トップ > 全国のおすすめ初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載 > 茨城県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

茨城県のおすすめの初詣スポット【2022版】 参拝時間やアクセス、例年の人出など情報満載

2022年の茨城県のおすすめの初詣スポットをご紹介します。参拝時間やアクセス、例年の人出などから、お好みの初詣スポットを探すことができます。写真や駐車場などその他情報も盛りだくさん。

茨城県

一言主神社

たった一言の願いでも叶えてくれる言行一致の神慮ある神様

大同4(809)年、奇しき光現れて数夜の後に忽然と雪中に筍が生じ、「三岐の竹」となった。お祓いをしたところ、ここに大和の葛城山の一言主神(ひとことぬしのかみ)が現れたことから、社殿を造営し、お祀りをしたと伝えられる。現存する本殿は長禄3(1459)年完成とされ、一間社流造(いっけんしゃながれづくり)の流麗な屋根が特徴。もとは檜皮葺(ひわだぶき)だったが、昭和45(1970)年に銅板に葺き替えられた。元旦は0:00から17:00まで1時間ごとに祈祷が行われ、三が日は多くの参拝者が訪れる。

所在地
茨城県常総市大塚戸町875
例年の人出
約15万人
行事
2022年1月1日 0:00~17:00(1時間ごと) 元旦特別祈祷(新型コロナウイルス感染防止対策のため祈祷方法や時間等が変更となる場合あり)
茨城県

常陸国 出雲大社

日本最大級の注連縄や大鳥居など見どころいっぱい

平成4(1992)年に島根出雲大社よりご分霊を鎮座。御祭神の大国様は、縁結びの神様で有名な大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。総檜で大社造りのご本殿や、大注連縄のかかる拝殿は圧巻のスケールだ。他にも拝殿天井画や、一刀彫の大国主大神御神像、御影石では日本一の大鳥居など見どころも多い。元旦には、一番祈祷に続き随時新年祈祷が斎行される。また、大晦日、1月1日は閉門がないので自由に参拝することができる。

所在地
茨城県笠間市福原2001
例年の人出
約10万人
行事
2022年1月1日 0:00 元旦四方拝、一番祈祷 、若水授与
茨城県

笠間稲荷神社

総ケヤキ造りの本殿周囲を飾る精緻な彫刻は見逃せない

1360年以上の歴史を誇り、食物の神、農業の神、転じては殖産興業の神として、歴代の笠間藩主からも信仰を集めてきた神社。現在でも参拝者数は年間350万人にものぼり、県内では群を抜いている。初詣では、大晦日にその1年を振り返ってお礼参りをし、年が明けたら新年の参拝をする「二年参り」が行われる。商売繁栄・学業成就などが代表的な御神徳。本殿に施された「蘭亭曲水の宴」や「三頭八方睨の龍」などの美しい彫刻もぜひ見てみたい。

所在地
茨城県笠間市笠間1
例年の人出
約81万人(例年)
行事
2022年1月5日 10:00 釿始祭(材木に斧を入れ、お札などを作り始める祭)
茨城県

筑波山神社

関東平野を一望する筑波山を御神体山と仰ぐ全国屈指の古社

男体山頂に筑波男大神(伊弉諾尊)、女体山頂に筑波女大神(伊弉冊尊)の日本で最初の夫婦神とされる2柱を祀り、縁結び・夫婦和合・家内安全・子授けなどのご利益がある。また、商売繁昌や厄除などご利益は多岐にわたる。気軽なハイキングコースの起点となっているので、参拝とあわせ、登山・ハイキングを楽しむ人でも一年中にぎわいを見せている。年始はケーブルカーの早朝運転があり、山頂から見る初日の出は必見。元旦には元旦祭のあと、祈願祭が随時催行される。

所在地
茨城県つくば市筑波1-1
例年の人出
約21万人
行事
2022年1月1日 1:00~17:00 祈願祭
茨城県

鹿島神宮

創祀は紀元前660年といわれる二千年以上の歴史を誇る古社

香取、息栖(いきす)とともに東国三社のひとつとして知られている。鮮やかな朱色の楼門は、日本三大楼門のひとつでもある。背後に広がる鬱蒼とした森には鹿が静かに暮らす別世界が広がる。Jリーグの鹿島アントラーズの「アントラー(角)」は、境内にいる鹿の角にちなんだものだ。戦国時代の剣客、塚原卜伝は鹿島神宮の神職の家系だった人物。そのため武芸上達も大きなご利益の一つだ。そのほか旅行安全・五穀豊饒・殖産・安産・開運などの祈願にも一年を通じて多くの参拝者が訪れる。初詣の人出は約70万人。

所在地
茨城県鹿嶋市宮中2306-1
例年の人出
約70万人
行事
2022年1月1日 6:00 歳旦祭、2022年1月3日 10:00 元始祭、2022年1月7日 18:00 白馬祭
茨城県

大洗磯前神社

「本殿」

太平洋を眼前に望む黄門様ゆかりの由緒ある社

大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が祀られており、ご利益は家内安全・厄除・開運招福・縁結びなど。斉衡3(856)年に創建。社殿は一時、戦乱によって焼失したが、水戸藩主徳川光圀公と綱篠公により再建された。元旦0:00から、勇壮な太鼓が奉納され、甘酒がふるまわれる。6:45頃、神職が磯に下りて初日の出奉拝式を執り行う。荒波に洗われる神磯は御祭神の降臨の地。岩場には鳥居が建ち、見事な御来光が拝める。

所在地
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
例年の人出
約15万人
行事
2022年1月1日 0:00 若水奉献、6:00 歳旦祭、6:45頃 初日の出奉拝式、2022年1月1日 0:00 甘酒のふるまい