花火大会の醍醐味だ。

開催地
東京都荒川河川敷
打ち上げ数
約1万2000発(戸田橋花火大会と合わせて)
開催日
2019年8月3日
東京都

第41回足立の花火

荒川の土手の斜面に座ってゆったり観賞

東京の大規模な夏の花火のトップをきって開催。プログラムは全5幕構成の予定。スターマインなど約1万3000発を1時間で打上げるため、高密度に凝縮された迫力ある花火やWナイアガラが楽しめる。近年は、レーザー光線と花火をコラボさせた演出と、盛り上がる場面などで光るものを振る来場者参加型のプログラムもこの花火大会ならではの特徴だ。

開催地
東京都千住大川町ほか 荒川河川敷 東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間
打ち上げ数
約1万3000発
開催日
2019年7月20日
東京都

第53回葛飾納涼花火大会

華麗に進化し続ける、古き良き下町の花火

観客席から打上げ場所が近く、都内でも屈指の臨場感が味わえる花火大会。下町情緒あふれる柴又帝釈天に程近く、江戸の夏の風物詩が楽しめる。今年も約1万3000発を6つのステージ(約60分)に分け、葛飾の夜空を彩る。銀の光が天空へと昇る「昇銀龍」と「富士山ナイアガラ」から始まり、映画『男はつらいよ』公開50周年を記念するステージ、都内初の国の重要文化的景観に選定された柴又の風景を和火で表現・祝福するステージ、音楽と融合するデジタルスターマインステージなど盛りだくさんな内容で会場を盛り上げる。グランドフィナーレでは大空中ナイアガラの怒涛の打上げにより夜空を銀色に染め上げ、大会を締めくくる。

開催地
東京都柴又7-17-13地先 江戸川河川敷 柴又野球場
打ち上げ数
約1万3000発
開催日
2019年7月23日
東京都

エキサイティング花火2019 第44回江戸川区花火大会

夜空一面を色彩豊かに飾る幻想的な演出に注目

市川市の「市川市民納涼花火大会」と同時開催で、江戸川区の夏の風物詩的な花火大会。区内各施設に設置された「ワンコインボックス」(募金箱)などにより、区民をはじめたくさんの人の心意気で支えられている。花火大会は、趣の違う8つのテーマで構成される。見どころは「いざ開幕!新生EDOGAWA花火!」。江戸川名物の5秒間での1000発打ちによるド迫力のオープニングだ。近隣の迷惑にならないよう、ゴミの持ち帰りなどマナーを守って楽しく観覧しよう。

開催地
東京都上篠崎1-25 都立篠崎公園先 江戸川河川敷
打ち上げ数
約1万4000発
開催日
2019年8月3日
東京都

八王子花火大会

画像提供:(公社)八王子観光コンベンション協会

間近で見上げるスターマインの大迫力

「八王子まつり」の一環として開催される花火大会。見ごたえのあるスターマインはもちろん、ラストを華麗に演出する仕掛花火など、約3500発(予定)がダイワハウススタジアム八王子から豪快に打上げられ、真夏の夜空を美しく染める。打上げ場所から間近で花火が見られるため、迫力は満点だ。会場では打上げ前に、高尾山薬王院僧侶による火のまつり(火渡り)も行われる。観覧場所のダイワハウススタジアム八王子の開門は14:00で、場内の混雑状況により閉門。閉門後は、入場できなくなるため、早めに会場入りするのがおすすめ。

開催地
東京都台町 ダイワハウススタジアム八王子
打ち上げ数
約3500発(予定)
開催日
2019年7月27日(予定)
東京都

令和元年記念大会 立川まつり国営昭和記念公園花火大会

(C)立川観光協会

迫力満点の大きさ!見る人を魅了するワイドスターマイン

1954(昭和29)年から開催されている花火大会は、今回で通算61回目となる。直径45cm、重さ約30kg、到達する高度400m、開いた花火の大きさ380mという、ダイナミックな一尺五寸玉をはじめ、豪華なワイドスターマインや芸協玉、匠玉など演出にこだわった花火を心ゆくまで堪能できる。国営昭和記念公園内のみんなの原っぱが会場となり、例年会場周辺は混雑するため、早めに観覧場所を押さえておきたい。また、会場でのゴミの減量化にも協力しよう。特別協賛者観覧チケットを購入すれば、みんなの原っぱ特設観覧エリアで花火が観賞できる。

開催地
東京都国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
打ち上げ数
5000発(予定)
開催日
2019年7月27日
東京都

第71回青梅市納涼花火大会

丘陵一帯を花火で浮かび上がらせる「永山大照明」!

この花火大会の見どころは「永山大照明」。永山丘陵に仕掛けられた地上花火が、丘陵全体を逆光のように浮かび上がらせる仕掛花火のことで、音楽にあわせて点火され、丘陵が映し出される様は、他ではちょっと見られない。これに音響効果による演出が加わるので、その迫力には圧倒されてしまう。その他にも、ナイアガラやスターマイン、早打ちなども一気に打上げる。丘陵の上で打上げるので広範囲からの見物が可能だ。永山公園グラウンド内は全席有料。

開催地
東京都本町 永山公園グラウンド
打ち上げ数
4132発(予定)
開催日
2019年8月3日
東京都

第47回昭島市民くじら祭 夢花火

クジラも参加!楽しい市民の祭りに大輪の花火

8月に2日間にわたって開催される「くじら祭」。海沿いでもない昭島市で「くじら祭」が開催されるのは、1961(昭和36)年に約150万年前のくじらの化石(アキシマクジラ)が発見されたことから。昭島駅南口から始まるパレードは、地元の各団体が趣向を凝らして参加し、巨大クジラも登場して楽しさいっぱい。昭和公園陸上競技場では、模擬店やゲームコーナー、ダンス大会などのイベントが盛りだくさんだ。初日の夜に打上げられる「夢花火」は、打上げ場所と会場が非常に近いので、迫力あるスターマインが楽しめる。

開催地
東京都東町5-12 ネッツ多摩昭島スタジアム(昭島市民球場)
打ち上げ数
2000発(昨年実績)
開催日
2019年8月3日(昭島市民くじら祭は8月3日・4日)
東京都

映画のまち調布花火2019 (第37回調布花火)

映画音楽と花火のコラボレーションに注目

今年で37回目を迎える、多摩川河川敷を舞台にした関東屈指の花火大会。最大8号の大玉を中心とした大スターマインなどバラエティ豊かな花火を打上げる。中でも、調布が元祖といわれる「ハナビリュージョン」はコンピュータ制御により音楽と花火が完全にシンクロし、映画音楽を基調にしたプログラムが繰り広げられる。ゆっくりと花火を観賞するなら臨場感抜群の有料席をおさえておこう。くつろぎながら、より迫力ある花火が見られるのでおすすめだ。

開催地
東京都多摩川河川敷ほか 布田会場、京王多摩川会場
打ち上げ数
約1万発(予定)
開催日
2019年9月7日(予定)
東京都

払沢の滝ふるさと夏まつり

雄大な自然と触れ合う清流の里の夏まつり

東京で唯一「日本の滝百選」に選定されている檜原村の払沢の滝の夏まつり。郷土芸能の披露や特産品の販売が行われ、夜には2日間とも花火が打上がる。山々に響く花火の轟音は大迫力だ。「払沢の滝ふるさと夏まつり」は、滝の魅力を存分に味わえるイベント。自然豊かな遊歩道を歩いていくと、落差26mの滝が出現し、夜にはライトアップされ、幻想的な姿を楽しめる。

開催地
東京都本宿 檜原小学校校庭(まつり会場)
打ち上げ数
約400発(各日)
開催日
2019年8月17日・18日
東京都

第42回奥多摩納涼花火大会

山頂からの打上げは広範囲で観覧できる

東京都の最北西端に位置する奥多摩町。自然に恵まれたこの町は、全域が秩父多摩甲斐国立公園に含まれ、東京の奥庭として親しまれている。打上げは愛宕山の山頂で行われるため、JR奥多摩駅、駅前通りの橋の上など広い範囲で眺めることができる。氷川大橋、昭和橋など、日が暮れ始めると場所取りを始める人も増えてくるので、その前に周囲を散策して、ベストスポットを探してみるのもいい。大自然の中で開く花火は最高だ。

開催地
東京都氷川 愛宕山
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月10日(予定)
東京都

2019伊豆大島夏まつり花火大会

連続花火やスターマインが元町港の夜を彩る

2日間にわたり開催される「伊豆大島夏まつり」の初日の夜に元町港で行われる花火大会。早打ちとスターマインをメインに、夜の港を華々しく染め上げ、迫力満点の真夏の一夜を楽しめる。夏まつりでは元町仲通りが歩行者天国となり、縁日の夕べが開催される。また、ダンスや郷土芸能の披露をはじめ、ジャンケン大会、クイズ、ゲームなど様々なイベントが予定されている。

開催地
東京都元町 元町港
打ち上げ数
約1000発(予定)
開催日
2019年8月10日(伊豆大島夏まつりは8月10日・11日)(予定)
東京都

八丈島納涼花火大会

緑と海の大自然に囲まれて花火を楽しむ

東京湾・竹芝桟橋から南に約280km、伊豆七島の南端に位置し、南国情緒漂う八丈島の底土港で行われる花火大会。満天の星が輝く夜空に打上げられる花火が八丈の海を色鮮やかに染め上げる。底土海水浴場では、夕方からお祭りが始まり、露店が出店し、舞台では八丈太鼓などの郷土芸能やフラダンスを披露予定。夏祭りムードいっぱいの1日となる。

開催地
東京都三根 底土港
打ち上げ数
811発(予定)
開催日
2019年8月11日(予定)
×