おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア|マップルトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「マップル」の観光旅行メディア

×

トップ > ここがおすすめ!桜の名所・お花見スポット特集【2019年版】 > 岩手県のおすすめの桜の名所・お花見スポット【2019年版】

岩手県のおすすめの桜の名所・お花見スポット【2019年版】

2019年の岩手県のおすすめの桜の名所・お花見スポットをご紹介します。現地の写真や例年の見頃、桜の品種や本数、アクセス、駐車場情報、イベントやライトアップ(夜桜)など情報盛りだくさん。

岩手県

高松公園

写真提供:(公財)盛岡観光コンベンション協会

残雪の岩手山を背景に、水面に映える桜並木を愛でよう

治水用の人造湖だった高松の池を中心に整備された公園。桜は日露戦争の勝利を記念してソメイヨシノを植えたのが始まりだ。大正の終わりには県下一の桜の名所となり、1949(昭和24)年に市立高松公園として盛岡市立の公園に指定された。岩手山を背景とし、水面に映る桜が美しい。

所在地
岩手県高松1-26-1
例年の見頃
2019年4月中旬~2019年4月下旬
桜の品種・本数
約1260本(オオヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ、ソメイヨシノほか)
岩手県

盛岡城跡公園(岩手公園)

写真提供:(公財)盛岡観光コンベンション協会

日本百名城の一つとして知られる桜の名所

かつて不来方(こずかた)城とも呼ばれた盛岡城跡の公園。多くの文豪が、この城跡を愛し、数々の名作が文学碑で残る。現在は市民の憩いの場となる桜の名所であり、石垣と桜の調和が美しく、多くの観光客が訪れる。「盛岡さくらまつり」期間中は、ぼんぼりが点灯予定で、夜桜もまた格別だ。

所在地
岩手県内丸1-37
例年の見頃
2019年4月中旬~2019年4月下旬
桜の品種・本数
約200本(ソメイヨシノ、サトザクラ、エドヒガンほか)
岩手県

石割桜

写真提供:(公財)盛岡観光コンベンション協会

岩の割れ目に自生する、名物エドヒガンザクラ

盛岡地方裁判所の前庭にある、幹の周囲約4.7m、樹齢約360年といわれるエドヒガンザクラの巨木。周囲21mの巨大な花崗岩の狭い割れ目から生育しており、1923(大正12)年に国の天然記念物に指定されている。

所在地
岩手県内丸9-1 盛岡地方裁判所敷地内
例年の見頃
2019年4月中旬~2019年4月下旬
桜の品種・本数
1本(エドヒガン)
岩手県

北上展勝地

悠然と流れる北上川河畔に樹齢90年を超える桜の並木が続く

「さくら名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられている公園。樹齢90年を超すソメイヨシノの桜並木は珍しく、圧倒的な存在感だ。2kmほど続くこの桜の回廊のほかにも、293haの園内に約150種約1万本の桜があるといわれ、5月上旬のベニヤマザクラの開花までそれぞれが美しさを競い合う。また、北上川沿いの桜並木を上から望める陣ヶ丘も見どころのひとつ。公園内には、レストハウス・みちのく民俗村・サトウハチロー記念館などの施設もある。

所在地
岩手県立花
例年の見頃
2019年4月中旬~2019年5月上旬
桜の品種・本数
約1万本(ソメイヨシノ、エドヒガン、ベニヤマザクラなど約150種)
岩手県

鍋倉公園

遠野の春を彩る城跡の桜

遠野市街地南部、鍋倉山の鍋倉城跡が整備されてできた市立公園。展望台からは遠野盆地を見渡すことができる。春には園内に約1000本ものソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇り、桜見物を楽しむ人々でにぎわう。また、「遠野さくらまつり」では殿様が八戸から遠野へ入部した様子を再現した「南部氏遠野入部行列」も行われる。

所在地
岩手県遠野町
例年の見頃
2019年4月下旬~2019年5月上旬
桜の品種・本数
約1000本(ソメイヨシノ、ヤマザクラ)
岩手県

弘法桜

樹齢推定800年、見事な枝ぶりの大桜

弘法大師が訪れた際、杖にしていた桜の枝を刺したものが根付いたといわれる弘法桜。樹齢は推定800年といわれ、町指定の天然記念物になっている。誰もが目を奪われるほどの美しい姿は必見だ。ライトアップされた桜は昼間とは違ってまた幻想的。

所在地
岩手県長山七ツ田
例年の見頃
2019年4月下旬~2019年5月上旬
桜の品種・本数
1本(エドヒガン)
岩手県

小岩井農場

残雪の残る岩手山を背景に桜並木が続く

岩手山のふもとに広がる広大な小岩井農場。観光エリア「まきば園」の西方では「小岩井農場の一本桜」と呼ばれ親しまれているエドヒガンが小岩井農場に春を告げる。牛舎入口に続く桜並木と牛舎に咲くおよそ90本の桜は、ちょうどGW頃に見頃を迎える。

所在地
岩手県丸谷地36-1
例年の見頃
2019年4月下旬~2019年5月上旬
桜の品種・本数
約150本(ソメイヨシノ、エドヒガン)
岩手県

城山公園(岩手県)

歴史ある城跡でお花見を

標高180mほど、町の中央の小高い丘に位置する、高水寺城跡。足利氏の支族だった斯波氏の居城跡で、別名「斯波御所」とも呼ばれ、御殿跡下には町出身の『銭形平次』の作者・野村胡堂の歌碑が、二の丸広場には宮沢賢治の歌碑が立つ。現在では都市公園として整備され、岩手山や北上川が眺望できる。桜の名所として人々に広く親しまれ、春には丘全体が約2000本の桜でピンク色に包まれ見事な美しさだ。

所在地
岩手県二日町古館
例年の見頃
2019年4月下旬
桜の品種・本数
約2000本(ソメイヨシノほか)
×