「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

トップ > 全国のおすすめ紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

全国のおすすめ紅葉スポット【2019年版】 例年の見頃時期やイベント、ライトアップなど情報満載

2019年の全国のおすすめの紅葉スポットをご紹介します。見頃時期はもちろん、開催されるイベント、幻想的なライトアップ情報などから、お好みの紅葉スポットを探すことができます。写真や料金、営業時間、アクセス、駐車場情報などだけでなく、ロープウェイや遊覧船に乗って紅葉狩りができるスポットも見つけやすくチョイス。その他情報も盛りだくさんです。さあ、真っ赤な秋を探しに出かけましょう。

エリアから探す

エリア別・おすすめ紅葉スポット!

北海道のおすすめ紅葉スポット

日本列島で一番早く紅葉前線が下りてくる北海道。一般的に北海道の見ごろは9月中旬から10月下旬と言われていますが、今年は北の大地も残暑が長引いて若干遅れ気味のようです。
そうは言ってもやはり北海道。毎年10月の終わりには雪の便りも届き始めます。紅葉狩りへ出かける際は、十分すぎる防寒装備をお忘れなく。

定山渓【北海道】

定山渓【北海道】

札幌の奥座敷、温泉街に広がる多彩な紅葉

札幌市街から豊平川をたどるように山間に進むと、定山渓の温泉街が現れます。渓流沿いには散策路があり、見頃時期にはイタヤカエデやナナカマドなど多彩な紅葉が楽しめます。錦橋付近は特におすすめ。温泉街の周辺の山々や、さっぽろ湖、豊平峡ダムにもぜひ足を延ばしたいところです。

【紅葉見頃】10月上旬~2019年10月中旬
【住所】北海道札幌市南区定山渓温泉
【アクセス】JR札幌駅からじょうてつバス定山渓温泉行きで1時間15分、定山渓湯の町下車、徒歩5分(二見吊り橋)

【イベント】
9月下旬~10月中旬 札幌国際スキー場「紅葉ゴンドラ」
(定山渓観光協会前からも国際スキー場までゴンドラバスを運行※運行期間未定)
10月1日~21日 定山渓温泉紅葉かっぱバス運行(地元ガイドが紅葉スポットを案内)

このスポットの詳細を見る

見晴公園(ライトアップ)【北海道】

見晴公園(ライトアップ)【北海道】

北海道唯一の国指定文化財庭園

函館市内の湯の川温泉山側に位置する総合公園です。約4万3000坪の広さを誇る園内は市内有数の豪商だった岩船家の別荘として造成された庭園「香雪園」をはじめ、園内には約150種の樹木が植栽されています。秋にはモミジやドウダンツツジなどが、目にも鮮やかな赤や黄色の絵巻へと変わります。見頃には園内のライトアップやミニライブも開催されています。

【紅葉見頃】10月下旬~11月上旬
【住所】北海道函館市見晴町56
【アクセス】JR函館本線函館駅から函館バス14系統で40分、香雪園下車すぐ
【開園期間】通年(無休)
【開園時間】園亭9:00~17:00、見晴公園緑のセンター8:45~17:30(公園は常時開放)

【イベント】
10月19日~11月10日 はこだてMOMI-Gフェスタ
(公園内香雪園のイベント。展示、ミニライブ、体験会など)

【ライトアップ】
10月19日~11月10日(フェスタ中)16:00~21:00
公園内庭園「香雪園」をライトアップ

このスポットの詳細を見る

支笏湖(遊覧船)【北海道】

支笏湖(遊覧船)【北海道】

透明な湖面に色とりどりの山並みが映る

支笏湖は日本で2番目に深い湖です。透明度が高く美しい湖面にシナノキ、イタヤカエデ、ヤマモミジ、イチョウなど色とりどりの紅葉がくっきりと映し出され、その光景は息をのむほどに感動的です。また、水中遊覧船に乗って湖上から紅葉を眺めるのも楽しいでしょう。

【紅葉見頃】10月上旬~10月中旬
【住所】北海道千歳市支笏湖温泉
【アクセス】JR千歳線千歳駅から北海道中央バス支笏湖行きで44分、終点下車すぐ

【イベント】
10月13日 第43回支笏湖紅葉まつり(ヒメマスを使った支笏湖秋の味覚汁、野菜の販売、支笏湖小学校鼓笛隊によるパレードなど )

遊覧船情報
【営業期間】4月中旬~11月上旬
【営業時間】8:40~17:10 30分ごとの出航(時季により変更有)
【休業日】期間中無休
【料金】大人1620円、小人810円

このスポットの詳細を見る

大沼国定公園(遊覧船)【北海道】

大沼国定公園(遊覧船)【北海道】

北海道のリゾート発祥の地で雄大な秋の自然を満喫

明治初期から皇族や外国の要人達に愛されてきた大沼は、駒ヶ岳の山麓に広がるゆったりとした風景が魅力です。秋の風物詩であるワカサギ漁が始まる頃、湖畔は鮮やかなカエデやナラなどに彩られます。大沼のほか、小沼、じゅんさい沼など見どころが多く、大沼と小沼に面する散策路からは眼下に広がる絶景が楽しめるでしょう。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬
【住所】北海道七飯町大沼町
【アクセス】JR函館本線大沼公園駅からすぐ

遊覧船情報
【営業期間】10月中旬~下旬
【営業時間】入園自由(遊覧船は8:30~17:00)
【休業日】期間中無休
【料金】遊覧船 大人1100円、小人550円
手漕ぎボート1000円(1時間)

このスポットの詳細を見る

札幌もいわ山ロープウェイ(ロープウェイ)【北海道】

札幌もいわ山ロープウェイ(ロープウェイ)【北海道】

藻岩山での空中散歩で絶景を楽しむ

札幌市内でも紅葉の名所として有名です。ロープウェイと「もーりすカー」(ミニケーブルカー)を乗り継いで15分ほどで山頂へ。昼間は美しい紅葉、夜には「日本新三大夜景」にも選ばれた札幌の夜景を楽しむことができます。夕暮れ時を狙って昼夜の魅力を両取りすることも。藻岩山の南側の有料道路「藻岩山観光自動車道」を利用し、中腹までドライブするのもおすすめです。

【紅葉見頃】10月中旬~10月下旬
【住所】北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
【アクセス】地下鉄西18丁目駅から市電内回りで12分、ロープウェイ入口で無料シャトルバスに乗り換えて5分、終点下車すぐ

ロープウェイ情報
【営業期間】通年
【営業時間】10:30~22:00(閉館、上り最終は21:30)、12~翌3月は11:00~
【休業日】荒天時(11月21~30日は点検期間休)
【料金】ロープウェイ+もーりすカー(ミニケーブルカー)往復=大人1700円、小人850円

このスポットの詳細を見る

大雪山国立公園(ライトアップ)【北海道】

北海道【層雲峡】大雪山の麓で渓谷美を満喫!

高山植物、紅葉、雲海が見られる広大なフィールド

北海道の最高峰・旭岳を主峰とする大雪連峰を中心にした日本最大の国立公園です。山麓にある上川町・層雲峡温泉や東川町・旭岳温泉のロープウェイでその自然を楽しむことができ、ナナカマドやカエデなどの紅葉は、層雲峡付近は峡谷が最も美しく日本で最も早い紅葉といわれています。

【紅葉見頃】9月上旬~10月上旬
【住所】北海道上川町層雲峡付近
【アクセス】JR石北本線上川駅から道北バス層雲峡行きで30分、終点下車すぐ(層雲峡温泉)

【ライトアップ】
9月14日~10月14日 18:00~21:00 層雲峡温泉紅葉ライトアップ「奇跡のイルミネート」

【営業期間】通年
【営業時間】6:00~18:00(最終、時期により異なる)
【休業日】11月上旬~12月上旬(点検期間休)
【料金】乗車料(全線往復)=大人2900円、小人1450円/乗車料(全線往復、10月21日~翌5月31日)=大人1800円、小人900円/(障がい者手帳持参で本人半額)

このスポットの詳細を見る

東北のおすすめ紅葉スポット

秋が深まれば津軽海峡を越えた紅葉前線が南下してきます。東北地方は昼夜の寒暖差が激しいことで知られ、9月の半ば過ぎから11月の初めにかけて紅葉が見ごろを迎えます。高地や夕方近くは冷え込むところが多いので、防寒対策はしっかり用意して出かけましょう。

奥入瀬渓流【青森県】

奥入瀬渓流【青森県】

躍動感にあふれた渓流沿いの自然道を散策する

十和田湖から唯一流れ出ている奥入瀬川。湖畔から約14km続く奥入瀬渓流は十和田湖とは対照的に躍動感のある流れが印象的です。うっそうとした樹木に覆われ、渓流にはツツジやカエデ、岩には苔が見られます。ブナ、カツラ、トチノキ、モミジ、カエデなどに染め上げられた渓流は、遊歩道を散策してその魅力を味わいましょう。

【紅葉見頃】10月下旬~2019年11月上旬
【住所】青森県十和田市奥入瀬渓流
【アクセス】東北自動車道小坂ICから県道2号を経由し、国道103号を奥入瀬方面へ車で50km

【イベント】
10月26日・27日 奥入瀬渓流エコロードフェスタ(奥入瀬渓流を満喫するエコツアーを開催)

このスポットの詳細を見る

中野紅葉山(ライトアップ)【青森県】

中野紅葉山(ライトアップ)【青森県】

青森県有数の紅葉の名所で燃えるような光景を堪能

通称「中野もみじ山」と呼ばれ、県下有数の紅葉の見どころとして有名です。享和2(1802)年、弘前藩主が京都から100種以上のカエデの苗を移植し現在にいたっています。中野神社には樹齢200年のモミジとモミの木、樹齢600年の大スギもあるので見逃せません。山全体が燃え上がるように赤く染まる景観は、息をのむほどの迫力です。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬
【住所】青森県黒石市中野
【アクセス】弘南鉄道弘南線黒石駅から弘南バス板留方面行きで30分、中野南口下車、徒歩10分

【ライトアップ】10月12日~11月4日 17:00頃~21:00

このスポットの詳細を見る

鳴子峡(ライトアップ)【宮城県】

鳴子峡(ライトアップ)【宮城県】

迫力ある断崖絶壁の峡谷を色とりどりに染める紅葉

鳴子峡は宮城県と山形県との県境近くに大谷川が刻んだV字峡谷です。深さ100mほどの断崖絶壁が約2.6kmにわたって続き、その渓谷をウリハダカエデ、イタヤカエデ、タカノツメなどが鮮やかな赤や黄で彩ります。また鳴子峡のある鳴子温泉郷は、効能や泉質の良い温泉地として有名です。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬
【住所】宮城県大崎市鳴子温泉尿前地内
【アクセス】JR陸羽東線中山平温泉駅からタクシーで5分、または鳴子温泉駅からタクシーで10分
※鳴子峡遊歩道は中山平側入口から回顧橋までの片道350m(折り返し)と鳴子側入口(大谷橋)からの片道230m(折り返し)。鳴子峡大深沢遊歩道は鳴子峡レストハウスを起点に1周2.2km

【ライトアップ】
10月24日~27日 19:00~21:00「2019鳴子峡大深沢橋ライトアップ」
(24日は19:50~点灯式・20:00~ライトアップ)

このスポットの詳細を見る

八甲田・十和田ゴールドライン(ドライブ)【青森県】

八甲田・十和田ゴールドライン(ドライブ)【青森県】

美しい森の中をドライブしよう

青森市と十和田湖を結ぶドライブウェイ(国道103号)で、八甲田山を初めとした山麓では美しい景色が堪能できます。ルート沿いには青森県を代表するような名湯が点在し、色鮮やかな紅葉で目を養ったあとは温泉が冷えた体を温めてくれるでしょう。

【紅葉見頃】10月上旬~10月中旬
【住所】青森県青森市~十和田市
【アクセス】青森自動車道青森中央ICから国道7号を八甲田方面へ車で1km

八幡平山腹(ドライブ)【岩手県】

八幡平山腹(ドライブ)【岩手県】

全国でも屈指の絶景ドライブルートを走る

数多くの見どころに恵まれた八幡平ですが、ドライブするなら全長約27kmの「八幡平アスピーテライン」は外せません。全国でも有数の美しい紅葉が楽しめるこのルートは、カーブを曲がるたびに次々と秋の絶景が広がります。東北ならではといえるブナの原生林やカエデが美しく色づいたさまに、きっと心奪われるに違いありません。

【紅葉見頃】9月下旬~10月中旬
【住所】岩手県八幡平市八幡平
【アクセス】JR盛岡駅から岩手県北バス岩手八幡平頂上行きで1時間50分、終点下車すぐ

【イベント】
10月12日~14日 八幡平山賊まつり(特産品の販売、ステージイベント、産業紹介)
10月19日・20日 八幡平紅葉まつり(フリーマーケット、紅葉ウォーキング、大抽選会など

このスポットの詳細を見る

抱返り渓谷【秋田県】

抱返り渓谷【秋田県】

原生林と滝に演出された名所の紅葉を眺める

田沢湖の南に広がる抱返り渓谷は東北の耶馬溪とも称される景勝地です。ブナやカエデの原生林が紅葉の時期になると色鮮やかに染まり、荒々しい渓流の岩肌を赤と黄で覆いつくします。紅葉のあちこちに現れる数々の滝は、自然の作り出す清廉な演出といえるでしょう。遊歩道は「神の岩橋」から「回顧の滝」までの区間のみ通行できます。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬
【住所】秋田県仙北市田沢湖卒田~角館町広久内
【アクセス】JR秋田新幹線角館駅からタクシーで15分、または田沢湖駅からタクシーで20分

【イベント】10月10日~11月10日 抱返り紅葉祭

このスポットの詳細を見る

磐梯吾妻スカイライン(ドライブ)【福島県】

磐梯吾妻スカイライン(ドライブ)【福島県】

雲上の大パノラマはまさに別世界

吾妻山の東側山麓にある高湯温泉から、標高1240mほどの土湯峠までの全長29kmの山岳観光道路。吾妻山を見ながらの高原風景は雄大で変化に富んでいます。特に、高湯側から約8kmの「つばくろ谷」は紅葉するカエデやダケカンバの絶景ポイントとして有名です。この谷に架かる不動沢橋からは、遠く福島盆地も眺めることができます。

【紅葉見頃】9月下旬~2019年10月中旬
【住所】福島県福島市高湯温泉~土湯峠
【アクセス】東北自動車道福島西ICから国道115号・県道5号を経由し、県道70号を高湯温泉方面へ車で15km(高湯温泉側)
【営業期間】期間中無休※11月中旬以降は冬期通行止め(予定)
【料金】通行料無料

このスポットの詳細を見る

関東・甲信越のおすすめ紅葉スポット

首都圏近郊から日帰りで出かけられる場所にも自然豊かな紅葉がたくさんあります。温暖な秋で見ごろの見極めが難しくても、近場なら思い立ったときにすぐ出かけられますよね? ある日を境に秋は一気に深まるかも知れません。公共交通機関でもマイカーでも、アクセスの良さを生かして秋を探しに出かけましょう。

尾瀬ヶ原【群馬県】

尾瀬ヶ原【群馬県】

湿原を覆うカラフルな草紅葉を眺めながら散策する

日本一の高層湿原である尾瀬ヶ原は、群馬・新潟・福島の3県にまたがっていますが、その大部分は群馬県に含まれています。唱歌にもうたわれたミズバショウが有名ですが、秋には絨毯を敷き詰めたような赤茶に色づく草紅葉や、ナナカマド、ツタウルシの鮮やかさも一見の価値があります。春とは異なるしっとりした落ち着いた風情は、大切な人とゆっくりと散策して楽しみたいですね。

【紅葉見頃】9月中旬~10月中旬
【住所】群馬県片品村戸倉
【アクセス】JR上越線沼田駅から関越交通バス大清水・鳩待峠行バス連絡所行きで1時間20分、鳩待峠行バス連絡所で鳩待峠行き乗合バス・乗合タクシーに乗り換えて30分、終点下車、徒歩1時間(尾瀬ヶ原・山の鼻)

このスポットの詳細を見る

竜頭ノ滝【栃木県】

竜頭ノ滝【栃木県】

豪快な滝とともに楽しむ奥日光の紅葉

中禅寺湖に注ぐ湯川にある竜頭ノ滝は、男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mにわたって流れ落ち、滝つぼ近くの岩で二分されています。その勇壮な姿が竜の頭のように見えるため「竜頭」の名となりました。滝の正面には観瀑台があり、そこから見る紅色に色づいた木々は、まるで竜の姿を包み込むような迫力で見る者の心をとらえます。

【紅葉見頃】10月上旬~10月中旬
【住所】栃木県日光市中宮祠
【アクセス】東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで1時間、竜頭の滝下車すぐ

このスポットの詳細を見る

袋田の滝 (ライトアップ)【茨城県】

袋田の滝

季節ごとの表情が美しい「四度の滝」

高さ120m、幅73mを4段に流れ落ちることから「四度の滝」ともいわれる。季節ごとの表情は、西行法師が四季ごとに来て見なければ本当のよさが分からないと絶賛したほど。荘厳な滝と目に鮮やかな紅葉の競演が味わえます。

【紅葉見頃】11月上旬~11月中旬
【住所】茨城県大子町袋田
【アクセス】JR水郡線袋田駅から茨城交通滝本(袋田の滝)行きバスで7分、終点下車、徒歩10分
【料金】トンネル利用料=大人300円、小人150円/(30名以上の団体は大人250円、小人100円)
【ライトアップ】
11月1日~翌1月31日 2019大子来人~ダイゴライト~(袋田の滝ライトアップ)

このスポットの詳細を見る

高尾山(ケーブルカー)【東京都】

高尾山ケーブルカー

車両の両側に広がる紅葉を満喫

都心から電車で1時間ほどで到着できる高尾山。ケーブルカーや、リフトに乗って山の中腹にたどり着くと、大都会が見渡せます。秋はその景観の中、イロハモミジなどの紅葉が1か月にわたって楽しめ、首都圏周辺では最も人気のある紅葉スポットになっています。

【紅葉見頃】11月中旬~11月下旬
【住所】東京都八王子市高尾町
【アクセス】京王高尾線高尾山口駅からすぐ

【イベント】
11月1日~30日(予定) 高尾山もみじまつり

【営業期間】通年
【営業時間】8:00~17:45(閉場、時期により異なる)
【休業日】荒天時
【料金】乗車料(片道)=大人480円、小人240円/乗車料(往復)=大人930円、小人460円/(障がい者半額)

このスポットの詳細を見る

もみじ園(ライトアップ)【新潟県】

もみじ園(ライトアップ)【新潟県】

庭園を赤く染め上げる風情溢れる景色

明治時代の大地主、高橋家の別荘の庭園として造られたもみじ園の広さはおよそ4000平方メートル。樹齢150年から200年ほどのカエデやツツジなどが園内を彩っていますが、最も多いのは京都から移植されたというイロハカエデです。秋の柔らかな陽を浴びた日中ももちろん素晴らしいですが、ライトアップされた夜の景色はまるで映画の一場面のように幻想的です。

【紅葉見頃】10月下旬~11月下旬
【住所】新潟県長岡市朝日600
【アクセス】JR信越本線来迎寺駅から徒歩10分
【園営業期間】4月1日~11月30日
【園営業時間】入園自由

【イベント】
10月27日(日程予定) もみじ寄席
11月3日(日程予定) 新そばまつり

【ライトアップ】
10月下旬~11月中旬 日没~21:00

このスポットの詳細を見る

日光いろは坂(ドライブ)【栃木県】

日光いろは坂(ドライブ)【栃木県】

山肌を彩る紅葉のグラデーションと大パノラマ

日光を訪れる誰もが通るいろは坂は全長約20km。標高差があるので秋には坂を登るにつれ山肌の色合いが微妙に異なり、紅葉の最前線が確かめられるでしょう。坂を登り切った明智平から望む景色も雄大ですが、そこからさらにロープウェイに乗れば、足元に広がる一大パノラマは息をのむほどです。
いろは坂は48カ所あるカーブが「いろはにほへと」の48文字と一致することが名前の由来です。下り専用の第一と、上り専用(中禅寺湖から明智平までは両方行通行)の第二に分かれているので、対向車に気を遣うことなく紅葉を楽しむことができます。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬
【住所】栃木県日光市細尾町、中宮祠
【アクセス】日光宇都宮道路清滝ICから国道120号を中禅寺湖方面へ車で2km

このスポットの詳細を見る

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ(ロープウェイ)【長野県】

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ(ロープウェイ)【長野県】

千畳敷カールに架かるロープウェイで空中散歩を満喫

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイは、麓のしらび平駅から標高2612mの千畳敷駅まで架けられていて、東洋でも随一の眺望を誇ります。ロープウェイからはもちろん、山頂からもダケカンバやナナカマドなどで色づいた絶景が楽しめ、下界で見る紅葉とは一味もふた味も違う景色に心躍るでしょう。空気の澄んだ日には南アルプス越しに遠く富士山までが見渡せます。しらび平駅へはマイカーは進入不可のため、菅の台バスセンターで専用路線バスに乗り換えが必要です。

【紅葉見頃】9月下旬~10月中旬
【住所】長野県駒ヶ根市赤穂759-447 駒ヶ根ファームス内
【アクセス】JR飯田線駒ヶ根駅から路線バス駒ヶ岳ロープウェイ線しらび平行きで45分、終点下車すぐ(中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイしらび平駅)

ロープウェイ情報
【営業期間】通年
【営業時間】8:00~17:00(閉館、時期により異なる)
【休業日】無休(点検期間休)
【料金】駒ヶ岳ロープウェイ・バス(往復)=大人(12歳以上)3900円、小人(6歳以上)1950円
【イベント】10月16日~18日・21日・23日~25日 ロープウェイ紅葉フォト運行
(ロープウェイが紅葉の見頃スポットで減速・微速運行し、車窓からゆっくりと撮影ができる特別便。各日11:10~11:25 定員20名 ※要予約)

このスポットの詳細を見る

上高地【長野県】

上高地【長野県】

画像提供:松本市アルプス山岳郷

一度は訪れたい紅葉の絶景ポイント

日本の代表的山岳景勝地として、多くの人が訪れる上高地。梓川沿いに遊歩道が整備され、大正池、河童橋、明神池とのんびり散策が楽しめます。とくに秋のカラマツの紅葉がすばらしく、多くのハイカーでにぎわいます。自然保護のため、マイカーでのアクセスは不可のため、注意しましょう。

【紅葉見頃】10月上旬~2019年10月下旬
【住所】長野県松本市安曇 上高地
【アクセス】長野自動車道松本ICから国道158号を高山方面へ車で33km(沢渡駐車場からシャトルバスで30分)
【料金】上高地内のトイレ1回100円

【イベント】
10月8日 明神池お船まつり(古式ゆかしい穂高神社奥宮例大祭、池を船でまわり絵巻物のような美しい平安朝の風光を想起させる)

このスポットの詳細を見る

北陸・東海のおすすめ紅葉スポット

高低差のある内陸を中心とした北陸東海地方は、その標高差ゆえに比較的長い間、紅葉を楽しめるといえるでしょう。車や電車の車窓を流れていく景色が、高度を上げるにつれ色の変化となって目を楽しませてくれるかも知れません。内陸特有の厳しい冬を前にした秋の彩りを見つけに出かけましょう。

黒部峡谷(トロッコ列車)【富山県】

黒部峡谷(トロッコ列車)【富山県】

深いV字峡谷をトロッコ電車でゆっくりと

黒部峡谷の深い谷の赤や黄に染まった自然林の中をトロッコ電車が走り抜けていきます。黒部川の清流と針葉樹の緑が峡谷の紅葉を一段と際立たせることでしょう。トロッコ電車の車窓から、またトロッコを降りて欅平・鐘釣周辺を歩きながら、人里離れた深い峡谷の色とりどりな紅葉を楽しむことができます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬
【住所】富山県黒部市黒部奥山国有林
【アクセス】富山地方鉄道本線宇奈月温泉駅から徒歩3分

トロッコ列車情報
【営業期間】4月20日~11月30日
【営業時間】7:32~15:40(始発~最終)
【休業日】期間中無休
【料金】宇奈月~欅平(片道)=大人1710円、小人(6歳以上12歳未満)860円/(障がい者本人と同伴者1名半額)

このスポットの詳細を見る

飛騨美濃せせらぎ街道(ドライブ)【岐阜県】

飛騨美濃せせらぎ街道(ドライブ)【岐阜県】

写真提供:飛騨美濃せせらぎ街道を愛する会

金色に輝く木々を眺めながら快適なドライブを

「飛騨美濃せせらぎ街道」とは郡上八幡から吉田川を遡り、坂本トンネルを抜けて高山に向かう街道のことをいいます。始点と終点に標高差があるため、走行中の長い期間にわたって紅葉が楽しめます。街道の中でも西ウレ峠付近や、森林公園おおくら滝付近の紅葉がもっとも美しく、車を停めて遊歩道を散策しながら楽しむのがおすすめです。

【紅葉見頃】10月中旬~11月中旬
【住所】岐阜県郡上市八幡町~高山市
【アクセス】東海北陸自動車道郡上八幡ICから国道156号を郡上八幡市街方面へ車で1km

【イベント】
10月27日 ひだ清見紅葉まつり(物産販売、ステージイベント、秋のクラフト展などを予定。9:00~15:00)
飛騨プラネタリウムでは紅葉まつり当日に限り「特別2本立て投影」を1日5回連続上映(10:00~)。通常大人800円のところ500円、高校生以下は500円のところ300円

このスポットの詳細を見る

梅ヶ島温泉(ライトアップ)【静岡県】

梅ヶ島温泉(ライトアップ)【静岡県】

開湯1700年の歴史を誇る温泉郷の静かな秋

梅ヶ島温泉は山梨県との県境近く、標高1000mほどの安倍川源流の近くにある閑静な温泉郷です。仙人が発見したという伝説があり、開湯は今から1700年も前だと伝えられています。近くには「日本の滝百選」にも選ばれた「安倍の大滝」をはじめ大小様々な滝が点在し、その瀑布を飾るようにモミジやカエデ、ブナなどの紅葉が見どころとなっています。

【紅葉見頃】10月下旬~11月下旬
【住所】静岡県静岡市葵区梅ヶ島
【アクセス】JR静岡駅からしずてつジャストライン梅ヶ島温泉行きバスで1時間46分、梅ヶ島温泉入口下車すぐ

【イベント】
オクシズ温泉まつり 下記会場で開催
10月21日 南アルプス赤石温泉 白樺荘
10月28日 口坂本温泉浴場
10月29日 湯ノ島温泉浴場
11月3日 梅ヶ島新田温泉 黄金の湯

【ライトアップ】
11月9~17日 17:00~19:30 赤水の滝ライトアップ
(9日は点灯式開催のため17:30~)

このスポットの詳細を見る

香嵐渓(ライトアップ)【愛知県】

4000本のモミジが色づく絶景

燃えるように赤く色づいた、約4000本のもみじが川面に映る様は息を呑むほどの美しさです。日本有数の紅葉の名所で、お茶会、和太鼓の演奏、陶器展、チンドンパレードなど紅葉狩りとともに楽しめる催しが多数行われています。また、期間中は日没から午後9時までライトアップされ、幻想的な夜の紅葉が楽しめます。

【紅葉見頃】11月中旬~11月下旬
【住所】愛知県豊田市足助町飯盛地内
【アクセス】名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで1時間、香嵐渓下車、徒歩8分

【イベント】
11月1日~30日 香嵐渓もみじまつり(ライトアップのほか、土・日曜を中心に催し物あり)

【ライトアップ】
ライトアップ(11月1日~30日)日没~21:00

このスポットの詳細を見る

白山白川郷ホワイトロード(ドライブ)【石川県】

白山白川郷ホワイトロード(ドライブ)【石川県】

見どころ盛りだくさんのドライブコース

飛騨高山から霊峰として名高い白山の北側を抜け、岐阜の白川郷や石川県の加賀へと通じる全長約33kmの有料道路です。ブナの原生林の間を抜けるドライブが楽しめるほか、落差86mの「ふくべの大滝」や白山展望台なども必見です。雄大な白山をバックにした山並みにナナカマドやヤマウルシ、ハウチワカエデなどの色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。限られた期間しか見ることのできない大自然は一見の価値があります。

【紅葉見頃】10月上旬~11月上旬
【住所】石川県白山市尾添~岐阜県白川村鳩谷
【アクセス】北陸自動車道白山ICから県道8号、国道157号・360号を白川郷方面へ車で43km

【イベント】
10月1日~31日 10:00~16:00 おもてなしキャンペーン
(地元特産品やイワナの塩焼き等を販売。問合せは0577-33-1111 岐阜県森林公社)

ホワイトロード情報
【営業期間】6月上旬~11月上旬(天候により異なる)
【営業時間】7:00~18:00(9~11月は8:00~17:00)
【休業日】期間中無休、悪天時は運行規制あり
【料金】普通車1600円(片道)、2600円(往復)/軽自動車1400円(片道)、2200円(往復)

このスポットの詳細を見る

兼六園(ライトアップ)【石川県】

兼六園

百万石の栄華伝える大名庭園

金沢を訪れたなら、必ず足を運んでみたい定番スポットが特別名勝の「兼六園」。加賀百万石の栄華を築いた加賀藩主・前田家が、長い年月をかけて完成させた大名庭園は、金沢ならではの伝統美と自然美にあふれている。兼六園といえば春の桜が有名ですが、その桜が秋には色鮮やかに紅葉します。その他にも340本のカエデが美しく色づく様は見事です。

【紅葉見頃】11月上旬~11月下旬
【住所】石川県金沢市兼六町1
【アクセス】JR金沢駅から北陸鉄道東部車庫行きバスで9分、兼六園下・金沢城下車すぐ

【ライトアップ】
11月2日~11月24日 金沢城・兼六園ライトアップ~秋の段

【営業期間】通年
【営業時間】7:00~18:00(閉園、時期により異なる)
【休業日】無休
【料金】入園料=大人310円、小人(6歳以上18歳未満)100円、5歳以下無料/(観桜期、百万石まつり期間、8月14~16日、11月3日、12月31日~翌1月3日は無料、65歳以上は身分証持参・障がい者は障がい者手帳持参で入園料無料)

このスポットの詳細を見る

関西のおすすめ紅葉スポット

二つの古都や奥深い自然の混在する地にも、遅い秋は確実にやってきます。歴史と自然が作り上げた絵巻のような紅葉は、どこにカメラを向けても失敗のない美しさです。
関東地方よりひと月ほど遅いといわれる関西の紅葉ですが、気象庁の予報などをチェックしつつ、見ごろを逃さずにお出かけください。

鶏足寺【滋賀県】

かつての湖北の山岳信仰の中心地

己高山鶏足寺の別院の一つで、中世には僧兵を擁する大寺であったといわれています。参道の石段、両側のこけむした石垣、台地のたたずまいとともに200本のモミジが真っ赤な秋を演出しています。

【紅葉見頃】
【住所】滋賀県長浜市木之本町古橋
【アクセス】JR北陸本線木ノ本駅から湖国バス金居原行きで15分、古橋下車、徒歩5分

【営業期間】通年
【営業時間】境内自由
【休業日】情報なし
【料金】紅葉散策協力金高校生以上200円(11月9日~27日)。詳しい情報は長浜観光協会 北部事務所(0749-82-5909)または長浜・米原を楽しむ観光情報サイトにてご確認ください。

このスポットの詳細を見る

奈良公園【奈良県】

奈良公園【奈良県】

紅葉が広大な園地を色鮮やかに染める

東大寺や興福寺、国立博物館など、数々の社寺や文化施設が隣接する広大な公園です。野生の鹿が見られることでも有名ですが、モミジやイチョウ、ナンキンハゼなど多種類の紅葉が秋から初冬まで楽しめ、若草山を背に園内随所で様々な秋の情緒を醸し出しています。

【紅葉見頃】10月下旬~12月上旬
【住所】奈良県奈良市春日野町ほか
【アクセス】近鉄奈良線近鉄奈良駅からすぐ

このスポットの詳細を見る

高野龍神スカイラインの紅葉(ドライブ)【和歌山県】

高野龍神スカイラインの紅葉(ドライブ)【和歌山県】

高原をドライブしながら紅葉を堪能

霊峰高野山から紀州の屋根と呼ばれる護摩壇山の中腹や五百原渓谷を通り、紀伊半島南部の龍神温泉へと至る山岳ハイウェイが高野龍神スカイラインです。42.7kmの道路の左右で色彩豊かな紅葉を眺めることができます。また、周辺は標高600mから1300mの山々で、特に護摩壇山を中心としてブナなどの原生林が多く、最盛期には山全体が濃淡のある黄色に色づいて秋を告げます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月上旬
【住所】和歌山県高野町高野山~田辺市龍神村
【アクセス】京奈和自動車道紀北かつらぎICから国道24号・480号・371号を高野方面へ車で26km

高野龍神スカイライン情報
【営業期間】通年
【営業時間】24時間(冬期は夜間通行止あり)
【休業日】無休、冬期夜間は通行止め
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

嵐山【京都府】

11月には「嵐山もみじ祭り」が開催される

桜と紅葉の美しさは秀逸。毎年11月第2日曜には「嵐山もみじ祭り」が渡月橋上流一帯で催され、多くの船が大堰川に浮かび王朝絵巻のようです。嵐山の紅葉は日本三大紅葉の一つに数えられ、栃木の日光、大分の耶馬溪と肩を並べる名勝です。

【紅葉見頃】11月中旬~12月上旬
【住所】京都府京都市右京区嵐山
【アクセス】阪急嵐山線嵐山駅から徒歩5分(嵐山公園まで)

【イベント】
11月10日 嵐山「もみじ祭」(渡月橋上流一帯で催され、今様船や天龍寺船など多くの船が大堰川に浮かび王朝絵巻を繰り広げる。雨天中止)

このスポットの詳細を見る

高台寺(ライトアップ)【京都府】

高台寺(ライトアップ)【京都府】

ライトアップで池に映し出される神秘的な紅葉は必見

慶長11(1606)年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立したとされます。開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存しており、美しい庭園は小堀遠州作と伝えられています。夜はライトアップされ、偃月池・臥龍池という2つの池に映る赤く染まった木々の葉は幻想的です。

【紅葉見頃】10月中旬~12月上旬
【住所】京都府京都市東山区高台寺下河原町526
【アクセス】JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで20分、東山安井下車、徒歩7分

【イベント】
10月25日~12月15日17:00~21:30(予定)夜間特別拝観
(期間中ライトアップ。プロジェクションマッピングもあり)

拝観情報
【期間】通年
【時間】9:00~17:00(閉門17:30)
【休業日】無休
【拝観料】600円(高台寺掌美術館を含む)/圓徳院共通900円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

このスポットの詳細を見る

原不動滝(ライトアップ)【兵庫県】

原不動滝(ライトアップ)【兵庫県】

3段の岩肌を滑り落ちる滝と紅葉のコントラストが美しい

「日本の滝百選」に選ばれた「原不動滝」は男滝と女滝からなり、男滝は落差が88mで県下最大の名滝です。女滝は源流を異にして男滝に寄り添うように同じ滝つぼに流れ落ちているため、「幸福の滝」「恋愛成就の滝」ともいわれています。滝はブナやモミなどの原生林に囲まれ、秋には絵画のように美しい紅葉が楽しめます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月上旬
【住所】兵庫県宍粟市波賀町原
【アクセス】JR山陽新幹線姫路駅から神姫バス山崎行きで1時間、終点でウエスト神姫戸倉行きバスに乗り換えて40分、原下車、徒歩12分
【休業日】冬期は臨時休あり
【料金】入園料=大人200円、小人100円

【イベント】
11月3日 10:00~15:00原不動滝 元祖もみじ&りんごまつり
会場:原観光りんご園(りんごを使ったゲームやイベント、おでんや焼きそばなどのグルメブース)

【ライトアップ】
10月下旬~11月上旬 原不動滝近くの公園でライトアップ予定

このスポットの詳細を見る

中国・四国のおすすめ紅葉スポット

中国四国とひと口に言っても実に様々な名勝が名を連ねています。例年見ごろの時期は10月の下旬から始まりますが、低地と渓谷などの高地では紅葉の時期がだいぶずれてくることもあります。気象庁の紅葉情報などを見逃さず、一番美しい一瞬を探しに出かけましょう。

奥津渓(ライトアップ)【岡山県】

奥津渓(ライトアップ)【岡山県】

目が覚めるような鮮やかな紅葉

全国的に知られた景勝地で、渓流沿いに約800mの遊歩道があり奥津渓八景といわれる自然美を満喫できます。澄み切った清流が流れる渓谷の両側が、モミジなどの鮮やかな紅葉に彩られる秋の風景は必見です。ライトアップ期間中には奥津渓を中心に、様々な催し物が行われて多くの人々で賑わいます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬
【住所】岡山県鏡野町奥津川西
【アクセス】JR津山線津山駅から中鉄バス奥津温泉・石越行きで53分、小畑下車、徒歩10分

【イベント】
10月26日~11月10日 奥津もみじ祭り(奥津渓を中心に美人湯奥津温泉や地域の特産品が楽しめ、様々な催し物を行う。夜には奥津渓と苫田ダムでライトアップが実施され、幻想的な光景が楽しめる)
10月下旬~11月中旬 奥津渓プレミアムウォーク

【ライトアップ】
10月26日~11月10日 日没~21:00頃

このスポットの詳細を見る

帝釈峡(遊覧船)【広島県】

帝釈峡(遊覧船)【広島県】

ダイナミックな大渓谷の紅葉

中国山地のほぼ中央に位置する帝釈峡は、帝釈川によって浸食されてできた約18kmに及ぶ渓谷です。上流の上帝釈では、渓水の浸食でできた天然橋の雄橋(国の天然記念物)などが遊歩道から望めます。四季を通じて美しい自然景観に恵まれていますが、とくに秋は色鮮やかな紅葉が華やかに景色を彩ります。下流の神龍湖で遊覧船から眺めれば、赤く色づいた山肌はいつもとは違う表情を見せてくれるでしょう。

【紅葉見頃】10月下旬~11月上旬
【住所】広島県神石高原町永野5034-7
【アクセス】中国自動車道東城ICから県道25号を帝釈峡方面へ車で8km

【イベント】
11月4日 10:00~15:00 もみじまつり
(帝釈自治振興センターにて)

遊覧船情報
【営業期間】4~12月中旬
【営業時間】9:00~16:30(30分ごとに運航)
【休業日】期間中不定休
【料金】大人1200円、小学生600円、幼児無料(15名以上の団体は割引あり、障がい者手帳持参で半額)

このスポットの詳細を見る

大窪寺【香川県】

大窪寺【香川県】

結願の札所に趣を添える紅葉

大窪寺は四国霊場第88番札所で結願の札所です。本堂と奥殿の多宝塔が女体山のふもとに建ち、大師堂横には四国遍路を終えた金剛杖が多数納められています。秋の訪れとともに境内のカエデやイチョウが色づき、いつもの厳かな風景に、風情ある静かな彩りを添えます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月下旬
【住所】香川県さぬき市多和兼割96
【アクセス】高松琴平電鉄長尾線長尾駅からコミュニティバス大窪寺行きで35分、大窪寺前下車すぐ

拝観情報
【期間】通年
【時間】境内自由(大師堂地下内拝は8:00~16:00、納経所・御守授与所は7:00~17:00)
【休業日】無休(大師堂地下内拝は1月1~3日休)
【拝観料】(大師堂地下内)500円

このスポットの詳細を見る

寒霞渓(ロープウェイ)【香川県】

ダイナミックな渓谷美に感動。四季折々の山の表情も魅力

日本三大渓谷のひとつと称され、小豆島を代表する景勝地です。1300万年以上前の火山活動で形成され、約200万年にわたって浸食された渓谷は、春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季を通じて楽しめます。登山口になっている紅雲亭から山頂まで続く紅葉のトンネルは、訪れるハイカーたちを魅了することでしょう。

【紅葉見頃】11月上旬~11月下旬
【住所】香川県小豆島町神懸通
【アクセス】土庄港から国道436号、県道29号を寒霞溪方面へ車で20km、紅雲亭から寒霞溪ロープウェイで5分、寒霞溪山頂下車すぐ(3月中旬~12月上旬の土・日曜、祝日および繁忙期は草壁港から紅雲亭まで路線バスあり)

【ロープウェイ】
【営業期間】通年
【営業時間】8:30~17:00、時期により異なる
【休業日】無休
【料金】ロープウェイ(片道)=大人810円、小人410円/ロープウェイ(往復)=大人1470円、小人740円/オリーブソフト(ロープウェイ山頂駅前)=300円/

このスポットの詳細を見る

高の瀬峡【徳島県】

高の瀬峡【徳島県】

紅葉で有名な「徳島県観光百選」第1位となった峡谷

那賀川源流に広がる美しい峡谷で「徳島県観光百選」の第1位に選ばれた景勝地です。秋には雄壮なV字型峡谷の絶壁が紅葉に覆われ、訪れる人々を圧倒するでしょう。特にモミジと峡谷美の景観は見事なまでに美しく、カメラを手にした観光客でにぎわっています。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬
【住所】徳島県那賀町木頭北川平
【アクセス】高知自動車道南国ICから国道195号を那賀方面へ車で57km

このスポットの詳細を見る

大山【鳥取県】

大山【鳥取県】

日本海を見おろす秀峰の紅葉

日本百名山に名を連ねる標高1709mの山。中国地方の最高峰で、古くから神聖な山として崇められ、国立公園に指定されています。広大なブナ林が秋に紅葉するさまは圧巻の一語です。登山、キャンプ、スキーなど四季を通じてアウトドアレジャーも楽しむことができます。

【紅葉見頃】10月下旬~2019年11月上旬
【住所】鳥取県西伯郡大山町大山
【アクセス】米子自動車道溝口ICから県道45号を経由し、県道158号を大山寺方面へ車で10km

【イベント】
10月20日~11月5日 大山秋色週間 (10月24日は大山寺で稚児行列、採灯大護摩法要が行われる)

このスポットの詳細を見る

九州のおすすめ紅葉スポット

桜前線が最初に訪れる九州地方は紅葉前線の最終駅。ひと月かけて北海道から下りてきた紅葉が九州へ上陸するのは例年10月の終わりごろ。この時期になると火の国九州も赤い彩りに覆われていきます。南国と思われている九州も、場所によっては朝晩の冷え込みは厳しくなっていくでしょう。高地や渓谷は予想以上に冷えるもの。紅葉狩りは上着を忘れずに出かけましょう。

見立渓谷【宮崎県】

見立渓谷【宮崎県】

モミジに彩られた渓谷

五ヶ瀬川支流の日之影川上流部にある渓谷で、長い間に清流が奇岩を削って淵をつくり、瀬となって流れる渓流美で知られています。また県内でも有名な紅葉の名所でもあり、深紅に色づいたモミジと清流が織り成す美しさは荘厳な屏風絵のようです。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬
【住所】宮崎県日之影町見立
【アクセス】九州中央自動車道蔵田終点から国道218号、県道6号を見立渓谷方面へ車で20km

このスポットの詳細を見る

呑山観音寺【福岡県】

呑山観音寺【福岡県】

緋色に染まる境内が絶景の“のみやまさん”

“のみやまさん”の愛称で親しまれる高野山真言宗の別格本山で、厄除や祈願のほか、桜や紫陽花、紅葉など季節の彩りを楽しめます。標高450mの山中に位置することから秋には境内が濃淡の紅に染めあげられます。中でも塔頭天王院の紅葉並木は有名で、百観音堂の周辺では千本の鮮やかなドウダンツツジが赤い回廊となって参拝者を楽しませています。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬
【住所】福岡県篠栗町萩尾227-4
【アクセス】JR福北ゆたか線篠栗駅からタクシーで15分

【イベント】
10月28日~11月23日 紅葉まつり
・10月28日 不動祭護摩法要
・11月3日 観音市(蚤の市)
・11月10日 紅葉の森音楽会
・11月17日 観音祭護摩法要・観音市(蚤の市)

拝観情報
【期間】通年
【時間】6:00~17:00(閉堂)
祈願受付は9:00~16:00
【休業日】無休
【拝観料】無料

このスポットの詳細を見る

御船山楽園(ライトアップ)【佐賀県】

15万坪の池泉廻遊式庭園

御船山の切り立った断崖が背景に広がる15万坪の広大な庭園です。幕末に京都から絵師を招いて造園したもので、2千本の桜、20万本のツツジなどおよそ140種の木々を植栽しています。九州最大といわれるライトアップが行われる「もみじまつり」には、毎年8万人以上が訪れるという人気イベントです。

【紅葉見頃】11月上旬~12月上旬
【住所】佐賀県武雄市武雄町武雄
【アクセス】

【イベント】
11月上旬~12月上旬 紅葉まつり・日本最大級の紅葉ライトアップ「たまゆらの夕べ」

【ライトアップ】
11月上旬~12月上旬の17:30~22:00

【営業期間】通年
【営業時間】8:00~17:00(閉園)、イベント期間中は~22:00まで開園の場合あり
【休業日】期間中無休
【料金】入園料=大人400円、小学生200円/(障がい者は割引あり、イベント期間中は変更の場合あり)

このスポットの詳細を見る

深耶馬溪・一目八景【大分県】

深耶馬溪・一目八景【大分県】

8つの奇岩を一望できる「一目八景」の紅葉は見もの

山国川の支流、山移川に沿った日本でも屈指の紅葉景勝地。奇岩秀峰が林立し、変化に富む景観を織りなしています。耶馬溪一番の景勝地である「一目八景」は、8つの奇岩が一望できることからこの名が付けられました。観光客用には展望台があり、カエデ、モミジ、イチョウなどが紅葉する美しい光景を見渡せます。また周辺では、地元特産の手打ちそばや川魚料理、山菜料理が楽しめます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬
【住所】大分県中津市耶馬溪町深耶馬
【アクセス】JR久大本線豊後森駅から大交北部バス柿坂行きで25分、深耶馬溪駐車場前下車、徒歩3分

このスポットの詳細を見る

雲仙岳(ロープウェイ)【長崎県】

雲仙岳(ロープウェイ)【長崎県】

季節ごとに装いを変える豊かな自然美

雲仙岳は妙見岳、国見岳、普賢岳など三峰五岳から成る火山群の総称です。秋にはコハウチワカエデ、イロハモミジ、ナナカマドなどが美しく色づき、全山を赤く染め上げます。10月24日~11月2日には夜間にバスとロープウェイでめぐる「雲仙仁田峠プレミアムナイト」ツアー(予約制)が開催されます。

【紅葉見頃】10月下旬~11月上旬
【住所】長崎県雲仙市小浜町雲仙
【アクセス】JR長崎本線諫早駅から島鉄バス雲仙方面行きで1時間20分、別所口で島鉄バス仁田峠方面行きに乗り換えて25分、仁田峠下車すぐ(ロープウェイ仁田峠駅)

ロープウェイ情報
【営業期間】通年
【営業時間】夏季8:31~17:23
冬季8:31~17:11の間で4~8分毎の運行
※10月24日~11月2日「プレミアムナイト」ツアー参加者は夜間運行あり
【休業日】無休
【料金】大人往復(含中学生)1290円
小人往復650円

高千穂峡(貸ボート)【宮崎県】


写真:123RF

切り立った崖に囲まれた神秘の峡谷

五ヶ瀬川へ流れ出した阿蘇の火砕流が急激に冷え、長い歳月をかけ浸食されてできたV字峡谷。7kmにわたって柱状節理の断崖絶壁が続く紅葉はみごとで、国の名勝、天然記念物に指定されています。手漕ぎのボートから眺める落差17mの真名井の滝は圧巻です。観光シーズンの午後6時から10時には、「真名井の滝」のライトアップイベントを開催しています。

【イベント】
11月中旬~2月上旬 高千穂の夜神楽(その年の五穀豊穣に感謝し、33番の舞を捧げる伝統芸能)
11月22日・23日 神話の高千穂夜神楽まつり(伝統芸能)

貸ボート情報
【営業期間】通年
【営業時間】8:30~16:30(閉店17:00)
【休業日】期間中無休、ただし荒天時、増水時は中止
【料金】乗船料(30分、定員は3人、未就学児は2人で1人分)=2000円/鯉のエサ=150円(1袋)/

【紅葉見頃】11月中旬~11月下旬
【住所】JR佐世保線武雄温泉駅からJR九州バス嬉野温泉行きまたは彼杵行きで12分、御船山楽園下車すぐ
【アクセス】JR日豊本線延岡駅から宮崎交通高千穂バスセンター行きバスで1時間20分、終点下車、タクシーで5分

このスポットの詳細を見る

×