おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載 > 山形県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

山形県のおすすめの花火大会【2019年版】 打ち上げ数、開催日、人出など情報満載

2019年の山形県のおすすめの花火大会をご紹介します。打ち上げ数や期間中の人出などでお好みの花火大会を探すことができます。写真や有料席の有無、トイレ数、アクセス、駐車場情報など情報も盛りだくさん。

山形県

第40回山形大花火大会 ~輪~

山形県最大規模の花火大会

40回目を迎える山形県最大級の規模を誇る花火大会で、今年のテーマは「輪~歴史とご縁をかさねがさね~」。真夏の山形の夜空に大輪の花火を打上げ、観覧者にやまがたの魅力を発信。笑顔で花火を楽しんでもらいたいという想いが込められている。打上げは約2万発。大輪の花を咲かせる連続打ちや、会場近くで上がる大花火など、夜空を七色に彩る花火はどれも迫力満点!さらに、ドローンから映す山形の景色と花火のコラボレーションを6m×4mの大ビジョンでリアルタイム配信する。

開催地
山形県下反田 須川河畔 反田橋付近
打ち上げ数
約2万発
開催日
2019年8月14日
山形県

第82回東北花火大会

東北の夏を満喫!豊かな自然の中に打上げられる花火

「東北花火大会」は、山形県南の夏のイベントとして内容・規模において東北屈指。1949(昭和24)年に松川河川敷で開催したのが始まりで、現在も継続されており、観光客からも親しまれている。プログラムは花火の色・光・音・形を総合的にプロデュースした「火の芸術」で、数々のスターマインをはじめ、全長200mの大ナイアガラなどの鮮やかな輝きが松川の川面に映り、まさに絢爛豪華。東北を代表する花火師が精魂を込めた自慢の花火は、訪れた人の心に記憶として残るだろう。

開催地
山形県福田町 松川河川敷 米沢市立病院東側万里橋下流
打ち上げ数
約3000発
開催日
2019年7月30日
山形県

第58回米沢納涼水上花火大会

写真提供:米沢日報デジタル

水上の火と光の芸術

米沢の夏を彩る水上花火大会は、謙信公をまつる上杉神社がある松が岬公園の東堀端で行われる米沢の夏の風物詩。空に大輪の花を咲かせる打上げ花火をはじめ、多彩なラインナップで見ごたえ十分だ。堀に映し出される夜空の輝きを見つめながら、夏の夜を満喫しよう。小さな子どもから大人まで楽しめる、遊び心がいっぱいの花火大会だ。

開催地
山形県丸の内 松が岬公園
打ち上げ数
6000発
開催日
2019年8月2日
山形県

第29回赤川花火大会「百華繚乱 ~夜空に重なる一人一人の物語~」

花火.Collection

全国トップクラスの花火師たちが魅せる技の競演

この花火大会は、全国トップクラスの花火師が競い合う「全国デザイン花火競技会」でもある。「日本の花火100選」でベスト10入りし、全国の花火大会の中でも屈指と評価され、毎年全国各地から多くのファンが訪れる。オープニングは、観客とともに始める迫力のカウントダウン。その後、全国各地で活躍中の選ばれた花火師たちが技を競い合う。最大で打上げ幅700mにもなり圧巻だ。赤川河畔をフルに活用した他に類を見ないオリジナル競技会で、マス席からは真上に見上げてしまうほど臨場感たっぷり。なかでも感動のエンディングは必見!

開催地
山形県赤川河畔 羽黒橋~三川橋
打ち上げ数
約1万2000発
開催日
2019年8月17日
山形県

酒田花火ショー2019

最上川河川敷を最大限に利用した花火のエンターテイメント!

85年を超える歴史があり、酒田市内外の人々から愛され続ける人気の花火大会。打上げ総数1万2000発以上。100発を超える尺玉の打上げをはじめ、水上スターマインと空中スターマインの同時打上げ、展開幅約2kmの超ワイドスターマインなど、広々とした最上川を舞台にダイナミックな花火が目白押し。グランドフィナーレでは大空中ナイアガラが夜空を白銀に染め上げる。花火と音楽がシンクロした匠の技の競演もあり、最後まで目が離せない。

開催地
山形県最上川河川公園 出羽大橋上流 最上川右岸
打ち上げ数
1万2000発以上
開催日
2019年8月3日
山形県

水郷大江夏まつり灯ろう流し・花火大会

最上川を彩る灯ろうと特大スターマイン

山形県のほぼ中央に位置する大江町。この町で開催される花火大会は県内で最も古くから行われている大会として知られている。最上川には水難者を供養する灯ろうが流され、川面を幻想的に彩っていく。最上川河畔3ヶ所から打上げられる花火は、20号玉、スターマインなど4000発で、中でも特大スターマインは大会の見どころとなっている。火の粉がかかるのではないかと思わせるほど近く、目の前から打上げられる花火は迫力満点。川面を流れる1000個の灯ろうと、花火が織り成す光と音と水の競演は、最上川舟運の町として栄えた大江町ならではの演出だ。

開催地
山形県左沢 最上川河畔
打ち上げ数
4000発
開催日
2019年8月15日
山形県

大石田まつり 最上川花火大会

最上川に大輪の花を咲かせる大玉20号10連発が見どころ

山形市の北およそ40kmの最上川沿いの町、大石田。「そばの里」として県内外で知られ、環境省による「かおり風景100選」にも選ばれている。「大石田まつり」では神輿、灯篭流しなどのイベントが数多く行われ、およそ13万人の人でにぎわう。3000発の打上げ花火は記念花火や、スターマイン、創造花火など変化に富んでいる。中でも見逃せないのは10連発の20号大玉。次々と夜空を彩る大輪の華は迫力満点だ。

開催地
山形県横山 下河原運動公園河川敷
打ち上げ数
3000発
開催日
2019年8月16日
山形県

第60回金山町納涼花火大会

昔ながらの懐かしい町並みの中で祭りを満喫

山形県北部、秋田県に接する金山町は、杉と白壁が印象的な金山住宅が大切にされている町。町並み・景観保存にどこよりも先駆けて取り組んできた結果、100年前のたたずまいが、そのまま残されていると言っても過言ではない。そんな風景の中で楽しむ「金山まつり」は、どこか懐かしさを感じさせる。町に繰り出した山車などの催しも、心を和ませてくれる。2000発打上げられる花火大会は、「金山まつり」の最終日に開催され、最上地区随一の歴史を誇っている。

開催地
山形県金山 金山川河川公園
打ち上げ数
2000発
開催日
2019年8月16日(金山まつりは8月14日~16日)
山形県

2019真室川まつり花火大会

色とりどりの花火が夜空をにぎやかに染める

真室川町は秋田県に隣接する山形県北部の町。「真室川まつり」では真室川音頭パレード、威勢の良い若者たちの神輿渡御など様々なイベントが行われ、およそ1万人の人出でにぎわう。まつりを締めくくる花火大会では、単発、連発、仕掛けなど多彩な花火2500発が次々と夜空を飾る。頭上から降り注ぐような大輪の花火は迫力満点だ。

開催地
山形県木ノ下 真室川新橋上流
打ち上げ数
2500発
開催日
2019年8月17日
×